スプタンとは?スプリットタンをセルフで行う方法のやり方と注意点!

スプタンという言葉を聞いたことはありますか?おそらく多くの人は聞き覚えのない単語かもしれません。しかし、130回芥川賞を受賞した「蛇にピアス」を読んだ人には理解してもらえる言葉かもしれません。スプタンについてセルフで行う方法とそのケアについてなどまとめました。

スプタンとは?

スプタンという言葉を耳にしたことがある方はあまり多くはないかもしれません。しかし、アングラ界隈では一昔前から人体改造の一環でブームになっていました。

一般に知られるようになったのは金原ひとみの小説「蛇にピアス」で、吉高由里子の初主演映画作品としても有名です。一般には聞きなれない言葉スプタンとはなにかまとめてみました。

スプタンとはスプリットタンの略

スプタンはスプリットタンの略で、英語で書くと”Split Tongue”で直訳すると「裂けた舌」です。舌が蛇のように縦に裂けていることを指し、人体改造の一種として知られています。

人体改造とは?

人体改造は身体改造とも呼ばれ、社会的習慣やファッションなどの理由で、自分の体の一部を半永続的に変形させることです。代表的なものには刺青やピアッシングなどがあります。

スプタンも人体改造の一種であり、世界中に愛好家がいるのは事実です。人体改造の施術は自身で行うことが多く、感染症などの危険も伴います。

スプタンは元に戻すことはできるのか?

スプタンはいわゆる人体改造です。人体位改造の代表的なものである刺青は現代の美容整形手術で消すことができます。

では、舌を縦に切るスプタンは元に戻すことはできるのでしょうか。これからスプタンを考える人には必見です。

安易に行い後悔する人も多い

スプタンはその行為にあやしい魅力を感じて衝動的に行ってしまう人が意外にも多くいます。そんな人たちは決まって安易な行為に後悔をしています。

スプタンを行うというのは舌を切開することです。もちろんその痛みと言ったら想像を絶するものとなります。

また、耳のピアスや人の目につかない所の刺青と違い、人と話すだけでスプタンは分かってしまうので後悔しやすいです。スプタンはその行為の激しい痛みや、後遺の部分で行ったことへ後悔している人はたくさんいます。

まずは病院に行く

スプタンをしてその見た目に後悔している人は元の舌に戻すことを望んでいます。スプタンは舌を切り裂いているので、元に戻すことはできるのでしょうか?

結論を言うと、わかりません。舌は切れても意外とくっつくので、少しのスプタンなら大丈夫という意見もあります。

しかし、舌は粘膜を伴う部分ですので、安易に素人が行わない方が絶対にいいです。スプタンを行って後悔をしているのでしたら、まずは病院で相談しましょう。

NEXT スプリットタンのフェラは気持ち良い?