湊伸治の現在の顔画像やムエタイ!両親が共産党!?<コンクリ事件>

すでに離婚

再犯し逮捕された時はアパートで一人暮らしをしていたと報じられています。このことから一度結婚はしたもののすでに離婚していると考えられます。湊伸治の娘は妻が養育していると見られています。

湊伸治の家族は、両親が共産党員で兄が1人

湊伸治の家族ですが、両親が共産党員だったことが有名です。そして湊伸治本人はもちろんのこと、両親の思想も危ういと言われてきました。

家族構成

父親の名前は湊靖人です。コンクリート事件は48歳でした。東京湾近くの隅田川沿い近辺、町工場がある一角の診療所で事務長を務めていました。

入院設備等はないものの7つもの診療科目がある大きな診療所だったと言われています。しかし育児には積極的に関わっておらず、仕事と酒を飲む毎日でした。

母親の名前は湊ます子です。コンクリート事件当時は47歳でした。父親と同じ診療所で働いていましたが、事件後は23年間勤務をし続けた診療所を辞めることとなっています。

湊伸治には兄もいました。名前は湊恒治、コンクリート事件当時は17歳です。事件の犯人の一人とは中学時代の同級生でした。

彼はコンクリート事件の一部始終をほとんど目撃しており、被害者の女子高生古田順子さんに食事を運んだこともあったのですが事件が発覚するまで口を閉ざしていました。

両親は共産党員だった

両親は共産党員の幹部でした。コンクリート事件では共産党と揉めるのを避けたかった警察が湊伸治の家になかなか踏み込めなかったと言われています。

事件が明るみになり警察が逮捕状を持って家宅捜索をしようとした際も弁護士を用意し立ち会いの元捜索が行われています。

事件後、両親は共産党から除名

事件後共産党は両親二人を除名、共産党とは一切関係がないことを発表しました。

しかし日本共産党機関紙しんぶん「赤旗」には「監禁と認識していなかった」「被害者は帰る気がなかった」など、湊伸治の母親の自己弁護のような記事を掲載していました。

これは共産党員だった二人への援護記事だったのではないかと言われています。

また、母親は古田順子さんのせいで息子の人生が台無しだと被害者の墓を破壊しようとしたという噂があります。

これらのことから殺人を犯した湊伸治だけでなく、その家族もおかしかったと現在でも指摘され続けているのです。

NEXT 「コンクリート事件」の犯行現場ともなった自宅の場所