えたひにんの現在の苗字は何?一覧はある?多い地域や苗字まとめ

歴史の授業で必ず学んだ「えたひにん」。一定の苗字を持ち現在も使われています。住んでいる地域や苗字によって元えたひにんかどうかがわかります。仕事にそれが影響していたという噂もあります。今回は苗字一覧を紹介し部落解放運動である、同和の意味もまとめてみました。

えたひにんに多い苗字とは?現在の苗字は?

えたひにん出身の人に多い苗字というものがあります。現在に到るまでに変更することでバレないようにしたり工夫をして生活してきたようです。

江戸時代では、すぐに身分がわかるように、苗字を聞けば、その人物がえたひにんであることがわかるように決められられていました。

江戸時代の身分制度で差別されていたえたひにん

えたひにんとは江戸時代に使用されていた身分を表す言葉の1つで、差別を受ける階級でした。「えたひにん」と一語にされることが多いですが、実際には「穢多(えた)・非人(ひにん)」の二語です。

えたひにんは苗字を聞けばえたひにんだとわかるよう決められていた

えたひにんに対しても苗字は存在していました。しかし、苗字を聞いたり、見ただけで身分がわかるように名乗れる苗字は一般の人と区別されていました。

えたの人々にはやっていた仕事から「皮」や「革」がつく苗字が多かった

えたひにんと呼ばれていた人々は、住んでいる地域で、農業や物を作ってそれらを売ることが許されていませんでした。ではどうやって生活していたかというと、死んだ動物から革製品を作ることでした。

遠く離れた地域で、農民が捨てたり、病死してしまった、牛や馬を集めて、その肉を食べたあと、皮を剥ぎ取って革製品を作って生活していました。

それにより、苗字には、「皮」や「革」という漢字がつくことが多かったのです。

現在は「川」や「河」などに苗字を変えている場合も

仕事内容が由来して、皮や革という漢字が苗字として使われることが多かったえたひにんの人々ですが、現在は「川」や「河」という漢字に変更しています。

諸説あるが、1867年から始まったとされる明治維新の時期に発令された、「身分解放令」により、それまで使われていた士農工商が撤廃されて、えたひにんという身分も同時になくなりました。

以前の身分が苗字の漢字によってバレないようにするために、漢字を変えたのもこの時期であると言われています。

現在は祖父母と苗字が違うという場合もある

現在でも、祖父母の苗字とご自身の苗字が違うという方が存在します。例えば、祖父母の苗字が「皮口」で、自分の家庭は「川口」というパターンです(あくまで一例です)。

なぜ違うのかというと、昔は、えたひにんの出身であるという理由だけで、結婚や就職に不利に働く可能性があったからです。いわゆる部落差別が残っていたために、それを危惧して変更する人が多かったのです。

しかし、祖父母の家庭は、単純に変更するのにはたくさんの手続きが必要だから、変えなかったというのが祖父母と苗字の漢字が違う1つの原因であると考えられます。

川口春奈さんの記事はこちら

えたひにんに多い苗字は?一覧はある?

元えたひにんという身分出身に多い苗字というものが存在します。単純に仕事が由来となって苗字が決められていたので、皮や革の字がつく苗字はもちろんですが、それ以外にも存在します。

部落差別の「部落」の概念になっているえたひにん

えたにひんは部落という単語の概念になっています。えたひにんが住んでいた地域やその集落のことを、「被差別部落民」と呼ばれていました。

その名残から、西日本などを中心に、被差別部落のことを部落と呼ぶようになったために今でも使われることのある単語です。

しかし、「部落」という単語が必ずしも、この意味で使われている訳ではありません。一部の山間部で「集落」という意味で部落という単語を使うことがあります。よって先入観を持ってこの単語を使うことは危険です。

部落の人々に多い姓とは?

部落の人々に多い苗字に使われている漢字は、川・河・辺・沖・岸・水・島・牛であると言われています。しかし、さまざまな説があり、不確かであると言えます。

えたひにんの苗字一覧はある?

えたひにんに関する苗字一覧はネット上にたくさん出回っていますが、どれも証拠がなく、確実とは言えません。

さらに、ネットで公開されている一覧を確認すると、田・杉・山などの漢字が含まれている苗字も一覧に含まれており、佐藤や鈴木も含まれるという意見も見受けられます。

こうなると、日本のほとんどの人が関係することになるので、真相はわかりません。

同和地区と関連する苗字一覧

同和地区とは、被差別部落が解放運動に伴って、行政の行うさまざまな改革を受け入れるために同和地区指定を受けた地域のことを指します。

この指定を受けた地域ではその地区の名前を変更するなどして、無慈悲な差別を他から受けないようになりました。

膨大な量なので今回は記載しませんが、元は部落のためその地域に関連した苗字の一覧がネットに出ています。確実なものとは言えませんが、ご自分のお住いの地域について確認できます。

えたひにんの人たちの見分け方

えたひにんの人たちには見た目にも一定の特徴があるとの噂があります。本当なのでしょうか?

苗字にある程度規則性があることは先述したとおりですが、顔や現在の職業にまで特徴があるとの噂があります。詳しく見ていきましょう。

えたひにんだった人たちに多い職業

食用の肉に関連する仕事に就いていることが多いようです。いまだに差別は残っており、働いている方を罵るような手紙が工場に届くこともあるそうです。

そのため、部落出身でこの関係の職業に就いている方は自分の職業をなるべく言わないようにするなど悲しい現実があります。

また、食肉処理の仕事以外にも、葬儀、皮革加工や汚物処理などの仕事にも多いとされています。

同和地区に多い地名や地名の特徴

同和地区の地名には特徴があるようです。関西地区では、水がつく地名が多いです。これは、元の部落が川沿いに住む傾向にあり、そこから地名がつけられたためと考えられています。

えたひにんの特徴は?顔に特徴はある?

えたひにんの先祖を持つ人、部落出身の人は、「背が低く、ケチで。。。」などの特徴があるとの噂がありますが、そんなことは全くありません。

部落出身であろうがなんだろうが、見た目は遺伝子によるものです。生まれた場所によって変わることはなく、どんな場所が出身でも同じ人間であることに変わりはありません。

江戸時代に存在した、えたひにんの身分の人々は単純にお金を持っていませんし、仕事をするのにも一苦労なので、比較的質素な格好をしていたと考えられています。

えたひにんとはどういう人たちだったの?

えたひにんとはどういう人達だったのかここで改めて詳しく見ていきましょう。名前の由来、非人の種類等、学校ではまず習うことがない内容をまとめてみました。

えたとはどういう人たち?えたという名称の由来は?

えた(穢多)は江戸時代に使われた身分を表す言葉で、その時代ではもっとも下の地位の身分でした。漢字からもわかるように、「穢れ(けがれ)が多い」と書いて穢多です。

諸説ありますが、その名前の由来は、「鷹の餌取(えとり)」とも言われています。これは鷹の餌として屍体を処理する仕事であり、この餌取と穢れの意味が合わさって穢多と呼ばれています。

この他にも単純に、死刑の執行等の穢れの多い仕事をする傾向にあるから穢多と呼ばれたという説もあります。

ひにんとは?ひにんには二種類あった?「野非人」と「抱非人」

非人(ひにん)には、2パターン存在していました。1つが「野非人」でもう1つが「抱非人」です。読みは、野非人(のひにん)と抱非人(かかえひにん)と読みます。

野非人は、現代的に表現すると、路上で生活する人、いわゆるホームレスの人のことを指していました。年貢を収めることができなくなった病人は江戸の路上で生活していました。

抱非人には4種類あります。⑴姉妹、叔母、姪と密通(不倫)をした者。⑵相対死(男女の心中)で生き残った者。⑶主人と下女の心中で生き残った主人。⑷15歳未満、無宿の子供で盗みをした者を指します。

ひにんは銭を払うことで平民に戻ることができた?

抱非人は穢多よりも上位の身分になります。その理由として、銭を支払うことで平民に戻ることができたからです。先述のように、抱非人は悪いことをしたので金(釈放金)を支払えば、平民になることができました。

これが、穢多と非人の最大の違いであり、非人が上位身分であるとされる大きな理由になります。注意点として、平民に戻れるのは抱非人のみです。

えたがしていた仕事は?

穢多は住んでいる地域での物作りをしたり、それらを売ってお金を稼ぐことは禁止されていました。そのため、他の遠く離れた土地に出向き、使い物にならない牛馬を集めていました。

それらの肉を食べ、皮を剥ぎ取って革製品を作っていました。それ以外には、草履を作って生活していたとする説もあります。

ひにんがしていた仕事は?

非人の仕事を簡単に言うと、犯罪人の管理です。牢屋敷への詰番、囚人の送迎・罪人の仕置きの仕事、刑場の管理等が挙げられます。

仕事ではありませんが、生計を立てるための手段として、「物乞い」をすることができるのは非人と呼ばれる人達のみでした。他の身分のものがそれを行うと罪になりました。

えたひにんは「祭事厳禁」?その他にも生活にはいろんな制約があった?

えたひにんは「祭事厳禁」でした。神社で行われる祭事などの神聖な行事には、えたひにんは参加できなかったのです。理由は「髪が汚されるから」というものでした。

穢多の人々は、動物を解体加工処理するという仕事を行なっており、これが仏教の教えに反するため、参加や祝いを悲しむことすら禁止されていました。

えたひにんはどうして差別されたの?

えたひにんはなぜ差別されていたのでしょうか?そもそも、必要だったのでしょうか?なぜ農民よりも下の身分が必要だったのか、見ていきましょう。

えたひにんという制度ができた理由は?

人間や生物として生活している限り、「死」というものは避けることができません。えたひにんは、「死体を処理する者」としての役割を担っていました。

もし江戸時代に彼らがいなければ、いたるところが死体で溢れかえってしまっていたのです。

えたひにんが差別されたのは宗教上の理由だった?

えたひにんの人たちは、仕事内容も、制約も他の人と異なっていたために、「住む世界の違う人(悪い意味で)」、「自分たちと同じ生活をしてほしくない」という思いが他の身分の人に生まれていたようです。

また、先述もしましたが、えたの仕事は、仏教の教えに反するため、宗教的に罰せられるべきとされ差別されていたとも言われています。

えたひにんが住んでいた地域は?

えたひにんが住んでいた地域をおさえていきましょう。東日本よりも西日本の方がその地域が多いと言われています。

えたひにんが住んでいた被差別部落は西日本に多い?

江戸時代に、えたにひんが多く住んでいた地域は西日本に固まっています。かといって、東京にないかと言われたら、それは違います。もちろん東京にも存在しています。

えたひにんが多かった地域①:福岡県

福岡県は都道府県別で見ると、もっとも多くえたひにんの住んでいた地域があると言われています。県全体で、約600の地域が存在しています。

多い理由としては、太宰府のある重要な地域の管理のためという説と、皮なめし工の集落に起源を持つ地域であるからという説があります。

えたひにんが多かった地域②:広島県

福岡の次に多い県として、広島県が挙げられます。414〜422箇所の被差別部落の地域が存在しているとの調査があります。

多い理由としては、1889年に日本海軍の軍港が設置され、それにより、軍に収めるための肉を用意するために近くに屠殺場が多く建てられました。

屠殺場で仕事をするのは、穢多の人々であったので穢多の人々が多く住む地域になったとされています。

NEXT えたひにんが多かった地域③:愛媛県