日本赤軍の主要メンバーの現在!指名手配犯の足取りは?

日本赤軍は連合赤軍のメンバーが発足した左翼系団体です。重信房子を最高幹部として奥平剛士や山本万里子、坂東國男などの人物が日本赤軍のメンバーとしてテロ活動を行い多くの逮捕者を出します。そんな日本赤軍の現在の活動や事件の概要などをまとめてみました。

日本赤軍とは?現在の活動は?

日本赤軍とはいったい何なのでしょうか?また現在でも活動はしているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

日本赤軍とは?起源となったのは共産主義者同盟赤軍派

日本赤軍とは1971年から2001年にかけて結成された日本の新左翼系団体で、世界同時革命を掲げている武装集団でした。同じような組織で連合赤軍等団体がいます。

連合赤軍は世界同時革命の拠点作りと資金調達のため、一部のメンバーを朝鮮やパレスチナなどに派遣していました。しかし連合赤軍は、総括リンチ事件、浅間山荘事件で壊滅します。

パレスチナに取り残された連合赤軍のメンバー重信房子、奥平剛士らが新たに組織したのが日本赤軍というわけです。後に山本万里子や大道寺あやこなども参加します。

日本赤軍は国際根拠地論に基づいて結成された

日本赤軍は国際根拠地論に基づいて結成された左翼団体です。

国際根拠地論とは先進国の階級闘争、第三世界の民族解放闘争、「労働者国家」の官僚独裁制打倒によって世界同時革命を実現させるという理論です。

かなり壮大な理論ですが日本赤軍はこの理論をもとに活動していましたが、現在では解散しています

最高幹部・重信房子の逮捕で活動が下火に

日本赤軍の最高幹部である重信房子はハーグ事件に関与したとして国際指名手配されます。逃亡生活を続ける重信房子ですが潜伏先の大阪で逮捕されました。

調べによると不正に入手した偽造旅券を使って中国と日本を16回も行き来していたようです。

日本での武力革命を掲げる「人民革命党」、覆面組織「希望の21世紀」を設立し、社会民主党と連携する計画を推し進めていたと逮捕時新聞で公表されました。

獄中から日本赤軍解散宣言

最高幹部である重信房子、レバノンに潜伏していた山本万里子、岡本公三らが立て続けに逮捕されたことや、資金難、メンバーの高齢化などを理由に1990年後半には事実上の解散状態になります。

そして2001年4月、重信房子「日本赤軍としての解散宣言」を獄中から発表。正式に日本赤軍は解散しました。

しかし、坂東國男と大道寺あや子が直後に「日本赤軍解散宣言無効宣言」発表し日本赤軍としての活動を続けようとします。ですが、その活動も年々下火となっていました。

日本赤軍最高幹部・重信房子の現在

日本赤軍の最高幹部である重信房子とはいったいどのような人物なのでしょうか?また現在は何をしているのでしょうか?重信房子についてまとめていきます。

重信房子が関与した事件・ハーグ事件

重信房子が関与した事件としてハーグ事件が挙げられます。

ハーグ事件とは、1974年9月14日にオランダのデン・ハーグで日本赤軍が起こした事件です。奥平純三らが逮捕されたメンバーの奪還のため武装し、フランス大使館を襲撃しました。

人質を取って立てこもり、メンバーの開放、逃亡金の用意などの要求を呑ませ、シリアに逃亡します。

重信房子の逮捕劇

ハーグ事件後、重信房子は大阪に潜伏していました。国際指名手配を受けており特徴のあるほくろを化粧で隠すなどの努力をしますが、指紋やたばこの吸い方などで本人だと断定されます。

そして重信房子は2008年11月8日、潜伏先のマンションで逮捕されました。護送の際には逃亡防止のため東海道新幹線のグリーン車の個室が使われたそうです。

重信房子には多くの支援者がおり、彼女を匿ったとして社長、教諭、医師、病院職員など多くの人が検挙されました。

重信房子は現在闘病中!獄中での生活

重信房子は逮捕後、裁判にてハーグ事件に関与したとして有罪となり、懲役20年の判決を受けました。

その後、重信房子は癌を患ってしまい、2019年現在は、八王子医療刑務所にて抗がん剤の治療を行っています。

「重信房子を支える会」が発行している「オリーブの木」という冊子には重信房子の獄中生活の近況などが綴られていますので気になる方はぜひ読んでみてください。

重信房子の娘が日本にいた

重信房子はパレスチナ解放人民戦線(PFLP)の幹部と結婚しており二人の子供がいました。

娘の重信メイは現在ジャーナリストとして活躍しており、2001年には日本国籍を取得し日本にいます。

重信メイは母・重信房子とドイツ赤軍の女性リーダー、ウルリケ・マインホフの壮絶な生きざまを描いたドキュメンタリー映画『革命の子どもたち』にも出演しています。

日本赤軍主要メンバー・奥平剛士の現在

日本赤軍のメンバーは重信房子だけではありません。主要メンバーに奥平剛士という男がいます。奥平剛士とはどのような人物なのでしょうか?また現在は何をしているのでしょうか?

奥平剛士が関与した事件・テルアビブ・ロッド空港事件

奥平剛士が関与した事件として有名なのがテルアビブ・ロッド空港事件です。テルアビブ・ロッド空港事件とは1972年5月30日に発生したイスラエルのロッド国際空港でのテロ事件です。

実行したのは幹部の奥平剛士、岡本公三ら3人。銃や手榴弾で武装し旅客ターミナルの利用客や警備員、スタッフなどに無差別乱射し26人もの死者、76名の重軽傷者を出す痛ましい事件となりました。

当時はテロリストが一般市民を無差別に襲撃するのは前代未聞であり、そのニュースは世界中に広まりました。日本赤軍は大バッシングを受けます。

奥平剛士と重信房子

奥平剛士と重信房子パレスチナで日本赤軍を立ち上げた初期メンバーです。

さらに奥平剛士は日本赤軍最高幹部の重信房子と偽装結婚しています。

かなり古くからの付き合いがあるようです。

ロッド国際空港にて死亡

奥平剛士はテルアビブ・ロッド空港事件で死亡します。27歳という若さでした。

警官に取り押さえられた実行犯の岡本公三によれば、奥平剛士は警備員により射殺されたとのこと。

この事件の様子がイスラエルと敵対関係にあるパレスチナの過激派組織の間で奥平剛士ら実行犯たちが英雄と崇められました。

日本赤軍の主要メンバー・大道寺あや子の現在

日本赤軍にはまだまだメンバーがいます。東アジア反日武装戦線出身の大道寺あや子です。そんな大道寺あや子の起こした事件や現在についてまとめてみました。

大道寺あや子が関与した事件

大道寺あや子は元東アジア反日武装戦線のメンバーで、三菱重工爆破事件などの連続企業爆破事件を起こした人物です。

一番有名な事件はダッカ日航機ハイジャック事件で、当時拘留中だった大道寺あや子らが釈放され日本赤軍に合流しました。

ダッカ日航機ハイジャック事件で釈放

ダッカ日航機ハイジャック事件とはフランス発東京国際空港行きの日本航空472便が経由地のムンバイ空港を離陸した直後、日本赤軍のメンバー5人によってハイジャックされた事件です。

犯人らは拳銃、手榴弾などで武装しており、乗員乗客約160名が人質となりました。

犯人グループは身代金約16億円や日本で拘留されている大道寺あや子らのメンバーを釈放することを要求。政府はこれを呑み大道寺あや子は釈放され、日本赤軍に合流しました。

大道寺あや子は現在逃亡中!目撃情報は?

1977年のダッカ日航機ハイジャック事件で釈放されて以来大道寺あや子は現在も逃亡中です。

1999年香港、2001年南米で目撃情報が出ていますがそれ以降の情報は一切なく、現在でもどこに潜伏しているのかわかっていません。

日本赤軍主要メンバー・坂東國男の現在

次は坂東國男です。彼もまた日本赤軍の主要メンバーでした。彼はもともと連合赤軍の幹部でした。そんな坂東國男の起こした事件や現在について見てみましょう。

坂東國男が関与した事件・山岳ベース事件

坂東國男が関与した事件の一つに山岳ベース事件があります。これは連合赤軍が起こした同志に対するリンチ殺人事件です。

連合赤軍の母体であるの一つである革命左派は、テロを行い指名手配されていたメンバーが多く、都市部で活動することが困難になっていました。そこで、人目のない山岳地帯に「山岳ベース」というアジトを作ります。

そこで意見の食い違う者を裏切り者として、暴力や食事を与えないなどのリンチを加えていきます。これによる死者は12人にも及びました。坂東國男は加害者側でした。

坂東國男が関与した事件・あさま山荘事件

坂東國男が関与した事件で有名なのがあさま山荘事件です。これは長野県にある保養所「浅間山荘」に連合赤軍が人質をとって立てこもった事件です。

1972年2月19日、連合赤軍のメンバー5人が管理人の妻を人質にとって浅間山荘に立てこもりました。警察はすぐさま浅間山荘を包囲し、人質救出に尽力しますが難航。

立てこもり10日目の2月28日、機動隊の突入によって坂東國男ら連合赤軍のメンバーは全員逮捕されました。人質の拘束時間は200時間を超え、これは日本最長記録となっています。

クアラルンプール事件で釈放

1975年8月4日、マレーシアにあるアメリカ、スウェーデンの大使館を連合赤軍が占拠し、職員ら約50名を人質に取りました。このテロ事件がクアラルンプール事件です。

連合赤軍は刑務所に収監中の囚人解放を要求。政府はこの要求を呑み、日本赤軍に参加意思のある5人を釈放します。

あさま山荘事件で逮捕され服役していた坂東國男もこの一人で釈放され日本赤軍に参加。最高幹部である重信房子の側近を務めたこともありました。

坂東國男は現在逃亡中!目撃情報は?

連合赤軍で犯した罪に加え、日本赤軍としてダッカ日航機ハイジャック事件に関与したとして指名手配、国際指名されています。

公安当局によれば坂東國男は中東に拠点を置き、中国、ルーマニア、ネパールに入国した形跡があるとのこと。

しかし、現在でも消息は不明で、生死さえも分かっていない状況です。

日本赤軍主要メンバー・岡本公三の現在

お次は岡本公三です。彼も日本赤軍主要メンバーでした。奥平剛士らとともにテルアビブ・ロッド空港事件を起こした人物です。岡本公三の概要、現在について見てみましょう。

岡本公三が関与した事件・テルアビブ空港乱射事件

奥平剛士の章で触れましたが、岡本公三はテルアビブ・ロッド空港事件を実行した犯人の一人です。

岡本公三のほか2人とイスラエルの空港を襲撃しました。

詳しくは奥平剛士の章でテルアビブ・ロッド空港事件について詳しく触れていますのでそちらをご覧ください。

イスラエルにて逮捕

テルアビブ・ロッド空港事件は奥平剛士、岡本公三、安田安之の三人で行われました。事件当時岡本公三は鹿児島大学の学生でした。

奥平剛士、安田安之は事件現場で死亡しましたが、岡本公三は現地で逮捕されました。

鹿児島大学からは放学の懲戒処分を受け、イスラエルの法廷で裁かれることになります。

終身刑で服役し捕虜交換で釈放

イスラエルで裁かれることになった岡本公三。イスラエル政府は死刑を求刑しましたが判決は終身刑になりました。

その後服役しますがパレスチナ解放人民戦線総司令部との捕虜交換により釈放されます。

日本赤軍が拠点としていたレバノンに亡命し現在も潜伏しているとされています。

岡本公三の現在は?PFLFに保護されている

現在岡本公三はPFLFなどの反イスラム勢力組織の保護を受けレバノンに潜伏しています。

2017年には毎日新聞の取材に応じ、「一度は日本に帰りたい」と帰国を希望している様子で健在でした。

岡本公三を保護しているPFLFは「日本メディアの取材に応じるのはおそらくこれが最後」としており、今後の情報収集が困難になるでしょう。

元赤軍メンバー山本万里子の現在が悲惨

山本万里子も元日本赤軍のメンバーでした。日本赤軍に加担してたとして山本万里子も例外なく逮捕され服役していましたが、現在の姿は悲惨なもののようです。そんな山本万里子について詳しく見てみましょう。

NEXT 山本万里子の赤軍での役割と懲役