グリコ森永事件の真相!犯人は宮崎学?未解決事件に潜む謎

未解決事件となったグリコ森永事件ですが、その真相や犯人について見ていきましょう。キツネ目の男と呼ばれる不審者の似顔絵に近いとされた宮崎学とはどのような人物なのでしょうか。脅迫テープに子供の声が使われていたことや日航機墜落事故との関連性についても調べて見ました。

グリコ森永事件とは

geralt / Pixabay

グリコ森永事件とは、1984年から1985年に起こった事件です。阪神地方の食品会社を標的として脅迫、放火、誘拐などを起こしたが、全ての事件の時効が成立したため未解決事件となりました。

グリコ森永事件の犯人・かい人21面相について

Javier-Rodriguez / Pixabay

グリコ森永事件を起こした犯人は「かい人21面相」と名乗りました。その犯人と思われる人物について見ていきましょう。

犯人像①元グリコ関係者

Alexas_Fotos / Pixabay

元グリコ関係者ではないかと推測された理由としては、江崎グリコ社長が誘拐された事件の実行犯が江崎家の長女の名前や社長の運転手の名前を知っていたことがあげられます。

一般的には知られていないグリコの関連会社を知っていたことなどもあげられます。また、他の企業を脅迫した時にはなかった特徴としては他にも人質をとったり放火したことなどがあります。

脅迫状に他の会社の社長は苗字で書かれていたにも関わらず、グリコの社長だけが名前で書かれていたりなどと他の会社を脅迫した時と違いが見られことから、グリコに怨みを持つ者の犯行ではないかと言われました。

犯人像②元暴力団組長グループ

ptrabattoni / Pixabay

1979年に暴力団の元組長がグリコから5億円を脅し取ろうとした過去があり、拒否されています。さらに、犯行に使われた物と同じ種類のライターやタクシー払い下げ車輌を親族が所有していました。

グリコに怨みを持つ者も周りにおり、被害にあった企業の関係者から暴力団の元組長の銀行口座に3億円の入金があったことも根拠となり、犯人候補となりました。

元暴力団組長グループへの捜査は捜査本部が総力を挙げて取り組み、史上最大の捜査となりましたが、容疑を認める人はいない上に物証もなく、主要メンバーにはアリバイもあっため、この捜査は終了となりました。

犯人像③株価操作

PIX1861 / Pixabay

株価を操作するために起こされた事件とも推測されました。グリコの株は1984年1月には745円でした。しかし事件があった翌日には598円まで下落しました。

商品問題による株価の下落を考えれば、結果としては24.5%ほどの利益が得られたことが考えられます。事件が終息し、株価が戻ることを想定していたらもっと利益を得ることができます。

株価操作での利益を得ることが目的だった可能性も考え、事件の標的となった企業の株について目立った動きが見られた人物や団体は徹底的に調べられました。

NEXT 犯人像④被差別部落