2017年ガキ使にベッキー参戦!ドッキリで禊のタイキック!?

あの「笑ってはいけないシリーズ」にベッキーさんが出演!そして笑わせる仕掛け人として出演したはずがまさかのタイキックを受けるという展開になりました!今回はベッキーさんがなぜタイキックを受けることになったのか調べてみました。

ベッキーがガキ使でタイキックされる!?

「○○○、タイキック~」で知られる「笑ってはいけないシリーズ」のタイキックによる罰ゲーム。2017年12月31日放送の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」に出演したベッキーさんが、まさかのドッキリによるタイキックの餌食となりました!

ガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」って?

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」はダウンタウン、月亭方正、ココリコが出演するバラエティ番組で日本テレビにて日曜日の23時25分から放送されています。その中で人気の「笑ってはいけないシリーズ」が年末の特番として2006年から放送されるようになりました。

「笑ってはいけないシリーズ」では文字通り、いろんな仕掛けを使って笑わせてくるのをダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人がどれだけ笑いに耐えられるかという番組で、笑ってしまうと痛い罰ゲームが待っています。主にケツバットの罰ですが、ほかにもいろんな罰が待ち受けていて目が離せません!

ベッキー出演の「笑ってはいけないシリーズ」は?

2017年12月31日に放送されたガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」の舞台は警察署。以前にも「絶対に笑ってはいけない警察24時」がありましたが今回はアメリカンポリスとなっていて、仕掛けも出演者も豪華になっていました。月亭方正似のチャッキーくん人形がとても印象的だったのを覚えています。

毎回冒頭にあるガキ使メンバーによる着替えでは、ダウンタウンの浜田雅功さんがエディ・マーフィに扮し黒塗りメイクをしていました。途中でオカッパ頭に着替え黒塗りメイクもしていませんでしたが、この黒塗りが黒人差別なのではと問題となっていました。

ベッキーのプロフィール

  • 本名:レベッカ・英里・レイボーン
  • 生年月日:1984年3月6日
  • 出身:神奈川県
  • 身長:157cm
  • 血液型:AB型
  • 所属事務所:サンミュージックプロダクション

父親がイギリス人、母親が日本人のハーフタレントとして活動中のベッキーさん。タレントとしてだけではなく女優や歌手など幅広く活動されていてお茶の間の人気者でした。しかし、みなさんもご存知の不倫騒動により活動を休止されてしまいました。

ベッキーの略歴

14歳のときに下着モデルのオークションに参加したときに、サンミュージック社長の相澤秀禎さんに見出されて芸能界入りします。テレビ東京の早朝番組「おはスタ」のコーナーでポケモンの英語の名前を紹介する「ポケモン・ザ・ワールド」でデビューします。

2005年から2007年には浜崎あゆみ以来のネイルクイーンのタレント部門で3年連続受賞を果たします。バラエティ番組を中心に活動していたベッキーさんは『にじいろジーン』や『世界の果てまでイッテQ!』など数々の人気番組でレギュラーとして出演していました。

ベッキーのゲス不倫騒動

ベッキーさんといえば、2016年にバンド「ゲスの極み乙女。」のギターボーカリストの川谷絵音さんとの「ゲス不倫騒動」が話題となりました。それまでテレビなどで大人気だったベッキーさんの人気はガタ落ちし、約100日間ほどの一時休業をされました。

明るくて誰にでも優しいイメージだったベッキーさんだけに、不倫中のLINEの内容が明らかにされたときは驚きが隠せませんでした。今は不倫相手の川谷絵音さんとの破局され、地道に復帰活動に励んでおられます。

ガキ使出演の芸能人

毎年12月31日に放送されるようになってからは、年末を締めくくる番組としてか豪華な芸能人の出演が相次いでいます。大物歌手やタレント、俳優までもがダウンタウンや月亭方正、ココリコの二人を笑わせるためにいろんな仕掛けをしてくるのが見物でもあります。

ガキ使出演芸能人①マツコ・デラックス

マツコ・デラックスさんはガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」に7回出演されています。ほぼ仕掛け人としてレギュラーの一人として出演されていましたが、2016年の年末は別番組の「NHK紅白歌合戦」にゲストとして出演することが決まっていてガキ使ファンにとっては残念な知らせとなりました。

ガキ使出演芸能人②蝶野正洋

蝶野正洋さんはアメリカ生まれの日本のプロレスラーです。ガキ使での蝶野正洋さんといえば、月亭方正さんへのビンタですね!毎回事件に巻き込まれたメンバーが犯人の疑いをかけられて、月亭方正さんが犯人にされて制裁ビンタをされるのが有名です。

ガキ使出演芸能人③中居正広

元SMAPのメンバーでアイドルの中居正広さんもガキ使に出演されました。実は別番組の「NHK紅白歌合戦」にも出場が決定していた中居正広さんはガキ使が始まった18時30分から、「NHK紅白歌合戦」が始まる19時15分までのあいだの出演でお茶の間を賑わせました。

ガキ使といえば罰ゲーム

ガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」といえば、笑ってしまったメンバーに対する痛い罰ゲームですよね。主にケツバットですが、ほかにも番組の企画にある鬼ごっこで鬼に捕まるごとにいろんな罰を受けることになっています。中でもこの番組の中で特に痛いと有名な罰ゲームがタイキックです!

毎回一番罰を受けているのは?

「笑ってはいけないシリーズ」で最も罰ゲームを受けているのはダントツで松本人志さんということは知っていましたは?お笑いには厳しそうなのであんまり笑わないのではないかと思いますが、「笑ってはいけないシリーズ」の『名探偵』では331回、『アメリカンポリス』で314回と誰よりも罰を受けていました。

たしかに、ほかの番組を見ていてもよく笑っている印象があるように思います。お笑いに対して厳しい反面、純粋に番組を楽しんでいるようにも見えますね。しかし毎回一番多く罰を受けているのが嫌なのか「この企画やめへん?」と発言し、笑いを誘っています。

タイキックをしている人は誰?

視聴者の中では「タイキックさん」と呼ばれていて、毎年タイキックのために「笑ってはいけないシリーズ」に出演されています。ベッキーさんのタイキックのときはさすがに女性の方がタイキックをされていましたが、毎年出演されるこの男性のことを少し調べてみました。

タイキックさんの名前は「ハーカム・ナロンパット」

ハーカム・ナロンパットさんは、実はとても有名なムエタイ選手だったことがわかりました。ムエタイの戦歴は200戦以上、ラジャダムヌンスタジアム1位の記録を持っているそうで、ムエタイのトレーナーとして30年以上活動されています。

そんなムエタイ選手としては一流でもあるハーカム・ナロンパットさんのタイキックを受けるということは、アントニオ猪木さんのビンタを受けるぐらいありがたいものなのでは!?とも思ってしまいます。しかし、手加減はされているとはいえプロのタイキックを受けるとやはり相当痛いでしょう。

タイキックをされてる回数が多い芸能人:ココリコ・田中

「笑ってはいけないシリーズ」でおもにタイキックの餌食となっているのはココリコの田中直樹さん。2017年まで8年連続でタイキックを受けていて、番組内の仕掛けのひとつであるDVDの視聴で宣告されることが多々あります。

2013年のDVDでは、ココリコの田中直樹さんの息子による感謝の手紙が朗読されていて、とても感動的で田中直樹さんも思わず涙を流していたのですが、まさかの最後に息子からのタイキック宣言を受けることになりました。田中直樹さんが泣きながらタイキックを受けていたのが印象的です。

ガキ使でのベッキーはどんな感じだったの?

2017年の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス」で仕掛け人として出演したベッキーさん。今回もやはりココリコ田中直樹さんにタイキックの罰を与える側の人間として参加されていました。しかし、無事に田中直樹さんへのタイキックが終了したあと、「禊のタイキック」としてベッキーがタイキックを受けることになりました。

タイキックを受けるベッキーの動画がある?

いつものタイキックさんではなく女性のボクサーにタイキックを受けたベッキーさん。相当痛かったようで、「痛い、ヤバイこれ」という声とともにその場に崩れ落ちてしまい、それを見た他の出演者を笑わせていました。しかし、一部の視聴者からこれについて批判が殺到してしまったようです。

ベッキーの禊のタイキックに批判殺到?

放送終了後、ツイッター上でベッキーのタイキックに対する批判が殺到しました。暴力で笑いを取ることに対して「いじめ、集団リンチ」「子供が産めなくなったらどうする」という内容の投稿が多く、ガキ使に対して問題視する声がありました。

しかし、ベッキーさん自身はラジオ番組に出演した際に「タレントとして本当にありがたかった」とコメントされていてガキ使に出演したことが嬉しかったと語っておられました。しかし、そのベッキーさんのコメント自体が番組への忖度なのではないかという人もいてまだまだ問題は解決されそうにありません。

今後もベッキーがガキ使に出演する可能性は?

ガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」に一度でも出演したタレントは今後も出演する可能性が高いようです!ベッキーさんも批判的な意見も多いですが間違いなく「笑ってはいけないシリーズ」で爪あとを残しているので、また出演されるのではないでしょうか?!

ベッキーさんは今も少しずつテレビや雑誌などで見かけることが多くなってきました。不倫騒動で一度なくなった信用も取り戻してきているのではないでしょうか。ガキ使に限らず、また少しずつでも復帰されて前以上に活躍される日がくるのが楽しみですね!