アミニズムとアニミズムの違いは?意味や由来・具体例について

宗教や神、信仰などの話題が出るとき、よく引き合いに出される単語が「アニミズム」です。ただ、この単語を「アミニズム」と記憶している人も多く、よく混同されます。どちらが正しいのでしょうか?今回はその「アニミズム」の意味や由来などについて解説します。

アニミズムとは?違いや意味

まず初めに、アニミズムについての基礎知識を説明します。

アニミズム?アミニズム?混合しないようにするには

アニミズムの記憶違いのフレーズで「アミニズム」があります。これは単なる間違いですが、このフレーズで記憶してしまっている人も少なくありません。どちらか迷ったときに思い出してほしいのが、その語源。

アニミズム(animism)の語源はラテン語のアニマ(anima)です。アニマは生命や魂を意味する言葉ですが、アニマル(animal)やアニメーション(animation)の語源もこのアニマです。

迷ったときはアニマルやアニメーションと同じ語源だったことを思い出すと「アニミズム」という単語がうまく導き出せます。

タイラーのアニミズムの意味・由来

アニミズムという単語は、元々1871年に人類学者のエドワード・バーネット・タイラー(イギリス)が記した「原始文化」という著書の中で紹介されました。

タイラーはアニミズムの定義を「自然界すべてのものに、魂や精神が宿っているという前提で、それら霊的存在に対して信仰をもつこと」としました。そしてこのアニミズムが人類の宗教の起源としています。

マレットのアニミズムの意味・由来

タイラーの弟子、マレットは信仰にはこのアニミズムよりも前の段階があると考えました。

アニミズムの言う霊魂は人格的なイメージですが、マレットは非人格的な脅威の存在を自然界に認めるところから信仰は始まっていると捉えました。マレットの考え方はプレアニズムと呼ばれます。

マレットの発想の基として、太平洋諸島の民族たちに信じられていた「マナ」という概念があります。「マナ」という人格を持たない霊的な存在・力が人やものに憑依することで驚異的な変化をもたらすという考え方です。

アニミズムの捉えかた

アニミズムとは特定の信仰のスタイルと考えるのではなく、世界中の地域文化に根差した信仰に見られる共通の特長です。自然界に霊的存在(アニマ)を感じるという感性から成り立っている信仰が多いのです。

NEXT 日本でのアニミズムについて