金屏風事件と呼ばれる中森明菜と近藤真彦の謎の会見の真相とその後!

アイドル絶頂期に中森明菜さんによる謝罪会見を金屏風事件と言われています。中森明菜さんは近藤真彦さんの自宅で自殺未遂を行っていたため、謝罪会見をしたのです。しかしこの事件には、ジャニーズ事務所による様々な思惑が潜んでいたのです。真相を探ってみました。

金屏風事件とは

ivanacoi / Pixabay

金屏風事件という悲しい出来事が起こったのは1989年のことでした。当時、絶大な人気を誇っていた中森明菜さんが謝罪会見を行ったことです。

この金屏風事件には様々な思惑があったとされているのです。中森明菜さんはジャニーズ事務所によってはめられたとまで言われました。この金屏風事件の詳細を見ていきましょう。

1989年大晦日の抜き打ち記者会見

Skitterphoto / Pixabay

この事件は突然訪れました。1989年12月31日に中森明菜さんが突然記者会見を開くこととなったのです。この記者会見の模様が異様な光景だったのです。その背景には金屏風が飾られていたのです。

しかし、この金屏風とはそぐわない内容の記者会見でした。金屏風と言えば結婚式など華やかな場に登場する装飾品です。しかし、この記者会見は金屏風が合わない謝罪会見だったのです。

大晦日の緊急会見で金屏風ということで、記者たちは結婚会見かと期待しました。しかし、そこに現れたのは重苦しい雰囲気の中森明菜さんだったのです。金屏風事件のはじまりでした。

2016年1月18日のSMAP謝罪会見と似ていた

この金屏風事件の会見で現在までに行われた会見と似ているものがあります。それが、2016年1月8日のSMAPによる謝罪会見でした。「SMAP×SMAP」の中で謝罪がありました。

所属事務所のジャニーズ事務所内でのもめ事やSMAPの解散報道などで、世間を混乱させてしまったことに対しての謝罪会見でした。この時、SMAPのメンバーは喪服のような黒いスーツという出で立ちでした。

このSMAPの謝罪会見に30年前の金屏風事件と同じようなジャニーズ事務所の闇を感じるといった声も相次いだのです。SMAPはその後解散となってしまいました。

金屏風事件はデマだった?

Anemone123 / Pixabay

この金屏風事件はたくさんの思惑が隠れている会見であったとされており、中でも当時交際されていたと言われている近藤真彦さんの事務所である、ジャニーズ事務所のデマだったと言われています。

そのため、中森明菜さんが金屏風事件の会見で語ったことはデマなのではないかともいわれているのです。ジャニーズ事務所によって、中森明菜さんは会見で謝罪の文を言わされた可能性があるのです。

この金屏風事件の真相は一体、どのようなものだったのでしょうか?金屏風事件の背景から調べてみましょう。

金屏風事件の背景

Mediamodifier / Pixabay

金屏風事件が起こったのは1989年でした。この当時、人気絶大とされていたのがアイドルでした。そのアイドルであったのが、中森明菜さんと近藤真彦さんです。

2人がどのようなアイドルであったのか、当時の背景を見ていきましょう。

アイドル全盛期の80年代

Pexels / Pixabay

金屏風事件が起こった当時の80年代はアイドルが全盛期をむかえていました。人気番組の「スター誕生」や「ザ・ベストテン」などの音楽番組でアイドルの活躍が目まぐるしい時代でした。

この当時、「スター誕生」にて中森明菜さんはデビューしました。中森明菜さんは抜群の歌唱力と感情を込めながら歌う姿に、歌姫と称され一躍人気者となりました。

「花の82年組」の一人だった中森明菜

そして、この当時の中では人気の高い3人とされていたのが、中森明菜さんをはじめとし、堀ちえみさんと小泉今日子さんでした。この3人のことを「花の82年組」と言われたのです。

中森明菜さんは伝説の歌姫とされていた山口百恵さんをも髣髴させる歌声から、山口百恵さんの後継者としても話題となっていました。そして、松田聖子さんをライバルとし派閥がおきることもありました。

研音のヒットメーカーだった中森明菜

中森明菜さんは当時、研音に所属していました。研音ではこれまで、あまり目立ったヒット作も出ておらず、中森明菜さんが所属したことで、研音の名も一躍売れることとなったのです。

中森明菜さんは研音に所属していたころに、シングル曲54枚とアルバムを27枚をもだいしているのです。この中森明菜さんの活躍により、研音も一気に業績が安定したと言われています。

「ジャニーズの長男坊」近藤真彦

中森明菜さんの交際相手とされていた近藤真彦さんはジャニーズ事務所に所属していました。そして、近藤真彦さんは「ジャニーズの長男坊」とも呼ばれるほど、ジャニーズ事務所にはなくてはならない存在だったのです。

近藤真彦さんは1977年にジャニーズ事務所に入所しました。近藤真彦さんはアイドルとして人気を誇っていたにも関わらず、事務所に対して待遇面で不服を訴えたりすることはなかったといいます。

そのため、ジャニーズ事務所のメリー喜多川社長からも可愛がられており、ジャニーズ事務所になくてはならない存在となっていったようです。

中森明菜は近藤真彦のカーレース費用の金蔓になっていた?

melkhagelslag / Pixabay

近藤真彦さんはレーサーとしても活躍しており、レーシングチームのオーナーをも務めていました。金屏風事件当時もアイドル活動以外にもレーサーとしての活動も多くしておりました。

カーレーサーをするには、莫大なお金がかかってきます。その当時、中森明菜さんは絶大な人気となっていたこともあり、近藤真彦さんよりも稼いでいたと言われています。

その中森明菜さんから、近藤真彦さんは8000万円近いお金を貢がせていたと言われているのです。一部では中森明菜さんは億単位でお金を渡していたとも言われていますが、真相はわかってはいません。

金屏風事件の概要

stevepb / Pixabay

1989年12月31日の年末に突然行われた記者会見は、金屏風事件と名前になり後世に語り継がれる事件として話題になりました。この金屏風事件とはあまりにも切ない悲しい事件となったのです。

この金屏風事件を受けて、世間の目は中森明菜さんに対して同情を抱き、近藤真彦さんには不快な気持ちを抱くこととなってしまったのです。一体、金屏風事件とはどのようなものだったのでしょうか?

結婚の報告かと思える金屏風の前で不可解な会見

frkotou / Pixabay

中森明菜さんが自殺未遂を起こしてから表舞台からは姿を消していましたが、記者会見を行うということで、多くのマスコミ関係者が集まりました。その記者会見の舞台は金屏風の前だったのです。

このことから、多くの人は近藤真彦さんとの結婚の報告の記者会見なのか、と期待をしていました。しかし、記者会見がはじまってからは金屏風にはふさわしくない不可解な会見がはじまったのです。

中森明菜は自殺未遂騒動を謝罪、近藤真彦は「友人」として出席

qimono / Pixabay

中森明菜さんは記者会見の金屏風の前に出てきたときには、神妙な面持ちで暗い表情をしながら出てきました。その雰囲気からもただならぬ気配を感じました。

そして、7月11日に起こした自殺未遂騒動について謝罪をしたのです。中森明菜さんは終始うつむきながら謝罪を繰り返しました。そして、近藤真彦さんは中森明菜さんの「友人」として出席したのです。

中森明菜さんと近藤真彦さんが交際していたということは誰もが知っていたことでした。しかし、この会見では近藤真彦さんは何の関係もないと言ったように行われたのです。

メリー喜多川は中森明菜からわび状を受け取ったと説明

Free-Photos / Pixabay

中森明菜さんは自殺未遂騒動を起こしてしまったことを、年内に謝罪したいと思っていたことからも、年末の日程になってしまったそうです。

そして、この会見を開くにあたって、ジャニーズ事務所のメリー喜多川さんは中森明菜さんから「近藤真彦さんは全く関係ありません」と詫び状を受け取ったことを語っていました。

近藤真彦の高圧的で高飛車な態度

中森明菜さんと交際されていたとされる近藤真彦さんは、この記者会見に友人として出席しました。そして、近藤真彦さんはこの謝罪会見にはふさわしくない言葉を述べたのです。

「まず喜ばしいこととは、彼女が皆さんの前に出られたこと」と喜ばしいというふさわしくない表現で話し始めたのです。この自分は部外者で上から目線の発言には、近藤真彦さんに対して批判が殺到しました。

さらには、自分の来年の活動の宣伝をしたり今後の抱負を語ったりしました。記者からの質問にも高飛車な態度で笑顔を見せるなど、中森明菜さんの表情とは正反対な態度に異様な雰囲気を醸し出していました。

金屏風事件に至るまでの経緯

geralt / Pixabay

中森明菜さんが金屏風事件と呼ばれる記者会見に至るまでには、様々な事件があったのです。中森明菜さんは金屏風事件の半年前に近藤真彦さんの自宅にて自殺未遂を図っていたのです。

この衝撃的な事件がきっかけとなり、金屏風事件に至ることとなってしまったのです。中森明菜さんはなぜ自殺未遂をすることとなってしまったのでしょうか。

そこには予想外の思惑が隠されていたのです。中森明菜さんと近藤真彦さんだけではなく事務所をも巻き込んだ事件の経緯をみていきましょう。

中森明菜と近藤真彦の交際はファン公認だった

johnhain / Pixabay

中森明菜さんと近藤真彦さんは交際していたとされています。この2人の交際は公にしてはいませんでしたが、ファンの間では交際していることは有名でした。そして、2人とものファンが交際を公認していたのです。

このため、公に交際を発表はしていませんでしたが、マスコミや関係者の間でも2人の交際は有名なものとなっていました。この交際を利用して話題になることもありました。

中森明菜さんと近藤真彦さんは、2人でメディアに登場したりと当時、話題にかくことがありませんでした。そして、2人でバラエティーに出演したり、雑誌の表紙を飾ることもあったのです。

1985年1月 映画「愛・旅立ち」で共演

Skitterphoto / Pixabay

中森明菜さんと近藤真彦さんは1985年1月には映画「愛・旅立ち」でダブル主演も務めました。この映画の中で、2人はラブシーンも披露しているのです。

この映画は中森明菜さん演じるヒロインが余命半年という病気に侵されている中、近藤真彦さん演じる親友を交通事故で亡くし失望している主人公と出会い惹かれていくストーリーになっています。

そして、この映画で中森明菜さんと近藤真彦さんは「CHALAZA(カラザ) ~絆」という曲でデュエット曲を披露しているのです。しかし、この曲は発売していないことから、幻の曲とされています。

1989年7月11日、中森明菜が近藤真彦の自宅で自殺未遂

GoranH / Pixabay

1989年7月11日に事件は起きてしまいました。中森明菜さんが近藤真彦さんの自宅マンションの浴室にて、自殺未遂を図ったのです。近藤真彦さんのマネージャーによって発見され救急車にて搬送されました。

この時、浴室は血で真っ赤に染まっており、中森明菜さんは左ひじ付近を刃物で切っていたそうです。この時の傷は相当深いところまでいっており、手術には6時間もの時間をようしたそうです。

中森明菜さんは緊急手術により一命をとりとめることができました。傷は神経にまでも達するほどだったそうで、後遺症が残る可能性も示唆されていたようです。一体、なぜ自殺未遂を図ってしまったのでしょうか。

自殺未遂の原因?①近藤真彦と松田聖子の密会

pixel2013 / Pixabay

中森明菜さんが自殺未遂を図った原因として、まず近藤真彦さんと松田聖子さんとの密会にありました。近藤真彦さんと松田聖子さんは以前より姉弟のように親しい仲であったのです。

近藤真彦さんと松田聖子さんは2人ともニューヨークにレコーディングのため、滞在していました。そして、2人きりで密会しているような写真とともに週刊誌に掲載されたのです。

annca / Pixabay

この2人の密会写真をきっかけに中森明菜さんは精神的にダメージを負い、自殺未遂を図ったとも言われています。しかし、この密会は2人きりというのはデマで、スタッフも含めた食事会だったのです。

週刊誌によって真相とは違うデマを掲載されたことで、中森明菜さんはさらに混乱してしまうこととなってしまいました。

自殺未遂の原因?②近藤真彦のマネージャーも絡んだ金銭トラブル

TBIT / Pixabay

さらには、中森明菜さんは金銭トラブルにも巻き込まれていたと言われています。近藤真彦さんのマネージャーが中森明菜さんに対して、2人の結婚資金として大金を出させていたそうなのです。

中森明菜さんは結婚願望が高かったことや、近藤真彦さんとの結婚を真剣に考えていたということもあり、近藤真彦さんのマネージャーに大金を渡したとされています。その額が8千万円とも言われています。

そして、この大金を預かったマネージャーは自身の借金にあてるために、持ち逃げしたそうなのです。この金銭トラブルも中森明菜さんの自殺未遂の原因の一つとしてあげられています。

中森明菜は1ヶ月面会謝絶に

zoosnow / Pixabay

中森明菜さんは自殺未遂をおかし、緊急搬送されました。この時、近藤真彦さんのマネージャーが中森明菜さんが倒れているところを発見し、病院まで搬送されたと言われています。

そのため、中森明菜さんの自殺未遂が起きたことを、ジャニーズ事務所が先に知ったそうなのです。中森明菜さんの事務所である研音よりも先に、中森明菜さんに会っていたのです。

そして、中森明菜さんは1か月間もの入院をしていたのですが、その間中森明菜さんは所属事務所の研音と面会謝絶状態にあっていたそうなのです。このことからも中森明菜さんは研音に不信感を抱き始めたのです。

中森明菜は研音を辞め、1989年12月28日に新会社を設立

Free-Photos / Pixabay

その後、中森明菜さんは所属していた研音の事務所を辞めます。そして、金屏風事件の2日まえの1989年12月28日に新会社「これくしょん」を設立したのです。

この新会社設立したことも、ジャニーズ事務所の思惑があったとされているのです。中森明菜さんが自殺未遂したことにより、近藤真彦さんと別れさせるために、中森明菜さんをいいようにはめたと言われています。

ジャニーズ事務所によって中森明菜さんは研音との距離をおくようになったのです。そして、言いくるめられたかのように事務所を辞めることとなりました。

金屏風事件の関連人物

geralt / Pixabay

金病事件には中森明菜さんと近藤真彦さんがメインで携わっています。しかし、この金屏風事件には様々な関連した人物が動いていたのです。中でも、小杉理宇造さんやメリー喜多川さんがいます。

小杉理宇造さんは中森明菜さんと所属事務所を離れさせるのに、一役かっていたのです。そして、中森明菜さんのことを裏切ることとなります。小杉理宇造さんが黒幕と言われているのです。

さらに、ジャニーズ事務所の敏腕副社長のメリー喜多川さんは近藤真彦さんのことを可愛がっていたため、中森明菜さんにひどい仕打ちをしていたそうなのです。詳しくみていきましょう。

音楽プロデューサー・小杉理宇造

音楽プロデューサーでもある小杉理宇造さんは、ジャニーズ事務所の顧問も兼任する実業家でもあります。この小杉理宇造さんこそが、金屏風事件を企てた黒幕の人物だとされているのです。

そして、中森明菜さんが研音を辞める時にも独立するように仕向けていたと言われています。小杉理宇造さんは中森明菜さんが新会社を設立した時には、一緒に設立を手伝い新会社を立ち上げたとされています。

しかし、小杉理宇造さんは中森明菜さんが活動を再開する前に、新会社を辞めて再びジャニーズ事務所に戻ってきていたのです。中森明菜さんはいいように使われたとしか思えません。

さらに、前述していたSMAPの謝罪会見もこの小杉理宇造さんが構成をして考えたと言われているのです。そのため、SMAPの会見と金病事件が似ている雰囲気だと言われているのです。

ジャニーズ事務所の取締役副社長・メリー喜多川

ジャニーズ事務所の取締役副社長であるメリー喜多川さんは、ジャニ―喜多川さんの実の姉です。現在、92歳という高齢ながらも現在でも経営に尽力を注いでいます。

メリー喜多川さんはジャニーズ事務所の運営や経営を任されており、ジャニーズ事務所の中でも逆らえる人はいません。そして、このメリー喜多川さんは近藤真彦さんのことをとても可愛がっているのです。

そのため、今回の金屏風事件にも近藤真彦さんを庇うために、メリー喜多川さんが色々と動いていたと言われているのです。この金屏風事件の影の首謀者とも言われました。

金屏風事件の真相

Myriams-Fotos / Pixabay

この金屏風事件の真相は本当のところはどのようなものだったのでしょうか?一体、なぜ中森明菜さんは金屏風の前で謝罪会見を行うこととなってしまったのでしょうか?

これには、ジャニーズ事務所のメリー喜多川さんによるデマであった可能性が示唆されているのです。メリー喜多川さんは中森明菜さんに対して行った仕打ちとはどのようなものなのでしょうか?

中森明菜がジャニーズ・メリー喜多川の罠にはめられたデマだった?

max60500 / Pixabay

金屏風事件が起きてから、中森明菜さんの擁護する声がたくさんあがっています。中森明菜さんは金屏風の前で謝罪会見を行うという明らかに異様な雰囲気の中で行われました。

この金屏風事件は、元々は結婚会見ということだったのでは?と言われているのです。そして、中森明菜さんはメリー喜多川さんから、近藤真彦さんとの婚約発表の会見だと聞かされて罠にはめられたというのです。

sasint / Pixabay

そして、中森明菜さんを記者会見の場に送り込み、マスコミの前で謝罪させて、近藤真彦さんとは何も関係がないということを言わせたと言われています。中森明菜さんの絶望は計り知れないものだったでしょう。

婚約会見と言われて行った会見が謝罪会見で、愛する人にも裏切られていたなんて、想像を絶する辛さです。ジャニーズ事務所の罠にはめられてしまった中森明菜さんが不憫で仕方ありません。

NEXT 金屏風事件のその後の中森明菜