市橋達也の現在は?リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件の詳細、逃亡劇|生い立ちや家族も社会

市橋達也の現在は?リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件の詳細、逃亡劇|生い立ちや家族も

目次

[表示]

手記を元に2013年に映画が公開

2011年に出版された手記をもとに2013年映画が公開されました。実話が元に作成された映画は、本名を使うことは少ないですが、この映画に関しては、主人公・市橋達也とされました。

映画のタイトルは『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』で、俳優のディーンフジオカが監督・主演を務めています。

市橋達也のその後と現在は?

Ichigo121212 / Pixabay

逮捕された市橋達也は世間に大きく騒がれましたが、事件はどのような方向へ向いていったのでしょうか。裁判と現在に注目して見ていきましょう!

2011年7月4日に初公判

WilliamCho / Pixabay

初公判は2011年7月4日に行われました。検察側は強姦事件発覚を恐れ殺害に至ったと主張しましたが、弁護側は殺意については否定、殺人罪と強姦致死罪でなく傷害致死罪と強姦罪を主張したのです。

起訴状の公訴事実は、殺人罪・強姦致死罪・死体遺棄罪。被害者の両親と姉妹の計4人が被害者参加制度を利用して裁判に参加した。

(引用:Wikipedia)

無期懲役の判決が言い渡される

BKD / Pixabay

判決の結果、市橋達也に無期懲役が言い渡されました。殺害時3分以上も非常に強い力で頸部を圧迫していることが重視され、殺意がないという主張は認められず殺意はあったと判断されました。

遺族は市橋の軽率な発言から、この判決に対し死刑を求めていました。しかし、のちに「4年半、リンゼイのために正義が下されるのを待っていた。今日それに到達できた。とても満足している」とコメントしています。

ここで裁判の際に、市橋達也が発言した内容をご紹介します。これらの発言を聞いて死刑を求めたと思われますが、計画性がないことから更正の可能性がないとは言えないと判断されました。

  • 殺意はなかったが、結果的にリンゼイさんを死なせてしまった。その責任は取るつもりだ
  • 暴行目的で連れてきたのではなく、あくまでレッスン料を渡すために家に連れてきた
  • 口をふさいだ時髪の毛が絡まったので切ったら怒られた
  • 浴槽を和室に持ち込んでその中に入れた、
  • 毛布をかけてあげた(フジテレビ再現)
  • 英会話をしたりキング牧師の演説をネットで聞いたりジュースを飲んだりした
  • 拘束を一時解くこともあった
  • 人工呼吸をした

謝罪文を送るが被害者家族は受け取り拒否

Free-Photos / Pixabay

市橋達也は、イギリスに住み被害者遺族に向け日本語で書かれた4枚になる謝罪文を送っています。しかし、遺族は裁判対策だと考え、受け取りを拒否しました。

この謝罪文の一部をイギリスの日刊新聞『タイムズ』が、2010年10月5日付けで掲載して報じています。

市橋達也の現在は?

Fifaliana-joy / Pixabay

市橋達也は1979年1月5日生まれなため、2019年現在は40歳です。指名手配されてすでに11年、無期懲役判決を受け約7年が経とうとしています。

逃走時は姿形を買えるためと、食料をまともに得ることができない時もあったため、激ヤセしていたという噂がありました。

さらに逮捕後数日間絶食をしており、逮捕されて13日後の11月24日に初めて食事をとったといいます。その後は毎日食事をとっているそうで、現在痩せている可能性は低いと見られています。

marsjo / Pixabay

そして、現在服役中の市橋達也に仮釈放の可能性はあるのでしょうか?仮釈放に関して、現時点で可能性があるとすれば約30年後と見られています。

逮捕歴はあっても起訴されたことはないため、前科はありません。初犯の場合、仮釈放の対応がなされることが多いため、仮釈放の可能性がないとは言えないのです。

市橋達也はなぜリンゼイさんを殺害した?恩師が考える動機

PactoVisual / Pixabay

犯行当時市橋達也が在籍していた千葉大学の恩師である本山直樹名誉教授は、「なんであんなおとなしい青年が…」と、逮捕の知らせを受けた際に愕然としたといいます。

本山教授によると市橋達也はアメリカへの留学を目指して勉強していたものの成果が出せず、事件を起こす直前に両親から仕送りストップの話も出ていたそうです。

“先生、私がやったことを許してくださいますか”といって、涙をポロポロこぼしたんですよ。決して、ひどい人間ではないのです。またある日、私が”なんでこんなことをやったのか”と聞くと、無言でうつむいたまま、ただただ涙だけでした。彼自身、まだ本当のところはわからないのかもしれないですね

(引用:週刊女性プライム)

逮捕後に拘置所で本山教授と面会した市橋達也は涙を流しており、事件の前から将来についての悩みから精神的に不安定だったことが、犯行の引き金になったのではないかと考察しています。

アカデミー賞受賞作にも市橋達也の事件が!

ディーン・フジオカが監督主演を務めた映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』以外にも、市橋達也をモデルに作られた映画があります。それは、李相日監督作品『怒り』です。

この作品は日本アカデミー賞優秀賞を各部門で獲得しており、大変話題となりました。指名手配犯によく似た人物が作中に3人出てきており、その人物と関わる人たちの考えや関係を描いています。

市橋達也をモデルとして演じているのは、森山未來演じる田中信吾で、彼も沖縄に滞在し無人島で自給自足の生活をしている姿を描いています。

市橋達也が起こした事件の結末は

jplenio / Pixabay

市橋達也が起こしたリンゼイ・アン・ホーカー殺害事件は、無期懲役という判決となりました。現在刑務所で生活している市橋の心境は知ることはできません。

彼の生い立ちや、両親、姉、そして逃亡生活についてまとめていきましたが、皆さんはどんなことを感じていただけたでしょうか。

イケメンともてはやされファンクラブまでできてしまった事件の犯人が現在思うところは、知ることができません。しかしこの事件があったことを私たちは忘れないように、被害者の冥福を祈りましょう。

3/3