おてもやん(熊本民謡)とは?歌詞の意味や由来、火の国まつりやメイクも!

誰しも一度くらいは耳にしたことがある「おてもやん」ですが、歌詞がありその意味や由来についてまで知っている人は少ないのではないでしょうか?ここでは「おてもやん」について、その発祥や歌い手、お祭り、メイクについてまとめました。

熊本のおてもやんとは?

DeltaWorks / Pixabay

「おてもやん」が熊本発祥だという事をご存知だったでしょうか?熊本では古くから民謡とて地元の人々の間で伝わってきました。

民謡「おてもやん」とはどのようなものだったのでしょうか?

おてもやんとは熊本民謡の代表格のおてもやん踊り

julienroux69 / Pixabay

「おてもやん」は熊本弁の陽気な歌詞が特徴の民謡で、「おてもやん」の音楽に併せて踊る「おてもやん踊り」が有名です。

歌詞に登場する女性の名前が「おても」「ても」

熊本の方言で、「やん」は敬称の「さん」や「ちゃん」を意味します。「おてもやん」とは標準語では「おてもさん」、もしくは「てもさん」といった女性の名前を意味します。

おてもやんの由来には諸説あり

「おてもやん」、その由来にはいくつかの説がありますが、ここでは代表的な以下の3つをご紹介します。

  • 熊本甚句として花柳界のお座敷で唄われていた
  • 「おてもやん」を肥後勤皇党に、その結婚相手を孝明天皇にたとえた歌
  • 西南戦争で政府軍と薩軍のどちらにつくか決めれない熊本士族の優柔不断さを風刺した町人百姓の歌

衝撃的?おてもやんの歌詞の意味

elementus / Pixabay

「おてもやん」とは民謡であることはここまで紹介しましたが、その歌詞はどのようなものだったのでしょうか?

その陽気な雰囲気からは想像できない驚きの意味がありました。

おてもやんの歌詞

ColiN00B / Pixabay

おてもやん あんたこの頃嫁入りしたではないかいな
嫁入りしたこつぁしたばってん ご亭どんが ぐじゃっぺだるけんまあだ杯はせんだった
村役 鳶役 肝煎りどん あん人たちのおらすけんで あとはどうなときゃあなろたい
川端町っつあん きゃあめぐろ 春日ぼうぶらどんたちゃ 尻ひっぴゃあて 花盛り 花盛り
ピーチクパーチク雲雀の子 げんぱく茄子のいがいがどん

(引用:ウィキペディア)

おてもやんの歌詞の意味

Free-Photos / Pixabay

「おてもやん」の歌詞は熊本弁であり、正確な意味などは伝わっておらず諸説ありますが、その一つは以下のようになります。

「結婚したけど夫はブ男だから、三々九度の盃は交わしてない。後の事は周りの人たちが何とかしてくれる。それより他の町(川端町)へ行けば今が私の花盛り。でも浮かれている男や、野暮ったい男は私の趣味じゃない。」

「おてもやん」結婚しても自分の人生を謳歌する自由な女性だったことがこの歌詞からも伺えます。

おてもやんの歌詞に続きがあった?

FotoshopTofs / Pixabay

「おてもやん」の歌詞にはさらに続きがありました、それがこちらです。

一つ山越え も一つ山超え あの山越えて
私やあんたに惚れとるばい 惚れとるばってん いわれんたい
追々彼岸も近まれば 若者衆も寄らすけん
くまんどんのよじょもん詣りにゆるゆる話をきゃあしゅうたい
男振りには惚れんばな 煙草入れの銀金具が それもそもそも因縁たい。
アカチャカベッチャカ チャカチャカチャー

(引用:ウィキペディア)

おてもやんの歌詞の続きの意味は?

melati411 / Pixabay

こちらの続きの歌詞も正確な意味については諸説ありますが、

お彼岸が近くなり若い人が帰ってきている時に、夜のお寺に説法を聞きに行き、素敵な銀金具の煙草入れを持った男性との時間を楽しむ。そんなさらに自由な「おてもやん」が歌われており、

陽気な曲調の民謡からは想像できない、驚きの「おてもやん」の様子が歌われています。

おてもやん総踊りとはどういう踊り?サンバもある?

z0man / Pixabay

ここまで民謡の「おてもやん踊り」を紹介してきましたが、現在では熊本のお祭りでは、みんなで踊る「おてもやん総踊り」や「おてもやんサンバ」が踊られています。

熊本民謡「おてもやん」チャリティーコンサート

Free-Photos / Pixabay

熊本の震災の折には、チャリティーコンサートが開かれました。そこでは昔ながらの民謡の「おてもやん」が歌われ盛り上がりを見せていました。

このことからも「おてもやん」が熊本に根付き愛されていることが分かります。

熊本火の国まつり「おてもやん総踊り」

mohamed_hassan / Pixabay

熊本火の国まつりでは様々な団体が特徴を生かした独自の「おてもやん踊り」を踊る「おてもやん総踊り」が行われています。

こちらでは事前のレッスンを受ければ飛び入り参加も認められており、だれでも「おてもやん踊り」を楽しめるようになっています。

おてもやんサンバ

werner22brigitte / Pixabay

水前寺清子等によって歌われおり、「おてもやん」をサンバ調にアレンジしています、曲の中ではラップパートもあり、若い人も「おてもやん」を楽しんでいます。

合唱にもなっている「おてもやん」

高校生が出場する合唱コンクールでは合唱曲としてアレンジされた「おてもやん」が歌われています。

吹奏楽での「おてもやん」

KeithJJ / Pixabay

東京佼成ウインドオーケストラによってオーケストラにアレンジされた「おてもやん」も歌われています。

三味線で「おてもやん」

gavilla / Pixabay

三味線と太鼓を使い歌舞伎町にアレンジした「おてもやん」も楽しまれています。

太鼓の達人になった「おてもやん」

人気ゲームの太鼓の達人でも「おてもやん」の曲が追加されており、場所や世代を超えて楽しまれています。

九州新幹線熊本駅のメロディにもなっている

PeterW1950 / Pixabay

九州新幹線の熊本駅では新幹線の発射時のメロディに採用されており、熊本県の方以外でも耳にする機会が増えています。

おてもやんメイクとは?

kinkate / Pixabay

女性のメイクで、「おてもやんメイク」や「おてもやんみたい」と言われた事があります。

それはどのようなメイクなのでしょうか、その特徴や評判をまとめました。

頬紅が濃い状態だとおてもやん化粧・メイクなどと言われる

Zomogy / Pixabay

一般的に「おてもやんメイク」は、チークを濃く塗って頬が紅潮しているようなメークの事を言います。

意外と男性もおてもやんメイクには酷評

「おてもやんメイク」は男性からも、「不自然でナチュラルでない」や「漫画のキャラクターに見える」などの印象を待たれてしまい、不評な場合が多いようです。

おてもやんメイクにならない自然なチークにするには?

「おてもやんメイク」にならないためには、チークを塗りすぎず自然に見せることが必要です。手の甲にオフしてから塗ったり、ブラシの使い方でナチュラルに仕上げることができます。

その他では、ポンポンチークやパウダーチークを使うことでナチュラルなチークにすることもできます。

おてもやんのお祭り「火の国まつり」について

GLady / Pixabay

1983年から熊本で行われているお祭りで、メインイベントでは「おてもやん総踊り」が行われています。

熊本の「日の国まつり」とはどのようなお祭りなのかまとめました。

火の国まつりとは

Tama66 / Pixabay

毎年8月に熊本で行われているお祭りで、メインイベントの「おてもやん総踊り」では毎年5000万人近くの参加者が踊り、お祭りを盛り上げています。

一般の飛び入り参加可能のおてもやん総踊り

Free-Photos / Pixabay

「おてもやん総踊り」では飛び入りの一般参加も認められており、当日に申し込みを行い簡単なレッスンを受ければ誰でも参加することができます。

飛び入りで参加された方には記念品のプレゼントもあるそうです。

芸能人がゲストで登場する

「おてもやん総踊り」には毎年芸能人も参加しており、ステージイベントで一緒にお祭りを盛り上げてくれます。

過去には以下のような方々が参加しておりました。

  • アキラ100%
  • ロバート
  • じゅんいちダビットソン
  • カラテカ矢部
  • レイザーラモン
  • フルーツポンチ
  • サンシャイン池崎

くまモンもやってくる

熊本のユルキャラでといえばふなっしー等と一緒に大人気となったクマモンですが、クマモンは県の職員なので県庁連の一員として参加していました。

踊っているクマモンを近くで見る絶好の機会となっています。

NEXT 交通規制があるため交通機関での移動がおすすめ