XXハンター(渡辺ゆうき)の語録一覧!本人特定から逃亡まで

xxハンター(渡辺ゆうき)とは、インターネット界で一躍有名になったYoutube動画配信者です。一体xxハンター(渡辺ゆうき)とはどんな人物なのか、彼の持つ語録や元ネタとは、住所やtwitter特定の経緯、顔バレしているのか、などについてまとめていきます。

xxハンター(渡辺ゆうき)とは

xxハンター(渡辺ゆうき)とは、Youtubeにてモンスターハンターxx(ダブルクロス)のゲーム動画配信を行った人物です。配信時の動画タイトルは「【MHXX】参加者募集ネセト一式のくそ雑魚ゆうたはくるな」。

計12回のYoutube動画生配信を行っており、当初はゲーム画面のみの動画配信でしたが、8回目からボイスありで動画配信を行っています。

12回という短い期間での動画配信にもかかわらず、なぜここまで有名となったのか、xxハンター(渡辺ゆうき)が認知された経緯や特徴を解説していきます。

計12回YouTubeでMHXXの生配信を行いネットで嫌われる

経緯としては、2017年5月1日の第1回配信から始まり、5月29日の第12回目の配信にて幕を下ろすこととなりました。

動画配信回数は12回ですが、期間としては1か月と少し間隔が空いての配信状況となっています。

なぜそこまで有名になったのか?

xxハンター(渡辺ゆうき)の動画配信の何がそこまで目を引いたのかというと、xxハンター(渡辺ゆうき)の言動です。

彼のゲームプレイスキルに対しても視聴者から「下手」などと煽られることはありましたが、それ以上に彼自身の言葉遣いやネットリテラシーを軽視する行動に対して多くの批判が集まり、炎上したのが経緯となります。

悪い態度、常識ない行動、ブーメランな発言が多く嫌われていた

xxハンター(渡辺ゆうき)は、その傍若無人な態度や人を傷つける誹謗中傷的発言を頻繁にすることから、視聴者や参加者から嫌われていました。

中にはそれをネタにして面白おかしく感じている人もいましたが、xxハンター(渡辺ゆうき)の言動は見ていて気持ちが良いと言えるものではありませんでした。

具体的には、オンライン上で集めた参加者に対して、妨害行為やアイテムの物乞いをする姿が目立ちました。また、自分にとって都合の悪いことが起きると脅迫したり暴言を吐いたりしました。

時に、xxハンター(渡辺ゆうき)の暴言がそのまま彼自身に当てはまっている”ブーメラン発言”であることもしばしばありました。

進撃の巨人とSAOキリトを崇拝している

漫画・アニメ作品である「進撃の巨人」のエレンや「SAO(ソードアート・オンライン)」のキリトを崇拝していました。

xxハンター(渡辺ゆうき)自身がそのキャラになりきり、モンスターに斬りかかる度に自分なりの「カッコイイセリフ」を叫んでいました。

自称エリアルスタイル使いであったxxハンター(渡辺ゆうき)は、他のプレイヤーがエリアルスタイルであることを好みませんでした。

自分だけがカッコよくモンスターに斬りかかれる役割を持つ者としてありたかったようです。

NEXT 特定されネタとなり、xxハンター語録が特にネタにされる