創価学会員との結婚は悩みがいっぱい?問題や影響、見分け方まとめ 芸能人

創価学会員との結婚は悩みがいっぱい?問題や影響、見分け方まとめ

創価学会に入信している人は結婚に対して、悩むことが多いそうです。また、結婚相手が創価学会員であっても悩むこともあります。どのような悩みや問題があるのでしょうか?そして、創価学会員の見分け方についても詳しく調べてみました。

目次

[表示]

創価学会の学会員と非学会員との結婚は悩む人が多い?

創価学会の方は結婚に悩む方が多いといいます。なぜ悩むのでしょうか。また、創価学会でない人も、相手が創価学会に入信しているとわかると結婚を悩むそうです。

創価学会の方同士のお見合いであれば問題はないのですが、創価学会員でない人との結婚について悩む人たちについて見ていきましょう。

創価学会員は結婚したくてもできていない人がたくさんいる?

創価学会に入信している人のことを創価学会員といいます。この創価学会員の方たちは結婚に対して厳しいことがあるのです。

創価学会員の方同士での結婚は問題ないことが多いですが、創価学会員でない方との結婚は問題が山積みとなってしまうのです。宗教の違いによる価値観や受け入れられない問題があるのです。

結婚に悩んでいる事例①:結婚間近になって結婚相手が熱心に活動し始めた

結婚しようと思っていた結婚相手が創価学会員だったら、結婚をすることに対して悩む方も多くいるのではないでしょうか。結婚しようとしていた時に結婚相手が急に活動をはじめ悩む女性がいました。

結婚を考えて現在同棲している彼がいます。彼はいわゆる学会二世で、生まれてすぐ入信させられたようです。最近、彼が学会と関わり始めてきました。学会の集まりに行き始めたと思ったら、聖教新聞が家に届くようになりました。彼に「結婚するなら学会に入って」と言われたわけではありませんが、いつか言われるんじゃないかと思っているし、彼が言わなくても彼の両親が何いうかわかりません。怖いです、不安です。

(引用元:教えて!goo)

このように、結婚相手が創価学会員の方で結婚するとなると自分も入信させられるのではないかと悩んでいるようです。創価学会員でないと創価学会についてよく知らない部分があります。

そのため、どうなってしまうのか不安になってしまうのです。このまま結婚してもいいのかわからなくなってしまうようです。

結婚に悩んでいる事例②:創価学会の家との結婚を親が反対

続いて創価学会員の方との結婚について悩んでいる両親の話しがでてきました。どのような悩みなのか見ていきましょう。

息子が創価学会の女性と結婚します。私と主人は息子の女性だけでも学会を脱退して嫁いできてくれればそれでいいと思っていましたが、どうもそうもいかなくなりました。娘に息子の結婚のことを話したらとてもびっくりしてそれは困る、私(娘)の結婚が破談になるっていわれました。娘の恋人は創価学会を敬遠している家庭です。もうどうしたらいいかわからず困っています。

(引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋)

両親が息子の嫁の創価学会ということで悩んでいるみたいです。そして、実の娘の結婚までも破談になってしまう可能性もでてきてしまったのです。

このように、創価学会の家と関わりを持つということは、関係のない家族までをも巻き込んでしまうこととなるのです。

結婚に悩んでいる事例③:結婚してから創価学会員だと判明

そして、結婚した後に創価学会員だと知った方もいたのです。結婚前に知っていれば対応も変わってきたかもしれませんが、結婚した後に知ったということで、相談者は悩んでいるのです。

主人とは8年程付き合い同棲後に今年入籍し、今秋に挙式予定でした。主人の実家は遠方の為結婚前に一度尋ねただけです。入籍数ヶ月後に義祖母の葬式があり参加した際に、主人の家が創価学会だったことを初めて知りました。主人は子供の頃から自分の意思ではなく入信させられ、可哀想だとは思いますが、結婚前に教えてくれなかったことに腹が立ってしまいました。付き合う前に知らされていたら、付き合ってなかったと思います。これから長い夫婦生活、信頼関係が大切だと思いますが、結婚してすぐ裏切られた気持ちになってしまいました。

(引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋)

結婚してから、創価学会員だと知った時の裏切られた絶望感は相当なショックとなります。結婚してから相手から聞いたともなれば、相手に対して不信感を持ってしまうのは当然でしょう。

しかし、付き合う前に宗教を確認することはなかなかできません。普段の生活の中で宗教を意識することはあまりないからです。では、創価学会員と結婚したらどのような影響があるのでしょうか。

創価学会員との結婚で考えられる問題やその後の影響は?

創価学会員の方と結婚をすることで、様々な問題が生じてしまうことがあります。結婚するまでも悩む方もいると思いますが、結婚した後も大変なのです。

創価学会員の方と結婚した時に出てくる問題やその後の影響について調べてみました。

問題や影響①:結婚を機に入信を勧められる、子供の入信

まず創価学会員の方と結婚した時には、創価学会への入信を勧められることがあげられます。創価学会に入信している人たちは、勤行をすることや地域の会合に参加することが当たり前のこととなっています。

そのため、結婚をしたらパートナーの方にも同じように参加して欲しいと思うのが当たり前となっているようです。そして、子供ができればもちろん入信させたいと思うのでしょう。

このように、自分の入信だけではなく、子供の入信をもしなくてはならなくなります。そのため、子供の教育方針をめぐりお互いに話し合うことが大事となってきます。

問題や影響②:結婚式のやり方

創価学会員の方の結婚式にも独特な風習があるようです。創価学会の結婚式とは、現在では一般的な式場でやる方も多いそうですが、熱心な創価学会員の方は、創価学会の会館で行うそうです。

ご本尊が安置されている広間でシンプルな結婚式を挙げるのが創価学会の結婚式だそうです。内容は、勤行を行ってから三三九度を行い、指輪の交換をするそうです。

一般的な結婚式に比べシンプルですが、勤行があるというところが、創価学会員でない方からしたら、戸惑うことかもしれません。

問題や影響③:婦人部の訪問

創価学会員の方と結婚をすると、必ず地域の婦人部の訪問があるそうなのです。地域の婦人部の情報網はすごく、すぐに訪れるそうです。そして、いろいろな活動に参加を募ってくるのです。

創価学会員でない方からしたら、婦人部のかたからのお誘いに嫌気がさしてしまい、疲れてしまうかもしれません。毎回断るのも大変な思いをしなければいけないかもしれません。

問題や影響④:公明党への選挙協力

創価学会に入信するとまず、選挙の時には必ず公明党への投票が義務づけられます。そして、友達や家族にも公明党へ投票するように呼び掛けられるのです。

公明党に投票するまで電話や訪問で催促をされます。選挙が近くなると公明党への選挙協力のお願いに振り回されることとなります。

問題や影響⑤:寄付

さらに、毎年冬になると財務と呼ばれる寄付をしなくてはならないのです。一口一万円という単位での寄付をしなくてはなりません。そして、幹部となっている人は数十万円という額を払っているのです。

問題や影響⑥:年末年始の過ごし方

創価学会員の人たちは、年末は実家で過ごし、年始には地域の会館での新年勤行会に参加しなければなりません。そのため、一般の方が行う初詣にはいかないのです。

創価学会では鳥居をくぐってはいけないと言われているようで、神社での参拝は行わないのです。そのため、地域の会館に出向いて一年の幸せを皆で願うことをしているのです。

創価学会員の見分け方は?①

普段何気なく暮らしている中で、創価学会の方と出会っても見分け方はよくわかりません。そこで、創価学会員の方を見分け方のポイントについて調べてみました。

見分け方①:勤行を行うための仏壇を持っている

まず見分け方として創価学会員の方の家には、必ず勤行を行うために仏壇が置いてあります。勤行とは仏壇に向かって行うことなので、仏壇がない家はないでしょう。

しかし、仏壇が置いてある家はたくさんあります。創価学会には仏壇だけで見分け方の特徴があるのです。

創価学会の仏壇の特徴は?ご本尊や三色旗、位牌など

創価学会の仏壇の特徴は、仏壇の周りに置いてある物にあります。この仏壇の周りに置いてある物に創価学会のマークが刻まれているのです。そして、お位牌には戒名が彫られていません。

さらには、創価学会のシンボルの三色旗が飾られているのです。仏壇の一番目立つところには、漆塗りのお厨子が飾られています。勤行するさいには扉を開けて礼拝するそうです。

見分け方②:お墓にしきみ

創価学会の方は、仏壇にもお墓にもお花は飾りません。これは一目でわかるので見分けるポイントとして重要です。創価学会員の方は、しきみと呼ばれる葉をお供えするのです。

お墓や仏壇にしきみの葉が供えられていれば、創価学会の方ということが一目でわかります。見分け方として一番わかりやすい方法です。

見分け方③:お寺や神社にいかない

創価学会員の方はお寺や神社には行かないのです。神社やお寺に参拝することを嫌っているのです。なぜ行かないようになったかはいろいろな説が存在しているようです。

見分け方④:聖教新聞をとっている

創価学会の方の新聞は聖教新聞をとっている家が多くあります。聖教新聞は、創価学会が発行している新聞であるため、この聖教新聞を取っているということは創価学会員であることが多いです。

創価学会員の見分け方は?②

創価学会員の見分け方についてはまだまだあります。他の見分け方についても見ていきましょう。

見分け方⑤:公明党推し

創価学会と言えば、公明党というのがでてきます。この公明党とは1967年に衆議院に進出した党です。そして、選挙が近くなると公明党を支持しており、家の前にポスターを貼ったりもします。

選挙活動も創価学会の活動として広く知られており、友人やその家族に公明党に投票をするように電話をしたり訪問したりもします。見分け方としてどの党を推しているかでわかります。

見分け方⑥:親が創価学会員

親が創価学会員だった場合、子供も創価学会員である可能性が高いです。生まれてすぐに入信させられる子供もいます。中には大人になり、自らの意思で脱退する子供もいます。

そのため、親が創価学会員だからといってすべての子供が創価学会員とは限りません。

見分け方⑦:会合への参加や勤行

熱心な創価学会員であれば、必ず会合へは参加をします。地域での会合は定期的にあるといいます。この会合に友人を誘う人もいるのです。この会合に誘われたら、間違いなくその人は創価学会員であることが高いです。

そして、毎日のように勤行を行っていることがあります。これは相当な創価学会員の方であることがわかります。近所で毎日のように勤行が聞こえてくれば、そこの家は創価学会員の方となります。

見分け方⑧:日蓮関係の本がある

創価学会員の方の家には日蓮関係の本が置いてあることがあります。日蓮関係といってもどのような本かわからないと思いますが、見分けるのは簡単です。

「人間革命」という本があるかどうかを見れないいのです。創価学会員の方はこの「人間革命」という本を持っている方が多く見られます。

結婚式だけじゃない?創価学会は通夜や葬式も違う?

創価学会員の方は結婚式だけではなく、葬儀にも創価学会独自の行い方があるそうなのです。葬儀を見れば創価学会の方がどうかわかってしまいます。

創価学会の葬式は友人葬で怖い?通夜も違う?

創価学会は葬式にも特徴があります。創価学会の葬式は一般の葬式とは違い、お坊さんを呼ばずに創価学会の方がお経を読むこととなっています。そのため、格安で行われるといいます。

そして、友人葬といい故人とは面識もない創価学会員の方も通夜に参列するのです。その光景を創価学会員の方でない人が見たら、異様な光景かと思うでしょう。

創価学会は数珠も違う?

創価学会員の方が使う数珠は白い色をしているのが特徴となっています。そして、両端に房がついていて、片方は2つの房が付いており、もう片方は3つの房がついています。

数珠の色はカラフルな色をしていることもありますが、房の色は白色が基本となっているようです。

創価学会員の婚活は難しい?参加できるお見合いパーティーなどはあるの?

創価学会員の方は結婚で悩む方が多くいます。創価学会員同士での結婚なら問題はありません。しかし、創価学会員でない方との結婚には問題が生じることが多くあるのです。

創価学会員の方はどのような婚活をしているのでしょうか?創価学会員が参加できるお見合いパーティーはあるのでしょうか?

NEXT:創価学会員向けの婚活パーティーはある
1/2