湊伸治の現在の顔画像やムエタイ!両親が共産党!?<コンクリ事件>

女子高生コンクリート事件はあまりの凄惨さに日本中が震撼した衝撃的な事件でした。犯人グループの一人であり殺人犯でもある湊伸治は現在どのような生活をしているのでしょうか。結婚している、親が共産党員だという噂もありますが本当なのでしょうか。真相に迫りました。

あのコンクリート事件の犯人、湊伸治の現在は再犯

当時大々的の報じられ、その残酷さ誰もが驚いたであろう女子高生コンクリート事件は現在に至るまで語り継がれている有名な事件です。

事件の内容にはもちろん、加害者、被害者ともに未成年だった事実が同年代の子を持つ親にショックを与えました。そのコンクリート事件の犯人が現在、再犯を犯したと話題になっているのです。

埼玉県川口市にて殺人未遂で逮捕

2018年8月19日、埼玉県川口市で殺人未遂事件が起きました。容疑者の名前は湊伸治、45歳でした。

被害者は会社員の男性(32)です。男性が川口市内にあるアパートの前の駐車場に車を停車させた際、他の駐車スペースにいた湊伸治が近寄ってきました。

滅茶苦茶な言葉で言いがかりをつけられた男性が「なんだよ」と湊伸治に言うと、湊伸治は殴りかかってきたのです。4、5発殴られて男性の後輩が止めに入りました。

しかしさらに湊伸治はズボンから警棒を取り出し殴打、男性は肩を怪我します。男性は湊伸治の頭を腕で固め、首を締め上げました。そうして湊伸治がもがいているその隙に後輩が警棒を取り上げたのです。

会社員男性と後輩はいざこざは終わったと思いました。二人は車に乗り込んで発車させようとしましたが、湊伸治が運転席に飛び掛かってきました。

湊伸治は刃渡り8センチの折り畳みナイフで男性の首を切りつけてきたのです。

会社員の男性は致命傷を免れましたが出血多量でTシャツが赤く染まりました。その後、湊伸治は自宅いたところを殺人未遂の容疑で逮捕されています。

被害者の男性が事件当時のことを語る

被害者である会社員男性は湊伸治に因縁をつけられたと語っています。

「身長は160センチくらい。ガタイは良かった。面識はありません。何を言っているのかよく分からない、危ない雰囲気があった。シャブでもやっていそうな、オラついた感じ」

(引用:デイリー新潮)

運転席に飛び掛かった湊伸治が手にしていたのはナイフでした。

「一瞬の隙を突かれただけだったので深手を負わずにすみましたが、首の後ろから血がドボドボと溢れ出てきた」

(引用:デイリー新潮)

幸い致命傷には至りませんでしたが、けっして軽傷とは言えない傷を負うことになってしまいました。

首を切り付けられた時点で会社員男性は警察に通報しています。そして犯人の名前を知ったそうです。

「犯人の名前は刑事から教えてもらっていたので、スマホで調べたら『綾瀬コンクリ事件』の犯人だと分かって……。さすがにぞっとしました」

(引用:デイリー新潮)

NEXT 事件当時の近隣住民の目撃情報