松居一代、近々『書類送検、逮捕』!!どう動く、船越英一郎 エンタメ

松居一代、近々『書類送検、逮捕』!!どう動く、船越英一郎

昨年から世間を賑わせてきた松居一代さん。泥沼から更に、ぬかるみにハマって往く前代未聞と成る今回の騒動。船越英一郎さんとホリプロ事務所に対する疑惑究明と暴露から、名誉毀損、業務妨害等で警察沙汰と成った実態経過を調べ、報道の偏りについて考えてみようと思います。

松居一代、近々『書類送検、逮捕』!!どう動く、船越英一郎

先月16日決着が着いたかに見てた今回の騒動、だが、2018年6月8日、女優の松居一代さんが、船越英一郎さん側から名誉毀損等の罪で刑事告訴された事により書類送検、逮捕も視野に警察側は検討方針を固めている事が判りました。

松居一代ママチャリで3回目の事情聴取

第1回目の事情聴取

2018年5月24日、午前9時を回った頃、ママチャリにて松居一代さんが元気良く第1回目事情聴取の為、警視庁北沢署に出頭されました。この日は約3時間半にも及ぶ長い時間の事情聴取と成っております。

第2回目の事情聴取

同年5月28日、午前9時半過ぎ、ママチャリにて松居一代さんは、少し溜息混じりの元気が無い様子で第2回目の事情聴取の為、警視庁北沢署に出頭されました。前日に、証拠を取りに行き提出すると書かれています。出頭前に銀行の金庫から大きな荷物を取り出し、少し疲れた感じを見せて挑んだ事情聴取の所要時間約5時間でした。

第3回目の事情聴取

2018年6月4日、午前9時前にママチャリにて元気良く3回目の事情聴取の為、松居一代さんが警視庁北沢署に出頭されてます。この日も大量のデータを詰めたであろう袋を持ち、何処となく吹っ切れた様子で明るい笑顔で出頭されました。事情聴取の所要時間約2時間半と成りました。

松居一代さんについて振り返ってみる

松居一代さん、タレント女優で父親は元競艇選手、1957年6月25日生まれで1979年にデビュー、ドラマや映画で活躍、有名な作品では「マルサの女」や「夜逃げ屋本舗2」等に出演されてます。1986年に一般人と結婚して3年後長男誕生1989年に離婚、2001年船越家反対の中、船越英一郎さんと再婚、2017年12月に離婚

松居一代さんの元旦那、船越英一郎について振り返ってみる

船越英一郎さんは1960年7月21日生まれ、タレント俳優として多くの作品に出演され、2001年に松居一代さんと結婚、2017年離婚。両親共に(父:船越英二さん、母:長谷川裕見子さん)元芸能人兼旅館の経営者でした。妹さんは、小説家兼実業家として両方の道で、とても多くの功績を残し2010年47歳の若さで生涯を閉じています。

度々出てくる息子さんとは?

松居一代さんの息子と言うと船越隆一さんに成ります。この方は松居一代さんと一緒に成ってブログを作成していたのでは?と噂されておりますが、紛らわしいブログが原因と思われ、船越英一郎さんに離婚を促したのも息子さんの助言、とも言われてます。船越英一郎さんと松居一代さんを繋ぎ止められる最後の砦のような人と感じられます。

松居一代事件の経緯簡単説明

  • 2017年6月『恐怖の告発!!』と題し、松居一代さんがブログやツイッターにアップ、その後も話題を呼び、『松居一代劇場!!』と名が付き話題と成りました
  • 2017年7月松居一代さん側からの、船越英一郎さんとホリプロ(事務所)側に対する爆弾発言により、ホリプロ側から、名誉毀損並びに業務妨害等の理由で法的措置検討、東京地裁に申し立て
  • 2017年9月離婚調停へ
  • 2017年9月ホリプロ側は業務妨害等で提訴に切り替え損害賠償を求めた、警視庁北沢署にて受理される(請求額は約300万と言われてました)
  • 2017年11月から9月の告発の訴訟と成る(第一回目の口頭弁論の始まり)
  • 2017年12月離婚成立、松居一代さん勝利宣言、一歩も引かない決意を堂々と語る
  • 2018年5月16日にホリプロ側と金銭的支払は無い、和解が成立
  • 2018年5月23日ネット上に約1年ぶりの動画アップ(訴えられている事の告白)
  • 2018年5月24日1回目の事情聴取
  • 2018年5月28日2回目の事情聴取
  • 2018年6月4日3回目の事情聴取
  • 2018年6月8日警視庁側は、書類送検、逮捕を視野に検討と至

松居一代の怒りと真意

女優として活躍してきた松居一代さん、女として船越家に嫁ぎ、仕事も減らし、船越英一郎さんの妻として子育てにも専念して来たのでしょう。しかし、船越英一郎さんから浮上した不倫疑惑。それでも船越英一郎さんを愛していた彼女にとって、その疑惑と言う陰は裏切りと感じ、とてつもなく許せない状態に進化したと感じます。

松居一代の両親の真意

女優として育てて来た大切な最愛の娘が、亭主の不倫疑惑の浮上により、娘に対する配慮の無さが目立ったのでしょう。報道でインタビューを受ける度に、船越英一郎さんに対し「酷い奴だ!!」と恨み節しか出ていませんでした。

前代未聞?芸能界で不倫疑惑からの不倫被害者逮捕?

今回の一連の事件は、芸能界大御所ともいえる2人による騒動、ですが、冷静に判断した時、この騒動は、芸能界前代未聞と成る、不倫疑惑よりも不倫被害者が叩かれ続ける結末を迎える羽目と成りそうです。

名誉毀損による逮捕、不倫に名誉毀損在ったの?

在ります。盗撮盗聴でも名誉毀損と成るので、今回は会社や船越英一郎さんに対する不名誉な動画アップや、船越英一郎さんの不倫相手の実名と画像を出している事で一般人に対して、不安や恐怖と名誉を脅かしたと成る可能性が高いです。

船越英一郎さんの不倫疑惑の相手とは?

船越英一郎さんの不倫疑惑の相手ですが、ハワイ在住の有名エステティシャン、その方の旦那さんは弁護士さんでアメリカ人です。不倫疑惑の相手と松居一代さんは、実は親友の方です。一般人の方ですので、実名はさけさせて頂きます。

しでかしちゃってるよ、松居一代さん!!

今の日本の法律では、盗難された自転車ですら自身の自力解決を法律上許されていません(自力で解決すると、別の事件に発展する可能性があるから)。つまり、全てに対する自身での暴露が松居一代さんがしでかしている大きな失敗と言えます。刑事事件に発展してしまいました。内容も酷い誹謗。

書類送検?松居一代さんどうなるの?

簡単に言ってしまえば、書類送検で有罪だと前科1犯と同じです。書類上で済む範囲ならこの段階で止まり、場合によっては前科として残らないでしょう(不起訴)、しかし、人物が人物なだけに、世間の目からしたら書類送検でも前科1犯扱いと同じ目で見られるのではないでしょうか?

逮捕、から紐解く警察の真意はこれだ!!

警察が逮捕状を請求するという事は、有罪と緊急に対する処置(逃走逃亡又は身の危険の可能性も視野に入れている)と考えるのが妥当ではないでしょうか。船越英一郎さんの不倫相手からも一部では、訴えていると噂されてます。もし、この情報が本当で、訴えが日本では無く海外からだとしたら厄介な結末と成るでしょう。

松居一代事件どちらに非が有る?あなたの目線は?

ホリプロとの一件で結末を迎えていれば、まだ松居一代さんの弁明と不倫疑惑の真相究明の余地が有ったかに見えたこの問題、しかし、松居一代さんの行為が行き過ぎ、執拗に暴露した事から事件と発展している以上、真実は迷宮入りと成った気もします。

今後どうなる?松居一代と船越英一郎

ホリプロ側と船越英一郎さんが、どの様な動きを取るのかですが、今の段階では、松居一代さんに対し、やり過ぎだよと注意を促しているイメージです。でなければ、16日の段階で既に不起訴にしなかったと思われます。優しさを見せた感じです。船越英一郎さんの出方で進展が変わります。

本当に良いのか?書類送検と逮捕!!

女優としてのイメージが崩壊してしまった松居一代さん、もう今ではユーチューバーでブロガー兼自称投資家のイメージに成ってしまいました。この状態になった原因を作ってしまった船越英一郎さん、もし、元嫁が書類送検逮捕と成れば、イメージダウンは避けられません。しかも、嫁を追い出し書類送検逮捕と成ってしまうのです。

書類送検とは?逮捕と大きな違い

逮捕と成ると今回のケースからすると通常逮捕で、書類送検と大きく違い、罪を犯したという確証の元で有罪と判断し、手続きを取り身柄の拘束と成ります。因みに現行犯逮捕は、逮捕状無しで、犯行現場で逃走を防ぐ為その場逮捕を表します。緊急逮捕は重罪等に対し一時的な急を要する逮捕と成り、手続き次第で釈放と成ってしまう可能性が有ります。

書類送検、逮捕の大きな悲しき傷跡!!

一人の人を愛し、その愛情が大きかったが為に疑惑から産まれた事件です。お互いの結婚の理由(好きだと言う想い)さえも否定し、無残な汚名だけが残る悲しい傷跡と成ってしまいます。現状のまま決着が着いたとて、その傷跡は癒える事はないでしょう、2人は離婚しても未だ心のどこかで愛し合っています。

松居一代を繋ぐ女優魂!!

女優、俳優として生きて来た事で、すれ違いの人生と成り生まれた疑惑。女優として生きて来たから松居一代さんは、最近、動画やブログに元気な顔を見せる事が出来ていると思われます。この動画やブログが女優であり続けられる生きがいであり、松居一代さんの精神安定剤と成っているのかも知れません。

俳優と家族、船越英一郎さんの選択肢

船越英一郎さんにとって、今が大きな選択の分岐点だと思われます。それは、船越英一郎さん自身が多くの犠牲の元で俳優に成ったと考えられているからです。犠牲を言う言葉を捨てて、今度こそ全てを掴み取り、ファンの前に戻って来て頂きたいですね。

報道と真実の偏り

この事件は全員が被害者で、全員の気持ちが抑え切れなく成る、疑惑と言う影が産み出した【事故が連鎖してしまった】のではないでしょうか。その為、報道では白黒とどちらかに偏った報道をし、真相を告げないまま、一方的主観が表沙汰に成ってしまっています。白黒ではなく、病気の経過を診る感覚で対応しなければいけないと思います。