スーブー(小野美公)のダンスが凄い!恵比寿★マスカッツの面白い担当!

スーブーと呼ばれているタレントで、小野美公さんという方がいます。スーブーはAV女優やモデル等で構成されたグループ「恵比寿★マスカッツ」でタレントとして活躍してきました。キャラの面白さや、特技のダンスの腕前で人気を集めたスーブーの情報をまとめました。

第二世代「恵比寿★マスカッツ」のメンバーとして活躍するスーブーとは

恵比寿★マスカッツとはAV女優、タレント、モデル等の多種多様の職業で構成された女性アイドルグループの1つです。テレビ東京の深夜枠のバラエティ番組「おねがい!マスカット」で結成されました。

名前の由来は、総合演出を手がけるマッコイ斎藤を代表とした製作プロダクション「笑軍」の最寄駅が恵比寿駅だったため、恵比寿になっています。

マスカッツは、深夜をスカッとさせるというコンセプトでつけられた番組名のマスカットを複数形にしたもので、合わせて恵比寿★マスカッツと名づけられました。

スーブーのプロフィール

  • 別名義:小野美公(おのみく)
  • 生年月日:1990年3月20日
  • 現年齢:28歳(2019年2月現在)
  • 出身地:三重県
  • 血液型:A型
  • 趣味:テレビ、映画鑑賞
  • 特技:ダンス、バスケットボール、スポーツ系、場の雰囲気を和ませること
  • 公称サイズ(2016年時点)身長/体重164cm/64kg
  • スリーサイズ92-82-96cm
  • ジャンル:タレント
  • 所属グループ 恵比寿★マスカッツ(恵比寿マスカッツ)
  • 所属事務所:ライノプロダクション

それぞれかなり個性的で綺麗な人たちを集めて結成された恵比寿★マスカッツに、スーブーはダンスの腕とキャラクターが面白いという理由で採用されています。

AV女優が多い「恵比寿★マスカッツ」、スーブーはタレント

恵比寿★マスカッツの特徴として、メンバーの多くをAV女優としていて、グループのリーダーもAV女優が務めるという今までにないアイドルグループとして話題を呼びました。

恵比寿★マスカッツにはAV女優の他にも、モデルをやっている方などがいて、オーディションに受かった人たちで結成されています。スーブーもそのオーディションに応募し、採用されました。

スーブーはAV女優でもモデルでもなく、タレントとして採用され、グループ全員の中でも強烈な個性を放ち恵比寿★マスカッツを盛り上げるメンバーとして活躍してきました。

ダンサーとしても活躍

スーブーの経歴はジャニーズ事務所のSMAPやDCTentertainment所属のドリームズ・カム・トゥルー、LDH JAPAN所属のEXILEのバックダンサーを務めたという輝かしいものです。

スーブーはダンサーとして、かなりの腕前で体育大学の出身で、ニューヨークにダンス留学経験もあり、学生時代からその腕を磨いており、EXILEやドリカムのバックダンサーは在学中に努めたというから驚きです。

また、一緒にダンスのレッスンをしていた方がE-girls、GENERATIONSなどのグループとしてデビューしていることから相当レベルの高いレッスンをしてきた事が分かります。

借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」としても活躍

スーブーは恵比寿★マスカッツだけではなく、借金をしている女性限定という特徴をもつ女性ユニット、ザ・マーガリンズのメンバーとしても選ばれています。

2014年に総監督をマッコイ斉藤として結成されたこの特徴にインパクトのあるユニットは、借金をしているという事をはっきり言ってしまうという面白さから注目を集めました。

ザ・マーガリンズでもスーブーのキャラクター性とダンスの腕前の実力はいかんなく発揮されました。しかし野方区民ホールで行われたイベントで満席にすることが出来ず、ザ・マーガリンズは2016年に解散しました。

ニックネームどおり、いじられキャラのスーブーが面白いと人気

スーブーというニックネームは番組内でつけられました。何か変なのが混ざっているといった空気から始まり最終的にはスーブーというニックネームをつけられていました。

そこですでに決定しつつあったいじられキャラという立ち位置を、持ち前の愛嬌と返しの上手さで自分のものにし、その結果スーブー面白いとの声が多くあがり、人気が出ました。

他のメンバーは綺麗、可愛い等の声が多い中、スーブーには面白いや笑えるという声が多く、スーブーもその声に応えるように果敢に何でもチャレンジしています。

スーブーはインスタもツイッターもやっている

スーブーはタレントとしてインスタグラムやツイッターもやっています。よく他の芸能人の方と写っている画像を乗せている事から人間関係はかなり広いようです。

多数の人と一緒に撮っている集合写真を載せていることも多く、たくさん人がいてもスーブーは目立つのですぐ見つけられると好評です。あまりに簡単に見つけられるので、面白いとも言われています。

写真でも発揮される、どのようなメンツでも埋もれることのないスーブーの個性はタレントとしては非常に重要なものとなっています。

スーブーは現在、事務所に所属していない?

スーブーは2015年に恵比寿★マスカッツのメンバーに選ばれつつ、ダンスチームGETTIEZ(ゲッティ―ズ)にMikuとして所属し、ダンサー活動を行っていました。

しかし、2018年に行われた品川ステラボールでのライブ「冬の卒業式〜言っとくけど私たちず〜っとマスカッツ好きだからなSP〜」の後、恵比寿★マスカッツを卒業しています。

その後は、スーブーの公式ツイッターで所属事務所が決まるまで、ライノプロダクションに居させてもらっていますと報告があり、まだどこの事務所に所属するか決まっていないとのことです。

スーブーのダンスの実力は?

数々の有名グループのバックダンサーを務めたことや、スーブー本人もアイドルユニットのメンバーとして活躍してきたことから、そのダンスの実力は相当なものだと分かります。

ダンスだけではなく、特技にバスケットボールやスポーツ系と言っているだけあり、身体能力や運動神経はかなりのレベルです。

他の特技に場の雰囲気を和ませること、とありコミュニケーション能力も高いようで、実際にそれは番組内のやり取り等でその能力の高さが伺えます。

スーブーのダンスの動画はあるの?

スーブーはツイッターで、実際にダンスを踊っている動画を上げていることがあり、その実力の高さやいじられキャラ以外のスーブーの姿が見れることから高評価を得ています。

また、YouTubeでダンスチームGETTIEZでのダンス動画はすでにあるのですが、スーブーチャンネルを作って動画を上げてくれという声も多く上がっています。

恵比寿★マスカッツでスーブーを知った人は、キレのあるカッコいいダンスを踊るスーブーを見て、そのギャップでさらにスーブーファンになってしまうようです。

以前はダンススクールの先生だった

スーブーは自分が踊るだけではなく、2017年までは子ども達にダンスを教える先生としても活動していました。指導する側の経験もあるスーブーは教えるのも上手く、所属してきたグループでも頼れる存在でした。

自身が教えるレッスンの終了時には、レッスンが終わってしまう寂しさや教えた子たちのこれからを期待しているという事をいっており、ダンスへの情熱が伝わります。

愛嬌とコミュニケーション能力の高さから誰とでも気軽に話せるというところと、真面目に取り組む姿勢もスーブーの頼りになるところなのでしょう。

他の方はこちらの記事も読んでいます。

スーブーが過酷ダイエットで痩せた?

スーブーは2016年の恵比寿★マスカッツが活躍する番組「マスカッドナイト」で番組MCを務める、プロダクション人力舎のお笑い芸人おぎやはぎに急遽ダイエット企画への挑戦が告げられました。

このダイエット企画ではデビュー時より巨大化している人がいると言われ、スーブーと同じ恵比寿★マスカッツに所属していたAV女優の彩乃ななが挑戦することになったのです。

ダイエット企画ではスーブーと彩乃ななの2人が、痩せてレーキー(綺麗)になる、という目標のもとに進められていきました。

ゲテモノ料理ダイエットに挑戦したスーブー

ダイエット企画では彩乃ななはスイカダイエット、スーブーはなんとゲテモノダイエットという過酷な内容のものでした。ゲテモノといっても多種多様ですが、この時のスーブーは昆虫でした。

企画挑戦から1ヶ月後の放送で、2人のその1ヶ月の間の食生活が放送されました。ゲテモノ料理という過酷な食事の内容にスタジオや視聴者からは悲鳴が上がりました。

しかし強靭な精神力とエンターテイナーの心をもつスーブーはゲテモノダイエット企画をしっかり続けており、その見事な姿に称賛の声も上がり、さらに人気を高めました。

痩せたのになかったことにされるスーブー

しっかり企画をやりとげ、ダイエットに成功したスーブーですが、いじられキャラという立ち位置ゆえか、いまいち変化がわからないし、太っていた方が可愛いということで企画をなかったことにされました。

痩せてレーキーになる企画だったのですが、メイクが違うからわかりにくい等の突っ込みの後、スーブーは痩せてもレーキーにならないし、逆に太ってる方が愛嬌があるから太れ、と言われています。

企画どおりにやりとげた後でダイエットに成功したため、このやり取りは成立し、非常に面白かったとスーブーの評価はさらに高く上がりました。ちなみに彩乃ななは逆に太りました。

スーブーが通っていた大学や現在の彼氏は?

スーブーは自身のインスタグラムやツイッターで自分の情報を特に隠すことなく発信しています。これはファンにとっては嬉しい配慮で、多くの応援メッセージやコメントが寄せられています。

このような裏表のない開放的なところもまたスーブーの魅力で、信頼性を高め好感度を上げる要素の1つとなっています。

スーブーは大阪体育大学の卒業生

スーブーは大阪府にある大阪体育大学出身であることを自身のツイッターなどで公表しています。在学中にEXILEやドリカムのバックダンサーを経験しているということで、ダンスの腕はすでにプロ級です。

ダンスは幼少時代にミュージカルを見たことをきっかけに始めたそうで、それからずっとダンスをやっているとのことで、経験はかなり長いものとなっています。

また、後にスーブーが所属する借金返済ユニット、ザ・マーガリンズにはこの大学時代の報奨金400万の借金を返済するということをきっかけに応募しています。

現在は彼氏はいない?

スーブーは2016年にインスタグラムで7年も彼氏おらんし、という発言をしていて、1990年生まれのスーブーは19歳の時から彼氏はいないということになります。

2019年現在もスーブーに彼氏ができたということを、インスタグラムやツイッターなどで報告されていないため、彼氏はいないと言われています。

作ろうと思えばできそうですが、いじられキャラとしてのキャラクター性を通していることと、ダンス活動での忙しさからか、恋愛関係にはあまり熱心ではないようです。

ゲテモノ料理は痩せる?

マスカットナイトでゲテモノダイエットに挑戦したスーブーは、見事にダイエットに成功し反響を呼びましたが、ゲテモノ料理はダイエットに向いているのでしょうか。

ゲテモノ料理と言っても、普段食べているものでありえない組み合わせをしたものゲテモノ料理と読んだり、普段は食べないものを料理したゲテモノ料理があります。

今回はスーブーもチャレンジしていた、日本ではあまり食べられることのない、昆虫などを料理したゲテモノ料理がダイエットに向いているかどうかについてです。

日本でも食べられている昆虫とは

日本でも地域によっては昆虫料理というのは存在します。その中でもメディアでも取り上げられたりと、ある程度馴染みのあるものはイナゴの佃煮や蜂の子でしょう。

イナゴは農作物を荒らす昆虫とされていますが、同時に野菜や作物が取れない時の貴重な栄養として、昔から食べられてきました。畑を荒らすイナゴを捕獲し被害を減らし、さらにそのまま食料とする合理的な方法です。

蜂の子は塩焼きにしたり砂糖と醤油で甘露煮として食べられ、また、成虫も佃煮として食べられたり、油で揚げて食べられています。主に蜂蜜のとれないスズメバチ科の蜂を食用として使っています。

昆虫の栄養素とは

番組内ではスーブーのダイエット企画に使われたため、その栄養素は低いものかと思われていましたが、実は昆虫食の栄養はかなり高めで、ダイエットにはあまり向いていないと言えます。

基本的に半分以上の栄養素はタンパク質となっていて、それに加えミネラルやビタミンも豊富に含んでおり、完全食品と呼ばれるほど栄養価の高いものとなっています。

また、昆虫は体が小さい分1匹を丸ごと食べれて、体を構成する色々な栄養素を簡単に取れるため、とても栄養効率のいい食材として扱われています。そのため世界からも注目を浴びています。

ダイエット目的には向いていない?

結論から言うと、日本でゲテモノ料理と言われている昆虫食は、その栄養素の高さからダイエットにはあまり向いていないと言えず、むしろ簡単に高い栄養素をとれるものとされています。

スーブーがゲテモノダイエット企画で痩せた理由も、痩せようという意識からくる食事への節制と、ダンサーという普段から激しい運動によるものでしょう。

ただ、完全に向いていないとは言えず、普段から日本では食されていないため、見た目などによって起こる食欲減退などでダイエット効果に結びつく可能性はあるかもしれません。

ダンスも出来るタレントとは

スーブーはダンスだけではなく、面白さも兼ね備えていることで、恵比寿★マスカッツの中でもひと際目立ち、その人気を確固たるものとしていました。

特にテレビでは見た目や言動だけではなく、動きもかなり重要になってくるので、ダンスを踊れるというのは、人気を得るための大事な要素の1つとなります。

ダンスの出来る人は体を使っての表現力の高さや、よく動くことによって視覚的にも面白いものがあります。ダンスの腕前だけではなく、面白さも兼ね備えた人はどのような人がいるのでしょうか。

踊れるお笑い芸人

面白さを兼ね備えた、となるとお笑い芸人が強く、特に有名なのは吉本興業所属でお笑いコンビ・ナインティナインのボケを務める、岡村隆史です。

中学時代から始めたというダンスの腕前は、数多くの人がいる芸能界でも相当なレベルの高さで、スーブーもバックダンサーを務めた事があるEXILEとコラボ企画をやっています。

その時は、フジテレビ系列で岡村隆史がキャプテンを務めていた「めちゃ×2イケてるッ!」の企画でEXILEとコラボレーションし、見事な腕前を見せており、ライブも3回行っています。

踊れる俳優

有名な俳優で、踊れてしかも面白いとなるとかなり少なくなってくるのですが、その条件を見事に満たしているのが芸能事務のキューブに所属している加藤諒です。

加藤諒もスーブーと同じく、学生時代にダンスの為にニューヨークに留学していて、ダンスはキレッキレで見た人を驚かせました。大勢のプロダンサーに混ざりゲストダンサーとして踊ったりとダンスの活動もしています。

見た目のインパクトもさることながら、オネエのようなキャラクターや、いじられても笑顔を絶やさない人柄で好感度も高く、面白いと人気のある俳優です。

ダンサーやタレントとして活躍はあるのか

現在スーブーは、恵比寿★マスカッツも卒業し、アイドルユニットやグループには属さず、テレビなどのメディア露出もなく、タレント活動をやめてしまったのかとも思われています。

しかしスーブー本人のインスタグラムやツイッターで、仕事はメールやDMでお願いしますと乗っけていたり、番組に出るために意欲的に活動しています。

まだまだメディアで頑張っていこうという気持ちを感じられますので、ダンサーとしてもタレントとしても活躍するスーブーを期待して、応援していきましょう。

ダンスに関する記事はこちら