名古屋妊婦切り裂き殺人事件の概要!犯人は?夫や子供の現在も!

1988年に名古屋市で起きた名古屋妊婦切り裂き殺人事件。臨月だった被害者の腹部を切り裂く猟奇的な犯人の手口や、お腹にいた子供は現在どうなっているのか?また、アムウェイが関わっていたり夫が真犯人との噂もあり、事件の真相やその後の被害者家族について迫っていきます。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の概要

Free-Photos / Pixabay

1988年3月18日に名古屋市のアパートで臨月の主婦が殺害され、腹部から胎児が取り出されていたという猟奇殺人事件です。犯人は見つかっておらず、2018年現在でも真相は謎に包まれたままです。

1988年に起きた妊婦切り裂き未解決事件

JJuni / Pixabay

1988年3月18日、名古屋市中川区富田町のアパートで、当時27歳の臨月であった主婦が首を絞められて殺害されているのが発見されました。

発見時、被害者の主婦は腕を縛られ腹部を切り裂かれ、胎児が取り出されていたとのことです。

猟奇事件として成立されるも時効を迎えている

この名古屋妊婦切り裂き殺人事件は妊婦が殺害されたというだけではなく、胎児が取り出されたその腹部に、電話の受話器とミッキーマウスのキーホルダーが詰め込まれているという、猟奇的な事件です。

しかし、有力な手がかりを得ることなく、真相は謎に包まれたまま2003年3月18日に公訴時効を迎え未解決事件となりました。

事件発生の現場について

Free-Photos / Pixabay

事件現場は、被害者の住んでいた名古屋市中川区富田町のアパートの一室です。1985年に完成したアパートであり2階建てで計4室になります。新興住宅街に位置していましたが、夜間は人通りが少ない場所です。

事件当時、1階の2部屋は共に入居していましたが、2階の1部屋に被害者家族が住んでおり、隣の部屋は空き室となっていました。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の時系列

事件当日の朝、普段通り夫を見送った被害者。臨月の被害者を夫が心配し午後に電話したときは問題ないも、退社直前に再度電話した際は電話に出ず。そして、夫は帰宅し被害者の無残な姿を発見しました。

1988年3月18日夫が妻に電話するが出ない

Alexas_Fotos / Pixabay

1988年3月18日、被害者の主婦は普段通り夫の出社を見送ります。主婦は出産予定日より出産が遅れていたため、事件当時は夫が会社から気遣い定期的に妻に連絡をしていました。

事件当日、通常通り出社した夫は、午後1時過ぎにいつものように妻に連絡します。特にいつもと変わらず妻は電話に出て夫と会話をしました。

夫が退社する直前の午後6時50分頃に再び妻に電話をかけます。しかし、そのときは誰も電話に出ることはありませんでした。

午後7時40分帰宅するが不審な点と共に発見

Free-Photos / Pixabay

夫は妻が外出していると思い、帰る頃には妻も家に戻っているだろうと考えながら帰宅します。

午後7時40分頃に家に到着。そのときに、普段は施錠しているはずの玄関のドアが開いており、部屋の電気もついていなかったため、不審に思いながらも家に入ります。

そして寝室でスーツから着替えたとき、奥の居間から赤ちゃんの泣き声が聞こえました。ついに子供が生まれたのかと思いつつ居間に向かうと、妻の無残な姿と、その足元で泣いている生まれたばかりの赤ちゃんを発見。

階下の住民に電話を借りて通報

FirmBee / Pixabay

夫はすぐに119番通報をしようと、普段電話機が置いてある場所に向かうも、電話機が見当たらず。慌てて1階の住民に電話を借ります。

そして、午後7時43分に名古屋市消防局消防指令センターへ通報しました。

そのときに電話を貸した住民はその後の取材に対して「電話が引きちぎられて赤ん坊が出ているから電話を貸して欲しい、と血相を変えて頼み込んできたから、赤ちゃんが生まれたのかと思った」と証言しています。

遺体の異変に気付く

AKuptsova / Pixabay

子供が生まれているという通報を受けた救急隊員が駆け付けると、被害者である妻が首を電気こたつのコードで絞められ、腹部を切り裂かれ、後ろ手で縛られ仰向けに倒れているのを発見。

そして、腹部はみぞおちから縦に約38cm切られており、子宮内にいた赤ちゃんは取り出され、電話の受話器とミッキーマウスのキーホルダーが入れられていました。

電話の受話器はコードから鋭利な刃物で切断されていました。ミッキーマウスのキーホルダーは夫が自家用車の鍵につけていたもので、事件当日、夫は車を使用しておらず、鍵は自宅内にありました。

当時の現場の様子は悲惨なものだった

RyanMcGuire / Pixabay

当時の事件現場は悲惨な状態でした。現場一室が血の海になっており、そのときの様子を夫は「妻は普通の人には想像できないような恐ろしい状態で息絶えていた」と表現しています。

また、事件時に現場に急行した愛知県警察機動捜査隊の警察官は「あんな現場は今まで見たことがない」と言い合っていたとのことです。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件のその後

cocoparisienne / Pixabay

名古屋妊婦切り裂き殺人事件は4万人の捜査員が投入され懸命な捜査が行われるも、有力な手がかりを得ることができず真相は謎に包まれたまま、2003年に公訴時効が成立し現在は未解決事件となっています。

事件後捜査本部を設置

Utility_Inc / Pixabay

名古屋妊婦切り裂き殺人事件発生後、愛知県警捜査一課、中川警察署に特別捜査本部が設置されました。

なお当時の愛知県警管内では捜査本部の設置が必要である凶悪犯罪が多発しており、愛知県県警は捜査一課に強行班を増設し対応していました。

事件の不審点について

BruceEmmerling / Pixabay

被害者は食器を使うとすぐに洗う習慣があったにも関わらず、事件発生直前に被害者のアムウェイの商品を購入するために、訪問した友人に出したお茶がそのまま電気こたつの上に放置されていました。

事件当日午後4時頃、郵便局員が被害者宅の郵便受けに葉書を入れました。被害者は郵便受けに郵便物はため込まない性格ですが、夫が帰宅したときには葉書は郵便受けに残っていたとのことです。

被害者宅の錠は壊された形跡はなく、慎重な性格の被害者はなぜドアを開けてしまったのでしょうか?そして、何よりもなぜ腹部に受話器とキーホルダーをいれたのか、数多くの不審点が挙げられます。

3月21日に報道

MichaelGaida / Pixabay

1988年3月21日の毎日新聞、東京朝刊において「名古屋で殺された臨月主婦の切り裂かれた腹部に電話機や人形」という見出しで社会面に掲載されました。

中日新聞では同日、「犯人は被害者を首で絞めて殺し、腹部を切り裂き赤ん坊を取り出した。受話器・キーホルダーを腹部に詰め込んだ。このような猟奇的な犯行が操作で判明した」と報道されています。

読売新聞の東京朝刊では「腹部に受話器が入れられていた」、朝日新聞の朝刊は「専門家の話では、へその緒ははさみを使っても簡単に切れない。夫でなければ犯人がへその緒を切断した可能性が高い」と報道しています。

NEXT 不審者1000名をリストアップするも見つからず