平岡都さんが犠牲となった島根女子大学生バラバラ事件の真相は?

平岡都さんが殺害された島根女子大学生バラバラ事件は長く未解決でしたが、2016年に事件直後に事故死していた矢野富栄というイケメン男性が被疑者として特定されます。しかし、真相は別にあり信じるなとの噂がネットで囁かれています。今回はこの件を詳しくまとめます。

平岡都さんが犠牲となった島根女子大学生バラバラ事件とは

Free-Photos / Pixabay

「島根女子大学生バラバラ事件」は2009年11月6日に若い女性の頭部が広島県北広島町にある臥龍山山頂付近発見され、発覚した事件です。島根女子大生死体遺棄事件とも言われます。

遺体は少し前から行方不明になっていた島根県の女子大生平岡都さん19歳のものと確認されました。島根県警と広島県警は捜査本部を設置して合同捜査を開始しました。

長い間、犯人が特定されないまま迷宮入りかと思われましたが、2016年12月、遺体発見の2日後に交通事故死した当時33歳の男性が事件に関与した可能性が高い事が発覚、被疑者死亡のまま書類送検されています。

島根女子大生死体遺棄事件の概要

Mysticsartdesign / Pixabay

まずは、平岡都さんが殺害され、遺体をバラバラにされた上で遺棄されたと見られている、島根女子大学生バラバラ事件、島根女子大生死体遺棄事件の概要について見ていきたいと思います。

2009年10月26日、平岡都さんがアルバイト先を出た後行方不明に

Free-Photos / Pixabay

遺体で発見される11日前の2009年10月26日午後9時過ぎ頃、平岡都さんは浜田市内のショッピングセンター内のアイスクリーム店でのアルバイト勤務終了後、店舗を出た後に行方不明になっています。

2009年10月28日、両親が捜索願提出

cocoparisienne / Pixabay

平岡都さんが消息を絶ってから2日後、平岡都さんの両親が島根県警に捜索願を提出しています。その後の調べでは、この時点で既に平岡都さんは殺害されていた可能性が高いと見られています。

 2009年11月6日、臥龍山で遺体の一部を発見

Free-Photos / Pixabay

2009年11月6日、島根県と広島県の県境付近にある北広島町の臥龍山山頂付近にて、キノコ狩りに来ていた男性が山の中に人間の頭部らしきものが落ちているのを発見、警察に通報します。

捜索願を出し、無事見つかる事を願っていた家族の願いも虚しく、DNA鑑定の結果遺体は平岡都さんのものである事が確認されました。

広島県警と島根県警は死体遺棄事件として合同捜査を開始し、周辺を捜索したところ11月7日に左大腿骨の一部、翌8日に手足のない胴体部分、9日には左足首など遺体の一部が次々と発見されました。

平岡都さんの遺体の状況

elianemey / Pixabay

発見された平岡都さんの遺体は損傷が激しく、最初に発見された頭部には殴打や踏みつけられた痕が残り、胴体部分は内臓が取り出され、乳房や性器も性別が判別できないほど激しく損壊されていたそうです。

また、大腿骨からは肉がそぎ落とされた形跡があり、おぞましい事に遺体の一部が食べられた可能性も指摘されています。また、胴体部分には焼かれた痕が残っていたとされ、犯人の異常性が感じられます。

事件から7年後、真相が明らかに?犯人・矢野富栄を書類送検

xusenru / Pixabay

島根女子大学生バラバラ事件は広島県警と島根県警の、延べ31万人の捜査員を動員しての懸命の捜査にも関わらず、全く犯人の消息がつかめないまま7年が経過、このまま迷宮入りかと思われました。

しかし、なんと2016年12月、事件に関与した可能性が極めて高いとして事件当時島根県に住んでいた矢野富栄という当時33歳の男性が被疑者として特定され公表されました。

矢野富栄は事件直後に事故で死亡していた

vainodesositis / Pixabay

7年の時を経て唐突に名前が上がった島根女子大学生バラバラ事件の被疑者矢野富栄でしたが、なんと事件発覚のわずか2日後、11月8日に中国自動車道で運転する車がガードレールにぶつかり事故死しています。

このとき、矢野富栄の運転する車は左右のガードレールに何度も衝突してからようやく路側帯で止まっています。車はボンネットから白煙を上げ炎上、警察が到着した時には車は黒焦げになっています。

車内からは男女の焼死体が発見され、男性は島根女子大生バラバラ事件の被疑者矢野富栄、女性は矢野富栄の母親でした。車にはブレーキの跡がなく、母親を巻き込んでの無理心中だと見られています。

2016年、矢野富栄が捜査線上に浮上、押収したデジカメから証拠写真

artverau / Pixabay

島根け女子大学生バラバラ事件の捜査本部は2016年に入り過去の性犯罪者を調べ、その際に過去に何度か性犯罪を犯し逮捕歴もある矢野富栄の名前が浮上します。しかしこの時既に矢野富栄は事故で死亡しています。

捜査本部は矢野富栄の関係者から押収した証拠品デジタルカメラとUSBメモリーのデータを復元したところ、平岡都さんの遺体や遺体を損壊していく様子を一時間半に渡って細かに撮影した画像データが発見されます。

その中には矢野富栄の自宅の部屋や風呂場を背景に撮影された写真もあり、これが決め手となって容疑者特定に至ったという事でした。矢野富栄は自宅風呂場で遺体をバラバラにして山中に運んだと見られます。

2017年、容疑者死亡で不起訴処分へ

Free-Photos / Pixabay

2017年1月31日、松江地方検察庁は殺人死体遺棄、損壊容疑などで書類送検されていた矢野富栄を被疑者死亡で不起訴処分としています。

容疑者が事故で死亡してしまった事で、事件の真相については多くが闇の中となりました。島根県警察浜田署の署長は、「動機などが不明で、容疑者の刑事責任を追及できなかったことも残念」と話しています。

また、被害者遺族も「私たち家族には言葉では表現できない怒り、悲しみ、憎しみ、苦しみをぶつける先がありません」とのコメントを捜査本部を通じて残されています。その無念は計り知れません。

犯人・矢野富栄の生い立ちと経歴(画像あり)

極めて犯人の可能性が高い矢野富栄が事故で死亡してしまっため、島根女子大学生バラバラ事件の真相の多くは闇に覆われしまいました。

ここからは、少しでも事件の真相を探るためにも、矢野富栄の生い立ちや経歴などについても見ていきたいと思います。上の画像は矢野富栄の顔写真ですがネットではかなりのイケメンだと言われています。

また、極めて真面目な性格で成績は優秀、柔道は黒帯で陸上部のキャプテンを務めるなど、文武両道の優秀な学生であったと言われます。犯人が彼だとすれば何故この様な猟奇的な犯罪に走ったのでしょうか?

矢野富栄の生い立ち

tinabold / Pixabay

島根女子大学生バラバラ殺人の被疑者とされ、顔写真が公表されるとイケメンとも言われしかも既に事故で死亡しているとして話題になった矢野富栄は、山口県下関市で生まれ両親と弟の四人家族の中で育っています。

実家は米穀店を営んでいましたが、それだけでは生活が苦しかったのか母親がクリーニング店も経営していたそうです。母親は近所では美人で有名、矢野富栄もそれに似て目鼻のはっきりしたイケメンと評判でした。

そんなごく普通の家庭で育った矢野富栄は、中学までを地元下関で過ごし、高校は北九州の進学校へと進んでいます。合格した防衛大学を蹴って九州の国立大に推薦入学するなどかなり順調な人生を歩んでいます。

cocoparisienne / Pixabay

しかし、大学に入学した矢野富栄は、ハメが外れたのか合コンやナンパに明け暮れる生活を送る様になり、結果として大学を中退してしまいます。

以降はフリーターをしながら、ピアノやドラムなどを担当してヴィジュアル系バンドでの活動なども行なっています。しかし25歳の頃に筋肉が動きにくくなるジストニアを発症、バンド活動も続けられなくなっています。

一時は東京で暮らしていた時期もあった様ですが、下関に戻ってソーラーパネル会社の営業マンとして就職しています。成績は優秀だったそうで、事件を起こす前には島根県の支社の店長に抜擢されています。

 2004年にも事件を起こしていた

3839153 / Pixabay

矢野富栄は島根女子大学生バラバラ事件の5年前、2004年頃にも北九州市や東京都内で、見ず知らずの女性を刃物で脅し、わいせつな行為をしようと怪我を負わせるなどして逮捕されています。

少なくとも3回同様の事件を起こしており、逮捕され懲役3年6ヶ月の実刑判決を受けています。イケメンだと言われる矢野富栄でしたが、女性にモテない事に納得がいかず暴走したのではないかとも指摘されます。

文武両道でなければ合格しない防衛大学を蹴って国立大学へ進学するなどエリートの典型の様な道を歩んできたものの挫折、元々高かったプライドを守る心理が働き強引な行動に出たという事でしょうか。

イケメンだったがモテなかった?性格に難があった説も浮上

DasWortgewand / Pixabay

中学時代は陸上部に所属してキャプテンを務め、成績は極めて優秀な上にイケメンでした。さぞかしモテたろうと思いきや意外なことに矢野富栄は女の子にはほとんどモテなかったのだそうです。

息子が矢野富栄の同級生だったという、近くに住む主婦によると、矢野富栄がイケメンなのにモテなった理由は「真面目すぎて堅苦しい感じ」だった為だと言っています。

また、矢野富栄が生前にやっていたSNSでは「来る者は拒まず去る者は地獄の果てまで追って行きます」など、少し30代男性としては痛い書き込みが多数見られ、性格に難があったとの説も出ています。

弟は美容院を始めるも夜逃げ?

Skitterphoto / Pixabay

矢野富栄は、島根女子大学生バラバラ事件の被疑者として兄の名前が上がる数年前に実家を改装して美容院を開業しています。しかしその後、「一身上の都合で閉店します」との張り紙を残して消息を絶っています。

これは兄が猟奇的な殺人をしたとの疑いが強まった事の影響を考えての夜逃げだったのではないか?との見方がされています。この弟さんには家族もいるそうなので、家族を守るためにも致し方なかったのでしょう。

島根女子大学生バラバラ事件を信じるな?真相はどこへ

Pexels / Pixabay

島根女子大学生バラバラ事件の被疑者としてほぼ確定的と見られている矢野富栄でしたが、実は一部では矢野富栄は冤罪で、これは真相ではないので信じるなという声が上がっています。

真相は別にあるので信じるなという声の根拠として、いくつかの不可解な点がネット上などで指摘されています。ここでは、その点をまとめていきたいと思います。

矢野富栄は冤罪?

事件の真相は別にあり信じるな、矢野富栄が冤罪であるという説のが持ち上がる大きな理由となっているのが、何故被疑者が特定されるのに7年もの歳月かかったのか?という点です。

しかも、都合よく事件発覚直後に交通事故で死亡しており、その上過去には性犯罪を犯した前科まであるというも話が出来すぎていて怪しく、矢野富栄は真相を隠すため用意された身代わりであるというのです。

さらに、この事件は単独犯の犯行ではなく、もっと大きな犯罪組織が関わっており、スナッフフィルムや臓器売買にも関係する真相はもっと闇が深い事件である、報道を信じるなという噂がネットで囁かれています。

平岡都さんにはタトゥーがあった?SNSで意気投合した男性の存在?

TheDigitalWay / Pixabay

また、とってつけた様に出てきた噂として、平岡都さんの胸の部分にタトゥーが入っていたとの話があります。真面目な学生というイメージだった平岡さんがこれによって少し不良なイメージに変わっています。

平岡さんはヘヴィメタバンド「スリップノット」のファンであり、タトゥーはその影響だったとも言われています。そして事件の前に平岡さんはこのバンドを通じてSNSである男性と意気投合したと言われています。

これによって、平岡都さんが殺害された事をあたかも自業自得であったかの様に見せかけているというのです。これもまた報道を信じるなという声に繋がっています。

Mainzer / Pixabay

矢野富栄も以前音楽活動経験があり、ヘヴィメタは不明ですが、ヴィジュアル系のロックバンドのファンだった事は明らかになっています。ただ、平岡さんが意気投合した男というのが矢野だったのかは不明なままです。

この点に関してもあまりにも取ってつけた様な内容であり、報道されている事件の内容を信じるなと言われる理由となっています。そもそもが平岡都さんのタトゥーの件も偽情報だから信じるなと言われているのです。

以上が、この事件の真相は別にある信じるなと言われる根拠です。これが本当ならイケメンだが性格が悪く、モテなくて猟奇犯罪に及んだと人間性を完全否定された矢野富栄も冤罪である事になりますが真相は闇の中です。

犯人扱いで2次被害を被った人たち

StockSnap / Pixabay

被疑者が特定されるまでに7年もの歳月がかかった島根女子大学生バラバラ事件。実は、長い時間がかかった事で、2次的な被害にあった男性が複数存在します。

犯人扱いされた人①:平岡さんと同じキャンパスに通う大学院生

johnhain / Pixabay

平岡さんと同じ大学、同じキャンパスに通っていた大学院生のAさんは、平岡さんの遺体発見現場への高速道路でNシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)に自分の車が写っていたという事で疑われます。

警察が自宅にやってきて、風呂場の様子や自宅にあった包丁などの刃物をチェックしにきたり、何度も話を聞きに訪れたと言います。これが学校や近所に広まり、まるで犯人の様な目で見られたという事でした。

犯人扱いされた人②:平岡さんにバイト先を紹介した大学の友人

Foundry / Pixabay

また、もっと大きな被害にあったのは、事件の直前に、アルバイトからの帰り道が怖いと相談してきた平岡さんに、新しいアルバイト先を紹介したという大学の友人Bさんでした。

警察は直前というタイミングに目をつけBさんがこの事件について何らかの事情を知っているのだと決めてかかってきたそうです。すぐに大学で噂になってしまい、Bさんは大学を中退する事を余儀なくされてしまいます。

この様に、事件解決に長い事件がかかった事で、何の落ち度もないのに人生を狂わされた人物がいるのです。この件では警察の初動捜査に問題があったのではないかとの批判が集まりました。

真相は闇のまま?その他の未解決事件

RyanMcGuire / Pixabay

島根女子大学生バラバラ事件の真相は別にあるとの噂が出ていますが、凄惨な事件にも関わらず長い年月をかけても解決していない、真相が闇に包まれた未解決事件は多数あります。その一部を紹介します。

世田谷一家惨殺事件

niekverlaan / Pixabay

2000年12月30日から31日の未明にかけて発生したと見られる「世田谷一家惨殺事件」もまた、長年にわたって犯人の糸口がつかめず、未解決のままになっている凄惨な事件です。

東京都にあった宮澤みきおさん宅に何者かが侵入、みきおさん、妻、当時8歳の娘、同じく6歳の息子の一家4人が惨殺されました。犯行現場には、犯人がアイスクリームを食べPCを操作した形跡が残っていました。

舞鶴高1女子殺人事件

2008年5月に、当時高校1年生だった小林美穂さんの遺体が、京都府舞鶴市の雑木林の中で発見されました。その翌年、現場近くに住んでいた60代の男が容疑者として逮捕されました。

第一審判決ではこの男は無期懲役の有罪判決を受けたものの、第二審の高裁では犯行を立証できずに逆転無罪に、検察側は上告しますが退けられ、無罪が確定しています。

kalhh / Pixabay

しかし、2014年この男はナイフで女性を刺し殺人未遂の現行犯で逮捕されています。また、この男と拘置所で同部屋に収監されていた男性が、男から舞鶴の事件は自分がやったとの告白を受けたと証言しています。

無罪判決が出てしまった以上、この男を舞鶴高1女子殺人事件の容疑者として表立って捜査する事は出来なくなってしまいましたが、その後のこの男の行動を見ると本当に無罪なのか、疑わしいと言わざるを得ません。

福生顔面皮剥ぎ変死事件

TheDigitalArtist / Pixabay

「福生顔面皮剥ぎ変死事件」は東京・福生市で2015年11月に発生した異様な事件です。額から顎にかけての皮膚を剥がれた異様な遺体が福生市のアパートで発見されます。

発見されたのは当時38歳の男性(性転換手術しており元は女性)で、同じく性転換手術をして女性として暮らしていた人物と同棲していました。

この事件では、狂気と被害者から剥がれた皮膚が見つかっておらず、それ以外の手がかりについても一切出てきておらず、何の糸口もつかめないまま、事件の異様性だけが際立ち未解決のままとなっています。

平岡都さんの声?事件を報じるニュース映像に心霊音声の噂

Anemone123 / Pixabay

島根女子大学生バラバラ事件に関して、事件の内容以外にもある噂が飛び交い大きな話題となっていました。それは事件発生を報じるNNNニュース映像に、苦しそうな女の声が入っているという噂でした。

画面がスタジオから現場の中継に切り替わったタイミングで「すっごく痛かった…」と泣き声混じりの声、さらに「何で」「どうして」という小さな声も続いて入っているというのです。

悪趣味なフェイク映像ではないのか?との疑惑も出ましたが、ニュースが最初に放送された段階で、リアルタイムに騒ぎになっており、このタイミングでフェイク映像を準備できるのか?という疑問が残ります。

TheDigitalArtist / Pixabay

さらには、男性リポーターの後ろに人の顔が浮かび上がるとの噂も立っています。もしフェイクだとしたらイタズラにしても不謹慎でとても許される事ではありませんが、それにしても不気味な噂です。

その事件直後に、被疑者の男性が不審な交通事故死をしたことを考え合わせても、それは呪いなどの何らかの非科学的な力が働いていたのではないか?との噂もネットでは盛んに囁かれています。

平岡都さん殺害事件の真相が明らかになる日は来るのか?

danigeza / Pixabay

今回は、女子大生だった平岡都さんが殺害されバラバラにされた遺体が発見された島根女子大学生バラバラ事件の真相についてまとめました。

長年未解決のままでしたが、2016年に被疑者として矢野富栄という男性が特定されました。事件直後に交通事故死し、イケメンながら過去には性犯罪で逮捕歴もあり、この人物が犯人で間違いないと思われました。

事件は一応の解決を見ましたが、今だに不可解な点が多く、一部では事件の真相は別にあり、この男性は冤罪であるとの噂が出ています。多くの謎を残すこの猟奇事件の真相が明らかになる日は来るのでしょうか?

NEXT 平岡都殺害事件との関係が疑われるペッパーランチ事件に関する記事はこちら