女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

geisha 949978 1280 - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

江戸時代の遊郭にあった妓楼「女郎屋」は女郎を住まわせて客を取る商売をする見世屋を指す言葉です。今回はその詳しい意味や現在までの歴史、女郎達の生活や悲劇的な末路、華やかでも物悲しい女郎の世界が題材とされる映画や小説作品の紹介など、様々な観点からまとめています。

昔あったと言われている女郎屋とは?

?size=m - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も
instagram logo - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

江戸時代をテーマにした映画やドラマ、漫画や小説などによく登場する言葉「女郎屋」の意味をご存知でしょうか?

女郎屋とは現在でいえば風俗店の様なもので、女郎と呼ばれる女性達を住まわせ、客を取らせる商売をする家の事を指しています。

女郎屋とはどういう意味?女郎とは何?

?size=m - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も
instagram logo - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

女郎の意味は、現在でいう売春婦、娼婦の意味でさらに古くは、遊女とも呼ばれていました。幼い頃に貧しい村落から売られてきた者や女郎屋で生まれ育ってそのまま女郎となった者など様々な事情を持つ女性がいました。

女郎屋の意味とは女郎達を抱え、客の相手をさせ遊ばせる事を商う家の事で、妓楼や遊郭とも呼ばれていました。映画のタイトルになるなど現在でもよく知られている遊郭「吉原」も女郎屋の一つだと言えます。

女郎屋のサービス内容は?どんな人が働いていたのか

?size=m - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も
instagram logo - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

女郎屋は現在でいう風俗店の様なサービスである事に触れましたが、江戸時代当時の女郎屋のサービス内容や働いていた人達などについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

女郎屋とは現在で言うとどんなサービスだったのか

?size=m - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も
instagram logo - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

現在の風俗でもお店に女性を置いて、来店する客の相手をさせるタイプや女性を客が指定する場所へと派遣するタイプ、風俗店ではないお店に見せかけた裏風俗など様々な形態が存在します。

江戸時代の遊郭である女郎屋にも同じ様に様々な形態があり、幕府の公認を受けた吉原の様な高級遊郭から風呂屋のフリをしてこっそり性的なサービスを行う隠れ女郎屋まで、様々なものがあった様です。

形態によってサービスも様々で、客が座敷でお目当の女郎と宴会をし、その後一晩を共にするといった大規模で高級な女郎屋から、低価格で特定のサービスのみを提供する小さな女郎小屋まで幅広いものでした。

妓楼の主人は楼主と呼ばれていた

?size=m - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も
instagram logo - 女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

女郎屋は「妓楼」とも呼ばれ、その主人は楼主と呼ばれていました。妓楼の奥には楼主がいる「内証」と呼ばれる事務所の様な場所があり、そこで妓楼の経営を行いました。

ほとんどの場合、妓楼は楼主とその妻による家族経営で営まれており、家族と共に妓楼の中で生活し、奥には楼主とその家族の生活スペースがあったのだそうです。

また、楼主には「忘八(ぼうはち)」という異称がありました。これは人間の八つの徳を忘れ、人間性を失った者という意味で、妓楼の経営は情にほだされていては出来ない厳しい商売であった事が伺われます。

NEXT 遣り手ばばあの由来となった「遣り手」