鈴木梨央の2019現在は太って劣化した?最新画像や中学は?歌声もすごい

2014年ドラマ「明日、ママがいない」で念願の芦田愛菜と共演

2014年1月放送のドラマ「明日、ママがいない」では鈴木梨央さんの憧れであった芦田愛菜さんとの共演をも果たします。この時、主演が芦田愛菜さんだったのですが、鈴木梨央さんも負けじと演技力を見せています。

鈴木梨央さんは母親に捨てられて児童養護施設に預けられ、素直な女の子を振る舞いながらもだんだんと心の闇をだしていく、役を見事に演じていたのです。

岸優太とのドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」でW主演

2015年1月放送のドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」では、King&Princeのメンバーである岸優太さんとのW主演を務めました。初めての主演ということもあり、緊張したと話していました。

鈴木梨央さんは同じく主演の岸優太さんに助けられて乗り越えられたと話していました。撮影の間には岸優太さんや他の子役の子たちと、仲良く遊んでいたことも明かしています。

2015年連続テレビ小説「あさが来た」で大人気に

2015年9月からのNHK連続テレビ小説「あさが来た」で主人公の幼少期役を演じたことで、鈴木梨央さんの演技力にも定評がつきました。

この主人公の幼少期を演じたことで、鈴木梨央さんの人気は高いものとなり、注目が集まりました。さらには、鈴木梨央さんの人気に伴って、ドラマの後半に主人公の娘役としても再登場することとなったのです。

鈴木梨央さんはNHKの大河ドラマでも主人公の幼少期役を演じていることから、朝ドラと大河で両方の主人公の幼少期を演じるのは史上初という快挙も達成したのです。

鈴木梨央は左利きなのに演技の時は右手を使っている!

鈴木梨央さんは元々、左利きだそうです。しかし、NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公の幼少期を演じる時に、八重が右利きということがわかると、自宅で右手で箸を持つ特訓をしたそうです。

その特訓をしたことで、「八重の桜」では絵を描くシーンや箸を持つシーンなど、様々なシーンで右利きにて対応したのです。その右手のシーンはどれも自然なものばかりでした。

鈴木梨央は努力家

こうして、鈴木梨央さんは演技の中でも努力家である姿を見せています。朝ドラの「あさが来た」でも同じように、右手ですべてのことをこなしているのです。

鈴木梨央さんは女優としての根性を見せています。何事にも一生懸命に取り組んでいる姿には心を打たれます。鈴木梨央さんにはそんな力を持っているのでしょう。

何事にも挑戦する姿や努力を惜しまないそんな姿が、鈴木梨央さんの人気の秘密となっているのかもしれません。これからも挑戦し続けていって欲しいです。

鈴木梨央は現在でもかわいい!今後の活躍にも期待!

鈴木梨央さんについていろいろと調べてきました。鈴木梨央さんは現在では太ったため劣化したと噂されていたようですが、現在でもかわいいままでした。

中学生になり大人っぽく成長したため、太ったというよりは女性としての成長を遂げているのでしょう。そんな鈴木梨央さんは現在でも女優として活躍が期待されています。

歌も上手いことから、第二の松たか子さんになると言われているほど、鈴木梨央さんに対する期待は高まるばかりです。これからも幅広い活躍をしてくれることを期待しています。

NEXT 鈴木梨央に関する記事はこちら