本田望結の2019年現在の身長は?可愛すぎと話題の画像や兄弟とは

2019年は「発掘リアル日本昔ばなし~アレがないときどうしてた?」に出演

2019年1月11日に放送された番組は、本田望結さんは10歳代代表として、70歳代からのタレントとリアルな昔話についてトークをする場面もありました。にこやかなかわいらしい姿は健在でした。

その他CMなどにも出演

CMでも引っ張りだこの本田望結さんですが「メリット」や「ハミング」、「オレオ」「ピザハット」などの親しみやすいCMに出演しています。

「エディオン」や「カルピス」、「DCカード」や「ブルボン」などの数々のCMで本田望結さんは活躍しているのでいつでもメディアで観れます。

フィギュアスケートと女優の両立の本人の発言

そんなストイックな本田望結さんですが、「女優としても、フィギュアスケートも大きく成長したい」という気もとは本音であることを明かしています。今でもすごい活躍されていますが。

しかし、彼女の真っ直ぐな芯の強さを感じられるの言葉が「どちらかを嫌いになったら両方をやめると決めている」とも宣言されています。どちらに対しても本田望結さんは真剣に打ち込んでいることがわかりますね。

学業に追われて、仕事を断念するタレントが多い中、彼女のストイックさにはファンも関係者も驚かされてしまいます。学業、タレント、フィギュアスケートをこなす彼女は何事も一生懸命なんですね。

本田望結のフィギュアスケートの実力は?現在までの成長について

本田望結さんはテレビでもずっと見ることがよくありますが、実はフィギュアスケートの大会には毎年のように挑戦し続けています。自己のベストを常に意識して頑張っています。

この過密スケジュールの中で、どれほどの努力をしているのかと思わされてしまいますよね。フィギュアスケートは実は彼女の兄、姉、妹の影響がとても大きいと言われています。

スケートを始めた時期

本田望結さんが初めてスケートを始めたのは、3歳の時です。実の兄弟である兄の本田太一さんの影響が大きかったと言われています。本田望結さんの兄弟はフィギュアスケート界でも有名です。

その後、バレイ、ヨガ、身体層、水泳などフィギュアスケートの一環として幼いころから習い事をたくさんしてきています。兄、姉、妹も共に京都の醍醐FSCでスケートを習っています。

2011年氷の甲子園では3年生以下の部で優勝

2011年7月に開催された「氷の甲子園」は80人ほどの中高校背が参加する大会ですが、本田望結さんも小学生部門で参加して、見事に優勝を果たしました。

小学生3年以下の部で回転半ジャンプを決めるなどの実力の持ち主で、いろいろな習い事で得られたと思われる表現力やしなやかな動きや表情も抜群でした。

NEXT その後も数々の大会で成績を残している