福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相は?菅野直之はどうやって死亡した?

1989年女性教員宅の便槽の中から、菅野直之さんの遺体が発見されました。便槽への侵入方法、自分の意思なのかそれとも真犯人は別にいるのか、謎だらけのこの事件。「バリゾーゴン」という映画にもなった、福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について考察しまとめました。

福島女性教員宅便槽内怪死事件とは

sferrario1968 / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件とは、1989年に起きた謎だらけの未解決事件です。女性教員が住む自宅の便槽の中から、若い成人男性の遺体が発見されたのです。

その男性は女性教員の知人である菅野直之さん(26)でした。どうやって入ったのか、菅野直之さんの遺体は体を不自然に折り曲げたまま固まっていました。

菅野直之さんはなぜ便槽内にいたのか、どうやって侵入したのか、謎だらけの事件です。警察は「事故死 」と断定しましたが、この怪死事件には納得できない点が多く、未解決事件と呼ばれています。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要

jclovesu / Pixabay

1989年に起きた福島女性教員宅便槽内怪死事件。女性教員宅の便槽内から菅野直之さんの遺体が発見されるという事件でした。女性教員と菅野直之さんは知人でしたが、自宅に呼ぶような関係ではありませんでした。

一人暮らしをしていた女性教員宅の便槽に、菅野直之さんがどうやってか侵入し死亡したと見られています。当時は汲み取り式トイレも多く、便器の下には糞尿を溜める便槽がついていました。

便槽は筒形で恐ろしく狭いため、菅野直之さんの遺体はぎっちり詰められたような状態でした。救出のため引っ張りだそうと試みますがびくともしないため、最終的には便槽自体を破壊して救出しました。

1989年2月28日、女性教員宅の便槽内から若い男性の怪死遺体が発見される

webandi / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件が発覚したのは1989年2月28日、福島県田村市にある教員住宅からの110番通報。「自宅内の便槽内に人のような物が見える」というものでした。

駆け付けた警察官が見たものは、便槽につめこまれたかのような菅野直之さんの遺体でした。便器側からは頭が見えていて、なぜか頭の上に片方の靴がのせられている状態、外の汲み取り口からは足がのぞいていました。

遺体の顔は左に傾き、体は膝を抱え込むように折りたたまれ、上半身は裸で白いセーターを抱きしめていました。真冬に冷たく不衛生な便槽内で上半身裸、まさに怪死というほかない遺体がそこにありました。

発見したのは教員住宅の住人の女性教員

Free-Photos / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の第一発見者は、この家で一人暮らしをしていた女性教員でした。彼女は福島県田村郡都路村の小学校で教師として働いており、すぐそばにある教員住宅に住んでいました。

1989年2月28日午後6時頃、帰宅した女性教員は用を足そうとトイレに入りました。便器をふと見ると、人の頭とその上に乗せられた靴が目に入ったのです。

女性教員は驚き外にある汲み取り口を確認しに行くと、蓋が開いていました。中を覗き込むと、こちらからは人の足が見えたのです。女性教員は慌てて同僚の教員達に助けを求め、警察に通報しました。

遺体は重機で取り出した

dewikinanthi / Pixabay

教員達からの通報を受け、三春署の警察官と村の消防団員が駆け付けました。便槽内にいる男性を救出するため引っ張りだそうとしますが、詰め込まれたように挟まっているためびくともしませんでした。

便槽があまりに狭く警察は引っ張り出すことを断念し、重機を使って便槽の周囲を掘ることにしました。便槽は無事掘り起こすことができたのですが、今度は便槽から遺体を出すのに苦心します。

U型で筒状になった便槽内で、男性は底部分の125㎝×47㎝という狭いスペースにはさまっていたのです。最終的には便槽自体を破壊して遺体を取り出すことができました。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の警察の見解

Sky-High / Pixabay

女性教員宅の便槽内で死亡していた菅野直之さんについて、警察は事件、事故、自殺それぞれについて検証を行いました。その結果「菅野直之さんは事故によって死亡した」と結論付けました。

つまり便槽内で死ぬつもりはなかったのに、不慮の事故で最悪の結末を迎えてしまった。ここからは福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について、警察による考察をご紹介します。

男性は覗き目的で便槽に侵入

福島女性教員宅便槽内怪死事件に対する警察の見解は事故死。「菅野直之さんは覗き目的で女性教員宅の便槽に侵入し、身動きがとれなくなるという思わぬ事故が起き、胸部圧迫と寒さにより死亡した」と発表されました。

事件性についても、菅野直之さんの体にはかすり傷があったものの、争った跡はありませんでした。つまり誰かしら他に犯人がいて、便槽に無理やり詰め込まれた可能性はほぼないということです。

自殺については、菅野直之さんは友人も多く活動的なタイプで思い悩んでいた様子もないため可能性が低い。それに加え、わざわざ他人の家の便槽内に入り込んでまで自殺を図る人間はいないという判断が下されました。

男性の検死結果

Myriams-Fotos / Pixabay

便槽内で死亡していた菅野直之さんの死因は、「凍えと胸部循環障害」と発表されました。冬の便槽内という冷たく狭い場所で胸部を強く圧迫されたことで血液の流れが阻害され、窒息死したのです。

死亡推定時刻は、死後硬直の状態から見て遺体が発見される2日前の26日。体には小さな擦り傷が肘や膝などに見られましたが目立った外傷はありませんでした。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の不可解な点

qimono / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件には、不可解な点が多くあります。菅野直之さんはどうやって便槽に侵入したのでしょうか。便槽は特殊な形で、侵入口も20㎝か36㎝の2カ所しかないのです。

他にも菅野直之さん発見日までの足取りが不明なことや、彼の靴の片方が離れた場所で発見されたこと。女性教員が連休中で不在だと知っていながら侵入した可能性があること。他にもたくさんの謎があります。

ここからは福島女性教員宅便槽内怪死事件の謎を追い、不可解な点を考察することで、事件の真相に迫っていきます。

どうやって便槽に入ったのか

Tama66 / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の最大の謎は、「便槽内にどうやって侵入したのか」ということです。侵入方法の考察なしには事件の真相に迫ることはできません。

便槽内に入るためには、便器側の入り口(直径20㎝)または汲み取り口(直径36㎝)を通らなければなりません。侵入口の幅や、外に設置された蓋が開いていたという証言から汲み取り口から侵入したと考えられます。

死亡した菅野直之さんの身長や体格は不明ですが、当時の20代男性の肩幅は平均40㎝でした。肩幅より狭い36㎝の汲み取り口に入ることは肩を相当すぼめても困難な事です。

mainblick / Pixabay

死亡した菅野直之さんは、入り口を通り抜け高さ50㎝×底125㎝のスペースに仰向けで膝を抱えて便器下に顔を出していました。便槽内はU型の筒状でもあり、成人男性では身動きを取るのは不可能です。

事件の真相究明のため、様々な検証が行われましたが「どうやって入ったのか」については解明されていません。しかし菅野直之さんは実際にケガもせず侵入していることから、何らかの方法があったと思われます。

菅野直之さんの足取り

Free-Photos / Pixabay

遺体で発見された菅野直之さんの足取りを考察していきましょう。事件前の彼の足取りには不可解な点が多いのです。事件5日前の2月23日職場の送別会に参加し、翌24日深夜1時に店を出たことが確認されています。

24日午前10時、同居する父親がリビングでテレビを見ていると背後から息子の声が聞こえました。「ちょっと出かけてくる」そう言い外出したようでした。これ以降、菅野直之さんの目撃情報はありません。

Pexels / Pixabay

菅野直之さんの死亡推定時刻は26日、最後の目撃情報から2日間の空白期間があります。いったいどこで何をしていたのか、全く謎のままです。

後の捜査で、菅野直之さんの車が女性教員宅のそばにある農協の駐車場で発見されました。短時間で戻るつもりだったのか、車にはキーがささったままの状態でした。

再検査を望む嘆願書には4000人の署名が集まるも警察は却下

edar / Pixabay

不可解な福島女性教員宅便槽内怪死事件が「覗き目的による事故死」として処理されたことに、村内からも疑問の声があがっていました。事件の真相は違うところにあるのではないかというのです。

遺体で発見された菅野直之さんは、社交的で人望も厚く選挙活動にも参加していました。家族にとっては立派な息子、知人たちからは「明るく頼れる男」と慕われている人物だったのです。

そんな彼が覗き目的で便槽内で死亡するはずがないと、村人が事件の再捜査を求めた嘆願書には4000人分もの署名が集まりました。しかし警察は判断に誤りはないとして、嘆願書を却下し再捜査も行ないませんでした。

この規模の村で4000人の署名はかなり多いのです。それなのになぜ警察は嘆願書を却下したのか、これも不可解な点の1つです。

遺体は検視前に二回も洗浄された

tookapic / Pixabay

便槽内から遺体で発見された菅野直之さんは、医師による検死を受ける前に2度も洗浄されたことが判明しています。一度目は便槽から救出後すぐに、近くにあったホースで水洗いされています。

二度目は駆け付けていた消防団の詰め所に運ばれ、再び洗浄されたのです。死亡推定時刻から考えて、2日間も糞尿にまみれていたために念入りに洗浄したのかもしれません。

これに対して「菅野直之さんの検死結果は信用できない」と疑惑の目で見る人達もいました。検死前に二回も洗浄するのは不可解で、検死結果を隠蔽するためにわざと行ったという疑いです。

菅野直之さんの片方の靴は近くの土手で発見された

Fotorech / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件で、謎の1つに「靴」があります。便槽内で死亡していた菅野直之さんの頭の上には、どうやって乗せたのか靴が片方だけあったのです。もう片方はどこへ行ったのでしょう。

もう片方の靴はその後、女性教員宅から少し離れた土手で発見されています。汲み取り口から侵入する際に脱げたものを、当時は多かった野良犬がくわえて運んだ可能性はあります。

しかし頭の上に乗っていた靴はどうでしょう。通り抜けるのもやっとの便槽内で、靴を拾って頭に乗せることができるでしょうか。どう考えても不自然で無理がある行動で、不可解です。

女性職員は休暇中で留守だった

MabelAmber / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件が起きた住宅に住んでいた女性教員は、事件が発覚する数日前から休暇を取っていました。この年の2月24日は昭和天皇の大喪の礼があり、休日でした。

その24日から連休をとって実家に帰省していたのです。つまり女性教員は不在なのに菅野直之さんは便槽内に侵入したのです。覗きが目的なら全てが無駄な行動になってしまいます。

女性教員と菅野直之さんは知人関係でした。「女性教員が帰省している」ことは彼も知っていたはずだというのです。なぜ留守とわかっている女性教員宅に忍び込んだのか、これも不可解な行動の1つです。

過去にあった女性教員へのいたずら電話

Alexas_Fotos / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の主要人物の一人である女性教員は、以前いたずら電話に悩まされていました。それを聞いた女性教員の婚約者は友人の菅野直之と共に、いたずら電話の犯人探しを始めました。

このいたずら電話事件が、菅野直之さんと女性教員が知り合うきっかけになったのです。婚約者と菅野直之さんは協力していたずら電話に対応してくれたそうです。

janeb13 / Pixabay

2人はいたずら電話を録音して警察に届けましたが、取り合ってもらえませんでした。しかし菅野直之さんは「犯人が誰かほぼわかっている」と話していたそうです。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相は、このいたずら電話との関連があるのではないかと疑う声もあります。犯人とはいったい誰のことを指していたのでしょうか。

駐在所員と検死した医者がその後離職

ulleo / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の不可解な点、最後は事件関係者の離職です。1人目は村の駐在所に勤務していた警察官です。遺体を検死前に洗浄した彼は、捜査が打ち切りになると同時に離職しました。

事件関係者の離職者、2人目は菅野直之さんの遺体を検死した医者です。彼も警察官と同じころ、離職したことが分かっています。同じ事件に深く関わった人間が同時期に離職する、これは偶然なのでしょうか。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物

rawpixel / Pixabay

怪死事件の不可解な点についてまとめてきましたが、その背景には意外な人間関係もあるようです。ここからは事件の真相解明の鍵となる、福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物について考察していきます。

①菅野直之

Pexels / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、一人目は便槽内から遺体で発見された菅野直之さんです。彼は福島県田村郡都路村に、両親と祖母の4人で暮らしていました。

仕事は福島第二原発の関連会社で、営業主任を務めていました。スポーツが得意な好青年で、音楽好きが高じて仲間とバンドを組みギターを担当していました。作詞も得意で自作の作詞ノートが多数残されています。

明るく社交的な性格で、結婚式の司会や青年会のレクレーション担当部長をまかされていました。「頼れる男」として人望も厚く、村の村長選挙で応戦演説を頼まれることもあったのです。

②女性教員

darksouls1 / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、2人目は事件現場を自宅にしていた女性教員です。彼女も都路村出身で小学校の教員として働いていました。

女性教員は短大卒で教員採用されていました。通常は4大卒が採用されており異例な事です。教育委員会に繋がる強いコネを持っているから、特別待遇されているなどと影で噂されていたようです。

geralt / Pixabay

彼女についてあまりいい話はありません。あくまで噂ですが、元不良少女だったとか、男性関係にだらしなく村内に関係を持った男が多数いるなどというものです。

いたずら電話も男がらみではないかという説。同僚の男性と婚約していましたが(後に破談)、死亡した菅野直之さんとも同時に交際していたという噂もありました。何れも真偽のほどはわかりません。

③女性教員の婚約者男性

Free-Photos / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、3人目は発見者である女性教員の婚約者男性です。彼は都路村の人間で、村長選挙参謀のWの次男として育ちました。

彼もまた小学校で教員をしており女性教員の同僚でもあります。死亡した菅野直之さんとは友人であり、同じ青年会のメンバーでもありました。

④青年会会長A

Free-Photos / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、4人目は青年会会長のAです。菅野直之さんも参加する青年会の会長で、親しい友人でもありました。彼は選挙参謀Zと親しい関係にありました。

村長との金銭の授受を疑われていましたが、Aは否定しています。菅野直之さんが失踪する前日の送別会では一緒に過ごたが、「菅野直之さんは自分の車で帰宅した」と証言しています。

⑤女性教員宅近所に住む男性

Free-Photos / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、5人目は女性教員宅近所に住む男です。当時51歳だった彼はには犯罪歴があり、いたずら電話事件の犯人だと噂されていました。

女性教員について「男好きのする女」と発言したこともありました。福福島女性教員宅便槽内怪死事件については「当時出稼ぎに行っており、村にはいなかったのでは何も知らない」と主張しています。

⑥菅野さんの後輩B

Skitterphoto / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、6人目は菅野直之さんの後輩Bです。Bは村長が経営する建設会社の社員でした。また青年会のメンバーでもありました。

Bも、菅野直之さんが失踪する前日の送別会に参加しており、「菅野直之さんは自分の車で帰宅した」と証言しています。

➆村の郵便配達員C

ZenJoe / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、7人目は村の郵便配達員Cです。彼は郵便配達員で、青年会にも所属していました。Cは選挙活動中に日当を受け取っていたと言われています。

菅野直之さんが失踪する前日の送別会にも参加していたのですが、彼が「明日人と会う約束がある」と辛そうに話をしたのを聞いたそうです。「菅野直之さんは自分の車で帰宅した」と証言しています。

⑧青年会員D

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、8人目は青年会員のDです。Dは農協職員で、青年会のメンバーです。

事件後、菅野直之さんの車が農協に放置されていることを遺族に伝えています。また遺族に対して「事件について気になることがある」と言った後に「忘れてくれ」といったり不可解な言動をしています。

⑨現職の村長

MabelAmber / Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物、9人目は現職の村長です。あくまで噂ですが、選挙戦の際に8000万使ったと言われています。原発推進派として知られています。

NEXT ⑩村長の選挙参謀Z