松本コンチータ(元AV女優)の現在は?加藤浩次とのエピソードもまとめ エンタメ

松本コンチータ(元AV女優)の現在は?加藤浩次とのエピソードもまとめ

伝説のAV女優『松本コンチータ』の現在は?その名前の由来とは?そこにはあの松本人志もからんでいた!松本コンチータに加藤浩次が楽屋でやらせた驚愕のプレイとは?竹内力がやらせたかったマニアックなプレイとは?話題な事柄をまとめます。

目次

[表示]

松本コンチータの現在は?

松本コンチータさんの現在が話題になっているようです。松本コンチータさんとは、1990年代に主に活躍していた女性です。

当時、彼女に夢中になった男性は少なくないはずです。テレビの歴史に大きなインパクトを残したのは間違いありません。そんな彼女は今、何をしているのでしょうか?

『松本コンチータ』とは、一体何者なのか?名前だけを聞くと、どこの国の人かすらも怪しくなってしまいそうです。その変わった名前の気になる由来はなんだったのでしょうか?

松本コンチータはAV女優

まず、松本コンチータさんのプロフィールについてご紹介します。『松本コンチータ』は、1990年代にTV番組にも出演していた「AV女優」です。

  • 名前:松本コンチータ(本名不明)
  • 職業:AV女優→マルチ・エロ・アーティスト
  • 出身:青森県(AV女優時代は大阪府出身となっていました)
  • 生年月日:1973年8月10日

松本コンチータは短大を卒業して上京後、事務所のスカウトにより、1993年12月「あぶだかだぶら!コンチータの淫らな祈り!」というAVでデビューしています。

しかし、残念ながら「AV女優」としての目立った作品はありませんでした。それでも、深夜のTV番組を中心に、あけすけな発言が話題となり、一部では絶大な人気を誇っていました。

「お色気番組」ファンにとっては強く印象に残っている女性の一人です。

名前の由来は「チ○コ立ち」と松本人志

『松本コンチータ』の名前の由来は一風かわったものでした。そのきっかけを作ったのは、ダウンタウンの「松本人志」だと言われています。

デビュー直前の1993年、フジテレビの特番『FNSの日1億2450万人の平成教育テレビ』で、ダウンタウンが担当する『これからAV女優になるのは誰だ?』に出演した際に、命名されました。

『松本コンチータ』の「松本」は「松本人志」の「松本」です。それでは「コンチータ」は何だったのかと言うと、当時の事務所の社長が考えた「チンコ立ち」のもじりだったそうです。

松本コンチータの今現在は1997年以降の詳細は不明?

「AV女優」としての活動を終了して以降は「マルチ・エロ・アーティスト」と自称して映画やVシネマなどへの出演をしていました。

さらには、クラブイベントでのパフォーマンス、マルチメディア作品の制作、風俗店のプロデュースなど、多岐にわたって活動をしていたようですが、1997年を境に活動の記録は残っていません。

芸能活動自体も辞めてしまっていると思われます。地元の青森に戻ったか、どちらにせよ一般人として暮らしていると思われます。

松本コンチータが竹内力の性癖を暴露した?

竹内力は、Vシネマの世界では知らない人はいない大物俳優です。松本コンチータが当時、竹内力と交際していたのでは?という噂があります。

さらにはマニアックなプレイまでさせようとしていたと噂になっているようです。なんと松本コンチータは後に竹内力の驚きの性癖を暴露したんだそうです!

一体何をさせようとしていたのでしょうか?

松本コンチータは竹内力と交際していた?浣腸を強要された?

竹内力が松本コンチータにさせようとしたプレイ。それは「浣腸」です。恋人同士でもめったに手を出さないジャンル「浣腸」が竹内力の性癖なのだそうです。

何故このような話が出たのかと言うと、松本コンチータ自身がテレビで発言したからです。テレビ大阪の「大顔面テレビ」で松本コンチータが語っていました。

竹内力とセックスをした時に浣腸を誘われ断ったと話しています。竹内力が「お前、浣腸が好きなんだろ?」と当たり前のように聞いてきたそうです。

松本コンチータは加藤浩次と衝撃の関係にあった?

「極楽とんぼの加藤浩次」と言えば、日本テレビの朝の顔としても有名な芸能人ですが、その加藤浩次と松本コンチータが衝撃的な関係にあったというのです。

この二人の関係性とは、一体何だったのでしょうか?

松本コンチータはハケ水車などで有名な「殿様のフェロモン」に出演していた

「殿様のフェロモン」は「めちゃ²イケてるッ!」の前身番組です。その中の人気コーナーの「ハケ水車」にも松本コンチータは参加していたようです。

「殿様のフェロモン」は、今のようにテレビでの規制が厳しくなかった時代でも、クレームの嵐だったというお下劣番組として人気を博していました。

そんな番組に出演できることは当時の人気の高さを表しています。

松本コンチータは加藤浩次に楽屋でさせられていた事とは?

松本コンチータのようなAV女優がたくさん出ていた「殿様のフェロモン」の楽屋では、今では信じられない光景が繰り広げられていたようです。

その当時の様子を語るナインティナインさんの会話がこちらです。

岡村「「殿様のフェロモン」には、AVの方とかも、よく出てて。松本コンチータとか」

矢部「そうですね」

岡村「居てないところで言うのもアレですけど…加藤浩次が、楽屋でフェラチオさせてたんですよ」

矢部「はっはっは(笑)それ、言うたらアカンでしょ」

岡村「昔ですよ。昔ですけどね」

矢部「そうね」

岡村「今や、奥さんもいて、3人も子供もいるから、ホンマは言うたらダメなんですけど、言うてしまいましたけども」

矢部「うん」

岡村「それをね、有野が楽屋の前で見張ってたっていうね、そんな時代やったんですよ」

矢部「古き良き時代ね」

(引用:「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」)

今でこそ帯番組を持った常識人のイメージが強い加藤浩次ですが、昔は「狂犬」と呼ばれるほどの破天荒な芸風が売りでした。

だとしても、楽屋でフェラチオさせていたというのは、今の時代では絶対に考えられないですね。

このエピソードは恐らく実際にあったことだと思われます。現在の奥さんと出会う前の話でしょう。加藤浩次には現在、大きな子供もいます。

松本コンチータは世界マラナメ教の教祖!?

松本コンチータは自身で世界マラナメ教の教祖だと語っていました。松本コンチータは、過激な発言を連発することでも人気でした。

AV女優としてはそれほどヒットしたわけではなかったものの、独特のキャラからテレビ番組等で人気を得ていたのです。

松本コンチータは豊田薫を逆指名!?

松本コンチータは、1年で4万本を売り上げるAVを生み出したことでも知られる有名なAV監督・豊田薫逆指名したことでも話題になりました。

この作品は松本コンチータの引退作となり、ハードなSMプレイのある作品となったようです。

高校生ラッパーの中でも松本コンチータは人気者

若い世代の間で大人気の「高校生ラップ選手権」出場者の中にも『松本コンチータ』のファンが居たようです。それは「かしわ」という大人気ラッパーです。

BSスカパー!で放送されている「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」の出場者「かしわ」の代表曲には「愛のコンチータ!!」という曲まで存在します。

「かしわ」は下ネタラップを武器に何度も決勝に勝ち上がる程の実力者です。「愛のコンチータ!!」の中では、最近の「AV女優」は可愛いけど『松本コンチータ』が一番だと強く歌っています。

松本コンチータの経歴!出演作品まとめ!

最後に松本コンチータさんの経歴や出演作品についてまとめたいと思います!

松本コンチータがAVデビューしたきっかけは?

JayMantri / Pixabay

先にもご紹介したとおり、松本コンチータはスカウトを受けてAV女優としてデビューしています。しかしながら、そのスカウトは「テレビに出してあげる」というスカウトだったようです。

松本コンチータは騙されたと語っていました。

AV女優の活動歴は短い!?マルチ・エロ・アーティストとして活躍!

1993年にAV女優としてデビューした松本コンチータですが、AV女優として活動していたのは1994年まででした。1994年10月には、事務所との契約を終了しています。

しかしその後、「マルチ・エロ・アーティスト」と名乗り、テレビや映画、イベントや映像作品・音楽作品等で活躍することとなります。

出演作品①:ゲームソフト「天城紫苑」

松本コンチータの出演作品としてご紹介する一つ目はゲームソフト「天城紫苑」です。

こちらは実写版のゲームソフトとなっていて、旅館内で起きる連続殺人事件がテーマになっています。

出演作品②:映画「ぬるぬる燗燗」

松本コンチータの出演作品としてご紹介する二つ目は映画「ぬるぬる燗燗」です。1996年に公開されています。

究極のぬる燗を作るために、女の肌で温めるという方法を真似する居酒屋主人の物語となっています。

出演作品③:シングル「お気楽で行こう」

松本コンチータは「ポール牧 with 松本コンチータ」名義でシングル「お気楽で行こう」もリリースしています。

今はコンチータと言えば松本ではない?

昔の時代で「コンチータ」と言えば殆の人が『松本コンチータ』を連想したと思いますが現在は違うようです。

テレビ以外にも色んな媒体が存在する今、映像業界の事情も変わってきているようです。

髭の歌姫コンチータ

  • 名前:コンチータ・ヴルスト (本名:トーマス・“トム”・ノイヴィルト)
  • 職業:ドラァグクイーン歌手
  • 出身:オーストラリア

いわゆる「オネェ」の彼女は、美しい女性のような顔に男らしい髭という個性的なスタイルと伸びのいいロングトーンが魅力的なシンガーです。

「加藤浩次」の「スッキリ!」にも出演する程の世界的に有名なドラァグクイーンとして活躍しています。日本では「はるな愛」と共演するなど、今の若い世代の間で「コンチータ」といえば彼女です。

「悪食娘コンチータ」

「悪食娘コンチータ」は「初音ミク」でお馴染み「VOCALOID」シリーズの楽曲です。「MEIKO」というキャラクターのボイスで制作されました。

ニコニコ動画やYouTubeで爆発的人気となり「MEIKO」オリジナル曲としては初となるミリオンを達成しました。

「バニカ・コンチータ」という美しい娘の生き様を描いた曲です。現在では「コンチータ」の知名度は圧倒的にこちらのほうが上かもしれません。

芸能界のタイムカプセル

芸能界は弱肉強食だと言います。売れたと人も、翌年には消えてなくなる世界です。テレビで一時代を築いたとしても、「現在」に姿を見せなければ「過去」として終わっていくモノです。

それでも名前を聞いただけで当時の記憶を呼び起こしてくれる・・・そんな芸能界のタイムカプセルとして「松本コンチータ」の名前はちゃんと今でも残っています。

今は出ていない人達の歴史があるお陰で、今の時代のテレビがあるのです。時代が変わって放送内容も大きく変わっていきます。次はどんなテレビの時代がやってくるのでしょうか。