クールスモーキングとは?タバコの正しく美味しい吸い方について ライフ

クールスモーキングとは?タバコの正しく美味しい吸い方について

「クールスモーキング」とはタバコを出来るだけゆっくり吸い、煙が出ないようにする吸い方を指します。「クールスモーキング」はタバコの燃焼温度を低く抑え本来の味と香りを楽しむ方法です。アイコスでも行えるこの吸い方のメリットをまとめてみます。

目次

[表示]

タバコを美味しくさせる吸い方「クールスモ―キング」とは

クールスモーキングとはゆっくりと時間をかけて吸うタバコの楽しみ方です。ゆっくり吸うことで燃焼温度を下げ、タバコの本来の豊かな香り・味わい深さを味わえるようになります。

それに伴って煙の温度も低く抑えられるので、あまり多く煙が出ないようにもなります。時間をかけた吸い方をしますので、1本当りの時間が増えてその結果本数が減らせるメリットもあります。

クールスモーキングの意味

ここでいう「クール」とは冷たいとの意味ではなく「温度を低く抑える」という意味が大きいです。「カッコいい」もクールと表現しますが、クールスモーキングは見た目にカッコいいと言えないかもしれません。

どうせ吸うならおいしく味わいたい、という願望を満たすために科学的な根拠に基づいて行う方法がクールスモーキングです。結果として、煙があまり出ない傾向が強くなります。

クールスモーキングを行えばタバコ本来の風味を味わえる

ではなぜクールスモーキングを行うと、タバコ本来の風味が味わえるのでしょうか?ごく普通のスモーカーは、肺まで煙を吸引してニコチンの効能を味わうことを先決とします。

これに対しクールスモーキングは「ふかしタバコ」の吸い方です。口腔内で煙を味わう、ということになります。当然口の中での煙の滞在時間が圧倒的に長くなりますからその銘柄ならではの味がわかります。

本来パイプや葉巻などでは「ふかし」が基本であり、味わうという意味では普通のタバコ・シガレットでもこの基本は同じです。

クールスモーキングの吸い方

クールスモーキングの吸い方は、ヘビースモーカーには物足りないものだと思われます。平均的に喫煙者の多くが、1日に1箱という報告もあるように時間の隙間を狙って喫煙することは普通です。

つまり「肺喫煙」から「口腔喫煙」に切り替えることが、クールスモーキングの神髄なのです。肺喫煙に慣れてしまっている喫煙者は、ある程度の努力と意識が必要になってきます。

下準備

まずは自分の好きな銘柄から始めることで、口腔喫煙の味わいを知ることが大切です。クールスモーキングの本当の良さを知るには、タール10以上でかつ「両切りタバコ」が向いているようです。

これはフィルターを通した喫煙ですと、そもそもの味が薄まっているので実感に乏しいからです。最初からいきなり両切りの強いタバコ、というのは敷居が高いので、徐々に変えてみるといいでしょう。

着火の仕方とくわえ方

着火の際には火をタバコに触れさせることなく、少し遠ざけて軽く吸う力でじわーっと煙が出るようにします。これによって初動の一服での燃焼温度を、最も低く抑えることができます。

くわえ方は深くくわえないように注意します。深くすると吸引する力がかかって、燃焼温度を上げる原因になるからです。両切りタバコではさらに注意深く、唇で濡らさないように浅めにくわえます。

息を使わないで弱く、ゆっくり、少しずつ吸う

pixel2013 / Pixabay

呼吸と同じ程度かそれ以下の弱さでゆっくり吸うことが肝要。先端が約0.5mmほど赤く燃えたら口から離します。少し強い味にしたければ、もう少し吸ってもいいですが1mmを超えない程度に。

これは火種を小さく保ち、燃焼温度を低く抑えるためです。1回あたり吸う時間は、1秒未満が目安。長々と吸うと台無しなので「ゆっくり少しずつ」が大事なコツです。

熱々のスープを飲む要領でやる

熱々のスープやコーヒーは、一気にすすったら口や舌が火傷しますよね?ですから感覚としては、熱々を少しづつ口にする要領を意識するといいようです。

そして吸った煙はすぐに吐き出さず、口の中に留めて舌の上を転がすように味わうといいでしょう。溜めた煙は口を閉じ気味で、優しく外に出す感覚で吐き出すと味わいが深くなります。

上手く吸えると煙に甘味を感じる

Free-Photos / Pixabay

そのようにして着火から吸引、そして溜めて吐き出す一連の流れを物凄くスローに行えると「甘み」すら感じることができます。甘さと共に、銘柄特有の味わいを感じられるようになります。

そう難しいことは考えずに、これらのコツだけ意識して美味しく感じたときの要領を反復すれば必ずマスターできます。できればきっとクールスモーキングが好きになるでしょう。

煙が出ないのはクールスモーキングの正しい吸い方だから

ほとんど煙が出ないようならうまくいっている証。タバコを激しく燃焼させていないから副流煙も少なくなります。但しこの領域に到達するには、ゆっくり時間をかけて吸わないと実現しません。

肺喫煙の吸い方ならば、どうやっても煙は多く出ます。ニコチンを摂取するだけの目的で吸っているうちは、クールスモーキングまでは遠いです。口腔内喫煙が最大の基本なのです。

甘みを感じれない場合は「ふかし」ができていないから

タバコは嗜好品ですから好きに吸えばいいのですが、クールスモーキングを目指すならば「ふかし」は絶対条件です。ここをスルーして「甘み」を含む深い味わいはないでしょう。

まずはタバコデビューの頃の感覚や、パイプやキセルを楽しんでいるように吸ってみましょう。口腔内からも、ニコチンは微量ですが摂取できます。やってみて合わないと思ったらそれはそれ。

大切なことは、喫煙をするのであればクールスモーキングの吸い方も出来たほうがより良いということ。後述しますが「ふかし」で満足感が得られるようになればメリットが多くなるからです。

タバコは味と風味を楽しむか?ニコチンの「ヤニクラ」が欲しいのか?

maxknoxvill / Pixabay

そもそも人は、なぜタバコを吸い、その習慣から抜けにくいのでしょうか。喫煙常習者にとって、禁煙は地獄とも聞きます。つまりタバコには、一定の中毒性があることは間違いありません。

通常喫煙者は、タバコの煙に含まれるニコチンを摂取するためにタバコを吸い続けます。言い換えればこれは、「ニコチン中毒」ということなのです。

肺喫煙はニコチンの薬理作用でクラクラしたいから

Vitabello / Pixabay

煙草の吸い方は大別すれば、肺に吸引するケースと、ただ「ふかす」だけの2種の吸い方があります。いわゆるシガレットとしてのタバコでは、肺に吸引するケースが大多数でしょう。

ニコチンの作用によって、通称「ヤニクラ」と言われる軽い幻惑感を欲するのです。血中のニコチン濃度が下がると、次のタバコに手が出るのは、この中毒性によるものです。

この時タバコを「美味い」と感じるのは、実は味や風味でなく、ニコチンの満足度なのです。もちろんそれでも、好みの銘柄は人により異なりますが、選択の余地がなければ何でも吸うことでしょう。

クールスモーキングは葉巻・パイプ文化

fetcaldu / Pixabay

反面ここで論じているクールスモーキングは、葉巻やパイプ喫煙の文化と言えそうです。葉巻では専ら、その香りと味わいがメインであり、ふかす吸い方が主流となります。

ニコチンも当然含有しますが、葉巻・パイプはゆっくりくゆらせることが基本です。せわしなくタバコを吸い続けるより、豊かな時間を過ごす嗜みが得られるのがクールスモーキングです。

日本では一般的に、喫煙時に「ふかす」吸い方を、粋でなく幼く拙いものとする概念が根付いています。しかし「ふかし」こそが本当の味わいへの歩みだとする愛煙家も多いのは事実です。

吸いたい時に吸うのではなく決まった時間にタバコを吸うこと

「とりあえず一服」という時代は、もう過ぎ去ったと考える方が良い世相になったようです。分煙も進み、非喫煙者からは休憩時間の不平等を常に指摘されるようになりました。

もはやチェーンスモークが許される職業の方が少ないと言えるでしょう。決めた時間にのみ一服する姿勢は、周囲からの理解も得やすく、当人のメリハリにも繋がりリズムが整います。

喫煙場所が加速度をつけて減少する今、タバコの吸い方の理想も変化しました。クールスモーキングは、自分のためだけではないのかもしれません。

アイコス(IQOS)でもクールスモーキングは行える

最近は都市・地方の別なく禁煙エリアが劇的に拡大中です。その流れに沿うようにしてアイコスを筆頭とした電子タバコに移行する喫煙者が激増中です。アイコスもタバコ扱いですからそう滅多に吸えませんが。

しかし職場の禁煙ルールなどでは、電子タバコに限ってエリアを別にしてOKとかいうケースもあります。確かに出るのは煙ではなく「蒸気」ですから違いは顕著です。

家庭内でも基本「禁煙」を求められる方が、アイコスに限っては許可という例はよくあるようです。

アイコスはクールスモーキングが出来る人が移行しやすい

アイコスは全く火を点けないで、タバコの葉のカートリッジ(ヒートスティック)を300℃前後で加熱し蒸気を出しています。それを効率よく吸引して、従来のタバコと極めて近い感覚を得る装置です。

ポイントは「燃焼していないので煙が出ない」ところにあります。クールスモーキングも、できるだけ激しい燃焼を避けて味わうという点で共通項があります。吸う間隔がある程度空く面も似ています。

チェーンスモークの習慣があるようなヘビースモーカーだと、アイコスへの急な移行は難しいです。クールスモーキングができる喫煙者なら、アイコスでの「キック感不足」は低いハードルでしょう。

 

クールスモーキングができる人におすすめ!アイコスの購入はこちらから↓ ※楽天の商品紹介ページに飛びます

 

アイコスは最高温度がクールスモーキングに最も適した温度

紙巻タバコの先端の燃焼温度は900℃以上にも達するといわれています。クールスモーキングでは、この水準をずっと低く抑えて、煙もほぼ出ない状況に持って行くことが目標です。

アイコスは上述しましたが、加熱温度は300℃程度に抑えられています。クールスモーキングでも、緩やかな吸い方で近い温度を目指すのです。激しい燃焼がなければ煙も少なく味わいが深くなります。

そうした意味からも、電子タバコの種類の中では比較的「高温」な部類のアイコスはクールスモーキングの適温に最も近いといえます。

クールスモーキングを利用し6分吸える方法とは

ごく普通の喫煙の場合、1本にかかる時間はほぼ3分くらいが平均値でしょう。しかしアイコスであってもクールスモーキングを行うことで、その2倍の6分も吸える方法があるというのです。

まず前提として、iQOOSTで水蒸気のキック感(重み)が上がるようにしておくこと
そして普通に一吸い(一吸いしないと水蒸気が発生しないため
二吸い目からは、「吸わない」
「吸う」のではなく「くわえる」だけして、通常の呼吸で入ってくる水蒸気を待つ
そして7秒程くわえたらアイコスを口から離し、口から空気を吸い込む
ただこれだけ

2吸い目以降吸わないことによって、ホルダーに回数を認識させないことが叶みたいです
この方法を試して見たところ、見事に6分間吸い続け、延べ30吸いはできました
この方法のおかげて、今まで喫煙タイムで時間かけて2本吸っていたのが、1本6分間で満足できそうで、ヒートスティツクの消費量が半分になりそうです。

(引用:ブログ「或」)

クールスモーキングを行うメリット

クールスモーキングを実践することで、いくつかのメリットが享受できます。無論、禁煙してしまうことに勝るメリットはないのですが、嗜好品を楽しむ上では大事なポイントと言えるでしょう。

ゆっくり味わうことで節約になる

クールスモーキングの鉄則は、時間をかけてゆっくりが基本です。逆に言うなら思い付きで吸ってすぐ消す、というような吸い方ができません。

そうなると喫煙のための時間を、自分で考えて「割く」ようになります。このことで1本にかける時間が長くなるためコスパは上昇します。喫煙の間隔があけばあくほどタバコ代は節約になります。

無駄な喫煙が減る

上述にも連携しますが隙あらば一服という姿勢から、1本をどこまで長くゆっくり楽しめるかという意識へ移行します。そうなれば自然と本数は減ります。熟練すると一日に2~3本で済むようになるようです。

それまで惰性で吸っていた本数よりも、圧倒的に本数が減り全く無駄がなくなる効果が期待できます。これは金銭面でも時間の面でも、大きなメリットといえるでしょう。

禁煙にも効果あり

diema / Pixabay

禁煙となると、喫煙者にとっては一大事です。禁煙外来でチャンピックスという禁煙補助製剤の処方を受けて少しでも楽に禁煙する人は多いです。しかしクールスモーキングができればどうでしょう。

マスターした喫煙者ならば、1本当りの間隔が非常に長時間で耐えられるようになっています。我慢の仕方を心得ていますので、生活リズムそのものがタバコに支配されている人より遥かに有利です。

一念発起で禁煙して失敗を何度も繰り返すくらいなら、まずはクールスモーキングをマスターすることから始めても遅すぎることはないでしょう。

クールスモーキングのタバコの選び方は?

PeterFranz / Pixabay

これはすでにクールスモーキングをマスターした人が共通していうことですが「両切りで強めのタバコ」が適しているということです。最初は愛用銘柄でもいいのですが、最終的には両切りタバコでしょう。

初心者はタール10以下のたばこを色々試してみる

Myriams-Fotos / Pixabay

すでにタバコを愛用しているならば、お好みの銘柄がおそらくあるでしょう。まずはそのお好きな銘柄で、吸い方を変えていくようにすることでいいでしょう。

これはいきなり強めのタバコに変えて、肝心のクールスモーキングに全く近づけないことを回避するためです。一朝一夕で会得できるものでもないので、まずは吸いやすいものから。

クールスモーキングに本当に必要なもの

クールスモーキングで甘さ・風味・味わいを得るのに適したものは、フィルター無しの両切りたばこ、キセル、パイプ、葉巻だといわれます。フィルターの存在はタバコの味を薄くする効果があります。

ここであげたキセル、パイプ、葉巻は自宅でくつろいでいるときにしか使いにくいでしょう。ですから選択肢は、自ずと両切りタバコがピックアップされるでしょう。

NEXT:慣れてきたら缶ピースを試してみる
1/2