女郎屋とは?値段や働いていた人は?現在はあるの?モデルにした映画も

江戸時代の遊郭にあった妓楼「女郎屋」は女郎を住まわせて客を取る商売をする見世屋を指す言葉です。今回はその詳しい意味や現在までの歴史、女郎達の生活や悲劇的な末路、華やかでも物悲しい女郎の世界が題材とされる映画や小説作品の紹介など、様々な観点からまとめています。

昔あったと言われている女郎屋とは?

江戸時代をテーマにした映画やドラマ、漫画や小説などによく登場する言葉「女郎屋」の意味をご存知でしょうか?

女郎屋とは現在でいえば風俗店の様なもので、女郎と呼ばれる女性達を住まわせ、客を取らせる商売をする家の事を指しています。

女郎屋とはどういう意味?女郎とは何?

女郎の意味は、現在でいう売春婦、娼婦の意味でさらに古くは、遊女とも呼ばれていました。幼い頃に貧しい村落から売られてきた者や女郎屋で生まれ育ってそのまま女郎となった者など様々な事情を持つ女性がいました。

女郎屋の意味とは女郎達を抱え、客の相手をさせ遊ばせる事を商う家の事で、妓楼や遊郭とも呼ばれていました。映画のタイトルになるなど現在でもよく知られている遊郭「吉原」も女郎屋の一つだと言えます。

女郎屋のサービス内容は?どんな人が働いていたのか

女郎屋は現在でいう風俗店の様なサービスである事に触れましたが、江戸時代当時の女郎屋のサービス内容や働いていた人達などについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

女郎屋とは現在で言うとどんなサービスだったのか

現在の風俗でもお店に女性を置いて、来店する客の相手をさせるタイプや女性を客が指定する場所へと派遣するタイプ、風俗店ではないお店に見せかけた裏風俗など様々な形態が存在します。

江戸時代の遊郭である女郎屋にも同じ様に様々な形態があり、幕府の公認を受けた吉原の様な高級遊郭から風呂屋のフリをしてこっそり性的なサービスを行う隠れ女郎屋まで、様々なものがあった様です。

形態によってサービスも様々で、客が座敷でお目当の女郎と宴会をし、その後一晩を共にするといった大規模で高級な女郎屋から、低価格で特定のサービスのみを提供する小さな女郎小屋まで幅広いものでした。

妓楼の主人は楼主と呼ばれていた

女郎屋は「妓楼」とも呼ばれ、その主人は楼主と呼ばれていました。妓楼の奥には楼主がいる「内証」と呼ばれる事務所の様な場所があり、そこで妓楼の経営を行いました。

ほとんどの場合、妓楼は楼主とその妻による家族経営で営まれており、家族と共に妓楼の中で生活し、奥には楼主とその家族の生活スペースがあったのだそうです。

また、楼主には「忘八(ぼうはち)」という異称がありました。これは人間の八つの徳を忘れ、人間性を失った者という意味で、妓楼の経営は情にほだされていては出来ない厳しい商売であった事が伺われます。

遣り手ばばあの由来となった「遣り手」

現在で「遣り手ばばあ」の意味は物事を巧く切り盛りする女性の事ですが。この言葉の由来となったのが、妓楼で女郎達の世話役や客の呼び込みなどをしていた「遣り手」と呼ばれる女性達でした。

「遣り手」は、元々は女郎として働いていた女性が、高齢となって客が付かなくなったり、買われてきた時の借金を返し終えたりして女郎としての現役を引退した後になるケースが多かった様です。

若い衆

「若い衆」とは(わかいし)と読み、妓楼で働く男性達を指す呼び名でした。他に「若い者」などとも呼ばれていた記録があります。ちなみに年齢が若くなくとも彼らは全て「若い衆」と呼ばれます。

その仕事は様々で、店の出入り口の台の上に座って呼び込みや見張りをする「牛太郎」見世全体を取り仕切る「番頭」客の履物を管理する「下駄番」客に女郎達を差配する「廻し方」などがありました。

雇い人

女郎屋、妓楼では、裏方に回って接客以外の雑用仕事をこなす人達をまとめて「雇い人」と呼びました。

その仕事は、客に出す料理や女郎達のまかないを調理する「料理番」風呂の管理を担当する「風呂番」夜中に妓楼内の見回り、灯の番などをする「寝ずの番」、女郎達の着物の繕いをする「お針子」など様々でした。

芸者・幇間

芸者とは座敷で、三味線や笛などで音楽を奏でる役目、幇間(ほうかん)とはそれに合わせて、座敷で客の機嫌を取るために芸などを披露する役割で、主に男性が務めました。俗称として「太鼓持ち」とも呼ばれます。

「幇間」の「幇」は助けるという意味を持ち「間」を助けるつまり、客と女郎との間を取り持ち助ける役割を指してこの呼び方になったと言われています。

女郎屋などで働く人はどのように避妊していたのか?

現在の風俗店などでは、コンドームなどの避妊具を使用しますが、かつての女郎屋の時代にも牛の腸や動物の皮などを加工したコンドームの原型とも言える避妊具がありました。

ただ、この避妊具などはあまり一般的ではなく、主に、上質紙を口で柔らかくしてペッサリーの様に使用したり、中で出さない様にするなどの方法で避妊をしていた様です。

ただし、どの方法も完全に避妊できるわけではなく、妊娠してしまう事もよくあった様です。そういった場合はホオズキの根や水銀などの劇薬を飲んで無理矢理に堕胎させたとの記録も残っています。

階級ごとに違う!女郎屋の値段はどれくらいだったのか

それでは、女郎屋で女郎を買うための値段はどれほどだったのでしょうか?当時女郎(遊女)には多くの階級がありました。その階級によって値段も上下にかなり大きな幅があったという記録が残ります。

最高ランクである「太夫」の場合、連れの妹分などを含めた宴会の飲食代、幇間や芸者への玉代、女郎屋への祝儀なども必要で、床入りまでに約50両、現在の値段にして約1000万円程が必要だったと言われています。

一方で「河岸見世」という格式が低い女郎屋は現在の価格にして約5000円程度で利用でき、高級遊郭の吉原でも中堅の「散茶」という階級の遊女であれば現在の値段で5万円程度とかなり幅広い値段設定でした。

女郎屋はどこにあった?女郎の歴史

続いては、女郎屋の歴史について見ていきましょう。女郎屋という名前が記録に現れる様になったのは江戸期の頃からでしたが、古来から、遊女と呼ばれる性をサービスとする女性は存在していました。

元々は芸能に従事する女性の意味だった

元々この「遊女」という呼称は、芸能関係の仕事に従事する女性を指した言葉であったと伝わります。

遊女達は神仏の伝播などを目的とした歌や踊りを生業として各地を漂白し、次第に生活のために各地で性を売る様にもなったと考えられています。

遊女は古代中国から存在している

中国最古の詩篇「詩経」に「遊女」という言葉が記載されています。ただし、ここでの遊女の意味は川べりで遊んでいる女、あるいは川の女神を指しているとされています。

古代中国においては遊女と同じ様な意味合いでは「妓女」という言葉を使います。また、「女郎」という言葉は古代中国では「若い女性」を指す言葉でした。

日本では万葉集に遊行女婦として登場している

日本での遊女の呼称は様々で、は古くは、7世紀後半に成立したと見られる日本最古の和歌集「万葉集」に「遊行女婦(うかれめ)」という呼び方で登場しています。

その他源氏物語、栄花物語、更級日記などでの呼び方

その以降、平安期に入ると「源氏物語」にて「あそび共の集いまいれるも」、「栄花物語」に「あそびども笠に月をいだし」、「更級日記」には「あそび三人」とあります。この「あそび」が「遊女」を指しています。

また、中世に入ると「傀儡女」、「白拍子」、「娼妓」、「傾城(けいせい)」「上﨟(じょうろう)」などの呼び方が見られる様になります。

1584年に大阪の道頓堀川付近に最初の遊廓が作られる

1584年、豊臣秀吉の大阪城築城開始に伴い、道頓堀付近に日本で最初の遊郭が作られたと伝わっています。ただし、1589年に秀吉が開いたとされる京都柳町遊郭が歴史上初めての遊郭との説もあります。

その後京都、長崎に作られ、移転などが行われる

それ以降も日本各地に遊郭は作られています。1589年には上でも紹介した京都柳町に作られ、これは後に移転を何度かし1640年に京都下京区の花街「島原遊郭」として成立しています。

また、1642年には長崎の「丸山遊郭」が成立、これは鎖国政策を続ける江戸において、外国人を対象とする唯一の遊郭で、ここの遊女達は、出島や唐人屋敷への出入りが許可されていました。

有名な吉原が出来たのは1612年

1612年、庄司甚右衛門という遊女屋の主人が幕府に遊郭設置を願い出たことが許可され、幕府公認の最初の遊郭「葭原」が江戸日本橋人形町付近に作られます。これが後に「吉原」の名で知られる様になります。

実は最近まであった!戦争後1956年に売春防止法により消えた

この様に女郎屋、遊郭はとても長い歴史を持っています。そして、意外な事に、かなり最近の現代まで遊郭は存在し続けていました。明治、大正と遊郭は形を変えながら存在し続けました。

太平洋戦争後、GHQ統治下に公娼廃止指令が出されますが、遊郭は「赤線」と名称を変えて存続します。遊郭が完全に消えたのは1956年に「売春防止法」が成立した事によってでした。

現在はソープランドなどに業務を変えている様子

しかし、現在でも東京「吉原」は日本一のソープランド街として当時の面影を残します。その他、日本全国各地で、当時の遊郭、色街はソープランドなどに業態を変える事で存続しているのです。

女郎はどのような人がなっていたのか

遊郭などの女郎屋で働く女郎達にはどの様な女性達がなっていたのでしょうか?自分の意思で女郎になる女性はほぼおらず、人身売買によって女郎屋に売られた女性がほとんどでした。

かわいそう?借金のカタなどでほとんどは妓楼に売られた女性の集まり

女郎屋で働く女性達のほとんどは、各地の貧しい村落や没落した武士の家などから借金のカタや生活難などを理由に、幼い頃に女郎屋に売られてきた女性達でした。

こうした女性達は多くの場合、幼い子供を親から買って遊郭に周旋する事を商売とする「女衒(ぜげん)」と呼ばれる仲介業者によって遊郭に売り渡されました。

現代の感覚からすると、非道な話だと感じますが、当時の価値観としては、どうせ満足に食べさせられず飢えさせるくらいなら、遊郭でしっかり食べさせてもらった方がマシという考え方があったのです。

年齢層と定年の年齢

女郎達は幼い頃(5歳から10歳前後)に遊郭に売られ、初潮を迎えると客を相手に働きはじめます。女郎達の定年は早く20代を過ぎると段々と需要が落ちていきます。

概ね28歳になると暇を出され、女郎屋を出て恋人の元へ行くか、年齢制限のない格の低い女郎屋へと移るか、または「遣り手」として女郎屋に残って働くかなど限られた選択肢から生きる道を選ぶしかありませんでした。

女郎の最も幸せな最後は身請けされること

そんな中で、女郎達にとって最も幸せな道だとされたのが、高級女郎となって富豪のお気に入りとなり、身請けされる事でした。お金持ちの下での幸せな人生が保証されるので、多くの女郎達にとっての目標でした。

病気で亡くなった人も多かった

しかし、多くの女郎達はこの様に、比較的に幸せな結末を迎える事は出来ませんでした。避妊や性病への意識が低かった当時、梅毒に感染し命を落とす女郎達が後を絶ちませんでした。

梅毒に感染すると次第に悪化して死に至りますが、潜伏期間があり、その間は何をしても良い期間として持て囃され人気が高まったと言います。しかし最後は病状が悪化し、客が付かなくなり女郎屋からも放り出されます。

あまりにも恐ろしい結末ですが、これが当時の女郎屋の現実とも言える光景でした。人権という概念がなかった時代、生きる力のない者は無慈悲に打ち捨てられてしまったのです。

女郎屋の一日

そんな女郎達の1日の流れについても紹介します。女郎屋では、午前6時頃に前日の客達が帰宅していきます。女郎達はすぐに身支度を開始し、次の客への準備を始めます。

午前8~10時頃には「雇い人」など男衆が前日の痕跡を消すための掃除を始めます。午前10時頃、女郎達は朝食を食べた後、昼見世に入り客が付くのを待ちます。

午後6時頃になると本格営業ともいうべき夜の見世が始まり客が付くのを待ちます。0時になると見世が終了しますが、客がついた女郎は翌朝まで客と過ごします。女郎達はこうした毎日を続けていたのです。

女郎と類似した言葉や女郎との違い

今回は女郎屋で働く遊女をさして大まかに女郎として紹介しましたが、厳密には遊女には様々な呼称があり、それぞれ少しずつニュアンスが異なります。代表的なものを紹介します。

花魁(おいらん)

花魁(おいらん)という言葉は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?花魁はは女郎の中でも上位の人気を持つ遊女で、教養も必要とされ、花魁の候補となると幼少時から様々な芸事を仕込まれました。

NEXT 遊女