必殺技トンファーキックとは?派生や元ネタは?実在する動画について

トンファーキックという言葉を耳にしたことがありますか?武器であるトンファーと蹴りが合体したものに聞こえますが、実在するのでしょうか?元ネタや派生ネタを交えて解説します。なにやら八頭身とも関係があることがわかりました。どういうことなのでしょうか見ていきましょう。

トンファーキックとは?

トンファーキックとは、トンファーを持った状態で放つキックのことです。トンファーは手で使う武器なので、キックとは無関係なのです。

トンファーキックとは必殺技!トンファーは関係ない?

トンファーキックは主に八頭身モナーが使う必殺技です。トンファーを持ちながらキックをするので、トンファーは関係ないとされています。

強いていうなら、トンファーを両手に持つことで、バランスを取っているからより強力なキックが放てるや、トンファーで攻撃してくると思っている相手の不意をつけるといった利点があります。

元ネタは八頭身モナー

トンファーキックの元ネタは八頭身モナーであるという説があります。八頭身モナーとは画像のような主に2ちゃんねるで使用されるキャラクターです。

この八頭身モナーが一番最初にトンファーキックを使いネット上でツッコミとしてトンファーキックという言葉が使われるようになりました。

トンファーキックの使い方は?

ivanovgood / Pixabay

トンファーキックの使い方をチェックしていきましょう。ネット用語ですが、ゲーム等でも使われている言葉です。使い方を間違えると野暮だと思われてしまう可能性もあります。注意しましょう。

ネットでは無意味に武器を持って戦うだけでトンファーキック

ネット上では、武器を持って戦うだけでトンファーキックと呼ばれることがあります。

とにかく、何か目立つ武器を持っているのにも関わらず、その武器を使うことなく、キックで戦えば「トンファーキック」というツッコミが入ります。

トンファーキックを使い無意味と突っ込むことは野暮

トンファーキックは、トンファーを使わずにキックをすることなので、思わず、「無意味じゃん」と突っ込みたくなります。

しかし、これは野暮であるとされています。このツッコミをわざわざ書くことは野暮なので避けるようにしましょう。

トンファーキックは実在している

トンファーキックは実在します。様々な武術を取得した方がこの動画をあげた代表のようですが、真面目にトンファーキックの解説をしていらっしゃいます。

解説の中でも、やはりトンファーは全く関係がありません。また、Youtubeにてトンファーキックの実際の動画を発見いたしましたので、紹介しておきたいと思います。

実在したトンファーキック

ロシア武術システマ・モスクワ本部公認インストラクターとして活動している、三増紋右衛門さんが動画サイトであるニコニコ動画でトンファーの使い方動画を掲載しています。

その途中、2分ごろからトンファーキックの解説をしているのです。コメントはトンファーキックが解説されていることで持ち切りとなり、話題になりました。

解説しているがやっぱりトンファーは関係ない

トンファーキックの説明動画の中でも明らかにトンファーを使用していませんでした。

武道を習得された方でも、トンファーには関係なくトンファーキックを使用するようです。動画の中では体重移動によって相手を蹴り飛ばすとのことでした。

実際にトンファーキックをやってみた動画も投稿されている

実際にトンファーキックを行なっている動画がYoutubeに投稿されていたので、紹介しておきたいと思います。

この動画もトンファーを持った状態でトンファーを使うことなく、キックをしています。

トンファーキックの派生技

トンファーキックにはたくさんの派生技が存在します。派生技と言っても、トンファーを持った状態でそれ以外の方法によって相手に攻撃をするということになります。

今回は、トンファービーム、トンファーウォーク、トンファー百裂脚、仕込みトンファーの、4つの例を紹介していきたいと思います。

トンファービーム

トンファービームは、その名の通り、トンファーを持った状態で、目からビームを出して相手を攻撃する必殺技になります。

このトンファービームのさらなる派生として、トンファービーム2、3、4やビームのサイズが大きくなったトンファーカノン等があります。

トンファーウォーク

トンファーウォークは、トンファーを持った状態で歩くことです。相手がいる状態で使うものではなく、単純に歩いているだけの技になります。

ちなみに、トンファーウォークの派生として、トンファームーンウォークもあります。これは、マイケルジャクソンのムーンウォークをトンファーを持った状態で行うことを指します。

マイケルジャクソンの記事はこちら

トンファー百烈脚

トンファー百烈脚は、トンファーを持っている時に、百烈脚を相手に浴びせるという必殺技になります。

仕込みトンファー

仕込みトンファーは、棘や刃物がついたより強力なトンファーを持った状態で、キックをして相手を攻撃する必殺技です。やはりどの技もトンファーを使うことはないのです。

その他大体お察しできるトンファー技は多く存在する

ここまで見てきてわかるように、トンファーキックの派生はなんでもありなのです。

「トンファー何もしない」や「トンファー脇き見」等、トンファーさえ持っている状態であればなんでもありです。

「トンファー置きっ放しブレーンバスター」というトンファーを置いた状態で他の技を繰り出すものまで存在します。これからもどんどん増えていくことが予想されています。

トンファーキックをする作品・キャラクター一覧

トンファーキックが出てくる作品やキャラクターはたくさん存在します。ゲームやアニメなどで主に登場しますが、明らかに狙ったものもあれば、そうでないものもあります。

BAYONETTA

BAYONETTA(ベヨネッタ)はセガが開発したテレビゲームシリーズにです。ここに登場する装備の中に、トンファー(ロケットランチャー)として装備できる武器が存在します。

これを装備した状態でキックをすることで、「トンファーキック」をゲーム内でも再現することができるので、プレイした人の中で話題になりました。

ちなみに、BAYONETTAは最新作のスマッシュブラザーズのキャラクターとしても登場することがわかっています。

グランブルーファンタジー「ヴァンツァ」

「グランブルーファンタジー」はスマホ・PC用ソーシャルゲームです。このゲームの中に登場する「ヴァンツァ」というキャラクターがトンファーキックと関係があるのです。

ヴァンツァはトンファーを武器として装備しており、技の1つにトンファーキックを持っているのです。画像からも変わるように、トンファーを使用せず蹴りをいれています。

また、「愛と涙のトンファーキック」というタイトルのエピソードも用意されており、明らかにトンファーキックを推していることがわかります。

真剣で私に恋しなさい!!「マルギッテ・エーベルバッハ」

「真剣で私に恋しなさい!!」は日本の恋愛アドベンチャーゲームです。このゲーム内に登場するキャラクターの1人である、「マルギッテ・エーベルバッハ」がトンファーを使います。

マルギッテ・エーベルバッハはトンファーを使うだけでなく、必殺技が、「トンファーキック」なのです。したがって、ファンの中では完全に狙っていると話題になりました。

蒼き流星SPTレイズナー「アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ」

「蒼き流星SPTレイズナー」は1985年〜1986年にかけて放送されていた、ロボットアニメです。このアニメの主人公である、アルバトロ・ナル・エイジ・アスカがトンファーの使い手です。

もちろん、オープニング内でも、エピソード内の戦闘シーンでも、トンファーキックを使っています。しかし、放送はトンファーキックが生まれる前なので意図的ではないと思われます。

トンファーはそもそも空手の道具?

トンファーキックが先行してしまっていて、トンファーの本来の使い方を確認できていないので、ここで確認をしていきましょう。

トンファーは空手の源流である、琉球古武術で使用されている武器の一種です。トイファーや旋棍と呼ばれることもあります。英語ではTonfaと表記されます。

起源は何説かありますが、中国の「拐(カイ)」と呼ばれるトンファーに似たものを小型化した説と、石臼の挽き棒が起源とされる説の2つがあります。

トンファーはアメリカの警察も使ってる!

トンファーはアメリカの警察にも実際に使われています。相手を拘束したり、抵抗できないように関節技を使う時などに使われています。

ハリウッド映画等に出てくる警察も度々トンファーを使用しています。ちなみにこの警察が使っているトンファーは、ポリスバトンなどと呼ばれるようです。

トンファーキックはトンファー使わない!

トンファーキックは、トンファーを使わずに相手にキックする、2ちゃんねるの八頭身モナーが使う必殺技が元ネタです。

ネット用語化しており、武器を持っているにも関わらず、その武器を使わずに攻撃する場合にはトンファーキックと呼ばれることがあります。

トンファーキックは実在しており、動画でも解説され、さらにゲームやアニメなどでも派生して使われている言葉です。