天理教がなぜやばい?信者の勧誘と生活の実態や信者の芸能人一覧

有名な新宗教の一つ「天理教」ですが、一部からはかなりやばいのではないか?との噂も見られます。今回は天理教の信者による勧誘やおつとめなどの生活の実態などをまとめます。また、天理教の信者であると噂されている有名芸能人についても合わせて紹介します。

天理教ってやばいの?天理教の概要?

江戸時代末期に成立したとされる比較的新しい宗教である「天理教」は、まだ歴史は浅くいわゆる振興という部類に入る宗教なので、やばいと噂されていたりもします。

今回は天理教がやばいと噂される理由を中心にまとめていきますが、その前にまずは天理教とはどのような宗教なのかについて簡単にまとめていきたいと思います。

天理教の根本となる教え「陽気ぐらし」

天理教の根本となっている教えは「陽気ぐらし」と呼ばれる教えです。これは元々この世界に人間を作った神様が、その人間たちが陽気に暮らすのをみて、自分も一緒に楽しみたいと思った事が元になっているとされます。

人間はこの神様の力によって生かされているため、神様が見たいと望む「陽気ぐらし」を実現する事こそが、人間の役割であるとする考え方が天理教の教義の根本の柱となっています。

天理教の教祖・中山みきとはどんな人物?

天理教の教祖は「中山みき」と呼ばれる女性です。この人物は江戸時代の寛政10年(1798年)現在の奈良県天理市にあった三昧田村で庄屋前川家の娘として生まれました。

中山みきは中山善兵衛という人物に嫁ぎ7人の子供をもうけています。41歳の頃に長男の足の治療のために行った加持祈祷の依り坐となった時に神が憑き、天啓を受けた事で天理教の教祖となります。

天理教の歴史について

天理教の始まりは1838年長男の足の病の治療のため、山伏に祈祷を依頼した事がきっかけでした。神様を下ろすための依り坐を中山みきが務めた時、中山みきの様子が一変したそうです。

これを見た夫の善兵衛は「あなたは何神様」ですか?尋ねた所、みきは「我は天の将軍なり」と答えたのだそうです。さらに自分は人を作った元の神で、世界を助けるためこのみきを神のやしろに欲しいと語ったそうです。

これによって、中山みきは天理教で「月日のやしろ」と呼ばれる神と人間の間に立つシャーマンの様な存在とされます。これによって天理教は成立し、現代までに広く広まり全国に教会を持つ巨大宗教となったのです。

天理教は評判悪い?天理教がやばいと言われる理由

簡単に天理教の教えと成り立ちを説明しましたが、ここから今回の本題である新興宗教である天理教がやばいと言われる理由についてまとめていきたいと思います。

NEXT 財産がなくなるという噂?