宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

073Kazuki17103 TP V4 - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

宇宙は果てしない大きさをもっています。では、この宇宙の外側には何があるのでしょうか?宇宙とはどのような形をしてどのような世界がひろがっているのでしょうか?いまだ解明されていないことが多い宇宙の神秘について詳しくまとめてみました。

宇宙の外ってどうなっているの?宇宙の果てには何があるの?

29e5f485b833fd4ce356444eb1bcfa8d 1024x576 - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

skeeze / Pixabay

宇宙というのは一般の人では見ることができません。宇宙に行ったことがある人は、ほんの一握りの人たちだけです。そのため、私たちには宇宙というのがどのようなものであるのかわかりません。

そもそも、宇宙とはどのような大きさなのでしょうか?宇宙の果てには何が広がっているのでしょうか?そして、宇宙の地図があるといいます。詳しく調べてみました。

宇宙の構造はどうなっているの?太陽系の外は銀河系、その外は?

48c42f44f968f5319fc1b44c138863c9 1024x341 - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

Comfreak / Pixabay

宇宙の構造とはどうなっているのでしょうか?地球にいる人たちからは見えない宇宙。その構造を詳しく自分の目で見ることはできません。宇宙に行った人でさえも、全貌は見えないのです。

この果てしない宇宙には、太陽系という地球や金星、火星などの馴染みのある星があります。この太陽系の周りに銀河が存在しています。この銀河の中心となるところは太陽系から果てしなく遠いのです。

銀河の中心までの距離はおよそ26,000光年というはるか遠くに存在しているのです。そして、その外側にはグレートウォールが広がっています。そして宇宙の端は約470億光年離れているそうです。

宇宙の地図が制作された?大きさは?地球から470億光年離れたところが縁?

?size=m - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ
instagram logo - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

しかし、宇宙というのは約470億光年の広さをした円となっているかといえば、そうではないのです。宇宙を表した地図が作成されたのです。この地図を見る限り、宇宙が円ではないことがわかります。

宇宙という範囲は、地球を中心と考えたときに半径470億光年の範囲と現在は、推測されているのです。今回、宇宙の地図ができたことによって、宇宙の端というところが見えてきました。

この地図ができたことにより宇宙の大きさが解明されたかと思いきやそうではなかったのです。

宇宙の外側の仮説①:宇宙は永遠に続いており外側はない

9bdfc394ba2679f2eff8cff123ba4d49 1024x642 - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

WikiImages / Pixabay

宇宙という謎の世界を想像したことがある人は多くいるでしょう。その宇宙の外側には一体、どのような世界が存在しているのでしょうか?様々な宇宙の外側の仮説を見ていきましょう。

まずは、宇宙の外側というものはないということです。宇宙は永遠に続いているもので、宇宙の外側というのは存在しないという説です。誰もが想像できることでしょう。

宇宙の外側は存在しないため、宇宙はどこまでも続いているとは少し怖いかもしれませんが、その方が宇宙の魅力も深まるのかもしれません。

宇宙の外側の仮説②:隣の宇宙がある

e8228b4f101e51bf9e78abee3bf4fb95 1024x540 - 宇宙の外はどうなっていて何があるの?大きさは?宇宙の謎まとめ

Comfreak / Pixabay

次の仮設は、宇宙もいくつか存在していて、我々がいる宇宙の葉足には壁があり、その壁の向こうには違う宇宙が存在しているという説です。

この考えはさらなる想像をかきたてられます。果てしない宇宙の隣にはさらなる宇宙が広がっていると考えると、とてつもない大きさな世界に飛び込んでいける気がしてわくわくします。

NEXT 宇宙の外側の仮説③:地球が球体で壁がないのと同じく、宇宙にも壁がない