エンプロ藍・ジュニアアイドルの現在は引退?かわいい画像も! グラビア

エンプロ藍・ジュニアアイドルの現在は引退?かわいい画像も!

ジュニアアイドルとしてエンプロに所属していた『藍ちゃん』を知っていますか?可愛らしく、エンプロ藍ちゃんと呼ばれており、中学生の時に撮影会や映像媒体で活動していた彼女の画像をお届けします。SNSなどはやっているのかなど、現在の様子もまとめていきます。

エンプロ藍とは?ジュニアアイドルとして活躍?

エンプロ藍とはどんな人物なのでしょうか?ジュニアアイドル業界内では大人気と噂がありますが、まずは基本的なプロフィールや彼女の姿をご紹介します。また、可愛い画像もともにご覧ください!

エンプロの藍ちゃんはエンジェルプロダクション所属のジュニアアイドル

エンプロの藍ちゃんとは、エンジェルプロダクションという芸能事務所に所属しているジュニアアイドルです。体格は幼げなのに容姿はとても大人っぽい、アンバランスな雰囲気が可愛いととても人気でした。

  • 1997年6月20日生まれ
  • 21歳(2019年現在)
  • 眼の色:濃褐色
  • 髪色:黒
  • 所属:エンジェルプロダクション

小学2年生の頃から活動していたエンプロの藍ちゃんは、書籍写真集の出版はほとんどなく電子書籍での作品が多くありました。

作品に関してはほとんどはインディーズ作品なため、市販で売られているCD-Rに収録された写真集や動画が多くありました。

エンプロの藍はかわいいと人気、画像は?撮影会画像は?

“エンプロの藍”の人気は大変大きく、ジュニアアイドル界でも知らない人はいないと言えるほどの存在でした。そんな藍ちゃんの画像はこちらです。

目に力強さがあり、あまり笑うことがないモデルだったということで、ただただ可愛らしいだけじゃない大人な魅力があったと言われています。

様々な画像が現在も出回っており、年齢のわりに大人っぽい姿をたくさん見せていたようです。コスプレ姿だけでなく、普段着のような格好でもその可愛らしさは絶大でした。

エンプロ藍の中学時代の画像は?制服画像はある?

エンプロ藍の中学時代の画像がいくつか見つかりました。もちろん実際通っていた学校の制服ではありませんが、セーラー服姿を見せています。

また、セーラー服だけでなくこんなコスプレ姿も披露していました。作品は数多く出されており、映像や画像作品だけでもこれだけたくさんありました。

  • 「藍01 小学2年生」
  • 「藍02 小学3年生」
  • 「藍03 小学3年生」
  • 「藍色の本」
  • 「苺みるく」
  • 「藍04 小学3年生」
  • 「藍05 小学4年生」
  • 「藍07 小学4年生」
  • 「藍08 小学4年生」
  • 「天下無敵」
  • 「藍09」
  • 「藍10 小学5年生」
  • 「藍11」
  • 「夏藍」
  • 「藍12」
  • 「藍DVD01 小学2年生」
  • 「藍DVD02 小学3年生」
  • 「天使的美少女エピソード5 藍」(ビーエムドットスリー)
  • 「藍にドキッ!」
  • 「藍DVD03 小学4年生」

(引用:Wikipedia)

エンプロ藍の現在は?引退したの?

そんな人気者だったエンプロ藍ちゃんは、何歳まで活動していたのでしょうか?中学歳の時まで作品が作られていたと噂ですが、現在の状況やSNSなどで情報を発信しているのかなども調べました。

エンプロ藍の現在は21歳で引退?活動は中学3年生までだった?

エンプロ藍ちゃんは、現在21歳ですがすでに引退している模様です。2009年(11〜12歳ごろ)には撮影会にも頻繁に出ていたということですが、作品は中学3年生までで止まっています。

高校生以降に作品は出されておらず、現在は事務所もやめているようです。数多くの作品は残っていますが、高校生になり活動をしていないということもあり、現在プレミアが付いていてもおかしくありません。

インスタやtwitterなどSNSもやっていない?現在どうしているか不明

高校生になって以降作品を出していないこともわかりましたが、エンプロ藍ちゃんはインスタグラムやTwitterなどのSNSもやっていないのでしょうか。

調べてみたところSNSはしていないということでした。個人でブログなどをしている可能性はありますが、少なくとも公にはなっていません。

エンプロ所属の藍ちゃん以外のジュニアアイドルは?

エンプロに所属しているアイドルは、藍ちゃんの他にどんな方がいるのでしょうか?小・中学生の時を中心活動し、人気のあったアイドルは調べてみるとたくさんいたのです。

エンプロのジュニアアイドル①:りな

りなさんは小学校2年生の時から活動していました。小学2年生ということなので、活動していたのは7歳か8歳でした。詳しいプロフィールは出ておらず、2005年ごろから活動していたと見られています。

2005年10月26日『Angel kiss』という写真集をメジャーで出版、DVDやCD-ROM写真集などの作品があり、エンプロのアンダー10アイドルの中で1位2位を争うほどの人気だったそうです。

活動自体は2006年の11月の作品を最後に活動をやめており、2008年ごろにまた活動を再開し、数本の作品を出しています。エンプロホームページに名前は残っていますが、現在は特に作品は出していません。

エンプロのジュニアアイドル②:れお

れおさんは1998年1月12日生まれです。活動していた詳しい時期はわかりませんが、現在は20歳になっているということになります。

現在は活動しておらず、すでに引退しているということです。可愛いのにいたずらっ子で意地悪な女の子といった雰囲気のいわゆるツンデレキャラなアイドルでした。

活動していないということもあり、SNSなどは全く公開されておらず一般人として生活しているとみられています。

エンプロのジュニアアイドル③:るいか

エンプロのジュニアアイドルるいかさんは、1996年1月5日生まれで現在23歳、活動していたのは2005年ごろで当時の将来の夢は漫画家でした。

小学4年生だった2005年から活動し、2007年からは清純いもうと倶楽部というジュニアアイドルの魅力を届ける会員制ウェブコンテンツにて動画などを公開していました。

しかし、そのウェブコンテンツが公序良俗の問題もあり2008年にサービスが終了したため、その後るいかさんの活動状況はわかっていません。

エンプロのジュニアアイドル④:ゆうみ

エンプロのジュニアアイドルゆうみさんは、1997年12月11日生まれ大阪出身の現在21歳です。

小学4年生の時に学校で色々あり、笑えなくなってしまったことを心配した両親が『笑う練習』のために事務所に事務所に所属させました。

10歳の頃から活動し、ネットを中心に大変な人気を博していました。現在は豊満な胸を生かしグラビアアイドルとして活動しており、TwitterなどのSNSでも活動を発信しています。

元ジュニアアイドルの激白!

ここでは、元ジュニアアイドルという人物に取材をしている記事をご紹介します。そこには、ジュニアアイドルだったからこそ感じた、男性からの”見られ方”や”目”について書かれていました。

私がジュニアアイドルをしていたとき、実際に経験したことですが、ジュニアアイドルのファンは小中学生のアイドルを子供だと思っているのです。

(引用:ニコニコニュース)

年齢的にも子供ということもありますが『ファン自体がジュニアアイドルを子供として見たい』という気持ちがあるように感じていた、と元ジュニアアイドルは言っています。

ぬいぐるみをプレゼントしたり、小学生に流行りのアニメの話を懸命にするのですが、じつは当のアイドル側は、全く興味がない子も多いのです。

(引用:ニコニコニュース)

例えば、みんながみんなプリキュアを好きなわけではないこと、フリフリで可愛い服が好きではないということを大人はわかっておらず、自分の理想をプレゼントに現してきたりするのです。

ロリコンファンの方々が、写真を撮る際に「もうちょっとかがんでみて~」などいう言葉は、アイドル本人たちに「ああ、胸が見たいのね…キモ」と伝わっています。

(引用:ニコニコニュース)

ジュニアアイドルは大人が周りにいるからこそ、大人から自分がどのように見られているのかよくわかっています。ジュニアアイドルへの考え方をファンは見直す必要があるかもしれません。

平井理央は元ジュニアアイドル?まさかの黒歴史が発覚!?

元フジテレビアナウンサーの平井理央さんが先日2019年1月20日に放送された、『誰だって波瀾爆笑』に出演していました。その際フジテレビ入社前のアイドル時代の画像や動画が公開されました。

平井は1999年におはガールを卒業すると、同年にファースト写真集『うぶごえ』を発売。さらに、当時は写真集のオフショット映像を収めたCD−Rも別売りされており、番組はその秘蔵映像を公開した。

(引用:BIGLOBEニュース)

14歳の時に渋谷109でスカウトされたことをきっかけに、雑誌ピチレモンやおはスタのおはガールとして活躍していたという平井理央さんの映像は、まるでジュニアアイドルのようだ!と話題になりました。

その時の視聴者の声がこちらです。その初々しさと幼さがロリコン心を擽りそうなものばかりで「黒歴史すぎる」といった声まで出ていました。

《なんだよこれwww》

《ジュニアアイドルっぽい》

《ロリコン向けなニオいがする》

《黒歴史過ぎるわ》

《結婚後にこれ出されるのはキツイな》

(引用:BIGLOBEニュース)

ちなみに映像で出されていたCD-Rは、発売当時3500円だったそうです。ただ、現在はプレミアがついて4200円に上がっているということです。

ジュニアアイドルではありませんが、幼い頃から活躍するアイドルはやはり日本人には人気が出るということがよくわかります。

エンプロ藍ちゃんのその後・ジュニアアイドルという存在

エンプロ藍と呼ばれ大変人気のあった藍ちゃんは、現在表立って活動していないことがわかりました。SNSについてもやっていないようでした。

中学生までの間に活動し、”ジュニアアイドル好きの中では知らない人はいない”と言われるほどの存在として活躍してきたエンプロ藍ちゃんは、今後再び芸能界で活動するよになるのでしょうか?気になるところです。

エンプロ藍ちゃんに関連する記事はこちら