プチエンジェル事件の真相は?顧客名簿には皇族が?少女の現在も!

都市伝説のように語られているプチエンジェル事件。犯人の吉里弘太郎の死をもって事件は終わりを迎えましたが未だに多くの謎を残しています。大物政治家の名前もあったとされるプチエンジェル事件の顧客リストとは?被害者である少女たちのその後は?謎の解明に挑みました。

プチエンジェル事件とは?

プチエンジェル事件とは小学6年生の少女たち4人が誘拐及び監禁された事件です。事件は2003年7月、赤坂のウィークリーマンションの部屋で起こりました。

犯人は死亡、少女たちは保護されたものの不可解な謎が多く残っており闇が深い事件と言われています。

プチエンジェル事件の犯人・吉里弘太郎について

プチエンジェル事件の犯人は吉里弘太郎という男性でした。事件の舞台となったデートクラブ「プチエンジェル」の経営者です。

「プチエンジェル」は未成年者デートクラブであり非合法でした。また、このほかわいせつビデオも販売しており巨額の利益を得ており、預金額は35億円あったと言われています。

吉里弘太郎の生い立ち

Free-Photos / Pixabay

吉里弘太郎はエリートの子だったと言われています。裕福な家庭で育ち、東京芸術大学を卒業したのちデザイナーとして働いていました。

大学時代には複数の女性と交際してヒモ男のような生活を送ります。吉里弘太郎は整った顔立ちだったと言われています。そのためヒモ生活が許されたのでしょう。

また、吉里弘太郎は若い頃ニューヨークやパリなどの海外を転々としていました。そのため外国人の友達が多かったと言われています。

吉里弘太郎はそののち、ホストクラブで2年間アルバイトを経験しています。けれど吉里弘太郎はロリータ趣味でした。

そのため当時はロリータ専門のデートクラブに入り浸っていて顔なじみになっていたのです。

そうして吉里弘太郎は非合法の買春斡旋を開始しました。ですが最初は人妻相手であり児童ではありませんでした。

その後、吉里弘太郎はロリータクラブ「プチエンジェル」を開業。莫大な利益を得るようになったのです。

吉里弘太郎の家族について

TheDigitalArtist / Pixabay

犯人の吉里弘太郎の父親は元警視庁のキャップ、元朝日新聞の幹部社員でした。その後転属して西部本社社会部長になっています。

キャップとは取材グループのまとめ役のことを言います。つまり警察庁の取材において現場責任者という立場だったのです。

父親の経歴が華々しかったので事件と同様に世間を騒がせました。なお、吉里弘太郎の父親は1993年、難病指定されてる頭頸部ジストニアを発症しています。

ジストニアとは、脳や神経系統の何らかの機能異常により、筋肉が異常に緊張してしまった結果、無意識に異常な姿勢や動きをしてしまう症状のことをいいます。例えば、顔・頭・首などの体の一部がさまざまな方向にねじれる・口が開閉できない・体全体が歪んでしまう・手足が震えるなどの症状が持続して現れます。

(引用:メディカルノート)

生死に関わるような病ではありませんが、本人には非常に負担がかかる不快な症状が現れるのです。

その後1996年、吉里弘太郎の父親は自殺しました。この病気を発症し苦しんだためではないかとも言われています。

その3年後、1999年には吉里弘太郎の兄が自殺しました。嘆き悲しんだ母親も2001年に自殺を図ります。

しかし自殺は未遂に終わり、そののち出身地である沖縄県に移住しました。プチエンジェル事件後の母親の行方や詳細は不明です。

また、吉里弘太郎の弟は精神病院にいるという噂が流れています。

NEXT 吉里弘太郎の前科