村岡万由子って?現在とケツ毛バーガー関係者のその後について!

村岡万由子とは、現在まで語り継がれるあまりにも悲劇的なネット流出事件「ケツ毛バーガー事件」の被害者の女性です。今回は事件の概要と村岡万由子のその後、流出の原因となった交際相手白鯛素久や炎上を煽り大惨事に発展させた「亜門」こと織茂由弦にも焦点を当てまとめます。

村岡万由子が被害にあったケツ毛バーガー事件の概要

村岡万由子さんはケツ毛バーガー事件の被害者の女性です。ケツ毛バーガー事件とは、村岡万由子さんの陰部などを写した画像がネットに流出し個人の特定に至った事件です。

ケツ毛バーガー事件の原因はファイル共有ソフトを利用していた男性白鯛素久さんのPCがウイルス感染した事により、データがネット上に流出拡散されてしまった事でした。

その流出したファイルの中には個人情報などの他、白鯛素久さんの交際相手であった女性、村岡万由子さんの卑猥な画像も含まれており、匿名掲示板などを中心としてネットでお祭り騒ぎとなってしまいます。

交際相手の白鯛素久が共有ソフトでウイルス感染

まずは、ケツ毛バーガー事件の流れを時系列で紹介していきます。ケツ毛バーガー事件の原因となったのは村岡万由子さんの交際相手、白鯛素久さんがファイル共有ソフト「Share」を使用していた事でした。

ファイル共有ソフトとは、個人と個人間で匿名のままに動画などのファイルを共有できるソフトです。ウイルスなどを仕込んだファイルが多くアップロードされており、危険性が指摘されていました。

白鯛素久さんのPCはファイル共有ソフトを利用した事で通称キンタマウイルスと呼ばれるPC内のデータをネットに流出させてしまう暴露ウイルスに感染してしまいます。

村岡万由子の卑猥な画像がmixiと2ちゃんねるに拡散

ウイルス感染した白鯛素久さんのPCからは、白鯛さんの個人情報を始め、当時白鯛さんが勤めていた三洋電機の内部情報、交際相手村岡万由子さんの写真など、多くのファイルがネット流出します。

その中には、村岡万由子さんが全裸でベッドに横たわり陰部をさらけ出している写真やお尻の間から陰毛が大量にはみ出している写真などが含まれていたため、ネットでお祭り騒ぎとなります。

卑猥な画像などはすぐに匿名掲示板「2ちゃんねる」や当時かなり流行っていたSNS「mixi」などに拡散されます。また、村岡さんと白鯛さんがmixiを本名で登録していた事で、すぐに個人が特定されます。

村岡万由子さんがケツ毛バーガーと命名される

問題の村岡さんの写真、お尻の間から大量の陰毛がはみ出している画像は2ちゃんねるの住人によって「ケツ毛バーガー」と命名され、以降この事件は「ケツ毛バーガー事件」と呼ばれる事になります。

この一度聞いたら忘れないインパクトの強いネーミングと、個人情報の流出、村岡万由子さんのルックスが可愛かったという事なども要因となり「ケツ毛バーガー事件」は現在まで語り継がれています。

写真をそのまま使用されて報道もされる

ケツ毛バーガー事件はネット上だけの騒ぎに止まらず、日刊ゲンダイなどの夕刊紙、zakzakなどのネットメディアでも大々的に報じられ、一部ではモザイクを入れつつも、流出した写真をそのまま掲載しています。

こういった経緯によって事件は拡大の一途をたどり、卑猥な画像は収拾がつかないほどに拡散し、現在でもネット検索するとすぐに見つかるほどに広がってしまっています。

この画像については本人などから削除依頼なども出されていたと思われますが、一旦拡散して増殖してしまった画像を完全に消し去る事は不可能です。

この事件は現在からまだ10年と少し以前の事件ですが、ネットでの個人情報の取り扱いには大手の商業メディアですらそれほどの気を使っていなかった頃でした。こうした要因もあっての悲劇だったのです。

余談になりますが、2018年に入ってからも大手メディアなどがネットニュースで「ケツ毛バーガー事件」という言葉などを使用するケースも見られ、あまりにも被害者に対する配慮が足りていない印象を受けます。

そういった言葉が報じられるたびに、ケツ毛バーガー事件は再びネット上での話題として持ち上がってしまい、これまでケツ毛バーガーについて知らなかった人にも拡散されてしまいます。

NEXT 自殺報道も出た