大麻はどんな匂いがする?似ている匂いや消し方・合法化した国とは

日本をはじめ多くの国で非合法となっている大麻ですが、度々ニュースなどで取り上げられていますね。今回は大麻というものが一体どんなものなのか、似ている匂いやその消し方、合法化している国などについてまとめていきたいと思います。

大麻とは?

7raysmarketing / Pixabay

大麻を知らない方はいらっしゃらないかとは思いますが、簡単にご紹介します。大麻とは麻の花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたものであり、別名をマリファナとも呼びます。

麻の繊維は日本では古くからしめ縄、神事のお祓いの大麻(おおぬさ)などに用いられてきており、今も麻糸、麻布の原料として合法的に栽培されています。

しかし、当然吸引目的としての栽培および販売は違法です。また、合法的に栽培されている麻は麻薬成分がほとんど含まれないように品種改良されたものが使用されています。

大麻はどんな匂い?似ている匂いの例え一覧

Free-Photos / Pixabay

日本にいる限り大麻と接する機会はほぼないと思われます。しかし、実際に使用してみようとは思わなくとも、大麻がどんなものであるかは気になる方がいらっしゃるかと思います。

ここでは大麻の匂いについて警察や体験者のコメントを元に考察していきたいと思います。

大麻草は独自の青臭い・甘い匂いがすると言われている

Lee_seonghak / Pixabay

埼玉県警察のホームページによると、大麻草は独特の青臭い匂いがするそうです。しかもかなり強い臭気を放っているようです。近隣でそのような住宅が存在する場合、警察に相談するとよいかもしれません。

また、大麻草を乾燥させた乾燥大麻は独特の甘い匂いがするそうです。大麻草、乾燥大麻ともに独特の匂いで片付けられているので具体的にどんな匂いかは分かりませんが、大別的には甘い匂いのようです。

大麻の匂いは人それぞれ

大麻を利用したことがある人達が匂いについて様々な例えを用いていますが、どうやら「これだ!」という正解はないようです。再現性の高い例えはないということですね。

というのも、大麻の匂いは人によって感じ方が千差万別であるようなのです。今回は体験者が語る様々な例えをご紹介したいと思います。

例えは色々あり、全てに共通するものはないので本当に感じ方は千差万別であると分かりますが、共通しているのは大麻が「強い匂い」であるということです。

大麻の匂いの例え➀草の上に猫が尿を掛けた匂い

creisi / Pixabay

最初の例えは「草の上に猫が尿をかけた匂い」です。ちょっとどんな匂いかぴんと来ない人がほとんどかと思います。

おそらく草特有の青臭さの上にアンモニアのような刺激臭が加わったような匂いであると推測できますが、前述の甘い匂いとは方向性が異なりますね。

NEXT 大麻の匂いの例え➁焚き火やオナラ・スカンクのような忘れられない香り