日生学園の現在!事件や芸能人のエピソードまとめ|日本一スパルタ学園

日生学園とは三重県にある全寮制の高校です。浜田が卒業していることで知られています。刑務所のようなスパルタ指導により脱走者が多発しました。また不審死や自殺者が多数現れる事件も起こりました。ここでは日生学園の現在や偏差値、卒業生、女子生徒、事件についてまとめます。

日生学園とは?

日生学園の名前は卒業生であるダウンタウンの浜田雅功の口からたびたび語られます。当時から刑務所のようなスパルタ教育で知られていた日生学園とはどのような学校なのでしょうか?詳しくまとめてみました。

男女共学の全寮制

日生学園とは三重県にある男女共学の全寮制高校です。

現在では青山高校という学校になっています。ダウンタウンの浜田雅功や今田耕司が在学していたことでも有名です。

その学校生活は刑務所さながらの厳しさだったようです。

スパルタ教育が盛んだった頃の日生学園の学長・青田強氏の教育方針

日生学園のスパルタ教育の背後には学長・青田強氏の存在があります。これが生徒たちにとっては刑務所のようだと言われました。

青田強氏の教育方針は「一流の人間を育てる」というものでした。これが当時保護者から絶大なる支持を得ていたそうです。

事件が起きたことや学長が変わったため現在ではこのような教育方針は変更されました。

日生学園の偏差値

日生学園は当時も現在も素行不良の生徒や不登校だった生徒を積極的に受け入れる学校だったので偏差値は高くありません。

当時の偏差値は39、また現在も偏差値はあまり変わっていません。

偏差値が低い学校ではありますが、素行不良や不登校の生徒を受け入れて専門学校や大学に進学させている実績もあります。

刑務所のような学校

日生学園は当時日本一厳しい指導をしていたと言われていました。事件として取り上げられるとそれらの指導が社会問題となりました。

教師による暴言や暴力は日常茶飯事でした。生徒の素行不良、校則違反などした際に指導という形で行われていました。

この暴力や暴言が日常的に行われていたことや、生徒に非があるなしに関わらず厳しい指導がされていたことから刑務所だと言われてきたようです。

日生学園の現在

日生学園は学校名を変えて現在でも存在します。そんな日生学園の現在の様子や偏差値などについてまとめていきます。

進学校への転換

日生学園は2000年を機に進学校化すべく、大学受験の指導に特化し始めました。

当時のノウハウを生かしリーダーシップの育成に取り組んでいるそうです。

主に基礎学習や全寮制度を利用し、進学率アップに日々取り組んでいます。もはや刑務所の面影はありません。

日生学園(現在の青山高等学校)には変わらない方針もある

暴力や暴言などはなくなりましたが、現在の日生学園にも変わらない方針が存在します。

月曜日から土曜日までマラソンが日課となっている点や、返事や歌を歌うときは大きな声でなければならない、男女交際の禁止等です。

普通の高校より少し厳しめではありますが、一般的な高校で行われている規則もありますので、かなり普通の高校に近づいたと言えるでしょう。

現在の日生学園(青山高等学校)の偏差値

日生学園の現在の偏差値は38~42の間を行き来しています。お世辞にも高い偏差値であるとは言えません。

ただ現在も昔と同様不良や不登校の生徒を積極的に受け入れているので、偏差値が低いのは仕方ないでしょう。

現在の日生学園(青山高等学校)の口コミ

現在の日生学園の口コミを見てみるとそこまでひどい学校だという口コミは見られませんでした。むしろ緩いという声もあるほどです。

隠れて男女交際している生徒や、授業中に密かにゲームをしたり、音楽を聴いたりしている生徒もいるようです。

しかしいじめが多かったりといったトラブルは現在も健在です。ただ普通の高校にもあり得る話ですので取り上げて騒ぐほどのものでもないでしょう。

日生学園事件について

日生学園事件とは教師の内部告発により発覚した1970年から1980年代にかけて行われていた事件です。その実態について解説していきたいと思います。

暴力事件や脱走事件、自殺者や原因不明の死亡事故が発生

1970年から1980年代にかけて教師の暴力や自殺、原因不明の死亡事件が多発しました。

教師からの執拗なまでにスパルタ指導を受け、修学旅行などの楽しみもなく、一方的に押さえつけられていたことが原因で起きた事件のようです。

この内容について教師からの内部告発があり、テレビや、新聞などで報道されました。

報道を受け国政調査と行政指導を実施

この報道を受け、政府はこの日生学園に対して国政調査を実施しました。

三重県と協力し行政指導を受け、現在ではかなりまともな学校になりました。

日本一と言われた日生学園のスパルタ指導

日生学園の指導はかなりスパルタなことで有名で、その厳しさは日本一と言われていました。そんな日生学園の刑務所のような学校生活についてまとめていきます。

指導①男女交際は禁止

日生学園では男子が女子と交際することは禁止されていました。

女子と男子が交際していただけで退学も免れないような状況だったそうです。

男女比は8:2ほどで、女子と話せるのは授業後の休み時間だけだったと卒業生は語っています。

指導②起床時間は朝4時

日生学園に通う生徒たちの起床時間は朝4時です。4時といえばまだ太陽も登っていない時間です。

ただこれは毎日ではなく水曜日と日曜日を除いた日に行われました。

指導③40度の高熱でも病院には連れて行ってもらえない

日生学園の伝説として現在も語られているスパルタ指導として生徒を病院に通わせなかったというものがあります。

40度の熱が出ても教師は生徒を病院に連れていかなかったそうです。

指導④傘の使用は禁止

日生学園では基本的に傘の使用は禁止されていました。

どんなに雨や雪にふられても傘をさすことを許されることはなかったそうです。

指導⑤便器は素手で磨く

日生学園の生徒はトイレ掃除の際、用具を使わずに素手で磨かないといけなかったそうです。

なぜかは不明ですが当時教育方針の一環として行われていたそうです。

ダウンタウンの浜田雅功や今田耕司がよく語っていますので知っている人もいるかもしれません。

指導⑥返事は大声で

日生学園では返事をするときは大声でするという指導がされていたようです。

なんだ普通のことじゃないかと思う方もいると思いますが、ここで求められる声は尋常なものではなく、入学して3日で声がかれてしまう人がほとんどだったそうです。

指導⑦精神鍛錬のための心行

日生学園では精神鍛錬の一環として心行という指導が行われていました。

心行とは学長の青田強氏が作ったもので、雑巾がけなどの行動を指します。

しかしその雑巾がけが大変厳しく、足を肩幅の倍ほど広げ膝をつかないように水拭きをします。しかも掃除の時間だけではなく、朝や授業後、マラソン後などたびたび心行は行われていました。

指導⑧両親との面会は月1回、実家への帰省は年2回

浜田雅功や今田耕司によれば両親と月一回しか面会は許されなかったそうです。

また年二回だけ実家へ帰省することを許されるのですが、学校に帰ると持ち物・身体検査をくまなくされるのでお菓子や雑誌の持ち込みは大変難しかったと言います。

指導⑨寮へのお菓子や雑誌の持ち込み禁止

日生学園では寮へのお菓子や雑誌を持ち込むことは禁止されていました。

なので持ち込もうと思ったら年二回の実家に帰省した時に外部から持ち込むしかないのですが、手荷物検査があるので大変厳しいものだったそうです。

その他①外の情報を知る機会がない

浜田雅功などの卒業生に雑誌などの持ち込みは禁止されていますので外で何が起こっているか知る機会がなかったといいます。

そんななかで唯一外の情報を知る機会があったそうで、学校全体で頭を坊主にするときでした。

髪を刈るとき足元には新聞紙が敷かれ、その新聞で外の情報を得ていたというのです。

平日の一日のスケジュール

日生学園では平日以下のようなスケジュールで行動していたそうです。

朝4時起床→着替えや洗顔、その後道場で一時間ほど心行→帰寮前後に点呼、集団登校、食堂へ→国旗・校旗掲揚→朝食、校化斉唱→授業(午前4時間、午後1時間)、その間に昼食

放課後→集団下校→点呼、心行→約6kmの集団マラソン→帰寮、点呼、自習、入浴→食堂前で国旗・校旗降納、夕食→自習→消灯

日曜のスケジュール

何も行事がない日曜日のスケジュールは以下のようになります。

朝7時起床→点呼、着替え、洗顔→心行→朝食→校歌斉唱→帰寮→自習→昼食→自習→夕食→自習→消灯

寮生活

寮生活は学校でのスパルタ指導同様にかなり厳しく過酷なものでした。

基本的に自由時間はなく、新聞・雑誌・ラジオなどの娯楽は禁止されていました。食事中や休み時間を含め私語は一切禁止。

部屋に帰っても1年生から3年生まで同じ部屋なので下級生は先輩のパシリや世話係にされていたようです。

脱走者が出るとアラームがなる刑務所のような仕組み

日生学園ではスパルタ指導や寮生活の過酷さから脱走者が多数いたと言います。

しかし脱走者が出るとアラームが鳴り学校全体に伝わる刑務所のようなシステムがあったそうです。

それにより脱走はかなり困難を極めたようです。ちなみに浜田雅功と今田耕司は脱走に成功した経験があるようです。

日生学園の生徒たち

日生学園では卒業までかなり厳しい生活を強いられていたことがお分かりいただけたと思います。では人間関係はどのようなものだったのでしょう。まとめてみました。

NEXT 先輩と後輩の関係