牛島辰熊は不敗の牛島のモデルだった?伝説や逸話まとめ【鬼の牛島】エンタメ

牛島辰熊は不敗の牛島のモデルだった?伝説や逸話まとめ【鬼の牛島】

目次

[表示]

牛島辰熊に対しての海外の反応

牛島辰熊さんの強さは海外ではどのような評価を受けているのでしょうか?

牛島辰熊さんは海外でも高く評価されているようです。牛島辰熊さんがタダモノではない強さを持っているということが、柔道を知らない海外の方も驚いていたそうです。

牛島辰熊は東条英機の暗殺を計画した?

牛島辰熊さんは昭和19年に当時の首相であった東条英樹首相の暗殺を企てます。戦争が拡大していく中で、東条英樹首相を抹殺しなければ日本が滅びてしまうと考えたのです。

この首相暗殺の計画を企てている中で、計画書がもれてしまいます。そのため、牛島辰熊さんは逮捕されることとなってしまったのです。

その結果、牛島辰熊さんは禁固1年半・執行猶予2年という判決を下されました。

牛島辰熊の得意技とは?

牛島辰熊さんは圧倒的な強さを持っていました。では、牛島辰熊さんの柔道における得意技はどのようなものだったのでしょうか?

寝技が得意だった

牛島辰熊さんは、相手を一定時間以上を抑え込むことでポイントを取れる寝技が得意だったそうです。この技は体格差があっても関係なく行える技として、小柄な体格の選手には向いていたそうです。

牛島辰熊さんはこの寝技の習得に力を注ぎ、寝技を得意技とするまで磨き上げたそうです。

「柔道はあくまで武術である。武士が戦場で刀折れ矢尽きたあとは、最後は寝技によって生死を決するのだ」と語った。

(引用元:wikipedia)

このように、牛島辰熊さんは柔道では寝技が重要だと考えていたそうです。そこまで大きな体付きではないからこそ、体格差があっても勝てる戦術を思いついたのかもしれません。

牛島辰熊さんはとにかく勝利する方法をいつも考えて、トレーニングを行っていたのです。それが牛島辰熊さんの強さの秘訣なのでしょう。

柔道は精神性が重要

牛島辰熊さんが洞窟に籠って精神性を鍛えようとしたように、柔道には精神性が重要だと言われているのです。

柔道に限らずスポーツの世界では同じかもしれませんが、試合で勝つためには精神性を鍛えなければなりません。

試合で勝つためには?

試合になるといつもの調子がでなかったり、試合を優位に進めることができなかったりしてしまいます。多くの試合をこなしていくのもいいのですが、一番重要とされるのが精神性の部分です。

試合という大勢の人に見られる状況の中で、普段の力を発揮できる精神が大事なのです。そのために、練習も試合と同じだと思い取り組むことや、普段の自分でいられるルーティンを作ることをしなければなりません。

なかなか難しいですが、この精神性は柔道だけではなく社会に出た時も自分の強みとなります。精神を鍛えるのは大変かもしれませんが、強くなるためには必要なことなのかもしれません。

牛島辰熊はやはり強かった

牛島辰熊さんについていろいろと調べてきました。牛島辰熊さんは筋肉だけではなく、精神力も鍛えようとしたりと、圧倒的な強さを誇っていました。

その強さは漫画界にも影響し、漫画の登場人物のモデルにもなっていたのです。牛島辰熊さんの強さは弟子である木村政彦さんにも受け継がれていました。

柔道界での名を残した牛島辰熊さんの伝説や逸話は、今後も語り継がれていくことでしょう。これからも柔道界から伝説となる人が現れることに期待しています。

柔道に関する記事はこちら

https://career-find.jp/archives/68964

2/2