ウトロ地区とは?どんな場所?問題ありで治安が悪い?現在の状況も エンタメ

ウトロ地区とは?どんな場所?問題ありで治安が悪い?現在の状況も

ウトロ地区と呼ばれる場所をご存知でしょうか。日本であるにも関わらずカタカナで呼ばれています。時代背景によりタブー視する人もいるようです。過去の問題や、現在の治安も含めウトロ地区とは、どういった場所なのかに関して詳しく解説します。

目次

[表示]

ウトロ地区とはどんな場所?

京都府宇治市内にはウトロ地区と呼ばれる場所があります。ウトロ地区はこれまでの歴史から現在まで様々な騒動や、国際問題を抱えてきました。

画像を見る限り、不思議な看板が無数にある、一見不気味とも言えるウトロ地区とはどのような場所なのでしょうか。

まずは過去に起きた騒動を伴う歴史や地区の紹介と、現在の状況や治安について詳しく紹介します。

ウトロ地区とは京都府宇治市伊勢田町51番地にある地区のこと

ウトロ地区とは、京都府宇治市伊勢田町51番地にある地区の名前を指します。在日韓国、朝鮮人の集合住宅地域の1つで、自衛隊大久保駐屯地に隣接しています。

日本ではあまり知られていませんが、韓国の非営利団体のアルムダウンによると、韓国の人気コメディアンによるウトロ地区への寄付がニュースで取り上げられています。

ウトロ地区は北海道のウトロとは関係がない、正しい地名は宇土口

ウトロと読む土地名は北海道オホーツク総合振興局斜里郡斜里町にも存在しています。北海道のウトロは漢字で「宇登呂」と表記されます。

北海道のオホーツク海に面する海洋性気候で寒さが厳しい土地ですが、観光地しても有名です。京都のウトロ地区と北海道のウトロには特に関係がありません。

そもそも、京都のウトロ地区の正しい名称は、宇土口です。その場所に、住んでいた朝鮮人が、「口(くち)」をカタカナの「ロ」と誤読したことから、いつしかウトロと呼ばれるようになりました。

京都のウトロ地区とは、俗称と呼ばれる名前です。

ウトロ地区は戦時中の航空機工場の飯場が元

ウトロ地区とは、かつて第二次世界大戦中に京都飛行場と、併設の飛行機工場の建設が行われました。建設工事には1300名に及ぶ朝鮮、韓国の国籍の従業員が従事しました。

彼らと従業員家族が飯場で生活を行っていた地区が、ウトロ地区の前身とされています。

戦後GHQが帰国命令を出すも帰国しなかった(できなかった)住人が不法占拠?

第二次世界大戦の終盤に飛行場や、軍事工場は爆撃の標的になりました。飛行場であったウトロ地区に関しても同様に1945年に爆撃され、飛行場としての役割が果たせなくなりました。

従業員は全員失業し、戦後アメリカGHQより、ウトロ地区に住居する外国人に対して祖国に戻るようにと、命令が下されました。

しかし、諸事情により帰国ができず、命令を無視し、住み続ける人もいました。退去勧告を否定した住人は不法占拠滞在者としての烙印を押されて時が流れます。

ウトロ地区の住民は強制徴用者ではない住民がほとんど?

戦時中の外国人労働者というと、強制労働のイメージが強くあります。しかし、ウトロ地区においては強制徴用されていない住民がほとんどであることが、ウトロ国際対策会議の調査により判明しています。

また、2005年の段階でウトロ地区に住む住民の割合調査行われ、住民の大半がもともと日本に住んでいた朝鮮人や徴兵から逃げて移住してきた者など、徴用者ではなかったことも明らかになったのです。

2006年に韓国政府によってまとめられた報告書によると、大戦中に建設工事に関わった人もしくは、その子孫が30%強に過ぎないことが確認されています。

戦後ウトロ地区に移住した人も多かった

そもそも朝鮮人が徴用者としてウトロ地区で働いていたのは、1944年9月から翌年の3月までと半年程度の短い期間でした。

そのため徴用者の大半は戦後、家族や財産を残してきた母国へと帰っていったのですが、逆に朝鮮から日本にいる親族を頼って「ジャパンドリーム」を求めて移住してくる人々も少なからず存在したとされます。

戦中から住んでいた人が多いという印象の強いウトロ地区ですが、実際には戦後によりよい生活を求めて朝鮮からウトロ地区に移住してきた人も多かったのです。

ウトロ地区と他のコリア・タウンとの違い

日本国内には埼玉県の蕨市、千葉県千葉市、東京都の新大久保、上野、大阪府大阪市の生野区、山口県の下関市など多数のコリア・タウンが存在します。

これらのコリア・タウンは日本国籍を取得した朝鮮、韓国出身の人々やその子孫が飲食店などを経営して暮らしている地区であり、観光地にもなっています。

しかしウトロ地区は日本で唯一、私有地が外国籍の人間によって不法占拠されている場所であり、他のコリアンタウンとは全く異なる性質を持っているのです。

ウトロ地区問題とはどんな問題?

第二次世界大戦後に居残り続けた住人は、ウトロ地区で生活を続けながら様々な騒動が断続的に起こります。

徴用者を装った不法占拠者が多数発生

終戦時にウトロ市区にいた住民の中には徴用者として連れてこられ、帰る場所のない人も存在しましたが、大半は母国での厳しい生活や兵役から逃げるために自発的に日本に渡ってきた人々でした。

彼らが日本に滞在し、土地を占拠する権利は無いはずなのですが、戦争の被害者である徴用者を装って補償を主張したことで同情を買い、ウトロ地区の不法占拠がまかり通るようになってしまったのです。

本当に帰国できなかった徴用者もいた

戦後ウトロ地区にいた朝鮮人たちはGHQよる祖国への帰国命令に反し、滞在を続けました。不法滞在した人の中には説明したように自ら日本に残った人もいれば、帰りたくても帰国できない人も存在しました。

日本政府は朝鮮に渡るためのお金を無料とする施策を取りましたが、施策から漏れてしまう人や、朝鮮までの船賃を捻出できない人もいたのです。

実は船賃は建設現場での労働賃金の数ヶ月分と高い設定をされていました。船賃を捻出できない労働者が出てしまい帰国すらできなかった人もいたのでした。

ウトロ地区で起きた問題①水道管の敷設での騒動

1962年の7月、ウトロ地区がある場所の土地所有権が、日本国際航空工業の合併に伴って日産車体工機に移管されました。

しかし土地が私有地になっても住民が立ち退くことはなく、やがてウトロ地区の土地の所有者である日産車体と住民との間で対立が起こります。

ウトロ地区住民側の水道管の敷設要求に対して、所有者である日産車体は不法占拠であることを理由に、認められないという見解を出しました。

最終的に住民の訴えが認められる

日産車体の対応を受けてウトロ地区住民側は、人権問題であるとして反発。双方の意見対立が起こりましたが、結果的に1987年3月に日産車体側で水道管の敷設を認めることになりました。

当時はウトロ地区に住んでいるのは戦争の犠牲となった人々と、その子孫だと日本でも信じられていたために、世論も住民側の肩を持つ傾向にあったとされます。

ウトロ地区で起きた問題②保証要求騒動

jaygeorge / Pixabay

1988年ウトロ地区住民は、日産車体に対して、補償を要求しようと上京をしました。補償要求を起こす背景となったのは当時のドイツで起きた、とある補償要求です。

第二次世界大戦中に強制労働を強いられたとしユダヤ人が、結束してダイムラー・ベンツ社に対して補償要求を起こし、ダイムラー・ベンツ社側は2000万マルクを支払っています。

これと同じことをウトロ地区の住民は、日産車体に訴えようとしたのです。

しかし日産車体側は、補償を要求する住民との面談は拒否したため、住民が補償要求を突きつけることは失敗しています。

後年になりますが、ユダヤ人の強制労働の実態がウトロ地区住民の労働と比較して、かなりの格差があったことが判明。その後、ウトロ地区の住民が補償要求を行うことは無くなりました。

ウトロ地区で起きた問題③土地転がし騒動

水道管敷設問題から、日産車体はウトロ地区がある場所の土地を、同地区の自治会の会長を名乗る許昌九(ホ・チャング)に売却しました。

許昌九(ホ・チャング)は、ウトロ地区の土地を西日本殖産という不動産会社に売却しています。西日本殖産は許昌九(ホ・チャング)が役員を務める有限会社です。

1988年に西日本殖産の社長は、西日本殖産ごとウトロ地区の土地も含めて売却をしています。

この当時はバブル全盛期と呼ばれていた時代で不動産投資の売買の利鞘稼ぎが、多くなされていた背景があります。この手法を土地転がしと呼ばれていました。

西日本殖産が住民に対し土地の購入または立ち退きを求めて訴訟

AJEL / Pixabay

その一方で、西日本殖産はウトロ地区の住民に対して、土地を購入するか、退去するかを求める訴訟を起こしました。この立ち退き問題の抗争は長期化。

2000年にやっとウトロ地区住民側の敗訴が確定し、土地の所有権問題に関しては2006年に最高裁にて、日本殖産に土地所有権を認める判決がされました。

ウトロ地区で起きた問題④不正な所有権変更騒動

土地の転売で莫大な利益を生んでいたウトロ地区ですが、2004年には不正な所有による騒動が発覚しました。

ウトロ地区土地一体は、所有者である西日本殖産から、右翼団体でヤクザ出身の井上正美という個人に対して所有権が移っていたことが発覚したのです。

合意のない不正な所有権の移管だった

Capri23auto / Pixabay

その後西日本殖産が、所有権の無効を訴える訴訟を起こしています。井上氏はメディアからのインタビューを受け、韓国政府にウトロ地区を購入するように持ち掛けたということを明かしました。

売買に関して不正かつ傷害事件を伴う強引な手口による手段を取ったとして、後日、逮捕監禁致傷および、強要罪により逮捕をされています。裁判においても土地の所有権は西日本殖産と認定しています。

ウトロ地区で起きた問題⑤公営住宅及びウトロ記念館の建設を京都府に要望

2007年にウトロ地区住民により、ウトロ地区がある場所に公営住宅と、ウトロ記念館を建設する声が京都府に届けられました。

2004年に韓国にて行われた国際会議にウトロ地区に住む住民が出席して問題提起を行い、以降、韓国国内でウトロ地区への関心がにわかに高まっていったのです。

これを受けて政治の議題にもウトロ市区がのぼるようになり、日本でも冬柴国土交通大臣が協議会設置を指示するに至りました。

ウトロ記念館の建設要望は見送られる

しかし京都府や宇治市の財政難を理由に、ウトロ地区記念館を建設する理由が見当たらないとして、届け出は見送られています。地元の新聞ではこの要求について何回か記事で取り上げられました。

ウトロ地区で起きた問題⑥固定資産税の滞納問題

MabelAmber / Pixabay

ウトロ地区の土地一体の所有者である西日本殖産は、土地に課税される固定資産税の滞納により、ウトロ地区の土地を差し押さえられ、土地所有者は2010年10月に宇治市に落ち着きます。

その後2011年1月にウトロ地区市民が設立した財団法人により、土地の一部が再度西日本殖産へ移転。

当時は韓国政府が支出する貨幣のウォンが円高、ウォン安で価値が下がってしまい、西日本殖産側が想定していた土地の半分の土地のみ入手となりました。

ウトロ地区で起きた問題⑦反日感情を煽る材料に

ウトロ地区を占拠しているのが徴用者やその子孫だけではないことが明らかになった後も、韓国では反日感情を煽るためにメディアで戦争の被害者としてウトロ地区が紹介されることがあるといいます。

またウトロ地区開放のための募金を行う、芸能人が支援を訴えるなどの活動も盛んに行われており、現在でもウトロ地区は政治利用もされているのです。

ウトロ地区出身の芸能人はいるの?

ウトロ地区とは過去に、様々な騒動や土地の売買といったトラブルや問題を抱えてきました。
時が流れて、現在のウトロ地区がどうなったのか、という観点にフォーカスを当ててご紹介します。
また、ウトロ地区を出身の芸能人がいるとの噂も検証します。

安田美沙子がウトロ地区出身だったって本当?

過去の歴史を見ても、多くの騒動が起きていたウトロ地区ですが、女優の安田美沙子さんはウトロ地区出身ではないか?という噂をよく耳にします。

仮に安田美沙子さんがウトロ地区出身である場合、国籍は韓国か朝鮮の可能性が高い、ということになります。安田美沙子さんにそのような噂が立ったのは理由があります。

安田美沙子さんは生まれは北海道

安田美沙子さんの出身地は京都府宇治と公表しています。しかし、安田美沙子さんの、生まれは北海道札幌市で、その後は京都府北部で育ち、途中から宇治に引越しをしています。そのまま宇治にある高校を卒業しています。

安田美沙子さんが、ウトロ地区出身であれば、生まれた場所が京都府宇治市になるはずです。しかし、生まれは北海道札幌市です。北海道にはウトロという地域もありますが札幌市とは程遠い場所です。
北海道生まれであることは関係なく、転居した場所がウトロ地区がある宇治市であることから、もしかしたらウトロ地区出身なのではないか、という噂が先に走ったことが真相です。
転居した先の宇治市は広いことから必ずしも安田美沙子さんの実家がウトロ地区であるとは言えません。

ウトロ地区出身の芸能人は本当にいない?

ウトロ地区出身の芸能人として噂されるのは、安田美沙子さんの名前が挙がっています。真偽は定かではありません。その他にウトロ地区出身の芸能人について調査するも該当者がいませんでした。

そもそも2005年の段階でウトロ地区に住む住人を調査したことろ、世帯数が65世帯でした。人口が元から少ないこともあり、芸能人でなくても、なかなかウトロ地区の出身者には巡り合うことが難しいようです。

ウトロ地区の画像を紹介・治安は?危険なの?

インターネット上ではウトロ地区の独特の雰囲気を放つ外観が度々話題を呼んできました。実際に現地に赴いて写真撮影をして、ブログや掲示板にアップする人が後を絶ちません。

建物が廃墟のような写真が沢山見受けられます。

NEXT:怪しい看板が多い?
1/2