セクマイとはどういう意味?LGBTとの違いや繋がる方法・用語集

セクシュアルマイノリティ略してセクマイ、LGBTと表記されてしまうこともありますが、はっきりと違いがあります。様々な関連用語が毎年のように生まれるこの分野をまとめてみました。セクマイの方と繋がりたい!もっと知りたい!という方のための情報も記載しました。

セクマイとはどういう意味?

janeb13 / Pixabay

セクマイは「セクシュアルマイノリティ」の略です。日本では、セクマイとLGBTが一緒にされてしまうことも多いので、違いをはっきりさせていきましょう。

セクマイとは「セクシュアルマイノリティ」の略称

Etereuti / Pixabay

セクシュアルマイノリティは海外で生まれた言葉で、英語にすると「Sexual Minority」と表記します。Sexualは「性的な」Minorityは「少数派」という意味を表します。

LGBTとセクマイの違いは?

Wokandapix / Pixabay

LGBTは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の頭文字を取った用語です。

それに対して、セクシュアルマイノリティは性的少数者と言う意味の用語です。つまり、LGBTは上記の4つのみを含みますが、セクマイはより包括的な、広い意味で使われています。

自分のセクシュアリティの分類は?セクマイ診断方法

Wokandapix / Pixabay

「自分もセクシュアルマイノリティのうちの1人かもしれない。」と思った方はチェックしてみると良いかもしれません。

チェックシートが存在し、簡単にどのラベルに当てはまるのか見つけることができます。それでも見つからない場合には、それぞれの性別について自分で調べるのがベストです。

チェックシートから診断

TeroVesalainen / Pixabay

ネット上に、自分の性別を確認するためのチェークシートが存在します。これを使ってご自身の性自認を確認してみるのも良いです。

性自認とは、「自分がどの性別なのかという自己の認識」を指します。自分が理解して納得している性別のことです。

自分に該当するものを自分で調べる

377053 / Pixabay

セクシュアルマイノリティの種類を簡単に調べたら、次に自分に該当すると考えられるものについて、詳しく調べてみましょう。

セクマイの分野は最近発達したものなので、難しすぎる文献や書物は多くありません。中にはYoutuberとして情報発信をしている人たちもいます。

LGBTチェックテスト

eslfuntaiwan / Pixabay

LGBTレインボー通信というウェブサイトが、「LGBT診断チェックテスト」というものを作成しています。67問からなるテストで誰でも簡単にできます。

無料で診断できるツールとして便利なので、使ってみる価値はあります。

パープル・レッドスケール

アメリカのラングドン・パークス氏によって提案されたのが、「パープル。レッドスケール」です。これは同性・異性への性的魅力と恋愛感情の2項目を色相、数字、アルファベットで表すものです。

性的魅力をまったく感じない人は「A」、性的行為に基づいて他人との関係を結ぶ人を「F」としており、その間のアルファベットも存在します。

恋愛感情は0〜6の数字によって表現され、異性にのみ惹かれる人を「0」、同性にのみ惹かれる人を「6」と定義しています。

セクマイカップルの夜は?どんな風に行う場合が多いの?

rkarkowski / Pixabay

セクシュアルマイノリティのカップルの夜の生活はどのようになるのでしょうか?調べてみました。

セクマイカップル生活は?

セクシュアルマイノリティで同棲生活をしている方達の話では、服や、化粧品、あらゆる生活用品を共有できるのが便利で良いという声があります。

たしかにこれは、異性の場合の同棲生活では得るのが難しい利点かもしれません。

ビアン同士の夜はどうすればいい?

レズビアン同士の夜の生活と聞くと、大人のおもちゃを使ってするようなイメージを持つ方も多いようですが、実際のところはそこまで多くなく、触り合ったり指を入れることが多いようです。

また、性行為自体も、月に1〜2回するという回答がもっとも多いです。次点では、セックスレスと回答しており、その割合は35%に達しています。

ゲイ同士の夜は?

rawpixel / Pixabay

ゲイ同士の性行為の場合、アナルセックスを考える方が多く、躊躇してしまいがちですが、これをするゲイカップルは少ないと言われています。

レズビアンカップルの時と同様に、ネットの動画により先入観が生まれているのでしょう。基本的には触り合ったり、舐め合ったりするのが大多数を占めます。

レズビアンもゲイのカップルもお互いがどこが気持ちいいのかを知っているから、異性で行うときよりも感じることができるとの意見もあります。

セクマイの種類一覧

Ben_Kerckx / Pixabay

ここで、セクシュアルマイノリティに含まれるとされている性別を1つ1つ確認していきましょう。先述したように、毎年のように新たな用語が生まれています。

さらに、定義等も確定しているわけではなく、諸説あります。1つの例として、確認してみてください。

LGBTの一つであるレズビアン

rawpixel / Pixabay

LGBTのうちの1つである、「レズビアン」。Lがこれに該当し、「Lesbian」の頭文字を取っています。レズビアンは女性の同性愛者を指します。

LGBTの一つであるゲイ

StockSnap / Pixabay

LGBTのうちの1つである、「ゲイ」。Gがこれに該当し、「Gay」の頭文字を取っています。ゲイは男性の同性愛者を指すことが多いです。

しかし、海外では、女性の同性愛者のことも含めて、Gayと呼ぶこともあります。

LGBTの一つであるバイセクシャル

johnhain / Pixabay

LGBTのうちの1つである、「バイセクシュアル」。Bがこれに該当し、「Bisexual」の頭文字を取っています。男性と女性の両方に性的指向が湧く人のことを指します。

バイセクシュアルの芸能人として、アイドルグループ「でんぱ組」の元メンバーの最上もがさんや、お笑い芸人「メイプル超合金」のカズレーザーさんがいます。

カズレーザーさんの記事はこちら

LGBTの一つであるトランスジェンダー

filmbetrachterin / Pixabay

LGBTのうちの1つである、「トランスジェンダー」。Tがこれに該当し、「Transgender」の頭文字を取っています。

トランスジェンダーは、生まれた時の身体的性別と性自認が異なる人のことを指します。性同一性障害とも言いますが、「障害」という言葉が入っていることから嫌う人もいます。

この他にも、自分のアイデンティティが従来の男性・女性という概念と食い違う人や異なる人のことを指すこともあります。

男性間性交渉者(MSM)

rawpixel / Pixabay

身体的性別が男性で、男性との性交渉を求める人を指します。英語表記ではMen who have Sex with Menまたは Males who have Sex with Malesとされます。

よって、ゲイ、バイセクシュアル、ストレートの男性も、男性と性交渉をするのであればこれに該当します。

女性間性交渉者(WSW)

rawpixel / Pixabay

身体的性別が女性で、女性との性交渉をする人のことを指します。英語表記では、Women who have sex with women とされます。

男性間性交渉者(MSM)と同様に、レズビアン、バイセクシュアル、ストレートの女性も女性と性交渉とするのであればこれに該当します。

男性間性交渉者と女性間性交渉者は、性行動とジェンダーを分離して考える際に用いる単語として、医学や社会調査においてよく使用されます。

FTM/MTF

steve_a_johnson / Pixabay

FTM(Female To Male)とMTF(Male To Female)のことを指します。それぞれ、「女性から男性へ」、「男性から女性へ」という意味です。

心と身体の性別が食い違った状態で生活をしていく辛いために、身体的性別の特徴を変更したい、あるいは変更した人のことを指します。

男性になったトランスジェンダーの方であればFTM、女性になったトランスジェンダーの方であればMTFということになります。はるな愛さんが代表的なMTFの例です。

Xジェンダー(FTX/MTX)

Xジェンダーは「男あるいは女として生まれたが、心の性はどの性別でもなく当てはまるものがない人」を基本的には指します。性自認が流動的な人のことも指します。

当てはまるものがないと思っていたり、自分は男性でも女性でもあり、中性であると思っている人もこのXジェンダーに含まれます。

インターセクシャル

chiguy66 / Pixabay

インターセクシャルは、性別を決める染色体になんらかの異常があり、身体的特徴によって男性か女性かを決めることができない人々のことを指します。

ホモロマンティック

cuncon / Pixabay

ホモロマンティックは、性的指向は向くことがないが、恋愛感情のみは同性に対して向く人のことを指します。

バイロマンティック

MoteOo / Pixabay

バイロマンティックは、ホモロマンティックと同様に、性的指向は向かないが、恋愛的指向は男性と女性の両性に向くこと人のことです。

パンロマンティック

pixel2013 / Pixabay

パンロマンティックは、男性と女性だけではない、全ての性別の人のことを好きになり、恋愛感情が向く人のことを指します。

パンセクシャル

vait_mcright / Pixabay

パンセクシュアルは、性的指向が男性女性以外の性別も含む全ての性別の人に対して向く人のことを指します。

ノンセクシュアル

Bess-Hamiti / Pixabay

ノンセクシュアルは、どの性別に対しての性的指向が向きません。しかし、恋愛感情は抱きます。ここが、後述する「アセクシュアル」との違いです。

クエスチョニング

TeroVesalainen / Pixabay

クエスチョニングは、自分の性に対して迷いがある人、決められない人、わからない人のことを指します。

先述した、Xジェンダーは男女両方であると思っていたり、中性だと思っている人のことを指すのに対して、クエスチョニングは、性別に決めること自体に疑問を感じています。

ポリアモリー

geralt / Pixabay

ポリアモリーは、「複数の人と同時に恋愛関係・性的関係を持つことができ、関係を持つ全てパートナーがそれに合意している」ことを指します。

ですので、パートナーの内の1人でも、我慢していたり、合意していない場合には、ポリアモリーを実践しているとは言えません。

NEXT アセクシャル