湯女(ゆな)とはどういう意味?江戸時代の風呂事情の歴史

湯女という言葉を聞いたことはあるでしょうか?ほとんどの方はないと思います。あると答えた方は、そっちの方面に詳しい方です。今回はエロに深くかかわる湯女について調べました。湯女の発祥やそれにまつわる作品について触れ、お金について考察しました。

湯女(ゆな)とは?

湯女の発症は中世の有馬温泉で、お客様のお風呂の接待をする温泉に勤める女性のことです。具体的には垢すりや髪すきのお世話をしていました。

最近ではジブリ映画の「千と千尋の神隠し」が湯女を題材にしたとして話題に上がります。しかし、実態は江戸時代に入ったころから湯女による売春行為が頻発する暗い過去を持ちます。

湯女(ゆな)の意味は?どういう女性のこと?

湯女とは文字のごとく「湯」に勤める「女」です。発症は鎌倉時代の有馬温泉とされ、徐々にその存在が都市へ拡大しました。

始めは垢すりや髪すきといった基本的なサービスでしたが、都市へ湯女が移行するにつれサービスも過激なものになっていきました。

江戸時代の有馬温泉や温泉旅館に存在した湯女のサービス内容

江戸時代になると湯女のサービスは垢すりや髪すきだけにとどまらず、過激な内容になっていきます。夜が遅くなると派手な格好に身を包み三味線を弾き小歌を歌いました。

三味線や固歌を歌う意味とはなんであるかというと、客集めでした。自分を派手に見せて、アピールをしてこの後売春を行うことを目的としていました。

湯女の都市伝説「千と千尋の神隠し」の裏設定とは?

スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」は日本歴代興行収入1位であり、だれもが知る映画です。そんな「千と千尋の神隠し」と湯女が関係しているようです。

主人公の千尋が働いていた場所も温泉地であったり、仕事内容も湯女のそれと近いです。「千と千尋の神隠し」と湯女の関係は単なる都市伝説ではないようです。

都市伝説についての記事はこちら

スタジオジブリの名作の一つ「千と千尋の神隠し」とは

「線と千尋の神隠し」は宮崎駿監督のスタジオジブリ制作の長編アニメ映画です。主人公の千尋がひょんなことから神々の世界に迷い込んでしまう物語です。

千尋はその異世界で湯婆婆という支配者から千という名前を与えられ、温泉宿で働くこととなります。両親を魔法で豚にされてしまった千尋は両親を元に戻すために奮闘します。

最後には湯婆婆に認められ、両親の魔法を解いてもらい家族そろって元の世界に戻るという結末で終わります。

NEXT 主人公千尋は湯女として働いていた