パーナさん事件でTwitter大炎上!カオスな出来事の真相は?

ネット上を騒然とさせて芸能人や有名人までも動くこととなったパーナさん事件。打線も組まれるほど驚愕する内容が次々とツイッターなどネット上に投稿されました。パーナさんに関連する衝撃的な投稿をまとめ、パーナさん事件の真相に迫ります。

パーナさん事件の概要

geralt / Pixabay

のちにパーナさん事件と呼ばれたこの大騒動のきっかけはアイドルグループNEWSの屋外コンサートでした。

コンサートが中止になったことで様々なアクシデントが発生しているとネット上、主にツイッターで炎上したのです。

2013年に起きたNEWS野外コンサート中止により起こった事件

2013年、アイドルグループ「NEWS」の野外コンサートが開催されました。しかし悪天候によって中止、コンサートは翌日に行うこととなったのです。

天候の影響を受けた人やコンサートの中止にショックを受けた人が体調不良となり、一部の人は病院に運ばれることもありました。

また、コンサートが順延となったことで急遽宿泊先を探す必要があるファンもおり、その際に起きた様々なトラブルをまとめてパーナさん事件と呼びます。

パーナさんとは?

Free-Photos / Pixabay

パーナさんとはNEWSのファンのことです。2012年にNEWSが発売した「チャンカパーナ」というシングルから名づけられました。

このシングルは、山下智久と錦戸亮がNEWSを脱退し、4名体制になって以来、初めて発表されたシングルである。このシングルに収録された同名の曲の歌詞に、「愛しい人」を意味する造語「チャンカパーナ」という単語が含まれていたことから、その語尾を取ってNEWSのファンを「パーナ」と呼ぶようになった

(引用:Wikipedia)

NEWSといえば手越祐也さんが未成年と飲酒したという話が話題となりました。詳細は以下の記事をお読みください。

パーナさん事件の時系列

ktphotography / Pixabay

パーナさん事件はNEWSのファンである「パーナ」を中心として起こった騒動です。事の始まりはNEWSの屋外コンサートでした。

コンサートは天候により中止、翌日に再度開催されることとなりましたが雨の影響などで体調不良となる人が続出したのです。

そして遠隔地から駆け付けたファンは、翌日に変更となり宿を探さなければなりませんでした。パーナさん事件はそこから徐々に大きな騒動となっていったのです。

2013年7月27日に秩父宮ラグビー場で開催された野外コンサート

2013年7月27日、東京都港区にある秩父宮ラグビー場でジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「NEWS」の屋外コンサートが開催されました。

開演するも激しい雷雨のため午後7時45分に翌日順延が発表

WikimediaImages / Pixabay

7月27日の午後6時から開演しましたが、天候は悪く雷雨が発生したため7時45分、主催者側が翌日に順延することを発表したのです。

来客3万5千人のうち一部の来場者が体調不良を訴える

会場に集まった来場者は3万5千人いたといいます。そのうち一部の来場者は雨に濡れたため低体温症となってしまいました。

また、順延の発表しショックを受けて過呼吸になるなどの体調不良を起こす人もいました。体調不良者は会場で手当てされましたが中には病院に運ばれた人もいます。

低体温症及び順延にショックを受けて体調不良となった人は87人、そのうちの41人は病院へと救急搬送されていたことをのちに東京消防庁が発表しました。いずれも軽症者であり、重傷者はいませんでした。

遠隔地の来場者が宿泊先を求めて騒動に

nvtrlab / Pixabay

翌日に順延されたコンサートでしたが、一部の遠隔地に住む来場者は宿を確保していませんでした。翌日のコンサートを見るためには急遽宿泊先を見つけなければならなかったのです。

そうして宿泊先を探す来場者の一部が27日の夜中からツイッターを利用して一泊させてくれる人を募りました。

その後他のジャニーズ事務所所属グループのファンなどから泊めてもいいという内容が続々と投稿されます。

一部来場者がコンビニなどで無理な提供を求める

TeroVesalainen / Pixabay

一部の来場者がコンビニなどに無償で食料を提供するように呼びかけました。また、仮眠する場所の提供をマスコミへ求める投稿、宿泊先が確保できない来場者の保護を警察に求める投稿などがツイートされたのです。

要求が過ぎるという意見もあり、これらのツイートには批判的な投稿も多くありました。

虚偽情報が拡散される

パーナさん事件が広まっていき、次第に虚偽の情報も流れるようになります。

宿が見つからず困っている来場者へ国立競技場が開放されている、警視庁、消防署は宿泊を認めているなどの情報が投稿されるようになったのです。

そして、「ナンパ車」「レイプ車」等がパーナを狙っているという情報も流れ始めました。その他様々な情報が次から次へとツイッターに投稿されます。

geralt / Pixabay

パーナ」が鋏で服を切り裂かれた、「パーナ」を襲撃しようとした男がいる、始発電車に乗る「パーナ」を狙って暴漢が待ち構えている、偽の警察官が出没している、過呼吸に効くと偽り「パーナ」に薬物を渡す者がいる、多数の「パーナ」が連れ去られた、など、宿泊先の無い来場者が犯罪に巻き込まれているという真偽不明の情報がツイッター上に投稿され始めた

(引用:Wikipedia)

嘘なのか真実なのか、証拠も根拠もない情報があたかも真実であるように投稿され、拡散されたためにツイッター上で大混乱となりました。

虚偽情報により警察が批判される

Utility_Inc / Pixabay

パーナさんに関連する情報を信じて、警察に対して怒りを露にする人間も現れました。何のために税金を払っているのだと警察を批判したのです。

他にも拉致されかけていた21人のパーナさんを救い出したなどと自信ありげに語る人間も出てきました。

一部来場客の非常識な態度がツイートされる

ijmaki / Pixabay

パーナさんを自宅に泊めたという人物がパーナさんはマナーが悪かったことを明かしています。

パーナさんを泊めたものの挨拶も礼もなく、飼い猫に文句を言われたり、寿司でもてなそうとしたところ断られたと投稿されていました。

投稿によってパーナさんの印象が悪くなり、投稿した人間には同情のコメントが集まりました。

パーナさんと一般人で論争

RyanMcGuire / Pixabay

ツイッター上では嘘か真かわからない情報が続出、パーナさんの非常識な行動と思われる投稿やパーナさんが被害に遭ったという内容の投稿などで溢れかえります。

パーナさんは非常識だ、文句言うなとパーナさんを非難するコメント、そして「パーナを悪く言うな」というコメントがありました。一時論争が起こったのです。

翌日のコンサートはほぼ満員だった

Free-Photos / Pixabay

様々な噂が流れてツイッターは大荒れとなったのですが、J-CASTニュースが警視庁広報課に問い合わせたところそのような事実は確認していないと答えたといいます。

ナンパやレイプ、暴漢や薬物の投稿があったにも関わらず特にトラブルは発生していなかったのです。

そして翌日の7月28日、順延されたコンサートが開催されましたが会場3万5千席はほとんど満員でした。

パーナさん事件はなぜここまで広まったのか?

ThomasWolter / Pixabay

もし事実であったなら大事となっていただろうパーナさんに関する噂の数々、結局警察に確認してもトラブルの発生は把握していないと回答されています。

つまりそのほとんどがデマだったのです。しかしなぜここまでパーマさん事件が広まってしまったのでしょうか。

それはパーナさん事件に芸能人が関わったこと。そして人間の悪意、自己満足が深く関係していました。

芸能人が一般人のツイートをリツイート

パーナさん事件は一般人のみならず芸能人も巻き込みました。

ツイッター上で三村マサカズさんや宮迫博之さん、麒麟の田村さん、篠田麻里子さん、 2700のツネさん、菜々緒さん、益若つばささんなどがコメントしているのです。

芸能人にはファンがいます。フォロワー数も多いでしょう。彼等芸能人がパーナさん事件を取り上げたことで瞬く間に広まっていきました。

愉快犯によるネットでの虚偽情報拡散

あり得ない情報なども多く流されているため、パーナさん事件には愉快犯が混ざっていると指摘されています。混乱に乗じてわざと虚偽の情報を流した人間がいたとされているのです。

ネット上では昔から釣り師と呼ばれる特殊な楽しみ方をする人間がいます。ツイッター上でもそういった人間が虚偽情報を拡散していったのでしょう。

「良い事をした」という気分になれる自己満足

ネットニュース編集者の中川淳一郎は「『何かを書き込むことによって、いいことをした気分になる』という自己満足が横行した」[1]と指摘したうえで「現代社会のデマは瞬時に広がるから注意が必要」と呼びかけている。

(引用:Wikipedia)

ツイッター上では芸能人にパーナさんを助けてと呼びかけていた人がいました。それもまた、良い事をした気分になれるから故の行動だった可能性があります。

パーナさんを心配する投稿などもすべてがそうだとは言い切れませんが、中には良い事をした気分になるため、自己満足のために投稿されたものもあったでしょう。

パーナさん事件当時のツイッターについて

ijmaki / Pixabay

パーナさん事件当時のツイッターは混乱していました。最初はパーナさんを心配する投稿が多かったのですが次第に虚偽情報が紛れてなにが真実なのかわからなくなっていったのです。

ついには行方不明者をまとめたリストなどもつくられました。しかし事態が収束していくと心配や混乱よりもパーナさんを揶揄する投稿やパーナさんに飽きたという人も見られました。

心配する声

ijmaki / Pixabay

急遽順延になったコンサート、遠隔地に住むパーナさんはコンサートを見たいのなら近場に宿泊する選択をしなければなりませんでした。

しかし急なことで宿がないと嘆くパーナさん達を心配する声がありました。4人ならギリギリだけど泊められるといった内容の投稿もあったのです。

虚偽情報が飛び交う

最初は宿泊施設が確保できないことで困っていたパーナさんですが、ツイッターではレイプや拉致などの危険な噂が流れました。

そのデマを信じた人間が憤り、拡散していきます。愉快犯は続々と情報を流していきます。

「お母さんがパーナさんを大勢連れて来た」「偽警官がいた」「金髪のおじさんがパーナさんを連れ去った」等の投稿がありました。

行方不明者が現れる

Judihui / Pixabay

友達が行方不明だと投稿する人間も現れました。ついに行方不明者リストなるものもつくられたのです。

連れ去されたパーナさんもいるとの情報もありました。

そろそろパーナ飽きたという人も

wilkernet / Pixabay

騒動が起きた後、騒ぎすぎたためかそろそろパーナに飽きた、NEWSのネタに飽きたという人も現れました。

パーナさんの奇行まとめ

Pexels / Pixabay

パーナさん事件に関して現在では笑える、捧腹絶倒だと評価する人も多くいます。好意的な意味ではなく、大騒ぎしすぎている、パーナさんの発想や行動がおかしいとして揶揄しているのです。

パーナさん事件当時に出回っていたツイートが真実だとすると、パーナさんは確かに常識に欠けた行動をとっていたことになります。

「進撃のパーナ」とも言われた常軌を逸したパーナさんの数々の行動をまとめると、パーナさん事件に批判的な意見を述べる人の気持ちも理解できるでしょう。

押し入り強盗並みの図々しさ

Pexels / Pixabay

パーナさんを家に泊めたら通帳や財布がなくなった、というツイートが拡散しました。善意で助けたというのに物を盗られたというのです。

あくまでネット上、ツイッター上の投稿であり真実かどうかはわかりません。しかしこれが事実だとすると警察沙汰になる事件です。

Free-Photos / Pixabay

この話を信じた人間はパーナさんは最低、パーナさんは酷いと投稿しています。

また、これまでのパーナさん事件をまとめると、非常に図々しいことがわかります。宿がないから助けてほしいと芸能人、一般人に呼び掛けて警察を批判、食料を無償で提供することを求めています。

泊めてもらったにも関わらず恩を仇で返すパーナさん

パーナさんと泊めたところ文句を言われたという人の投稿もありました。

ご飯やお風呂、着替えも用意して濡れた服を洗濯してあげたというのに挨拶はしない、お礼もしない、投稿者のいないところで不満ばかり言っている、というコメントがあったのです。

全部聞こえている、文句があるなら野宿すればいいいいのに、気分が悪いと投稿者は綴っています。

susannp4 / Pixabay

投稿者は猫を飼っていたようですがパーナさんは「そんなの聞いてない」「猫無理」「キモイ」などと言っていたことを明かしました。

また、親が善意で寿司を出前で取ってくれたものの「寿司は食べられない」と言ったこと、親は文句を言われたことに気が付いているけど交通費の足しにとパーナさんに1万円をあげたことなどを告白しています。

こちらの投稿は非常識なパーナさんの行動として有名な話となりました。

NEXT 疑い過ぎて一般人にも悪態をつく