ポリフェノール秋山とは?現在は横山緑で議員に?嫁や子供は?過去の動画も

ポリフェノール秋山または横山緑とはご存知でしょうか。動画配信や議員に当選したりと話題になりましたが、そんなポリフェノール秋山の嫁や子供、離婚についてはもちろん、まったんやまろんとは誰なのかという真相に迫っていきたいと思います。

ポリフェノール秋山とは?

ポリフェノール秋山と言われても誰でどのような人物なのか、想像がつかないと思います。果たしてどのような人物なのか気になる真相を探っていきましょう。

ポリフェノール秋山は元AV男優・配信者・市議会議員

ポリフェノール秋山とは、1977年9月25日生まれ現在40歳であり、AV男優および監督をしていた人物です。最終学歴は映像系の専門学校で、AV男優についてはおそらく2005年頃に引退されたと思われます。

また、2009年頃から横山緑という別名を使用し、ニコニコ生放送を配信し始めたようです。さらに2018年6月の市議会議員選挙に立候補し、当選したことでネット上では賛否両論の議論となり話題になっています。

現在は横山緑という配信者として活躍

2009年頃から横山緑として動画を配信し始め、現在は企業がインターネットで配信している番組に出演しています。また、個人の配信では視聴者に募金を募ったり、乞食のようなことをして生計を立てているようです。

その配信方法としては、配信中は常に屋外であっても覆面は外さないので取材として飲食店に入りますが、店側としては迷惑でなので追い返されることが多々あり、それが原因でディズニーも出禁になったそうです。

素顔については、イケメンとなのではと言われていましたが、現在はM字ハゲで10円ハゲで笑うと顔がロバのようで気持ちが悪いと言われているようです。

更に、昔の交際相手の女性から笑っていない時の方がかっこいいと言われたことからできるだけ笑わないようにしており、配信中に笑ってしまいそうな時は急に駆け出してカメラの前から消えてしまいます。

そして、笑いのツボや笑うタイミングがおかしいとそのことに関しても視聴者からは気持ち悪がられているようです。

2018年に選挙でNHKから国民を守る党で立川市議会議員に当選

2018年6月17日に開票が行われた立川市議会議員選挙において、横山緑が目標の1000票を上回る1231票を獲得し、28議席中26番目で当選しました。

動画配信では、過去には金銭トラブルの様子を中継したり、離婚訴訟で敗訴するなどの問題も多かったため、ネット上では賛否両論の議論となり現在も荒れているようです。

また、選挙活動においては一部、指摘されるような行動や発言、演説といった問題行動もあったようですが、このことに関しては選挙委員会が判断するでしょう。

本名は久保田学

NHKから国民を守る党から立川市議会議員選挙に出馬したことによって、久保田学という本名が明かされたようです。

ポリフェノール秋山(横山緑)の素顔は?

立川市議会議員選挙に出馬する際に、当初は覆面を着けたまま出馬する予定でしたが、横山緑が着用している覆面はドン・キホーテで簡単に購入できるということで成りすましの危険性を考え、不可能となりました。

そこで、今まで公にしてこなかった素顔を晒すこととなりました。しかし、ニコニコ生放送の配信中に素顔が映り込んでしまったこともあるようです。

ポリフェノール秋山(横山緑)のツイッターは?

ツイッターについては、横山緑という名で登録しており2016年から利用しています。現在のフォロワーは1万9000人を超えています。

さらに、NHKから国民を守る党のくぼた学としてのツイッターも2018年に開設され、現在のフォロワーは8000人を超えています。

ポリフェノール秋山(横山緑)の有名な動画は?

横山緑が配信する生放送は、暗黒放送と言われており有名な動画も多数ありますが、ポリフェノール秋山として監督または男優として配信していた動画をいくつか紹介していきます。

動画①:寿司

この寿司を食うポリフェノール秋山の動画は、横山緑としての配信ではなくポリフェノール秋山としての動画配信です。

AV監督であるピンクローター有坂と新宿で有名な某回転寿司店にて、大好物である寿司を頬張るだけの普通の外配信のようです。

箸の持ち方や寿司の食べ方は少々マナーがなっていないような気はしますが、この後、横山緑として暗黒放送と呼ばれる配信をするようになるとは想像もつきません。

動画②:テレクラ

テレクラとは、電話を通しての女性との会話を斡旋するお店のことであり、女性から電話がかかってくるのを個室で待ち、かかってきた場合は会話をするというものです。

こちらの動画もポリフェノール秋山としての配信であり、全国テレクラ穴場教えます東京吉祥寺編と題しています。吉祥寺に初めて行き、テレクラの個室で実際に会話をするという動画です。

会話の中でおそらく女性から芸能人に例えると誰に似ているかと問われ、所ジョージや元プロボクサーの薬師寺保栄と答えている場面があります。どちらも似てないように思われます。

さらに、自ら西城秀樹に似ていると発言している場面もあるが明らかに似ていないと思われます。電話にて、実際に待ち合わせをしている様子が伺えます。

動画③:銀行強盗

こちらの動画は、ポリフェノール秋山が横山緑のトレードマークの覆面を被っています。ポリフェノール秋山が出演している銀行強盗という設定のAVであり、タイトルは「銀行強盗女子行員レイプ事件簿1」です。

あまりに迫真の演技なので疑ってしまいますが、設定上の演技であり実際に銀行強盗をしたわけではないのでご安心ください。

AV男優として作品に出演している動画もネット上に多数あり

ポリフェノール秋山として、AVに出演している動画もネット上には多数存在しており、その中でもニコニコ動画には多くあげられています。

30作品もある「テレクラシリーズ」のうちの14作品に出演しているポリフェノール秋山ですが、「家出少女シリーズ」と題されたものなど、少々マニアックなものが多数あります。

ポリフェノール秋山(横山緑)が起こしてきた騒動まとめ

横山緑が配信者として起こしてきた騒動は多くあり、その中でも話題となった騒動を紹介していきます。

騒動①:ディズニーリゾート出禁

このディズニーに出禁となった騒動については有名な話であり、このことを話のネタにしている方もいらっしゃるようです。

ディズニーランドのアトラクションであるイッツ・ア・スモールワールドになった際、覆面を被ってカメラを回していたようで、視聴者が迷惑行為としてディズニーランド側に通報したようです。

事態を把握し、アトラクションから降りた瞬間に逃げ出しましたがすぐにスタッフに捕まり注意されたそうです。謝罪中もカメラを回し配信を継続させようとする姿から反省の色が伺えず、誓約書を書かされたようです。

今後はチケットを購入し、提示したとしてもパーク内へは入場できないそうです。さらに、この件に関してディズニーランド側から賠償金も請求されたそうです。

しかし、これは厳密に出禁にされたわけではなく、覆面を被った横山緑としての出禁であり、久保田学としてであればパーク内への入場は可能ともいわれています。

騒動②:美顔器ローラー名誉毀損事件

この事件は、横山緑が美顔器メーカーに対し名誉毀損したとして裁判となり、公判には50人以上もの方が集まり抽選漏れが出ることとなった有名な話です。

とある美顔器メーカーから美顔器ローラーを購入した際に、商品に陰毛が入っているとの発言をし名誉毀損したとして裁判となりました。

証拠写真などもないため本当に陰毛が入っていたかどうかという確認だけでなく、美顔器メーカーに電話しそれを1万人以上もの人が閲覧している生放送配信をしたことが問題であったといいます。

結果としては、有罪判決となりました。判決によって異議申し立ては棄却され、求刑されていた罰金20万に加え、罰金より負担額が大きいと思われる訴訟費用も負担することとなりました。

この判決結果を不服とし、納得のいかない横山緑は最高裁に控訴する構えであることを連呼していたようです。

騒動③:まったんの妊娠・中絶

まったんとは、ニコ生の元配信者でありニコ生の母とも言われていました。大人気だった当時は、早稲田大学に通っていたそうです。。横山緑は当初、交際していないと交際を否定していました。

しかしその後、交際を認めました。そしてまったんの妊娠が発覚しましたが、中絶させることとなりました。更に、まったんと交際しているにも関わらず別の女性と浮気したことが発覚し、土下座をしました。

そしてその後、再びまったんの妊娠が発覚し、2度目となる中絶をさせることとなりました。ちなみに、まったんは現在専業主婦となり、一児の母です。

騒動④:ニコ生チャンネルがBAN

2018年9月4日に横山緑のニコ生チャンネルが運営により閉鎖されることとなりました。これまで何度ものチャンネル閉鎖危機にも耐え忍んでいたのですが、なぜついにBANとなったのでしょうか。

横山緑は次回違反行為をするとチャンネルを閉鎖すると、運営側から最終警告のメールが来ていた状態でした。そして2018年8月の配信が女性生主のほなちゃんに肖像権侵害で通報され、放送がBANされました。

しかし、このままにしておくとチャンネルが消えてしまうので横山緑は必死に謝罪をし、ほなちゃんも謝罪を受け入れ、運営側にチャンネルを削除しないよう連絡した結果新規入会停止と1ヶ月間放送禁止となりました。

それから後日行った外配信が運営側から削除されました。この外配信がおそらくBANを決定するきっかけとなりチャンネル削除に至りました。そして横山緑のチャンネルである暗黒黙示録は閉鎖となりました。

しかしその後も反省する様子はなく、BANになった原因はドワンゴの代表である栗田穣崇とほなちゃんであると言い、大激怒していたようです。

騒動⑤:まろんとの交際、不倫疑惑騒動

不倫が発覚し、元嫁と離婚した横山緑ですが、2018年4月頃から女性生主のまろんと交際しているのではと噂になっていましたが両者揃って否定していました。

まろんがニコ生放送で彼氏がいることを暴露し、その配信の終了直前に横山緑のトレードマークである黒い覆面マスクを映したことが原因となり噂となりました。

その後交際を認めたようですが、視聴者からは元嫁と離婚する前から交際しており、不倫だったのではないかと聞かれると「それはない」と否定してしたようです。

さらに、まろんは妊娠しているのではないかという質問に対しては全面否定し、「絶対にない」命をかけれるや100万円かけれるとまで言ったそうです。

まろんが結婚は考えていないと発言したことや、不自然な点が多々あることから、友達である配信者のNERと、同棲しているゆかちーのトラブルによる炎上から目を背けるためだったのではという憶測もあります。

ポリフェノール秋山(横山緑)が結婚・離婚した嫁や子供は?

横山緑はまろんとの交際以前に、結婚していた嫁がおり、その嫁との間に子供がいます。その嫁と子供についてみていきます。

ポリフェノール秋山(横山緑)が結婚した元嫁はパンダ

横山緑は女性生主であるまったんとの交際していましたが、その時にヤフーメールでコンタクトしてきた視聴者の方と言われたり、幼馴染と言われる方とできちゃった婚となったようです。

その元嫁はパンダと呼ばれているそうですが、パンダの被り物をするようになった時からパンダと呼ばれるようになったそうです。

パンダのブログからわかることとして、シャンプーや髭剃りをパンダにやらせていたことや俺が居ないと困るだろなどと発言していたことが伺えます。

子供の千八を出産するも離婚

横山緑は元嫁との間に、3人の子供を作りそのうち2人の子供を出産しました。子供は配信では、「千八」「ちびくり」という名前で呼ばれています。

この千八の名前の由来は、横山緑のニコ生有料チャンネルの会費が1080円であることだそうです。更に、子供が3歳になっても言葉が話せず、児童相談所から注意されたこともあるようです。

また、不倫については元嫁パンダとの結婚中に複数人と浮気したといわれています。その浮気が2人目の出産後に明らかとなり、離婚に至ったようです。

ポリフェノール秋山(横山緑)が子供を動画に出すことには賛否両論

横山緑は、ニコ生放送にて夜中であろうと赤ちゃんを配信に出しているということで問題になりましたが、そのことに関しては賛否両論あります。

インターネットが主要である時代であり、夜中の配信で子供を出したからといってそこまで問題視する事ではないという意見があります。

その反対に近所迷惑になるのではないのかという意見や夜中なので暗くし、子供を寝かしつけた方がいいのではという意見が見られます。

その後、児童相談所の職員が横山緑の家を訪問し、なぜ子供をネットに出すのかを問われ、午後9時以降には配信に出さないことにすると答えたようです。

当時、ニコ生配信だけで生計を立てていた横山緑はニートとなる為、子供の入る保育園がなかったようです。また2人目の出産に関しても個人情報が守れないのであれば入院させないと病院から通達がきたそうです。

ポリフェノール秋山(横山緑)の元カノまったんの現在は?

まったんは、現在結婚し一児の母となっていますが、配信界に復活したようです。ふわっちという名前でツイキャス配信をしているようです。

また、今年1月からツイッターやツイキャスのアカウントを作り直し、これから配信することに意欲を見せています。

現在のまったんに対するネット上の声

ふわっちとして配信を始めたまったんは、ふわっちとまったんで同時配信をしていたようで、ネット配信でお金を稼ぐのに必死という意見や配信したものはネット上に残るので子供の将来を心配する声が多数あります。

子供の学校や住所の特定をされる心配の声もあり、まったんが配信をすることに対しての反対意見が過半数です。この状況の中でまったんは、これからどのような配信をしていくのでしょうか。

ポリフェノール秋山(横山緑)VS栗田穣嵩

横山緑とドワンゴ取締役の栗田穣嵩が不仲なのはご存知かと思いますが、その様子はツイッターからも伺えます。

BANになった原因は、栗田穣嵩だと発言していた横山緑ですが、ここ2ヶ月間で栗田穣嵩に関するツイートが6件ほど見られた。

引用ツイート

栗田穣嵩の「議員の方と議論が成立しないのはさすがに草」というツイートに対して、「ドワンゴ取締役がまだネチネチと言ってくる」「立川議員の役職の立場で話してるわけではない」と反論しています。

更に、栗田穣嵩がとある女性生主に「君のことは忘れない」と冗談めいたリプライをしているのに対し、「嫁も子供もいるドワンゴ取締役が好みの女性生主にラブアーピールしてるのはさすがに草」と反撃しています。

とある女性が「栗田さんにアカウントをブロックされた」というツイートに対しても「本人の余裕のない現れ、さすがに草」とこちらも反撃していることが伺えます。

NEXT その他のツイート