ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いや特徴・恋愛結婚、付き合い方について

昨今の日本人でLGBTという言葉を聞いたことの無い人はあまりいないと思いますが、今回取り上げるノンセクシャルも広義で言えばLGBTの一種です。今回はノンセクシャルについて、その特徴とその人との付き合い方についてまとめました。

ノンセクシャル(非性愛)とは?

Nietjuh / Pixabay

昨今LGBTという言葉が浸透して、多様な性のありかたについて一般に認められるようになりました。ノンセクシャルも多様な性の一つです。

しかし、LGBTとは少しニュアンスの異なる意味合いを持つ言葉です。ノンセクシャルとはどういう意味なのでしょうか?

ノンセクシャル(非性愛)とはどういう意味

KathrinPie / Pixabay

ノンセクシュアルは恋愛感情はあるけれども、そこに性的欲求が無い人のことを言います。平たく言えば、彼氏彼女のような関係は作れるけれどSEXをしようとは思わないということです。

彼氏彼女のことがすごく好きなのに、普通の人が恋愛する上で重要視するSEXには全く興味がない人間のことです。彼氏彼女がそうであると誤解されることが多いです。

ノンセクシュアルを英語でいうと?

libellule789 / Pixabay

ノンセクシャルというのは和製英語であり海外では通用しません。英語でノンセクシャルは正確には「Romantic Asexuality」といいます。

カタカナ英語にすると「ロマンティックなアセクシャリティ」です。「ロマンティック」はわかりますが、「アセクシャリティ」は聞き覚えがありません。

調べてみると「アセクシャリティ」は「無性愛の」という意味があるようです。「ノンセクシャル」は「非性愛」でしたが「無性愛」とはまた違った概念でした。

ノンセクシャルと似た言葉との違い

cuncon / Pixabay

「ノンセクシャル」という言葉を英語にしたところ、「アセクシャリティ」という新しい概念が出てきました。ノンセクシャルには似ているけれど意味は違う言葉が多くあります。

ノンセクシャルを理解するうえで大切になってきますので、他の言葉についてもまとめました。比較したうえでノンセクシャルについて理解を深めることができます。

アセクシュアル(無性愛)との違いは?

「アセクシュアル」という言葉が「ノンセクシャル」の語源になっていました。アセクシャルはノンセクシャルとは違い、恋愛感情も性的欲求も他人にいだかない人のことを言います。

アセクシュアルとノンセクシャルの違いは、恋愛感情のあるなしです。アセクシャルとノンセクシャルのうち恋愛感情があるのが、今回取り扱っているノンセクシャルな人のことです。

無性欲との違い

SofieZborilova / Pixabay

ノンセクシャルは恋愛感情はあるけれども、好きな人に対して性的欲求が無い人のことでした。この概念とはまた別に、「無性欲」という概念もあります。

ノンセクシャルは「無性欲」、つまり性的欲求を全く抱かない人には含まれません。ノンセクシャルの人は性的欲求を他人に求めないのであって、自慰行為はするなど自己に求める場合もあります。

性嫌悪との違い

LiveLaughLove / Pixabay

性的なこと一般にそもそも嫌悪感を抱くことを性嫌悪と言いますが、ノンセクシャルは性嫌悪とも違うとされています。性的なことに嫌悪感はないけれども、興味がないという性質です。

もちろん、ノンセクシャルの人たちにもいろいろなタイプの人がいて、無性欲や性嫌悪を兼ね揃えている場合もあります。

ノンセクシャルの診断方法

Didgeman / Pixabay

いままでの記事を読んでいて、もしかしたら自分もノンセクシャルかもしれないと考え始めた読者の方もいるかもしれません。自分の恋愛観が他人と違っていたという人もいるのでは無いでしょうか。

ノンセクシャルであるかどうかの診断方法をまとめました。これからの恋愛の価値観を広げる情報になっています。

診断➀人の恋愛事情に全く興味がない

JerzyGorecki / Pixabay

自己のセクシャリティについて理解する一つの方法として、飲み会などに行って恋愛話を聞くことです。アセクシャルの人間は恋愛話をしている中で、他人の恋愛事情に全く興味を持ちません。

反対にノンセクシャルの人間は周りの恋愛話を聞いて、自分の恋愛の仕方が他人と違うことに気づきます。そこから他人の恋愛事情に興味を持つ人もいれば、持たない人もいます。

診断➁性的欲求が全く感じられない

xxun0125 / Pixabay

ノンセクシャルの人は愛に性的な要素は関係ないと感じています。そのためノンセクシャルの人は、たとえ好きな人であっても性的欲求がありません。

もしあなたに好きな人がいて、心から愛して付き合ってもいるのにSEXしたいと思わないのでしたら、あなたはノンセクシャルの可能性が高いです。

診断➂恋愛作品に共感できない

Prawny / Pixabay

率直に言うと、ノンセクシャルであることは一般的な恋愛感覚と少しずれていることは事実です。そのため恋愛作品に共感できない部分があります。

例えば「働きマン」という作品では主人公の女性が彼氏と別れる前に最後のSEXをします。ノンセクシャルであるとこのシーンは何のために描かれているのかが全く分からないのです。

ノンセクシャルの全地球上の割合

Lalmch / Pixabay

ノンセクシャルの人の割合は世界中で1~3%と言われています。ちなみにLGBTを含めいわゆる性的マイノリティと呼ばれる人の割合は日本ではだいたい10%ほどと言われています。

そう考えるとノンセクシャルの割合はそう高くないと思われますが、この概念が世に認知されたのは最近です。そのため自認している人自体も少なくこの数は今後増えると予想されます。

ノンセクシャルは病気ではなく一つの個性

geralt / Pixabay

多くの性的マイノリティと同じで、ノンセクシャルというのは一つの個性であり、病気ではありません。外見は男でも中身は女の人と同じようなものです。

しかし、まだまだノンセクシャルという概念が一般に認知されていませんから、周りの人と違うことで悩む人もいるかもしれません。いま必要なことはノンセクシャルという性的マイノリティを広げることです。

診断病院はあるのか?

valelopardo / Pixabay

ノンセクシャルかどうかを診断する病院があるとは言い切れません。なぜならノンセクシャルとは他の性的マイノリティと違って自認、つまり自分が認めるかどうかが問題だからです。

しかし、性的マイノリティについての悩みの相談ホットラインやカウンセリング施設はあります。実際に病院に行って先生に相談するものから電話やスカイプを利用するものまであります。

自分のセクシャリティに悩みがある方は、そういった専門家に相談して自認することが自身の心にとって大切です。

確定診断をするのは難しいと言われている

cocoparisienne / Pixabay

ノンセクシャルはアセクシャルや性嫌悪など似ている性的マイノリティが複数ある点や、ノンセクシャルの中でも性的なことへの許容範囲が個人個人で違うため確定診断を出すのは難しいです。

だからと言ってネットでの情報だけで自己解決しようとするのは危険で、強迫観念となって自身を追いこんでしまう可能性もあります。悩み事は複数の専門家と自身の情報、考えに基づいて総合的に判断すべきです。

脳の性別診断から見てみる

ElisaRiva / Pixabay

性的マイノリティについて判断する足がかり的な方法として、脳の性別判断があります。ネットで「脳の性別判断」と検索すればトップに出てくるサイトで、自分が男脳なのか女脳なのか診断してくれます。

脳科学的に自分の体の性と脳の性の違いなどを理解することができます。性的なことに悩みだしたらまずは試してみる価値はあります。

LGBT診断から見てみる

rawpixel / Pixabay

Googleで「LGBT診断」と検索するとトップにあるサイトに多様なセクシャリティについてまとめてあります。もしあなたが自分の性に関わる感情に周囲との違和感を感じるなら読んでみるといいです。

性については4つの観点があり、それぞれ「身体的性」「性自認」「性的指向」「性表現」です。これらを整理していくうちに性について悩んでいるあなたの釈然としない気持ちが晴れていきます。

ノンセクシャルだけど質問ある?のスレを見てみる

有名な掲示板に「ノンセクシャルだけど質問ある?」というスレッドが立っています。もうすぐ25歳の女のスレ主がノンセクシャルであるとカミングアウトしています。

実際のノンセクシャルであるひとの声が聞けるので、自分と同じだとか、少し違うだとか考えることで、自己の性についてよく理解できる材料になっています。

2chなど掲示板でノンセクシュアルの人話を聞いてみる

janeb13 / Pixabay

インターネット上の掲示板では自分がノンセクシャルではないかと悩んでいる人の書き込みが多くあります。そこでは恋愛感情や性的欲求について率直に書き込みがなされています。

それを読んでいくことは、自分の性観念を広げることにつながります。性だけではなく恋愛について深く考えるきっかけにもなります。

ノンセクシュアルはカウンセリングや治療で治せるのか?

SerenaWong / Pixabay

結論から言うとノンセクシャルはカウンセリングや治療で治せるものではありません。そもそもノンセクシャルは病気のように治すという概念がありません。

ノンセクシャルはその人が持って生まれた性質で、食べ物で例えるならばアレルギーであって好き嫌いではありません。しかし、食わず嫌いという可能性がありますので、簡単に自分はノンセクシャルだ言うのは危険です。

ノンセクシャルの恋愛や結婚などについて

Takmeomeo / Pixabay

ノンセクシャルである人は恋愛感情は一般的な人と同じく持っています。しかし、恋愛感情はあるけれど相手に性的な感情がわかないという状態です。

ここで疑問になってくるのは、性的な行為を受け入れられなくても恋愛が成り立っているのか?結婚して子供が欲しいとは思わないのか?ということです。

自認のきっかけについて

DanaTentis / Pixabay

自分がノンセクシャルであると気が付くきっかけとして多いのは恋愛を通してです。中学くらいから性についての知識が周囲の人と蔓延していきますが、そこに違和感を覚えていく人が多いです。

自認の決定打としては初めてお付き合いをする時に、相手との関係がなかなか進められないことがあります。自分は一緒にいるだけでいいのに、相手はそれ以上を求めてきて自分の性に対する認知を疑うようになります。

ノンセクシャルの人と交際するとどうなるのか?

johnhain / Pixabay

ノンセクシャルの人との交際は一般的な交際とは少し異なることを覚悟しなければいけません。相手はしっかりとあなたのことを愛していますが行為で示すことはありません。

しかし、結婚して子供が欲しいというような真剣な交際の場合は、しっかりと話し合うことが必要になります。どこまでは大丈夫でどこからがダメなのか、相手を理解してあげることが重要です。

性的欲求はある?性的妄想は?

cmart29 / Pixabay

ノンセクシャルの人の中にもいろいろなタイプがあり、この問題は一概に答えを言えません。性的欲求自体がない人もいますし、性的欲求をパートナーに向けられない人もいます。

さらに言えば、自慰行為は好きなんだけれども相手がいるとできない人もいます。そういう人は性的な妄想で事足りてしまいます。

AVを観たり自慰行為はする?

Olichel / Pixabay

ノンセクシャルの人は性嫌悪を持っている訳ではないので、性的なことへの関心はあります。したがってAVはもちろん観ますし、自慰行為もします。

しかし、全員がそうとも限らず、AVも観ないし自慰行為もしないという人もいます。

結婚したいという人や婚活している人もいる

scottwebb / Pixabay

結婚生活では性生活が必需であると一般的には考えられています。しかし、ノンセクシャルの人は性生活を必要としていませんので結婚しないと考えられがちです。

しかし、中には精神的な愛だけでの結婚願望を持つ方もいますし、そういったことを理解してくれる人と友情婚と呼ばれるものに踏み込んでいる人もいます。

子供は?

sathyatripodi / Pixabay

ノンセクシャルの人は性的関係を望みませんので、当然のことながら子供をつくるのは困難です。しかし、中には子供を欲しいという人もいます。そういう人は体外受精に踏み切るなどしています。

ノンセクシャルの場合でも考え方は人それぞれ

Myriams-Fotos / Pixabay

ノンセクシャルの人の中でも恋愛や結婚についての考えも様々で、相手に求められれば行為はできるという人もいます。大切なことは相手を理解することです。

ノンセクシャルであることを認識している人は、パートナーにカミングアウトでき、話し合いをきちんと行うことができる関係がパートナーとの理想の関係と言えます。

ノンセクシャルとLGBTを併せ持つ場合もある

holdosi / Pixabay

ノンセクシャルであることは性的な部分とは全く関係なく相手のことを好きになるということです。つまり、相手が異性であろうと同性であろうと関係がないのです。

一般的に恋愛のうえで、多かれ少なかれ相手の性的な部分が好きになるのが普通です。ゆえに、性的感情の無いノンセクシャルはLGBTを併せ持つことはよくあることです。

NEXT 恋愛においては理解されないことが多い