恐怖の都市伝説ムラサキカガミって知ってる?伝説の背景や対処法は?

世には様々な都市伝説が存在します。それらは時代の変化と比例して様々な切り口から人の恐怖を煽ります。その中でもムラサキカガミは流行当時の子供たちを恐怖のどん底へと叩きこみました。本記事ではその対処法も合わせて、ムラサキカガミについて解説して参ります。

ムラサキカガミとは?

ムラサキカガミが流行当時恐れられたのは前述の通りです。それでは、そもそもムラサキカガミとはいかなる都市伝説なのでしょうか?本項では内容について詳しく解説していきます。

恐怖の都市伝説ムラサキカガミ(紫の鏡)とは

ムラサキカガミとは90年代に流行した都市伝説であり、ムラサキカガミと言う言葉を20歳まで覚えていたら死ぬ、不幸になる、呪われると言われており程度の差はあれど何かしらの不幸が訪れる事に違いはありません。

呼び方についてもムラサキカガミの他「紫の鏡」「パープルミラー」などのバリエーションがあり、これらは地方によって異なっています。

何故ムラサキカガミが不幸を呼ぶ存在となったのかについても、地方によって様々なバリエーションが存在しますが特に有名なものが以下で紹介する関西と関東のものとなります。

関西地方のムラサキカガミの都市伝説

関西地方に伝わるムラサキカガミの都市伝説は成人式を目前にして1人の女性Aが交通事故で亡くなった所からスタートします。彼女は紫色の手鏡がお気に入りでいつも持ち歩いており、成人式を楽しみにしていました。

共に火葬しようと両親は彼女の棺に手鏡を入れましたが、それを見て友人Bが鏡を持ち歩いていた事を馬鹿にします。その翌日、棺から手鏡が消え幾ら探しても出て来る事はなく、結果としてAはそのまま火葬されました。

そして、時は流れAが楽しみにしていた成人式当日、成人式に出掛けた筈のBの行方が分からなくなり、行方が分からなかったAのお気に入りの手鏡がBの部屋で発見されました。

関東地方のムラサキカガミの都市伝説

関東地方のものは入院中の19歳の少女が両親に貰った手鏡を紫に塗ってしまった事が発端です。後日それを後悔した少女は鏡を綺麗にしようと試みますが、いかなる手段を用いても鏡が綺麗になる事はありませんでした。

そして、その日を境に少女の容体は悪化。そのまま回復する事は無く、20歳の誕生日に亡くなってしまいました。少女は鏡の件を相当悔いていたようで、死の間際までうわ言のように紫の鏡と口にしていました。

関西関東何れにせよ紫の鏡と何かしら関連性をもった20歳目前の女性が亡くなり、彼女たちの抱いた無念が呪いとなって、20歳までこの言葉を覚えていた者に不幸や死をもたらすと言うのが共通しています。

ムラサキ色は死に対する恐怖から生まれた?

ムササキカガミは何故紫なのかですが、これにはハンセン病への偏見ゆえとの意見もあります。ハンセン病はかつて業病とされていた上、肌がただれて紫色に見えるとも言われていました。

そして、何より人間の持つ死への恐怖。この2つが合わさった結果ムラサキカガミの都市伝説が生まれたとも言われています。

ムラサキカガミには結婚できない説もある?!

ムラサキカガミの呪いがもたらす不幸や死。それもただ死ぬのではなく、鏡の破片が全身に突き刺さって死ぬと言う具体的な死因まで言及されている例もありますが、他にも具体的な不幸を示しているパターンもあります。

それが結婚できないであり、死ぬまで結婚できないと念押しされているパターンも存在しています。

合わせて読みたい都市伝説の記事はこちら

ムラサキカガミの呪いの対処法はある?

口裂け女にはポマード、べっこう飴など対処法が存在する都市伝説や怪談もあります。結論から言うと、ムラサキカガミにも対処法は存在しています。

ムラサキカガミの対処法は白い水晶?

ムラサキカガミに幾つかのバリエーションが存在するように、対処法についても幾つかのバリエーションが存在します。その1つが白い水晶です。

20歳になるまで白い水晶と覚えていれば、仮にムラサキカガミも覚えていたとしてもその呪いを打ち消してくれると言われています。

ピンクの鏡・金のじゃがいも

その他ピンクの鏡、金のじゃがいも、ホワイトパワーもムラサキカガミの呪いに打ち勝つ言葉であると言われています。

特にピンクの鏡と金のじゃがいもに至っては、逆に幸せになれるとも言われており、当時の子供たちはやっきになってこれらの言葉を覚えたようです。

ムラサキカガミの呪いは本当にあるの?

数ある都市伝説の中でもムラサキカガミは特に有名なものの1つです。では、ムラサキカガミの呪いは実在するのでしょうか?

ムラサキカガミの呪い検証

これだけ多くの人に周知されている都市伝説ですので、中には自身の20歳の誕生日に検証した方も居ます。検証の結果、その方の身には何も置きませんでした。

また別の方の報告となりますが、結婚できないと言う呪いについても以下のような書き込みが存在します。

大丈夫!
私の姉は紫鏡!
とか言いながら
20歳になりましたが
裕福な人と結婚して
子供3人いますよ!
気にしない!気にしない!

(引用 教えて!goo)

実際に呪われた人はいる?

上記のような報告も存在する通り、実際にムラサキカガミの呪いの被害に合われた方は居ないようです。

余談事ですが、ムラサキカガミの都市伝説に直撃の世代の1部では、20歳目前の年賀状に「ムラサキカガミ」や「紫の鏡」と書いて投函したと言う報告も存在していました。

ムラサキカガミの現代版?!紫の亀とは?

ムラサキカガミの歴史は古く、また多数のバリエーションが存在していますが、比較的最近になってその存在が確認された事例も存在します。本項ではムラサキカガミの亜種などについても解説していきます。

紫の亀とは?

前述のように、比較的最近になってその存在が確認されたのが紫の亀です。とは言え、内容自体はムラサキカガミと差異はなく、紫の亀と言う言葉を20歳まで覚えていたら死ぬというものです。

口頭でムラサキカガミないし紫の鏡が伝えられ、広まっていく内に鏡がなまって亀になったのではないかと予想されています。

人によって覚え方が違う?!

再三申し上げた通り、ムラサキカガミには地方によって違いがあり、多くのバリエーションが存在します。当然ながら、その関係上人によっては覚えている内容にも差異が生じます。

一定の年齢に至るまでに特定の単語を覚えていると何かしらよくない事が起きると言うのは共通していますが、不幸の内容や年齢についてが異なっている点にあたります。

聞くと呪われる言葉

ムラサキカガミに類似するものとして、血まみれコックさん、イルカ島、赤い沼などがあります。基本的なルールには、いずれもムラサキカガミと変わりはありません。

因みにイルカ島については15歳の誕生日までにイルカ島を覚えているの謎の男性から電話が掛かり、足がいるかと問われていらないと答えると足を取られてしまうとされます。

また15歳の時に正しい答えを選択し事なきを得ても、20歳の誕生日までイルカ島を覚えていると今度は問答無用で死んでしまうとも言われています。

ムラサキカガミが題材となった映画

トイレの花子さんしかり口裂け女しかり、有名な都市伝説は映画化される事が多々あります。当然と言うべきか、ムラサキカガミもその知名度故に映画化がなされてました。

ムラサキカガミ(2010年)

映画が公開されたのは2010年でした。主演はグラビアなどで活躍された紗綾さん。監督は三原光尋さんで、彼は吹石一恵さんが出演された「明日はきっと…」などでも知られる監督です。

本作は少々ルールが異なり、特定の年齢までにムラサキカガミを覚えていたら、ではなく特定に時間に特定の場所で紫の鏡と5回唱える事で焼けただれた少女の霊が現れるとなっています。

映画に対する世間の反応は?

映画に対する世間の反応ですが、あまり評価は高くないようです。

とは言え、比較対象が有名なJホラーであったり、映画自体が低予算であり、スプラッタシーンについては一定以上の評価が下されていたりと完全に酷評されているわけではありません。

紫に関連する都市伝説

色に纏わる都市伝説と言えば、赤マントや赤いちゃんちゃんこなどが存在します。それでは、ムラサキカガミと同じく紫に纏わる都市伝説は存在するのでしょうか?

紫ババア

紫に纏わる都市伝説と言えば、紫ババアがあげられます。紫ババアは全身紫色をしており、学校のトイレに現れると言われ、襲われた人間は肝臓を抜き取られてしまうと言われ、足を取られるパターンもあります。

紫ババアにも対処法は存在し、ムラサキと3回連続で唱えたり、紫のものを持ってムラサキと唱える事で撃退が可能だとされています。

ムラサキカガミについてのまとめ

ムラサキカガミについては以上です。恐怖を煽る都市伝説ではありますが、対処法がある分安心とも言えます。

しかし、都市伝説は日々生まれており、今後ムラサキカガミが更なる発展を遂げ我々を恐怖させるかもしれません。今後も都市伝説界の動きに注目しましょう。

都市伝説に関する記事はこちら