電気あんまの意味や元ネタは?体験談や効果は?実際の動画もまとめ おもしろ

電気あんまの意味や元ネタは?体験談や効果は?実際の動画もまとめ

『電気あんま』の意味と名前の由来は意外なものだった?男性と女性に与える効果とそれにまつわる体験談。「電マ」の意味は『電気あんま』を略したものじゃない!今の子供と昔の子供の間のジェネレーションギャップが激しい『電気あんま』についてまとめます。

目次

[表示]

電気あんまとは何?その意味とやり方と言葉の由来について

『電気あんま』は、子供の頃男性ならやった、もしくはやられたという人も多いのではないでしょうか。『電気あんま』の意味とやり方、その由来とは一体どんなものなのでしょう。

現在『電気あんま』について深く考える機会などは、ほぼ皆無です。やり方は知っていても、ほとんど知られないそのルーツなどを探ると、非常に意外な由来を発見することができました。

電気あんまの意味は?やり方は?

『電気あんま』の意味とは、相手の股間に自分のどちらかの足を当てて、股間に刺激を与える行為のことを指します。

特に男女限らず、ある面では股間に性的な刺激を与えることが1つの目的です。男性にとっては「急所=金的」を攻撃される技としても知られています。

寝ている相手の両足を手で持ち上げ、股間に足を置いたまま、小刻みに揺らしたり、押したりして刺激を与えます。女性の場合も同様で、女性器に刺激を与える行為として行われるようです。

電気あんまの動画

『電気あんま』の動画をいくつかご紹介致します。女性同士ですることもあれば、子供とじゃれる事も、カップルで遊ぶ時にも『電気あんま』は行われているようです。

その効果のほどは状況や個人差がありそうですが、仲の良い者同士ですると楽しそうなことや、相手の協力が得られないと難しい事がよく分かりますね。

電気あんまの元ネタは「ドロロンえん魔くん」!?

その言葉の由来について調べると、驚きの事実が判明しました。『電気あんま』は、実はある妖怪の名前から来ていたのです。

永井豪原作の漫画「ドロロンえん魔くん」の中に登場する妖怪の名前として、「電気あんま」は初出していたのです。この語源をもしご存じだったとすれば、かなりの「通」と言えるでしょう。

「電撃的刺激」ではなく本当の「電気」を放つ妖怪だった!

元々、股間を足で攻撃する技は、その前にも存在していましたが、『電気あんま』という名前は永井豪のオリジナルの命名だったのです。これを起源に全国的へと広まっていきました。

さらに何故「電気」なのか?疑問に思った方も多かったと思いますが、それは、この妖怪が4本の腕から電撃を放つからです。

股間を刺激される衝撃が「電撃」に似ているから、ではなかったのです。ちなみに「電気あんま」は、股間を刺激して人間の魂を吸い取ってしまう恐ろしい妖怪として描写されています。

電気あんまの効果は気持ちいい?痛い?女性にやるとどうなるの?

『電気あんま』をされた人間はどのように感じるのでしょうか?痛い?気持ちいい?性器の形が違う女性がやると男性と同じ反応をするのでしょうか?

痛いよりも気持ちいい効果がある

pixel2013 / Pixabay

『電気あんま』をされた人間で痛みの表情に変わる人はあまりいないようです。強く蹴ったり、あまりに激しく揺らしたりすればもちろん苦痛に代わりますが、基本的には「快感」のようです。

男性は「足コキ」に近い感覚を感じ、女性は「ローター」に使い感覚を感じます。くすぐったいと気持ちいいの間を、行ったり来たりするような刺激が続くようです。

電気あんまは女性にも効果がある?

『電気あんま』はバイブに似た刺激を与えてくれるので、「性的快感」を感じることが出来る場合もあります。

恥ずかしい・気持ちいい・くすぐったいが、ぐるぐると周り、敏感な人だと「喘ぎ声」を出してしまう人もいるようです。

セックスにおける愛撫として行うことは極めて稀ですが、その刺激効果は実際にあると言えるでしょう。

電気あんまエピソードあれこれ

『電気あんま』は小学生頃の男性の間ではよく流行った遊びでした。実際に体験した人の話を聞いて『電気あんま』がどのようなものだったかを見ていきます。

人気YouTuberワタナベマホトが動画に出していた

人気YouTuberのワタナベマホトが、自身の動画の中で妹に『電気あんま』をしたらという動画を出していました。

実際に妹の股間に足をあて、強く嫌がっている妹相手に、無理やり『電気あんま』をしている姿が映っています。声を上げて抵抗している妹からすると「快感」ではなく「不愉快」だったようです。

その前には男性同士で『電気あんま』をやりあっている映像が見られます。動画開始47秒ぐらいから「やばい」と連呼しているので、たしかに効果と意味はあるようです。

罰ゲームなどで電気あんまをしたという体験談が多い

『電気あんま』についての体験談を調べていくと「罰ゲーム」として使われることが多いことが分かりました。

それはTV番組などの影響もあるようです。芸人が「罰ゲーム」としてやっているのを見て真似したり、「ケツバット」のような道具が1つもいらず、手軽にできることも人気の要因です。

女性が男性相手にやるのは「羞恥」の効果もあり、20代の合コンなどでも、時折用いられるようです。

幼少時に父親からされてトラウマになった例も

StockSnap / Pixabay

子供同士の戯れとして、電気あんまをしあうことは一種の「遊び」です。しかし中には、家庭内で父親から「軽いおふざけ」的な感覚で、電気あんまをされ続け、トラウマになった人もいるようです。

その男性は成人後も、あの父親の『電気あんま』を思い出すだけで蕁麻疹が出てしまうと語っています。昭和以前では、父親から殴られることも珍しくはなかったのであり得る話です。

電気あんまがエッチな性体験になった「気持ちイイ」経験談?

philm1310 / Pixabay

子供同士のふざけ合いの「遊び」と認識される『電気あんま』ですが、やはり直接の「性的」体験になってしまった例も、数多くあるようです。

股間には男性・女性とも性器があるわけですから、ある意味当然の結末とも言えます。ここでは特に、子供時代に味わってしまった『電気あんま』のエッチな体験談を紹介します。

小学5年生で電気あんまで射精した話

『電気あんま』の「性的刺激」は思いのほか強いようです。小学5年生の男の子には耐えられなかったみたいですね。

小学5年生で『電気あんま』を受けて、「射精」してしまった子もいました。精通されていない子でも、これが原因で覚えてしまった事があったようです。

エピソードの中では、女子生徒とプロレスをやっていて、知らずに『電気あんま』の形になり、女性生徒の足の刺激で「射精」してしまったという体験談もあるようです。

小6女子はいたずら男子2人組に責められ快感を

6979608 / Pixabay

2人組の意地悪男子につきまとわれ、小6で『電気あんま』を強烈にかけられた女子の体験談もありました。片方が上半身に馬乗りになり、上履きのまま『電気あんま』を強制的にされたのです。

最初はただ痛いだけでしたが、男子が上履きを脱ぎ、靴下の足がクリトリス中心部にねじ込まれた時、今まで味わったことのない強烈な快感が身体を走ったのだそうです。

男子は最も敏感な箇所だと気付き、ピンポイントで責めてきます。乳首もつままれ思い切りアソコを刺激され、最後はお漏らしして、初めてイクという感覚を知ったのだそうです。

電気あんまは最近では知られていない?

『電気あんま』と言われてピンと来ない世代が、現在はほとんどでしょう。最近ではマニアックなプレイになったのかもしれない『電気あんま』が流行っていた時代はいつだったのでしょうか?

電気あんまは小学生頃の男性の遊びとしてよく知られている

『電気あんま』をやっていたのは、主に小学生の男の子達でした。じゃれていたり、プロレスごっこの中で登場することが多かったのは、公園や教室での遊びが、当たり前だったからです。

今では小学生でもポータルゲームをしたりスマホを持っている時代です。殴り合いの喧嘩はすぐに止められる昨今では、プロレスごっこなど当然ご法度となってしまいます。

そうして時代が変わり行き、段々に少しづつ消えていったのかもしれません。

40代~50代の男性が子供の頃よくされていた

『電気あんま』が流行った時代は、プロレスが流行った時代に近いモノがあります。現在の40代~50代の男性が小学生だった頃を中心にテレビでは沢山のプロレス中継が放送されてました。

派手な大技は真似できない子どもたちの間では、『電気あんま』は大技だったのです。実際のプロレスでも、余興的に『電気あんま』が使われることがたまにあります。

永井豪の「ドロロンえん魔くん」が流行っていた時代も、その頃でした。「電気あんま」の名前も知れ渡り、当時の子供達の間で当たり前のように行われていたのです。

「探偵ナイトスクープ」で取り上げられ電気あんまが話題に

『電気あんま』が最近の子供に知られていないということを受け、テレビで取り上げられたことがありました。

それは「探偵ナイトスクープ 」という1988年から放送されている歴史ある番組の中でした。

今の子供に知られていないというのは、上の世代にとっては信じられなかったようで、当時話題になりました。

番組内で「電気あんまの感覚を言葉で表現したらどうなるか?」が依頼

「探偵ナイトスクープ 」の番組中では、出演者が依頼を受けて、それを調査しに行くという企画があります。

「電気あんまをされている感覚を言葉で表現したらどうなるのか?」というテーマで調査が始まり、スリムクラブの真栄田が大阪梅田のビル街へ経繰り出して、街行く人に『電気あんま』をしました。

ほとんどの人が「こそばゆい」や「なんともいえない」と言っている中、「母親に抱かれたような・・・」というオリジナルなセリフを言った人もいたようです。

番組内での電気あんまをされた人の様子

番組内では同時に『電気あんま』をされて無表情でいられるのか、というのも検証されていました。それには誰もが、何らかの反応をしてしまい企画倒れかとも思われました。

やはり、無理なのかと思われた中、たった一人の少年だけは無表情で耐えきったようです。このような内容が「探偵ナイトスクープ 」の中で放送されました。

ネットでも話題になっていた

この放送の内容はネットでも話題になったようです。男性の「母親に抱かれたような・・・」というセリフや、無表情の少年の画像が切り抜かれ拡散されていきました。

ここでも、今の子供達に「知られていない」ということを知った人達は強い衝撃を受け、さらに広まっていったようです。

浜田雅功も電気あんまの被害に遭っていた

日本テレビで放送されている「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の大晦日の特番「絶対に笑ってはいけない名探偵24時」の中で浜田雅功が『電気あんま』の被害にあっていたようです。

ココリコの遠藤章造の両親と弟が、鬼ごっこの鬼として登場し、捕まった浜田雅功相手に3人で『電気あんま』をかけました。

悶絶する浜田雅功の姿に視聴者は大笑いして年を越しました。番組を振り返った遠藤章造も、一番印象に残っている映像だったと語っています。

電気あんま違い?マッサージ器の電気あんま

『電気あんま』は何か?という問の正解は永井豪原作の「ドロロンえん魔くん」に登場する妖怪の名前。これが最も正しい答えです。

ですが、現在では『電気あんま』と呼ばれるモノは、他にあるようなのです。

電気マッサージ器「電マ」は本来は健康器具

何度か画像で登場しているこの機械の事を『電気あんま』だと思っている人がいると思います。

正確には「電気マッサージ器」略して「電マ」と呼ばれます。『電気あんま』を略して「電ま」だと思っている人がいますが、精密に言うとそれは間違いなのです。

「電気マッサージ器」は、本来正式な健康器器具として開発された家電です。

肩こりやダイエット効果も?

「電気マッサージ器」は、特に肩こりには効果があると言われています。ほどよい刺激がコリをほぐしてくれるのです。

また、ダイエットにも利用できることも知られています。脂肪のある部位に当てることで、燃焼させたり、小顔効果なども期待できるとも言われます。

「電マ」はアダルト界のおもちゃとしても有名

3803658 / Pixabay

「電マ」と呼ばるこの機械は、アダルト作品ではポピュラーアイテムになっています。

健全な機械なのに「電気マッサージ器」を持っていると「卑猥」なイメージが連想されます。女性に「性的刺激」を与えるアダルトグッズの代表格として「電マ」は認識されています。

アダルト作品の人気コンテンツとしてカテゴライズされている程、本来は健康器具だったものが、現アダルトグッズという状況になりました。

電気あんまは下ネタなどの意味で言われることの方が多い

『電気あんま』は遊びや罰ゲームとは言え、性感帯を刺激するものです。アダルトなイメージがつくのも無理はないでしょう。

「電マ」を誕生日プレゼントにしたり、シモネタとしてもジョークで使われるようです。

一般的に「おとなのおもちゃ」と呼ばれるものに、「電気マッサージ器=電マ」は含まれるように認識され始めました。

「電マ」だけじゃないアダルト界で使われる日常品

『電マ』は健康器具の面影無く、アダルト界に居続けています。強い刺激を性感帯に与えることが出来るからです。

同様にアダルト界で使用されている日常品が他にもあります。

NEXT:電動歯ブラシ
1/2