大阪の住んではいけない地域はどこ?治安や部落などまとめ

大阪は観光も多く賑やかな街ですが、住んではいけない地域として知られている、あいりん地区と呼ばれる場所がある西成区やその他の地域についてまとめてみました。また、大阪の同和、部落地区についてや京都の住んではいけない地域についてもみていきましょう。

大阪の住んではいけない地域とは?地域の実名一覧

大阪の住んではいけない場所について、地区の実名とその理由をあげながらいくつかみていきたいと思います。

住んではいけない地域①:西成区(あいりん地区)

西成区は、もっとも住んではいけない地域と言われています。理由としてはとにかく治安が悪いそうです。特に治安が悪いとして知られているのは、あいりん地区と呼ばれる西成区の北部です。

西成区には路上生活者が多く居ますが、住所不定で日雇い労働者が特に多いあいりん地区は国勢調査でも人口統計が明確ではない可能性があるというほどです。

公園で頻繁に炊き出しが行われていますが、この時は列ができるほど路上生活をする人々が集まってくるそうです。さらに、暴力団事務所が一帯に多数あるようで、このことも治安の悪い原因として知られています。

近くに住む人の話では、ひったくりにあったり、知らない人に追いかけられたり、自動販売機の隙間におじさんがいたり、パトカーや救急車のサイレンが夜中に鳴りっぱなしだそうです。本当に治安が悪いのでしょう。

治安が悪いことで有名なだけに、西成区は他地域と比べると物価がとても低いようです。

住んではいけない地域②:浪速区

浪速区については、よく治安が悪いと言われていますが、エリアによって大きく変わってきます。浪速区の中でも治安が悪いのは、日本橋や恵美須町の新世界あたりになります。

治安が悪いといわれる日本橋、恵美須町の新世界あたりは、共通点として比較的にぎやかな場所になります。日本橋には西の秋葉原といわれるオタロードなどがあるので賑わっています。

恵美須町の新世界あたりは、国内外から多くの観光客が訪れるのでとてもにぎやかです。また、大国町は少しごちゃごちゃしており住みにくい場所もありますが、綺麗な住みやすい街へと変化していっています。

繁華街であるミナミの隣でにぎわっているイメージのある難波ですが、実際には治安が良く子育てファミリー世帯が多く、家賃相場も高くなっています。

さらに、桜川エリアも治安が良く住みやすい街となっています。

住んではいけない地域③:生野区

生野区は、一部のエリアの治安が悪いようです。その一部のエリアは犯罪発生率が高く、イメージが悪いようです。特に治安が悪いのは、鶴橋エリアです。絶対に住みたくない大阪環状線の街ランキングでは、1位です。

実際に2015年9月に起きた、ベトナム人男性が3人殺傷された通り魔事件が大きく影響しているようです。家賃が安く、利便性も高いことからコリアンタウンと呼ばれる場所には、ベトナム人が増えていったようです。

今里新地にはベトナム人による路上での喧嘩や大音量で音楽を流したりと迷惑行為も多く、マナーが悪いことから在日韓国人とのトラブルも多いようです。さらに、お年寄りも多く救急車のサイレンもよく鳴るそうです。

北巽駅あたりも治安が悪く、犯罪件数も多いようです。特に空き巣が多く、住んではいけない場所でしょう。街並みについても電柱や壁に落書きがあったりするようです。

反対に寺田町あたりは治安が良く、窃盗、盗難、ひったくりの犯罪がないようです。さらに心斎橋やなんば、天王寺へ自転車で行けるので利便性も高いです。

桃谷駅あたりも犯罪が少なく比較的治安がいいようで、商店街なども近く買い物などがしやすい環境です。

住んではいけない地域④:門真市

パナソニックの本社がある門真市ですが、こちらもエリアによって治安が分かれており、治安が最も悪いのは古川橋あたりといわれています。

古川橋駅周辺は空き地や狭い路地などが多く、街並みがあまり良くないようです。その狭い路地を自転車や歩行者が行き交うので危険だという声もあります。さらに、暴走族が居たり自転車の盗難などがあるようです。

反対に門真市駅あたりは治安が良く、大通り沿いには目立つ交番があり犯罪件数も少なく、街灯も多いようです。警察官がよくパトロールもしているようです。

住んではいけない地域⑤:東大阪市

東大阪市は、治安が悪く犯罪率は高いです。最も多い犯罪はひったくりで自転車に乗っていても歩いていても夜はひったくりにあう可能性があるようです。さらに街灯も少なく暗いようです。

そして、夜になるにつれて暴走族や騒音を出す車が多くなります。歩きたばこや路上でのスケボー、叫ぶ人も居たりと決して治安がいいとは言えません。交通マナーもあまり良くないようで、事故も多いようです。

夜は警察官がパトロールに回ったりと、改善されつつあるようですが、未だ治安は良くないようです。

住んではいけない地域⑥:岸和田市

岸和田市は、言葉が汚かったり、だんじり祭りで有名ですがだんじり祭りの時期になると死亡事故があったりするためイメージも悪いです。繁華街もあったりと犯罪率も高いようです。

夜になるとコンビニの前にはヤンキーが集まり、騒いだり車高が低くされた車がきちんと駐車していなかったりとマナー面が悪いようです。

街灯も少なく、路地裏からは喧嘩のような声が聞こえてきたり、昼であっても暴走族が多いようで治安が悪いと言われるのも納得できます。

住んではいけない地域⑦:大正区

大正区は、治安が良くないといわれている理由として、大正駅あたりでは痴漢やひったくりなどの犯罪が発生することがあるようです。夜は、街灯が少ないため暗いので女性やお年寄りの方は気をつける必要があります。

さらに、大正区には沖縄出身の方が多いようで、特に平尾本通商店街の周辺には沖縄出身の方が多く、琉球舞踊の稽古場があったり、三味線教室や琉球空手道場が見られます。

住んではいけない地域⑧:此花区

此花区はユニバーサルスタジオジャパンがあることで有名ですが、工場地帯として栄えていたことや海辺であることから悪い環境をイメージし、治安が悪いと言われることもあります。

しかし、大阪24区のなかでは犯罪件数も少なく、治安は良いようです。交通の便もよく、大阪万博が決まったことで土地開発が進められさらに住みよい街となりそうです。

大阪の同和・部落地区は?実際に住むとどうなの?

大阪の同和地区や部落地区はどの辺りなのか、住むとどうなのかについてみていきましょう。

大阪の同和・部落地区はどの辺?住んだ人の感想は?

大阪府は同和対策事業の予算規模は全国でもトップクラスであるほど、解放運動が盛んなようです。そのため、同和地区の特定もしやすいと思われます。大阪府の指定同和地区総数は、64区にも及ぶようです。

なにわ、よどがわ、ひがしよどがわ、あさひ西、あさひ東、すみよし北、すみよし南、ひがしすみよし、ひらの、にしなりの大阪市立市民交流センターとその周辺は同和地区の施設といわれている。

公開されている同和地区は、矢田地区、加島地区、浅香地区です。また、富田林の新堂水平社、泉北郡南王子村、東成郡住吉村、東成郡城北村、有隣小学校などが部落として暴露されています。

同和地区、部落地区に住んだ人の感想として、家賃は安い上に環境も悪くなく、生活することに不便さは感じないといいます。家賃が安い理由は同和地区のど真ん中であるからと人伝いに耳にしたそうです。

部落差別などがあるのは昔の話だと思っていたにも関わらず、いまでも差別的な発言をする人も居るようです。しかし、住んでみると固定費が安く済む上に、生活には何ら支障はなかったようです。

京都の住んではいけない地域?京都でも被差別部落地域が問題に

京都にも住んではいけない地域があるようで、京都駅から徒歩で数分の場所に被差別部落があるようです。未だにこの地域に住むだけで差別されたり偏見を持たれたりすることがあります。

京都駅南口から徒歩で数分行くと崇仁地区があります。現在そこにある記念館に昭和時代の写真があり、当時の部落差別の雰囲気が写真から伺えます。

現在は部落からいなくなった人の空き地も多くありますが、改善住宅も多く見られます。しかし、部落差別が残ってしまい、同和地区、部落地区というだけで危険視してしまう人も居ます。

実際には住んではいけないというほど環境も悪くないので、差別や偏見がなくなればもっと住みよい街となっていくのではないでしょうか。

大阪の有名な観光地

大阪の住んではいけない地域で紹介した地区の中にも、有名な観光地はたくさんあり観光客が多く訪れる場所もあります。観光地は賑わっており少し住みにくいと思われる方も居るかと思うので参考にしてください。

住んではいけない地域で紹介した場所の観光地

西成区には、天下茶屋や忍者堂があります。浪速区には、観光地として有名な通天閣や新世界、スパワールド、道頓堀のグリコの看板など多くの有名な場所があります。

生野区には御勝山古墳があり、門真市にはスケートリンクやパナソニックミュージアムがあります。東大阪市にはなるかわ園地という自然あふれる場所や生駒山、生駒山上遊園地があります。

岸和田市にはカンカンベイサイドモール、岸和田城、岸和田観光農園などがあります。大正区には木津川渡船場があり、此花区には最も有名なユニバーサルスタジオジャパンがあります。

その他の場所の観光地

他には、港区にある海遊館、北区にある空中庭園展望台と呼ばれる梅田スカイビル、阪神百貨店、グランフロント大阪、中央区にあるなんばグランド花月、大阪城、吹田市にある万博記念公園などがあります。

大阪には、予想以上に多くの有名観光地があるようです。

住んではいけないわけではない

住んではいけない地域として紹介した地域も、もちろん住んではいけないわけではありません。しかし、確かに気をつけなければ危険という地域は少なからずあります。

同じ地域でも、エリアによって街並みや雰囲気も全然違うことがあるので、自分の目で見たり実際に住んでいる人の意見を聞いてみると良さそうです。

京都の住んではいけない地域に関する記事はこちら