えたひにんの現在の苗字は何?一覧はある?多い地域や苗字まとめ おもしろ

えたひにんの現在の苗字は何?一覧はある?多い地域や苗字まとめ

歴史の授業で必ず学んだ「えたひにん」。一定の苗字を持ち現在も使われています。住んでいる地域や苗字によって元えたひにんかどうかがわかります。仕事にそれが影響していたという噂もあります。今回は苗字一覧を紹介し部落解放運動である、同和の意味もまとめてみました。

目次

[表示]

えたひにんに多い苗字とは?現在の苗字は?

えたひにん出身の人に多い苗字というものがあります。現在に到るまでに変更することでバレないようにしたり工夫をして生活してきたようです。

江戸時代では、すぐに身分がわかるように、苗字を聞けば、その人物がえたひにんであることがわかるように決められられていました。

江戸時代の身分制度で差別されていたえたひにん

えたひにんとは江戸時代に使用されていた身分を表す言葉の1つで、差別を受ける階級でした。「えたひにん」と一語にされることが多いですが、実際には「穢多(えた)・非人(ひにん)」の二語です。

えたひにんは苗字を聞けばえたひにんだとわかるよう決められていた

えたひにんに対しても苗字は存在していました。しかし、苗字を聞いたり、見ただけで身分がわかるように名乗れる苗字は一般の人と区別されていました。

えたの人々にはやっていた仕事から「皮」や「革」がつく苗字が多かった

えたひにんと呼ばれていた人々は、住んでいる地域で、農業や物を作ってそれらを売ることが許されていませんでした。ではどうやって生活していたかというと、死んだ動物から革製品を作ることでした。

遠く離れた地域で、農民が捨てたり、病死してしまった、牛や馬を集めて、その肉を食べたあと、皮を剥ぎ取って革製品を作って生活していました。

それにより、苗字には、「皮」や「革」という漢字がつくことが多かったのです。

現在は「川」や「河」などに苗字を変えている場合も

仕事内容が由来して、皮や革という漢字が苗字として使われることが多かったえたひにんの人々ですが、現在は「川」や「河」という漢字に変更しています。

諸説あるが、1867年から始まったとされる明治維新の時期に発令された、「身分解放令」により、それまで使われていた士農工商が撤廃されて、えたひにんという身分も同時になくなりました。

以前の身分が苗字の漢字によってバレないようにするために、漢字を変えたのもこの時期であると言われています。

NEXT:現在は祖父母と苗字が違うという場合もある
1/7