江戸時代の人々の避妊方法は?古代から現在まで避妊やコンドームの歴史

避妊術の歴史は大変古いものです。江戸時代の吉原に代表される遊女や農民たちにとって妊娠は大敵でした。では昔はどのように避妊や堕胎・中絶をしていたのでしょうか?この記事では江戸時代の避妊術、堕胎・中絶方法、古代の避妊術などについて詳しくまとめてみました。

江戸時代の人はどのように避妊をしていたのか?

現代同様昔から避妊術として様々な手段がとられてきました。中にはかなり眉唾な避妊術もあります。この章では江戸時代に行われていた避妊術をご紹介します。

江戸時代は売春が認められており避妊法は遊女・女郎にとって重要だった

歴史的に見てもかなり昔からいろんな避妊術が試行錯誤されてきました。

現代と違い江戸時代には売春が認められており、遊女や女郎にとって避妊というのは欠かせないものだったのです。

しかし江戸時代には妊娠や避妊に関する知識は乏しく、中には全く効果が見込めなような避妊術もあったようです。

動物の皮で出来ているコンドーム「茎袋」

江戸時代という遥か昔にもコンドームは存在しました。

「茎袋」と呼ばれるもので別名「ルーデサック」。オランダから輸入され大変高価で貴重なものでしたが着け心地は悪く、効果もあまりありませんでした。

素材が水牛の角やウミガメのべっ甲で出来た痛そうな「甲形」

男性器にかぶせて使う避妊具として挙げられるのが「甲形」です。

水牛の角やウミガメのべっ甲を素材としてつくられており、使用方法は男性器の先端にかぶせるというものでした。

甲形は大人のおもちゃの用途の方が多かった

この「甲形」は200年以上昔から存在し、避妊術として用いられてきました。

しかし大変外れやすく、避妊の方法としてというよりかは、「笑い道具」という大人のおもちゃのような使い方をされていました。

ちなみに江戸時代にも笑い道具を専門に扱うお店が存在していたようです。

NEXT 「魚の浮き袋」をコンドームのように用いていたという説もある