本田望結の2019年現在の身長は?可愛すぎと話題の画像や兄弟とは

子役時代から「この子は誰?」と一躍人気者になった本田望結さん。とても多才で子役時代の彼女を知る人も多いですが、実はフィギュアスケートの才能もお持ちでスーパー兄弟とも話題になりました。彼女の現在の学校や気になる身長や成長っぷりに迫ってみます。

元子役でかわいいと話題になった本田望結の現在は

芸能界とフィギュアスケート界でも有名になった本田望結さんは現在はすっかり大きくなって中学生になりました。子役時代からとってもかわいいしっかりした女の子でした。

幼かった本田望結さんがどんどんと大人っぽくなってきていて、かわいさも満天ですね。その可愛い彼女は現在はどんな生活を送っているのでしょうか。

本田望結のプロフィール

本名は本田望結(ほんだみゆ)。2004年6月1日生まれ。京都府京都市出身。O型。2008年にCM「StyleOne」で芸能界のデビューを果たしました。ドラマでも才能を発揮し一躍、人気者となりました。

その後、2011年のドラマ「家政婦はミタ」に出演がヒットで有名になり、2012年には「モジーズ&YOU」ではレギュラー出演となりました。映画やCMにも活躍してきました。

一方、実はフィギュアスケートの選手であることも話題になり、多才な持ち主としても有名となり人気者になりました。とてもかわいい笑顔に素晴らしい演技に魅了された人も多かったですね。

2019年現在の本田望結の現在の年齢や身長は?

本田望結さんは現在(2019年時点)14歳で中学2年生になりました。4歳で芸能界デビューしましたが、フィギュアスケートは3歳から始めています。

子役としても話題になったドラマ「家政婦のミタ」では、まだまだ小さな子供でしたよね。本田望結さんは芸能界やフィギュアスケート、学業と本当に忙しい毎日を過ごしているとのことです。

本田望結さんの成長ぶりに驚きの声も上がっています。体も心も技術や演技でもとにかく成長し続ける彼女の現在の身長は158cmと言われています。まだ成長期なのでこれからも身長が伸び続ける可能性は大ですね。

かわいすぎると言われる現在の姿や胸の成長は?

子役時代から今は成長してかわいさがどんどん増してきたという本田望結さんが、ネットでも話題になっています。多忙ながらにもフィギュアスケートの練習も欠かさずに活躍されています。

気になる胸の大きさにも注目されているようですが、確かにこちらも順調に成長していることは間違いないですね。

本田望結は最近学校に行っていないという噂は本当?

学校にいけていないのではないか?という心配の声が上がっていますが、実際のところは、留年しない程度に調整をしながら、学業の方も両立されているようです。

実際には家庭教師がいるのではないか?ともいわれていますが、偏差値の高い学校なので勉強も大変なことは事実だと思われます。しかし、順調に進学していますので今のところは問題なさそうです。

本田望結が通っている学校はどこ?

本田望結さんの現在通っている学校は大阪高槻市にある関西大学中等部です。2010年に開校したまだ割と新しい学校で、小中高一貫されている私立の学校です。現在は中学三年生ですね。

この学校の偏差値はなんと64ということでなかなかの優秀っぷりがうかがえます。5つもの習い事を幼いときからこなしてきた本田望結さんは頭脳も素晴らしいようですね。

本田望結の制服姿

本田望結さんの制服姿がかわいいと話題をよんでいます。小学生の時から、中学生になってもかわいさが増していますよね。ファンもメロメロになってしまいますね。

成長しても劣化しないそのルックスは本当に素敵だと言われています。子役の劣化が危惧されることがありますが本田望結ちゃんのかわいさは好感が持てますよね。

関西大学の中等部にはスケート部がある

この学校はフィギュアスケートで有名な織田信成さんや高橋大輔さんも出身です。もちろん「スケート部」がありますので、本田望結さんの才能は学校でも伸ばすことができているようです。

学校に行っていない噂の正体はスケジュールが凄まじいことが原因か

本田望結さんのスケジュールがテレビなどで公開されましたがとにかく忙しい過密なスケジュールであることは間違いないです。学業、スケート、タレントとして3両立が凄すぎます。

朝の四時半からみっちりと動き回っていますね。でもいつも笑顔の彼女には本当に「すごい!」と意見が出ています。なかなかできることではありませんね。

学校に通えていない?私立学校だからある程度の融通がきく

本田望結さんはタレント業としてもテレビで拝見することも多いですね。姉妹で共演のCMでも話題になりました。しかし、学校にはあまり出席できていないのでは?と心配の声も出てきています。

これだけのスケジュールの中で何故偏差値の高い学校に合格できたのか?実は、家庭教師をつけて勉強はカバーしているのではないかと言われています。

私立の学校で出席などに関してもある程度の融通がきくと言われておりそれぞれのスケジュールをこなしていけていることは間違いないようです。中学生のスケジュールとは思えないほどの過密さですが努力されています。

本田望結の現在の芸能活動は?スケートと両立できているのか

1019年現在ですが、本田望結さんは相変わらずのパワーで学業、タレント、フィギュアスケートも両立しながら、過密スケジュールでこなされています。まだ15歳の彼女ですが知れば知れほど、努力家です。

中学生でここまで徹底して一日を過ごせるのかと思う反面、彼女の強い意志が感じられるスタイルが見えてきました。

本田望結の2018年の仕事は?

2018年も数々の番組に出演されています。「バイプレーヤーズ」などのバラエティーや、声優、なんといってもCMの数も半端なく活躍されているのですね。「かっぱ寿司」や「エディオン」のCMでも拝見します。

2018年に「地球と約束」で声優を務めていた

本田望結さんはなんと声優にもチャレンジされています。「地球と約束」では地球の温暖化などを訴える真面目なお話の中のキャラクターの声を担当しております。

声までチャーミングで、声優に抜擢されることも本当にすごい事ですが他にも「リズと青い鳥」でも声優を務め、2018年はさらに芸能界でも活躍されていました。

2019年は「発掘リアル日本昔ばなし~アレがないときどうしてた?」に出演

2019年1月11日に放送された番組は、本田望結さんは10歳代代表として、70歳代からのタレントとリアルな昔話についてトークをする場面もありました。にこやかなかわいらしい姿は健在でした。

その他CMなどにも出演

CMでも引っ張りだこの本田望結さんですが「メリット」や「ハミング」、「オレオ」「ピザハット」などの親しみやすいCMに出演しています。

「エディオン」や「カルピス」、「DCカード」や「ブルボン」などの数々のCMで本田望結さんは活躍しているのでいつでもメディアで観れます。

フィギュアスケートと女優の両立の本人の発言

そんなストイックな本田望結さんですが、「女優としても、フィギュアスケートも大きく成長したい」という気もとは本音であることを明かしています。今でもすごい活躍されていますが。

しかし、彼女の真っ直ぐな芯の強さを感じられるの言葉が「どちらかを嫌いになったら両方をやめると決めている」とも宣言されています。どちらに対しても本田望結さんは真剣に打ち込んでいることがわかりますね。

学業に追われて、仕事を断念するタレントが多い中、彼女のストイックさにはファンも関係者も驚かされてしまいます。学業、タレント、フィギュアスケートをこなす彼女は何事も一生懸命なんですね。

本田望結のフィギュアスケートの実力は?現在までの成長について

本田望結さんはテレビでもずっと見ることがよくありますが、実はフィギュアスケートの大会には毎年のように挑戦し続けています。自己のベストを常に意識して頑張っています。

この過密スケジュールの中で、どれほどの努力をしているのかと思わされてしまいますよね。フィギュアスケートは実は彼女の兄、姉、妹の影響がとても大きいと言われています。

スケートを始めた時期

本田望結さんが初めてスケートを始めたのは、3歳の時です。実の兄弟である兄の本田太一さんの影響が大きかったと言われています。本田望結さんの兄弟はフィギュアスケート界でも有名です。

その後、バレイ、ヨガ、身体層、水泳などフィギュアスケートの一環として幼いころから習い事をたくさんしてきています。兄、姉、妹も共に京都の醍醐FSCでスケートを習っています。

2011年氷の甲子園では3年生以下の部で優勝

2011年7月に開催された「氷の甲子園」は80人ほどの中高校背が参加する大会ですが、本田望結さんも小学生部門で参加して、見事に優勝を果たしました。

小学生3年以下の部で回転半ジャンプを決めるなどの実力の持ち主で、いろいろな習い事で得られたと思われる表現力やしなやかな動きや表情も抜群でした。

その後も数々の大会で成績を残している

2013年の第17回全日本フィギュアスケート大会ノービスB女子にも出場しました。全国の少額3.4年生の中の日本一を決める大会です。36人の中で56.08点という記録で全国8位になりました。

その後も2014年近畿ブロックフィギュアスケート退会ノービスAで69.19点で2位。全国大会では36人中25位という結果でした。2015年では全国大会11位。おしくもトップ10に追いつけませんでした。

2016年の近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスAでは最初のジャンプに転倒してしまいましたが3位にランクイン。4年連続でノービス選手権大会に出場86.02点で自己最高の6位で入賞を果たしました。

2017年はフィギュアスケート全日本ジュニア選手権へ初出場

2017年には第34回西日本ジュニア選手権大会で143.19点の総合で14位になりました。そして全日本スケートジュニア選手権へ出場しましたが結果は15位でした。

「目標にしてきた全日本ジュニアの大会に出場することができてすごく嬉しかった」と本田望結さんはコメントしています。

2018年11月2日の西日本ジュニア女子ショートプログラムでは9位に

10月の近畿選手権では4位通過で期待。結果はSP51.43点で9位でスタート発進しました。「妹と全日本で戦えるかもしれないのがうれしい。クリアできるように頑張りたい」と意気込みを見せていました。

11月25日のフィギュアスケート全日本選手権では総合12位

中盤の3回転フリップで転倒してしまうなどの思わぬミスがあり、惜しくも総合147.17点という結果で12位になりました。姉妹対決としても注目が集められた中、冷静にコメントを発表しました。

「姉らしい演技ができずに残念」とにじませながら、「今季は全日本に出られるように頑張ってきた。まだまだ頑張りたい」と意欲を見せてくれました。さすがです。

今後の活躍が増々期待される

本田望結さんといえば、「二刀流」としても有名ですよね。子役時代から出演してきたドラマや映画、CM、声優など芸能界での活躍は健在ですが、フィギュアスケートに対する彼女の想いも同じです。

自身の兄弟たちがフィギュアスケート界で活躍して有名になっていく中、本田望結さんは多忙でも決してあきらめずに、練習をこなしていきながら頑張っています。

そんな本田望結さんのフィギュアスケート界での活躍も、芸能界同様に、さらに今後も楽しみになってきますね。ぜひとも応援していきたくなります。

NEXT 本田望結の兄弟はかわいくない?家族構成は?