広島一家失踪事件の概要と真相への推理まとめ!無理心中の動機は?

2001年に広島県で不可解な失踪事件が起きました。家族4人と愛犬が忽然と姿を消し、1年後ダムに沈んだ車内から遺体で発見されたのです。無理心中と断定されたこの事件、浮気や日教組など意外な動機が浮かんできました。広島一家失踪事件の真相への推理についてまとめました。

広島一家失踪事件とは

webandi / Pixabay

2001年6月4日、広島県世羅町の山上さん宅から一家4人と愛犬が忽然と姿を消しました。自家用車が消えたこと以外、争った跡や血痕など事件性を疑わせるような不審な点はありませんでした。

さらに自宅玄関が施錠されていて、4人分のサンダルが無くなっていたことから、自らの意思で自宅を出たものと考えられました。ただ謎だったのは、この一家に失踪する理由がないという点でした。

広島県警が捜索に当たったのですが、一家の行方について手掛かりすら掴むことができませんでした。この「広島一家失踪事件」は不可解な事件として、メディアでも度々取り上げられることになります。

dachdeckerbernd / Pixabay

行方不明のまま1年が過ぎたある日、自宅近くの「京丸ダム」から、水没している車が見つかります。車中からは山上さん一家と愛犬の遺体が発見され、事件は最悪の形で幕を閉じました。

広島一家失踪事件の概要まとめ

Monsterkoi / Pixabay

広島一家失踪事件では、父親の山上政弘さん(58)、母親の順子さん(51)、長女の千枝さん(26)、祖母の三枝さん(79)の一家4人と愛犬レオが行方不明になりました。

ここからは、事件の一連の流れ、失踪する前後の目撃情報など、失踪事件の概要をまとめてご紹介します。

2001年6月4日、順子さんの会社の同僚が山上さん宅を訪ねて発覚

Free-Photos / Pixabay

2001年6月4日、母親の順子さんは社員旅行で中国に出発する予定になっていました。会社の同僚が順子さんと正午に待ち合わせをしていたのですが、いくら待っても彼女は姿を見せません。

待ち合わせ場所に現れない順子さんを心配した同僚が、自宅の様子を見に行きました。すると台所と廊下の電気がついたままなのに人気がないのです。不審に思った同僚は親族に連絡します。

家族4人と愛犬が忽然と失踪

Sky-High / Pixabay

親族から通報を受けた警察が山上さん宅を調べますが、自宅には何の異変もありません。家が荒らされた様子はなく、争った跡や血液反応も見つかりませんでした。ただ家族と愛犬だけがいないのです。

勝手口の鍵は開いていたものの玄関は施錠されており、誰かが侵入した形跡もありません。通帳や現金も手付かずで残されていたため、強盗などが侵入した様子もないのです。

Free-Photos / Pixabay

室内には順子さんの旅行用鞄と、旅行代金の15万円が置かれたまま。順子さんと千枝さんの免許証と携帯電話も自宅に残されていました。消えたのは4人分のパジャマとサンダル、父親の政弘さん所有の車でした。

自らの意思で出て行ったと思われる状況の中、特に失踪する理由もない家族がパジャマ姿で金や携帯も持たず、忽然と姿を消したのです。不可解さが際立つ事件でした。

Yさん宅の様子はいつもどおり

Pexels / Pixabay

山上さん宅の様子はなにか突発的な事件が起きたという気配はなく、いつもどおり生活感のある日常的な雰囲気でした。寝るつもりだったのか、布団はシーツの乱れがない状態で敷かれていました。

電気がついたままの台所には、翌日の朝食が用意されていて、虫よけネットがかぶせられていました。また室内には、翌日に着る予定と思われる洋服がたたんで置いてありました。

母親の順子さんは翌日の社員旅行の用意をしていて、就寝用の布団や家族の朝食の準備、服も用意してある。家族での失踪を計画しているなどとはとても思えない様子でした。

長女千枝さんの足取りからわかる失踪時刻

Monoar / Pixabay

「広島一家失踪事件」で一家が失踪したのはいつなのでしょう。足取りがわかっているのは、長女千枝さんだけです。失踪前日の6月3日は竹原市内で開催されたPTAの球技大会に参加しています。

球技大会後に行われた親睦会に顔を出した後は、自ら車を運転して同僚を家へ送っています。それが午後9時半の出来事。これが長女千枝さんの姿が確認された最後の目撃情報になりました。

また車に同乗していた同僚は、長女千枝さんが母親の順子さんと電話をしていたと証言しています。「化粧品を忘れたから(実家に)取りに行く」という内容だったそうです。

車のドアが「バタン」と閉まる音

zwei5 / Pixabay

近所の住民から失踪時刻について気になる証言が寄せられました。失踪前日6月3日午後10時半、「バタン」と車のドアが閉まる音がしたというものです。

車に乗り込む時の音だったのか、降りる際の音だったのかはわかりません。その時間に山上さん宅の車付近に、だれかがいたことは間違いないでしょう。

翌朝4時すぎに新聞配達員が山上さん宅を訪れたのですが、すでに人の気配はなく、車も駐車場にはなかったそうです。証言や目撃情報をまとめると、失踪時刻は夜10時半から翌朝4時までの間と思われます。

広島一家失踪事件の関連人物

Pexels / Pixabay

広島一家失踪事件の最大の謎は、「失踪する理由が見当たらない」ことでした。しかし状況的には自分の意思で失踪しているのです。

知人の証言や暮らしぶりから、生活に困っていた様子はなく、トラブルも抱えていたとは思えない山上さん一家。なぜ失踪しなければならかったのでしょうか。

失踪の真相や動機を推理するため、失踪した山上さん一家の人物像や、当時それぞれが置かれていた状況についてまとめてみました。

山上政弘

josealbafotos / Pixabay

山上一家の主である山上政弘さんは当時58歳。身長167㎝。建設会社に勤める会社員でした。山上家は地元では旧家として知られ、町の有力者として有名でした。

ダムに沈んでいた車は政弘さんのもので、白のトヨタスプリンターという車種です。

山上順子

voltamax / Pixabay

山上順子さんは政弘さんの妻で、当時51歳。身長160㎝。採石会社に勤める会社員でした。失踪当日は社員旅行へ行く予定で、旅行バッグや旅費も用意していました。

山上千枝

StockSnap / Pixabay

山上千枝さんは山上夫妻の娘で、当時26歳。身長164㎝。職業は教師で、竹原小学校で1年生の担任をしていました。当時は実家から30㎞離れた竹原市内のアパートで一人暮らしをしていました。

ミス世羅である「フルーティー世羅」に選ばれたこともある可愛らしい女性で、職場でもアイドル的存在の人気者でした。また交際中の男性がいて、結婚間近だったと言われています。

山上三枝

Julim6 / Pixabay

山上三枝さんは山上政弘さんの母親で、当時79歳でした。

愛犬・レオ

tookapic / Pixabay

愛犬・レオは、山上家で飼われていた犬で、シーズーという犬種です。「ヤマガミレオ」と書かれた赤い首輪をつけていました。

広島一家失踪事件の真相への推理

422737 / Pixabay

両親は会社員で祖母と愛犬との穏やかな暮らしで、長女は教師で学校でも人気者、結婚も間近に控えていました。傍から見れば幸せそのものの山上家が失踪する理由とは何だったのでしょうか。

不可解なこの事件について、様々な説が噂されています。「広島一家失踪事件」の真相への推理として有力な、拉致、自発失踪、神隠しの3つについてまとめました。

真相への推理①拉致説

Ichigo121212 / Pixabay

「広島一家失踪事件」の真相への推理、1つ目は拉致説です。失踪した日、誰かしらの第三者によって、無理やり拉致されたのではないかというのです。

しかし自宅には争った跡や血痕も残っておらず、第三者が侵入した形跡もありません。仮に第三者による拉致事件とすると、大人4人を無抵抗で連れ去ったあげく、犬も一緒に車にのせるかは疑問です。

4人もいれば誰かは多少抵抗するでしょうし、犬は吠えたり咬みついたりするので、拉致する際に邪魔になるでしょう。拉致説を真相と推理するのは、少し難しいかもしれません。

真相への推理②自発的失踪説

geralt / Pixabay

「広島一家失踪事件」の真相への推理、2つ目は自発的失踪説です。一家が何らかのトラブルに巻き込まれ、夜逃げするように自発的に失踪したというのです。

しかし一家の周りでトラブルが起きていた可能性は低いのです。山上家は地元では有名な旧家で、それなりに裕福な生活ぶりでした。自宅に残された通帳にも多額の預金があったと確認されています。

母親の順子さんも会社でのトラブルもなく、旅行を楽しみにしていました。長女は職場でアイドル的存在で、婚約者がいました。つまりどこを見ても自ら失踪する原因があったとは考えにくいのです。

真相への推理③神隠し説

Quangpraha / Pixabay

「広島一家失踪事件」の真相への推理、3つ目は神隠し説です。山上さん一家が住む世羅町に近い大神将山には、神隠し伝説がありました。

江戸時代、ある有力者の家にお夏という女中がいたのですが、おつかいで大神将山に行ったきり帰ってきませんでした。村人たちが必死に捜索しますが、お夏を見つけることはできませんでした。

村人たちはお夏が神隠しにあったと思い、山中に彼女の墓を建て、供養しました。その大神将山は、行方不明になった山上さんが所有している山だったのです。

fotoerich / Pixabay

伝説を知る人々の間では、大神将山にかかわると神隠しにあうと信じられています。山の所有者一家が、忽然と姿を消してしまった。「広島一家失踪事件」の真相は神隠しに違いないと噂されています。

広島一家失踪事件の約一年後、ダムから車と遺体が発見される

mploscar / Pixabay

家族4人と愛犬が忽然と消えた「広島一家失踪事件」。事件発生から丸1年以上経った2002年9月7日、事件は急展開します。

広島県世羅町の京丸ダムで、車が裏返しになった状態で沈んでいるのを通行人が発見します。水不足が続きダムの水かさが減っていたので、湖底に沈んだ車に気づいたのです。

すぐに警察に通報し、車は引き上げられました。引き上げられた車内からは、大人4人と一匹の犬が遺体で発見されました。

MichaelGaida / Pixabay

車のナンバー照合をすると、「広島一家失踪事件」で行方不明になっていた山上政弘さんの物と判明。フロントガラスが割れ、エンジンキーはONの位置にあり運転席の窓が開いた状態でした。

遺体は損傷が激しくほぼ白骨化していましたが、歯型の鑑定から山上政弘さんの一家4名であると確認されました。司法解剖の結果、死因は不明。しかし骨折や刺し傷など外部からの損傷はありませんでした。

遺体の位置から、運転は父親の山上政弘さんがしていたと推測されました。全員シートベルト非着用で、衣服は何を着ていたか確認できないほど損傷していました。

警察は無理心中と判断

家族全員死亡という最悪の結末を迎えた「広島一家失踪事件」。警察はこの事件が無理心中であったと判断しました。山上さん一家の車は、自らダムに転落したと結論づけたのです。

車が転落した場所は、一般人はおろか近所の人でも知らない管理者用の通路でした。山上さんは建設会社勤務で、このダム工事に携わっていたために知っていたと思われます。

PeterDargatz / Pixabay

さらに車止めも設置されていて誤って落ちたとは考えにくいのです。車のキーはさしたまま、遺体に事件性のある外傷がないことも、心中と判断する元となりました。

それらの状況証拠に加え、関係者に事情を聞いたところ「心中を納得できる理由 」が判明したと言います。その理由はいまだ公表されていません。

広島一家失踪事件の動機は

rebcenter-moscow / Pixabay

「広島一家失踪事件」の動機はなんだったのでしょうか。警察の捜査で、「心中を納得できる理由」があったことは判明しましたが公表されていません。

これを受け、失踪事件の動機について様々な憶測が飛び交っています。お金のトラブル、夫婦仲の問題、浮気トラブルの噂、それぞれから詳細をまとめてみました。

2000万円の預金もある裕福な家庭

stux / Pixabay

「広島一家失踪事件」で自宅を捜索したところ、2000万円入った定期預金通帳が発見されています。山上家は地元では有名な旧家で、失踪した一家も裕福な生活ぶりでした。

お金は十分にあったと思われ、借金などのトラブルも全く聞こえてきません。失踪の動機は、金銭のトラブルではないと思われます。

夫婦仲も良好

Netpotent / Pixabay

夫婦仲のトラブルが「広島一家失踪事件」の動機になったのでしょうか周囲から見ると夫婦仲は良好だったといいます。若かりし頃、美人看護師と評判だった順子さんと政弘さんは恋に落ち、結婚を考えていました。

しかし政弘さんの親が猛反対。「家の格式、身分が釣り合わないから」という理由でした。代々続く旧家である山上家の嫁として、順子さんは相応しくないというのです。

結果、政弘さんと順子さんは駆け落ちして結婚。隣町で10年暮らした後、長女千枝さんを連れて世羅町に戻ってきました。大恋愛の末結ばれた夫婦は仲が良いと評判で、失踪の動機ではなさそうです。

ネットでは浮気説も浮上

Pavel-Jurca / Pixabay

「広島一家失踪事件」の動機として、ネットで囁かれる噂があります。それは、母親の順子さんが浮気していたというもの。しかも一家の周囲の人間は、知っていたといいます。

浮気相手は、順子さんの勤める会社の上司。翌日出発予定だった中国旅行では、社員はグループごとに行動する予定になっており、順子さんと浮気相手の上司は同じグループでした。

順子さんは浮気相手との旅行をとても楽しみにしていました。そんな妻の姿を見た夫の政弘さんは激怒し、家族全員を巻き込んで心中したのではないかと噂されています。

広島一家失踪事件の真相に迫る鍵

qimono / Pixabay

ここまで「広島一家失踪事件」の動機についてまとめてきましたが、事件の真相は、身内のトラブルなのでしょうか。運転席にいた政弘さんが、謎をとく鍵と見られています。

それとは別に、真相を知る鍵は全く別のところにあるかも知れないという説があります。「日教組が絡んだある事件とつながっている」という噂についてもご紹介します。

順子さんが、政弘さんが思いつめている様子だと父親に語っていた

khfalk / Pixabay

順子さんは「広島一家失踪事件」が起きる前、実の父親に夫が思いつめているようだと話していました。傍から見ていてわかるほど、政弘さんは悩んでいたのでしょうか。

政弘さんは噂の妻の浮気などに悩んでいた。どうにもならないと自暴自棄になって家族を巻き込む失踪事件を起こしてしまった。事件の真相の鍵は、思いつめた政弘さんにあったのでしょう。

無理心中を選んだのは政弘さん?

BedexpStock / Pixabay

「広島一家失踪事件」の真相に迫る鍵として、無理心中を選択したのは誰かという疑問があります。普通に考えれば、水没した車の運転席にいた政弘さんの可能性が最も高いでしょう。

政弘さんを幼い頃から知っているという親戚によれば、「彼は普段は大人しいがカッとなると手が付けられない性格だった」。結婚を猛反対されると、即駆け落ちした点にも衝動的な性格が出ているといいます。

妻の順子さんの浮気に悩み、思いつめた政弘さんは「一家心中」という衝動的な行動を起こした。いまだ公表されない事件の真相の鍵は、政弘さんにありました。

日教組が犯人だという説も

guvo59 / Pixabay

あくまで噂ですが、真犯人は日教組だという説があるのです。広島県東部、特に世羅町の日教組にはトラブル話が絶えません。これまでに教職員が数十人も自殺に追い込まれているといいます。

平成11年には県立世羅高校の校長が自殺し、様々な問題が浮き彫りになりました。この地域は日教組と同和問題が絡み、複雑な事情を抱えています。

「広島一家失踪事件」の長女、千枝さんはこの地域で教師として働いていました。噂では千枝さんも日教組絡みのトラブルに巻き込まれ、心中に追い込まれたのではないかといわれています。

NEXT 中津川一家6人殺傷事件