アンチ創価(創価学会ではない)芸能人・有名人のまとめ一覧 エンタメ

アンチ創価(創価学会ではない)芸能人・有名人のまとめ一覧

創価学会には久本雅美のように熱心な信者の芸能人や有名人がいます。特に芸能界では創価学会信者が多く、しつこい勧誘もあるようです。しかしそんな中、アンチ創価学会の芸能人達もいます。彼らがどうしてアンチになったのかなどを、調べてみました。

目次

[表示]

創価学会ではないアンチ創価学会と言われる芸能人・有名人一覧

4174332 / Pixabay

芸能人の創価学会信者はたくさんいますが、有吉弘行さんをはじめ、芸能人にはアンチ創価学会も多くいます。その人達のことを調べてみましたので紹介します。

有吉弘行

有吉弘行さんが仕事のなかった時、内村光良さんは有吉さんを気にかけていて、「内村プロデュース」に出演させていました。

そんな有吉さんが恩義を感じている内村光良さんを、久本雅美さんが執拗に創価学会に誘ったこと、そして入信を拒否したために干そうとしたことで、久本さん及び創価学会を嫌いになったそうです。

アメリカザリガニ

芸人のアメリカザリガニは、ラジオで同じ芸人で創価学会の寺門ジモンさんのことをしつこく勧誘してくるので「関わりたくない」と発言していることから、アンチ創価学会だといわれています。

浅草キッド

芸人の浅草キッドは、創価学会を皮肉ったネタを多数披露してきましたから、アンチ創価学会なのでしょう。ちなみに水道橋博士は無神論者だと公言しているため、創価学会以外の宗教にも懐疑的なようです。

伊集院光

伊集院光さんは、創価学会否定論者の一人として有名ですから、アンチ創価学会で間違いないでしょう。以前、創価学会信者の悪口を言っていたこともあるそうです。

石井一

民主党の石井一氏は、創価学会を批判することで有名です。以前も「公明党は衆院から去れ。公明党は創価学会の指示通りに動いている正体のない存在だ」と揶揄しました。

石井一氏は、創価学会が政教一致であるとし、過去に池田名誉会長の国会喚問まで画策した人物でもあります。また「公明党はバイ菌みたいなものだ」との発言もありました。

伊丹十三

伊丹十三さんは、1997年12月20日に伊丹プロダクションのある東京麻布のマンションから飛び降りて死亡しています。この事件は当初から、経緯について様々な憶測がありますが、未だ不明なままです。

伊丹十三さんは、死亡前の次回作は、創価学会を追求する映画だったそうですが、「マルボーの女」や「アルタイの女」などでも知られています。

もともと創価学会と暴力団のつながりがあることを、元山口組後藤組長・後藤忠政著「憚りながら」で自ら認めています。また伊丹さんの周囲の人も、自ら死ぬような人ではないと言っていますから疑念が残ります。

石原慎太郎

石原慎太郎元都知事は、以前から公明党嫌いで有名ですから、もちろん創価学会を否定している人物で間違いないでしょう。都知事を引退した時には、創価学会の幹部は喜んだそうです。

池上彰

池上彰さんは、テレビで創価学会の事について突っ込んだ話をしていましたから、実際に創価学会に対して批判的なのかもしれません。しかし、あからさまに非難するような発言はないようです。

内村光良

内村光良さんが、久本雅美さんからの創価学会入信の勧誘を断り続けたことで、仕事を干されたりうつ状態になったという噂は有名です。

このことから内村光良さんと久本雅美さんは絶対共演NGと噂されてきましたが、2016年1月放送の『真実解明バラエティー!トリックハンター』で共演をして話題になりました。

この時、和気あいあいとした雰囲気を見せていたことから、創価学会をめぐる騒動については過去のものとして、内村光良さんも水に流したのではないかとも言われています。

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)

上島竜兵と同じダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんは、創価学会信者です。

しかし上島竜兵さんと肥後克広さんは創価学会信者ではなく、以前ラジオで「選挙が近くなると、(公明党から出馬しないか?と)ジモンが電話をしてくる。凄く嫌だ。」といった発言をしています。

また上島竜兵さんは仲の良い有吉弘行さんが創価学会を嫌っていることからも、あまり学会に良いイメージは持っていないのではないか?と囁かれています。

勝谷誠彦

勝谷誠彦さんは、テレビやラジオでも在日韓国人や創価学会のことを批判していましたから、アンチ創価学会だったと言えます。

上の動画は2007年10月16日の国会で、「P献金」と呼ばれる池田大作氏への献金について、公明党の冬柴大臣は行っているのかどうかを石田一議員が問い詰めたことについて、勝谷誠彦氏が説明しているものです。

理路整然と政教分離、公明党の不透明さについてバッサリと斬った勝谷誠彦氏の弁舌は、当時も高く評価されていました。

北野誠

北野誠さんは、ABCラジオの情報番組で、アンチ創価学会的な発言を数多くしていたようです。

さらにバーニングプロダクションの周防郁雄社長に対し、「ホモ・ヤクザ」と中傷したことがきっかけで、無期限謹慎処分となり、最終的には番組を降板させられたそうです。

金美齢

金美齢さんは、月刊誌「WILL」でも公明党を批判していますから、アンチ創価学会だといえるでしょう。

金美齢さんは曽野綾子さんとの共著『この世の偽善 人生の基本を忘れた日本人』でも、創価学会にメスを入れないマスコミや社会を批判しています。

小林よしのり

漫画家であり評論家の小林よしのりさんも、アンチ創価学会であることで有名なようですが、あからさまな批判の記事などがみあたりません。

小林さんは以前、オウム真理教の取材をしていた頃、殺害リストに自身が載っていたことを知ったことがあるといいます。そのため、過激な発言は控えているのかもしれません。

櫻井よし子

政治活動家であり、ジャーナリストである櫻井よし子さんは、以前、創価学会は、青年部がなにやら鉢巻姿で拳を振り上げて、集団でお題目をとなえる異様な景色だったと発言したそうです。

こうした発言から、アンチ創価学会だといわれている模様です。

杉田かおる

杉田かおるさんは、2005年に出版した自身の暴露本により、以前創価学会により洗脳され、複数の男性幹部からセクハラまがいのことをされた過去をを公表しました。

脱会したあとに学会の事情まで暴露したことで、創価学会の信者である泉ピン子さんから、「裏切り者」だといわれ、その後学会からの圧力で、芸能界から干されてしまったという噂があります。

田中康夫

田中康夫さんは2009年の衆議院議員総選挙で兵庫8区の尼崎市より出馬していますが、この時、尼崎の創価学会員から嫌がらせを受けたといいます。

このことについては当選後に出演した、TBSラジオ「アクセス」で明かしていました。

テリー伊藤

テリー伊藤さんは、「お笑い創価学会」という本を出していて、その内容はいわゆる創価学会と公明党のおかしな点を指摘するものとなっています。

本のサブタイトルも「信じる者は救われない」ですから、アンチ創価学会で間違いないでしょう。

筒井康隆

『時をかける少女』などで知られるSF作家の筒井康隆さんは、『堕地獄仏法』という作品で明らかに公明党と見られるカルト政党に支配された世界を舞台にし、創価学会から猛烈な抗議をされたことがあります。

しかし公明党のあり方については否定的であるものの、宗教そのものについては批判的な立場にはないようで、創価学会そのものに言及したことはありません。

鳥肌実

芸人の鳥肌実さんは、元は創価学会信者で今はアンチだという噂があるのですが、実際のところは分かりません。以前、同じ芸人の長井秀和さんと共演していたそうですが、長井秀和さんは創価学会信者です。

鳥肌実さんのアンチ創価学会の噂が、長井秀和さんと関係しているのかどうか、本当のところは分かりません。

野田秀樹

野田秀樹さんは以前、ビートたけしさんとの共著で創価学会の批判をしていました。アンチ創価学会の可能性が高いでしょう。

爆笑問題

爆笑問題の太田光さんはもともと宗教が嫌いだと語っており、特に創価学会が嫌いだと公言しています。

爆笑問題の漫談の中にも池田大作氏を揶揄するものがあるほどですから、太田さんのみならず相方の田中裕二さんも創価学会に好意的ではないのでしょう。

また爆笑問題と同じタイタンに所属する長井秀和さんは創価学会の熱心な信者として知られていますが、長井さんが共演者を勧誘することに対して太田さんは「絡みづらいよね」と複雑な心中を語っていました。

ビートたけし

ビートたけしさんは、著書の中で池田大作を批判しているといった情報がありますから、アンチ創価学会なのではないでしょうか。

またビートたけしさんは映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のレッドカーペットイベントに出席した際、共演者の清水富美加さんが幸福の科学に入信したことと絡めて、以下のようなブラックジョークを披露しています。

「やっと幸福の科学から出られて、今度は統一教会に入ろうかと思っているんですけど、この映画のためには創価学会が一番いいんじゃないかという気がしないでもない」

(引用:ライブドア・ニュース)

ビートたけしさんは奥様が聖教新聞を購読しているとの話から、本人も創価学会と関係があるのでは?と噂されていますが、このような発言を見る限り、新興宗教に懐疑的な立場だと考えられます。

肥後克広(ダチョウ倶楽部)

ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんは創価学会信者ですが、他の2人はジモンさんの勧誘活動に辟易しているといいます。

肥後克広さんも、創価学会の勧誘の激しさや政治活動にはあまり巻き込まれたくないと考えている様子です。

松尾貴史

松尾貴史さんの著書である「カルトデッカチ」には、松尾さんが創価学会に入信させられそうになったエピソードが書かれています。

松尾貴史さんが創価学会を認めていれば、そんなエピソードは書かないのではないでしょうか。

松村邦洋

アンチ創価学会の芸能人には、松村邦洋さんの名前が上がっています。

それは松村邦洋さんが、以前久本雅美さんや寺門ジモンさんから、選挙のお願いの電話がかかってきて困ると言っていたことからも分かります。

NEXT:やしきたかじん
1/2