【都市伝説】コトリバコは実在する?真相は?作り方や呪い方まとめ

「コトリバコ」とは強力な呪いの力を持つ呪いの箱にまつわる怖い話で、何処かに実在するとの噂もあり、都市伝説として現在まで語り継がれています。ここではコトリバコの真相、そのおぞましい作り方、呪い方、より掘り下げた考察など、その全てを徹底的にまとめていきます。

怖い話「コトリバコ」とは?

ネットを中心に囁かれる有名な都市伝説「コトリバコ」という怖い話はご存知でしょうか?2000年代のはじめ頃、2chのオカルト板に書き込まれた不気味な話で、あっという間にネット上で拡散されました。

コトリバコとは、20cm四方ほどの立方体の形をした木箱で女性や子供に強く作用する恐ろしい力を秘めた呪物です。話はある地方に住む20代の女性が実家の蔵から奇妙な箱を見つけたと持ってくる所から始まります。

その女性の友人の中に神社の家系の男性がおり、その箱を見てすぐに非常に危険なものである事に気づきます。その男はすぐにその箱を祓うための儀式の様な事をし、その場をなんとか乗り切ります。

掲示板に話を書き込んだのは、その時一緒にいた男性で、事の顛末を書き込み、その後日談として、神社の家系の男からその箱が「コトリバコ」という恐ろしい呪いを秘めた呪物であると聞かされた話が続きます。

コトリバコの恐ろしい呪い方の真相、そのあまりにもおぞましい作り方、そして、どの様な歴史的な経緯でその地方でこの呪いの箱が作られる様になった真相などが詳細に語られていきます。

この怖い話の真偽の真相は不明ですが、終始ゾッとさせられる内容でまとまっており、ディティールも良く出来ていてネット上で現在でも人気のある都市伝説です。

コトリバコとは「子獲り箱」のこと

「コトリバコ」という名称は、最初に聞いてもいまいちピンとこないかも知れません。「小鳥箱」という文字が浮かぶ人も多いかも知れません。実はコトリバコとは「子獲り箱」と書きます。

この言葉の通り、コトリバコは子供を産める女性と小さな子供の命を奪う呪いを秘めています。しかもそれで死に至る様子は尋常ではなく、身体中の内蔵が徐々に千切れていき苦しみ抜いて血反吐を吐いて死に至るのです。

コトリバコの原話はどこで見れる?

コトリバコの原話は、2005年に2ちゃんねるのオカルト板に書き込まれた話です。オリジナルの書き込みはすでにdat落ちしていますが、当時の原文のままの文章があちこちにコピペされています。

そのため「コトリバコ」で検索すれば、あちこちのサイトで原話を読むことが可能です。ただし、その呪い方や作り方のパートはかなりおぞましく、読んで気分が悪くなったという話も聞くので、閲覧には注意が必要です。

コトリバコは真相は?実在するのか

簡単に紹介した様に「コトリバコ」はおぞましい内容が具体的に語られるかなり怖い話です。そして、あまりにも有名な都市伝説ですが、この箱は本当に実在するのでしょうか?コトリバコの真相に迫ります。

コトリバコは実在する?発祥の地は島根県

コトリバコとは人気のある都市伝説で、現在までに様々に興味深い考察がなされています。そんな中に、コトリバコは実在し、発祥の地は島根県の山間にある集落ではないか?との説が存在します。

その根拠となっているのは、話の中に登場するコトリバコの作り方を集落に伝えた男というのが、島根県の隠岐の島で江戸期に起きた反乱の失敗で逃れてきた男であったという事だけの様です。

これだけでは、少し島根県という根拠としては弱いかと思います。島根県であれば犬神などの憑き物筋のイメージも強い地域ですが、この点は、呪いを使役して人を殺めるというイメージを連想しなくもありません。

コトリバコは隠岐騒動の後に庄屋を呪うために作られた

コトリバコとは、明治元年(1868年)隠岐の島の住人たちが起こした反乱「隠岐騒動」が鎮圧され、ある被差別集落に逃げてきた反乱の指導者の一人が、その住民達に作り方を教えた物だと言われています。

その被差別集落は、周囲の村落からの厳しい迫害を受けてきた地域で、その地に逃げてきたその男の事も最初は面倒ごとを増やさないために殺害しようとします。

しかし、その男は住民たちにある取引を持ちかけます。「もしも命を助けるなら、お前たちに差別に抵抗できる程の武器をやろう」というものです。そしてその武器というのがコトリバコだったのです。

その被差別集落の住民たちは、厳しい迫害に耐えかねていた事もあってその取引を飲みます。そして、周辺の村々の中で中心となって迫害を続けていた庄屋の家に製作したコトリバコを献上品と偽って贈ります。

その呪いの効果はてきめんで、庄屋の家の女子供は全て血反吐を吐いて死亡したのだそうです。そして、集落の住民たちはこれが自分達の作った呪いの箱の効果だと周辺の村々に宣言します。

そして、この呪いを振りまかれたくなければ、直ちに我々への干渉を止めろと脅迫したわけです。結果的に迫害はピタリと治まりました。集落はコトリバコを利用して差別から逃れられたという事でした。

コトリバコはゴイアニア被爆事故を創作したもの?

都市伝説コトリバコの話が実話かどうかの真相は不明ですが、この怖い話の元になったのは1987年にブラジルのゴイアニア市で発生した「ゴイアニア被曝事故」ではないかとの説があります。

ゴイアニア被曝事故とは、廃病院から盗み出された放射線療法用の危機から放射線源格納容器が盗み出され、それに接触した人々が次々に被曝し、4人が放射線障害で死亡したという事故でした。

確かにこの時盗み出された放射線格納容器はまさしく死をもたらす呪いの箱であり、コトリバコを彷彿とさせます。正体不明の箱によって次々と人々が体調不良に陥る様子は、本当に呪いの様に感じられたかも知れません。

ネットで生み出された説もある

都市伝説「コトリバコ」の真相としては、単にネット上で創作された怖い話であるという説も有力です。当時はオカルト板が人気を集めており、様々な創作された怖い話が投稿されていました。

コトリバコもその創作された怖い話の一つであって実在しないとの説が有力です。そもそも実在するならば歴史的に言い伝えや文献などに記録などが残っている可能性が高いはずですが、そうした物が一切ありません。

また、実話の怖い話として投稿されたものの、証拠となるコトリバコの画像なども添付されておらず、当然実物も確認されていません。あくまでも信ぴょう性の低い、都市伝説の類と言えるものなのです。

都市伝説と言われるコトリバコの歴史について

以上の理由で、都市伝説と言われるコトリバコですが、書き込まれた話の中ではその具体的な歴史的経緯も語られています。その歴史についても触れていきたいと思います。

はじまりは江戸時代や明治初期と言われている

コトリバコとは隠岐の島の反乱「隠岐騒動」から逃れてきた人物が伝えた呪物だと話の中では語られます。この事から、江戸時代から明治初期に存在した呪い方であるとされています。

ここにもう少し踏み込んで考察していきます。隠岐の島は当時政治犯などを島流しにする場所でした。政治犯という事で元々は武士や宗教勢力、貴族などの知識階層も島流しにあっていたはずです。

古い時代において呪い方というのは特定の階層のみが独占する情報でした。つまりその男が何らかの知識階層の出自と仮定するならば、もっと古くから伝えられてきた秘術である可能性が高いと考えられます。

すなわち、コトリバコとは、古い時代から特定の知識階層に伝えられ秘匿されてきた呪術が、その男によって被差別部落に伝えられて流出してしまった怖い話としても読む事ができます。

コトリバコは1860年代から13年製造されていたと言われている

コトリバコの話の中では、その被差別集落において1860年代頃から13年間にわたって作り続けられたと言われています。その作り方は後述しますが、それは人の命を使ったおぞましい作り方です。

そして、その恐ろしい呪いの力を持った箱が、13年にわたって16個作られたと語られています。また、作り方と呪い方を伝えた男は最初に作って見せた箱を持ってどこかへ立ち去っているのです。

11歳の少年が起こした悲劇

このコトリバコの製造が13年で終わった理由には、集落で起きたある悲劇がきっかけでした。コトリバコの外見はパズルのようになっており、小さな子供にとって面白い玩具のような形状でした。

その集落のとある11歳の少年が、コトリバコの保管場所に忍び込んで箱に興味を惹かれて持ち出してしまったのだそうです。少年はそれを家に持ち帰ってしまいました。

その日のうちに少年を含む少年の家族の女子供全員が悲惨な死に方をしました。これを見た集落の住民たちは、その箱の本当の恐ろしさを痛感し、ついに箱を処分する事を決めたという事でした。

コトリバコの作り方・呪い方

実在するのか真相は不明なコトリバコですが、その作り方や呪い方について、話の中で詳しく具体的に語られています。ここでは、その作り方や呪い方についても詳しく見ていきましょう。

コトリバコに入れる子供の年齢や部位

コトリバコの作り方はとても恐ろしいものです。まず特殊なパズル状に組み上げた木箱の中に雌の動物の血で満たしてから1週間待ち、血が乾き切らない内に一旦蓋をしておきます。

続いて、コトリバコの中に入れる物を作っていきます。その中身とは間引いた(口減らしの為に殺害した)子供の体の一部でした。そして、殺害された子供の年齢によって中に入れる部位は細かく決められていました。

生まれたばかりの赤ん坊は「へその緒」「第一関節くらいまでの人差し指の先」「ハラワタから絞った血」を入れます。7歳までの子供は「人差し指の先」「ハラワタから絞った血」

10歳までの子は「人差し指の先」だけを入れて箱に蓋をするのだそうです。この様にずいぶん具体的な方法が記されています。こうした具体的な内容が、もしかしたら実在するのではと感じさせる理由なのでしょう。

どうやって呪うのか

コトリバコの具体的な呪い方については、先ほどから触れている様に、その箱を近くに置いておくことだけです。その集落では最初に迫害の中心となっていた庄屋の家へとコトリバコを上納しています。

その結果、庄屋の家の女子供は苦しみ抜いて全身死亡したとされます。普通に推測すると、この呪いとは、箱の中に閉じ込められた間引かれた子供達の怨念がその根源となっていたと考えるのが自然かと思います。

呪いの段階はハッカイまでありハッカイはとても強力

コトリバコは、箱の中に入れられた子供の数で名前が変わり、1人だと「イッポウ」2人だと「ニホウ」3人で「サンポウ」4人で「シッポウ」5人で「ゴホウ」6人で「ロッポウ」7人で「チッポウ」という具合です。

そして、8人の子供の体を使ったものは「ハッカイ」と呼ばれ、作り方を教えた男はこの「ハッカイ」を自分が貰い受ける事を条件の一つとして上げていました。

そして、この「ハッカイ」だけはこれ以降は絶対に作るなと念を押したそうです。コトリバコは中の人数が大きいほどにその呪いの威力が高まるのだそうです。つまり「ハッカイ」は最強の呪いでした。

コトリバコの作り方を伝えた男は、この「ハッカイ」を持って行方をくらましたのだそうです。持っていた理由は不明で、他に女と子供を一人ずつくれとも言っていたそうです。一体どんな目的があったのでしょうか?

コトリバコの製作者は呪いが強力すぎて亡くなったと言われている

元の話では語られてませんが、コトリバコはその製作者の命をも奪ってしまうとの噂もある様です。それによるとハッカイは強力すぎて作っている最中に呪い殺されてしまうのだそうです。

その他の箱であっても、場合によっては作り終えた後に呪いが訪れると言われています。これは元の話には書かれておらず、この真相は、後に広まったガセネタでしょう。

コトリバコは女と子供にしか呪いを及ぼさないため、製作は必ず男性が行なっていたと思われます。女性が製作者であればどの箱であったもその呪いはその女性に降りかかったと思われます。

呪いは長いものだと140年以上も続くと言われている

コトリバコの呪いの効果は時とともに少しずつ減っていきますが、その呪いの効果はチッポウなどの強力なものでは140年以上も続くとされています。

コトリバコの話が語られたのは2005年なので、製作されたと言われる1860年代からはちょうど140年程経過しており、そのほとんどの箱は効力がだいぶ呪いの力を減退させていたのでしょう。

このために、話の中に登場する女性は大事に至らなかったと考えられます。2019年現在においてはコトリバコが実在したとしても既に呪いの効果は弱まり、全て神社の手で処分されているという事になります。

コトリバコが2006年に誰かが持ち出したと言われている

実は、このコトリバコに関して妙な噂が囁かれました。島根県の神社の倉庫が解体され、その中から出てきたコトリバコを何者かが持ち出しているというものでした。

あまりにも唐突な噂なので、おそらく最初の都市伝説に尾ひれがついたものだと思われますが、その箱の行方については誰も知らないという事でした。

とはいえ、このコトリバコが実在したとしても既に140年以上は経過しており、呪いの効果はなくなっている事になりますので、そこまで心配する必要はないと思われます。

コトリバコを見たら後悔するので要注意

あまりにもおぞましく、恐ろしい呪物であるコトリバコですが、一部オカルトマニアの間ではコトリバコを探そうとする動きも見られます。実際にコトリバコらしきものを見つけたとの報告もある様です。

しかし、ここまで見てきた様にコトリバコはただそこにあるだけで人に害を及ぼす非常に危険な代物であり、コトリバコと思しきものを目撃しただけで体調を崩した証言する人もいます。

何れにしても呪物と言われる物の中には本当に危険なものが混じっている場合もあるので、コトリバコをはじめ出来るだけそう言ったいわれのある物には近づかない方が良いでしょう。

現在も神社や古い建物にあると言われている

現在でも神社や古い家の蔵などからコトリバコと思しき箱が発見されたという書き込みがネット上で散見されます。ただし、いずれも写真などは添付されておらず、真偽のほどは不明です。

何にしても呪物であれば危険な代物である事は間違い無いので、妙なものを見つけてもあまり触れたりはしない方が良いでしょう。コトリバコでなくとも古い蔵からはそうした呪物が見つかる事は本当にあるのです。

コトリバコを目撃したら人が体調を崩した

また、神社などで実際にコトリバコらしきものを目撃したと報告した人の中には、その後に体調不良を起こしたと合わせて報告する人が大勢います。

それが本物のコトリバコかは不明ながら、少なくとも神社に置かれていて封じられていた、何かよく無いものであった可能性もあるでしょう。

とにかくコトリバコなどの呪物と言われるものは非常に危険なものである可能性もあるので、怪しいものにはできるだけ触れない様にしておきましょう。

コトリバコと類似したもの

コトリバコの呪いと類似した実在する呪法や伝承なども世界中に伝わっています。実在の伝承としては、東アジアでは蠱毒などがよく知られています。

また、全国的にもコトリバコと類似した呪いの箱の類も多く見られます。こうした呪物は中世以前の時代に中国大陸から伝わったと言われ記録なども残っており、都市伝説の類だとして一笑に伏す事はできません。

蠱毒

蠱毒は古代中国に伝わる呪術で、日本にも伝わっています。蠱毒の方法はムカデやヘビ、カエルなどの毒虫、100虫を壺や木箱など同じ容器内に入れて、殺し合わせ最後に生き残った虫を神として祀ります。

この最後に残った虫の毒は強力で、呪いの力を秘めているとされ、この毒を使われた者は大抵の場合1週間以内に死亡すると信じられていました。

また、その強力な力を使って、自分の願いを叶えたり、富を得たりする事も出来るとも信じられてきました。恨みや怒りを呪いや力に変えるという部分がコトリバコの話と非常に類似しています。

呪いの箱・畜生箱・たたり箱

コトリバコ以外にも箱の中に呪いを込めた呪物は多く伝わります。2018年にも、こういった呪いの箱に関する衝撃のニュースが伝っています。

2018年8月、アメリカの人気ラッパーポスト・マローンがプライベートジェットのトラブルによって緊急着陸したというニュースがありました。

さらにその後、愛車が大破する交通事故に巻き込まれる、自宅に強盗が入るなどの不幸が立て続けに続きました。なんとそれは、マローンが「呪いの箱」に接触した事が原因かも知れないと報じられたのです。

立て続けにトラブルに合う直前の2018年6月、アメリカの有名なゴーストハンターザック・バガンズのホーンテッドミュージアムを見学した際、そこに展示されていた曰く付きの呪いの箱に接触していたというのです。

この箱は、元々の所有者がこの箱が原因で不幸な出来事が続くことに悩み、オークションに出して手放したという過去を持つ箱で、マローンは何故か衝動的にこの箱に触れてしまったという事でした。

また、コトリバコとかなり類似した怖い話に「畜生箱」というものがあります。これはネット掲示板に書き込まれた話で、ある男性が子供の頃、母の実家のある長野の田舎にいった時の話だそうです。

彼は、近くの山の中で古びた祠を見つけ、その裏手に引き出しがついており、その中に小さな木箱を見つけます。箱はカラクリになっており簡単には開かない仕組みでしたが、親戚のお姉さんがそれを開けてしまいます。

中には干からびた指が入っており、それを開けた親戚のお姉さんは泡を吹いて倒れ、二日後に亡くなってしまったそうです。これはコトリバコそのものと言っても良い呪物です。

この「畜生箱」とは、書き込み主の祖父が語るところによると村に昔から伝わっていた呪物だそうで、全てお祓いして処分済みのはずでもう村には残っていないはずだという事でした。

この話が書き込まれたのは2006年11月で、コトリバコが初めてネットに書き込まれた1年後です。しかし書き込んだ主は「コトリバコ」の話は知らなかったのだそうです。

こうした小箱に人間の体の一部や血などを入れて作る呪物は、総称して「たたり箱」と言われ、日本全国に分布していたとされます。コトリバコもその中の一つである可能性が高いと言えそうです。

NEXT コトリバコを元にした作品