秋葉原通り魔事件・加藤智大の生い立ちや現在!母親の影響?弟は自殺?

2008年6月8日に発生した秋葉原通り魔事件は17人が襲われ、うち7人が死亡するという最悪な事件となりました。今回は死刑となった犯人・加藤智大の生い立ちや家族、自殺した弟についてまとめました。さらに犯人がネット上に投稿した「名言」についてもご紹介していきます。

加藤智大が起こした秋葉原通り魔事件とは

秋葉原通り魔事件とは、2008年6月8日に当時25歳の加藤智大が2トントラックで暴走して人を次々と撥ね、さらに持っていたダガーナイフで通行人を切りつけていった無差別殺傷事件のことです。

この事件で10人が重軽傷を負い、7人が死亡しています。過去30年に起こった通り魔事件で最も凶悪と言われていて、歩行者天国の一時中止や銃刀法の改正など大きな影響を与えました。

のちに、この事件の模倣犯だとされている「八王子通り魔事件」や「新幹線無差別殺傷事件」が起こってしまいます。今回はそんな秋葉原通り魔事件について、犯人の生い立ちや家族、名言などについてご説明します。

秋葉原通り魔事件の概要

この事件は人口密集地だった秋葉原で発生したため目撃者は多かったですが、その多くはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされているといいます。

そんな凄惨な秋葉原通り魔事件ですが、短時間に17人もの人が死傷したという凶悪性と、犯人である加藤智大の壮絶な生い立ちが話題となりました。ではまず、事件の詳しい概要や経緯についてみていきましょう。

2008年6月8日、加藤智大が運転する2トントラックが交差点に侵入

2008年6月8日の午後12時半過ぎ、東京都千代田区外神田(通称「秋葉原」)で、2トントラックが赤信号を無視して交差点内に侵入するという事態が発生しました。

青信号の横断歩道を渡っていた5人の歩行者を撥ねたため、交通事故だと思った周囲の人々はすぐさま撥ねられた人の救護に駆け付けました。この時、トラックがブレーキをかけた様子は一切なかったといいます。

タクシーと接触して停車後、加藤智大はダガーで殺傷

2トントラックは当時のソフマップ本店脇にて近くにあったタクシーとぶつかって停車しましたが、運転席から降りてきた犯人・加藤智大は持っていたダガーナイフで、救護に駆け付けた人を次々と襲いました。

目撃者の証言によると、雑踏の中で「刃物を持っている!」「逃げろ!」という叫び声が聞こえるとともに、多くの人が一斉に逃げ出したとされています。加藤智大は、必死に逃げ惑う人々を追いかけ回しました。

加藤智大は通行人を刺しながら逃走も路地で現行犯逮捕

その後加藤智大は奇声をあげながら12人を切りつけました。警察官、学生、会社員などが次々と刺され、あたりは血の海だったといいます。

駆け付けた秋葉原交番の警察官も防護服を切られるなどしたため、警棒で応戦しました。その警棒は加藤智大の側頭部に当たり、出血していたのが当時の写真からも分かります。

その後警察官は拳銃を取り出して「武器を捨てないと発砲する」と威嚇し、犯人の加藤智大を当時のサトームセン本店前にて現行犯逮捕しました。この時には非番の蔵前警察署の警察官も駆け付けていました。

NEXT 被害者17名うち死亡は7名