やらないかとは?元ネタの漫画や風評被害にあったバラライカについて スポーツ

やらないかとは?元ネタの漫画や風評被害にあったバラライカについて

「やらないか」は、人気歌ってみた動画投稿者のいさじが、ホモ漫画「くそみそテクニック」の台詞を使った替え歌です。モーニング娘。の久住小春の曲、バラライカでガチホモキャラの阿部高和が踊る動画で爆発的に人気になりました。今回はやらないかについて詳しく調べました。

やらないかとは?阿部高和とは?

skeeze / Pixabay

やらないかの投稿者いさじは、歌ってみた動画で人気の投稿者です。やらないかは、いさじがホモの代名詞キャラクター、阿部高和をイメージして作った替え歌です。

やらないかと、元ネタとなった阿部高和と作品について解説します。

元ネタは漫画「くそみそテクニック」の阿部高和のセリフ

geralt / Pixabay

阿部高和は漫画のキャラで、青色の作業着を着たガチムチ体系のイイ男です。このキャラの登場する作品は「くそみそテクニック」というホモ漫画で、阿部高和がナンパする際に出るセリフが「やらないか」です。

トイレの前のベンチに陣取り、作業着を胸元まではだけさせながら言うかなりインパクトの強いセリフなので、このシーンだけを抜き取りネット上でホモネタとして大いに用いられました。

「?」のつけるのは誤用

Tumisu / Pixabay

動画サイトでよく使われている「やらないか」ですが、やらないか?と「?」をつけて使用している人も見受けられます。

実は、元ネタとなった漫画「くそみそテクニック」のセリフでは、阿部は「やらないか」と言っており、「?」は使われていません。

「やらないか?」と「?」をつけてしまい、にわかと揶揄される光景も、ネット上では日常茶飯事で見受けられます。貶すような雰囲気ではなく、淫夢などのその他のホモネタを使ってからかわれるような傾向にあります。

歌い手のいさじが「やらないか」と歌ったことで更に有名になった

RyanMcGuire / Pixabay

一部でかなりの人気が出たものの、元ネタの「くそみそテクニック」が1話完結のかなりマイナーなホモ漫画だったということもあり、一部のコアなファンにのみ浸透していました。

しかし、良く響く低音の美声で人気のいさじがバラライカをガチホモの阿部らしく歌い、その背景に3Dモデルの阿部を踊らせている動画が投稿されたことによって、爆発的な人気が出て多くの人に広まりました。

阿部高和のイイ男のイメージと、いさじの男性らしい力強く響く美声がマッチしたことが、大ヒットのきっかけになったのです。

いさじが歌った「やらないか」について

動画サイト、ニコニコ動画で爆発的な人気となった「やらないか」は、人気歌い手のいさじがバラライカをくそみそテクニック使用の替え歌で歌い上げたことから広まりました。

替え歌に3Dモデルを用いたダンス動画が投稿されたことで、いさじの声=ガチホモ阿部高和が確定しました。

ニコニコ動画で有名の歌い手いさじとは

良く響く低音の美声を持つ、歌ってみた動画カテゴリで非常に人気の歌い手がいさじです。かなり広い音域をもち、アニメソングから演歌まで幅広く歌うプロ級の実力者でもあります。

いさじが歌う曲のシリーズで、「漢らしく歌ってみた」というものがあり、このシリーズでくそみそテクニックに登場するセリフがよく使われています。

「やらないか」は「バラライカ」の替え歌

「やらないか」の原曲は、アニメ「きらりん☆レボリューション」で使われている「バラライカ」です。

アイドルらしい華やかな曲というよりは、ロシア民謡風のアレンジが加えられてる特徴的な楽曲です。重めの印象的なメロディに、ガチホモネタのセリフが乗ることで、かなりの衝撃作品へと進化しました。

アニメ「きらりん☆レボリューション」及び久住小春に風評被害

ニコニコ動画で一躍大人気となった「やらないか」は、アニメ「きらりん☆レボリューション」に登場する曲、「バラライカ」の替え歌です。ヒロインの月島きらり役の、モーニング娘。久住小春が歌っている曲です。

作中のヒロインの持ち歌にもなっており、本来は可愛らしい曲だったはずが、阿部さんのガチホモネタが織り込まれた替え歌が人気になったことで、一気にガチホモ曲として広まってしまいました。

ニコニコ動画においては、原曲のバラライカを本家と呼ぶ風潮があるものの、バラライカの動画においてもやらないか等のホモネタが多用されている為、風評被害となっています。

「やらないか」の歌ってみた・踊ってみたの動画も数多く投稿される

https://www.youtube.com/watch?v=9YqsD_vGvvM

いさじや、最初に投稿された3Dモデルの踊ってみた動画以外にも、多くの人がやらないかを歌い、踊っている動画を投稿しています。

2017年には「【10周年】やらないかを歌ってみた[いさじ]」という記念動画も投稿されており、215本もの踊ってみた動画を背景に、いさじが新たにやらないかを歌っています。

初音ミクにも歌わせている

2007年に発売されてから、バーチャルシンガーとしてボカロ曲という一大音楽ジャンルを築いた初音ミクも、「やらないか」を歌っています。

投稿当時は「仕事を選べないミク」などとよく言われていました。機械に近い歌い方が際立つため、死んだ目で歌ってそうな印象を受けます。

「やらないか」の踊り方がわかるサイト

一大ブームとなった「やらないか」の踊ってみたは、動きの速い、中々複雑で難易度の高いダンスに仕上がっています。その為、かなり丁寧な振付練習動画が多数ネットにあげられています。

Step1 0.5倍速で左右反転

実際の振付を反転してあるので、画面を見ながら同じように動けば振付通り踊ることが出来ます。速さが原曲の半分ととてもゆっくりなので、ダンス自体が初めで挑戦する場合はここから始めると入りやすいです。

Step2 0.7倍速

先ほどの0.5倍速よりも早い、0.7倍速の振付動画です。振付をある程度マスターしたのち、曲の速さに慣れるために参考にするとよいでしょう。

最終Step 原曲左右反転

振りも入って速さに慣れた最終段階が、この原曲スピード左右反転動画です。この動画を踊り切れれば「やらないか」マスターです。

「やらないか」の元ネタ漫画「くそみそテクニック」の語録

1987年にゲイ向け雑誌として刊行されていた「薔薇族」に掲載されていたのが、「くそみそテクニック」です。

キャラクターの強烈さや印象に残るシーンやセリフの言い回しが多く、ネタ画像としてネット上で大いに用いられました。

ホモネタと言えばこの漫画ともいえる、山川純一作の「くそみそテクニック」はネット上で今現在も使われ続けているセリフが数多く書かれています。「やらないか」以外の有名なセリフをいくつかご紹介します。

ウホッ、いい男

Sponchia / Pixabay

作品内では阿部の「やらないか」に対する返答で使われているセリフが、「ウホッ!いい男…」です。動画投稿サイトのコメント欄においてホモネタが使われた動画などにはよく「ウホッ!」と省略して用いられています。

すごく・・・大きいです・・・

RitaE / Pixabay

くそみそテクニック発祥で、ネット上で多用されるネットスラングのうちの一つが、「すごく…大きいです…」です。

ネットではよく「ところで~を見てくれ こいつをどう思う?」からの「すごく…〇〇です…」という定型文で用いられています。

俺はノンケだってかまわないで食っちまう人間なんだぜ

RyanMcGuire / Pixabay

阿部さんが「やらないか」と声をかけた少年が、後ろをついてきた際に言ったセリフです。このセリフから、「ノンケ」という表現が浸透していきました。

ノンケとは?

geralt / Pixabay

ノンケはゲイ用語で「異性愛者」を示す言葉です。ホモ漫画の「くそみそテクニック」でよく登場する表現です。

この「ノンケ」について、下記の記事で詳しく解説しています。こちらも是非ご一読下さい。

「やらないか」と似た方言がある

「やらないか」には、実際には全く関係がないが、よく似た方言が存在しています。一体、やらないかそっくりの方言とはどんな意味の言葉なのか、また、「やらないか」と関連はあるのかを調べてみました。

遠州弁の「やらまいか」

静岡県の浜松市周辺で使われている方言、遠州弁に「やらまいか」という言葉があります。「やらないか」を古文風にアレンジしたようにも見えますが、いさじの替え歌の「やらないか」自体との関連性はありません。

ただし、言葉の意味はそのまんま「やらないか」という意味なので、意味としては全く同じものと言えます。

やらまいか精神という言葉もある

やらまいか精神とは「やってやろうじゃないか」という気合いや根性といった意味が似合う言葉です。

全く関係はないのですが、「くそみそテクニック」とやらまいか精神を合わせて、意味深に考えている人も少なくはありません。

浜名湖協定の「やらまいかカップ」は全くの無関係

emkanicepic / Pixabay

「やらないか」とよく似た方言、「やらまいか」を名前に冠する競艇カップがあります。それが、浜松競艇がゴールデンウィークに開催する、「やらまいかカップ」です。

たまたま方言の意味と、「やらないか」が被っていただけで、「くそみそテクニック」とは一切関連性はありません。浜松競艇においては人気の試合の一つです。

「やらないか」のグッズも販売されている

ニコニコ動画で爆発的な人気となった「やらないか」は、関連グッズも多く販売されています。「くそみそテクニック」に登場する様々なセリフが用いられています。人気グッズの一部をご紹介します。

クリーンスクリーナー

スクリーンクリーナーは、「やらないか」の吹き出し型と、阿部さんの顏がアップになったものと2種類展開されていました。ネタにもできて使い易いので、まずこれを買うファンも多くいました。

グラス・マグカップ

「くそみそテクニック」の人気台詞が山ほど印刷されたマグカップと、阿部さんを全面に押したグラスが作られました。

グラスは「やらないか」にちなんで、「のまないか」と書かれものと、阿部さんの真顔とイキ顔が印刷された2種類があります。どちらもネタ商品としてのインパクトが強く、人気でした。

Tシャツ

阿部さんが「やらないか」と言っている画像が大きくプリントされたTシャツは、いまでもオークションサイトなどの市場で出回り、頻繁に取引されています。

オリジナルTシャツが作れる店舗などに「くそみそテクニック」の画像を持ち込んで自主製作をするファンも少なくありません。店によっては、「ウホッ!いい男…」などと書かれたTシャツを飾っている場合もあります。

その他クッズが販売されている

紹介したグッズ以外にも、付箋やクリアファイルなどの文具系グッズや、阿部さんがデザインに多用されている手ぬぐいなども発売されていました。

今でも個人製作でグッズを作成している人もいるほど、阿部さんグッズの人気は途切れることがありません。

屋良内科(やらないか)とは?

久住小春同様に、「やらないか」による風評被害を被ったものがあります。それは、とある内科医院で、看板に書かれた名前は「屋良内科(やらないか)」でした。

実際には何の接点もないのですが、やらないかのホモネタが流行ってしまった今、「やらないか」に内科が掛かっていることで、そこはかとなくいかがわしい雰囲気になってしまっています。

本家より怖い?阿部鬼とは

「やらないか」をネタとして作られた2次創作ゲームに、「阿部鬼」というゲームが存在します。原作は「青鬼」といって、青鬼という不気味な怪物が殺そうと追いかけてくるというホラーゲームです。

「阿部鬼」は阿部さんが掘りに追いかけてくる、人によっては青鬼以上に怖いホラーゲームになっています。阿部鬼に追いかけられている間はBGMが変化し、「やらないか」が後ろで流れ続けます。

一緒に探索に訪れた女の子が、目撃した怪物のことを「ブルーベリー色のつなぎを着たいい男だったわ」と冷静に説明するシーンは、被害を受ける当事者じゃないが故の余裕が伺えて、かえって面白いことになっています。

伝説となった「やらないか」

元ネタはアイドルの曲と、ホモ漫画という何の接点もないものだったのが、ニコニコ動画、歌い手いさじ、踊ってみた動画などによって、誕生した「やらないか」は、ネット世界に誕生した一つの文化と言えます。

長く親しまれるネットスラング、歌、踊り、動画としてこれからも末永く語りつがれていくでしょう。

「やらないか」に関する記事はこちら