試し腹とは?朝鮮半島の風習?韓国の身分制度に関する驚きの風習 エンタメ

試し腹とは?朝鮮半島の風習?韓国の身分制度に関する驚きの風習

昔の朝鮮半島には、試し腹という風習がありました。その「試し腹」とは、当時の朝鮮の奴隷階級の悲惨さを物語ってるもので、デマではないかと思えるような信じられない風習でした。そして当時の朝鮮では、嫁に行くときに出産できるかどうかが最も重要なことでした。

目次

[表示]

朝鮮半島の信じられない風習「試し腹」とは?

以前、朝鮮半島では試し腹という、信じられないような風習が存在していました。その「試し腹」とはいったいどんな風習だったのでしょうか?

「試し腹」とは妊娠できることを証明するため、父親が娘を孕ませる行為

試し腹とは自分の娘が妊娠できるかどうかを確認するために、父親が娘と性行為をして孕ませるという風習でした。にわかには信じられないような風習が、朝鮮半島には存在していたといいます。

なぜそのような風習がまかり通っていたのか?その事を知るには、当時の朝鮮の考え方を知る必要があります。昔の朝鮮では、父親である男性の権力が絶対で女性は妻も娘も奴隷のような扱いを受けていました。

娘や兄妹が嫁に出す時、妊娠できるかどうかを親や兄妹で強姦して確認し、妊娠した状態で嫁に出すということをしていました。生まれてきた子供もやはり奴隷身分であり大人になるまで生きるのは大変だったそうです。

「種男」が妊娠させるという説も

以前に日本の某政治家が、「女は産む機械」でしかないと言いましたが、朝鮮半島ではまさに女性は産むための機械のような扱いを受けていました。

「種男」と呼ばれる男に嫁候補と性交させ、妊娠できることを証明させていたといいます。そして、その時に生まれてきた子供は単なる「種男」の子供ですから、一生涯を奴隷のまま過ごしたそうです。

そうした恐ろしい風習は、日本が韓国を統治した日韓合併の時に、全て廃止されたそうですから、もちろん現在はそんな風習はありません。

生まれてくる子供も奴隷的身分に、大人になれるのも稀?

父親や「種男」によって無理やりに産まされた子供たちは、奴隷身分として一生を過ごし大人になるまで生き延びることも珍しかったようです。

そんな子供たちは、当然ながら生まれてこなければよかったと思いながら、苦痛の一生を過ごすことになります。自分の母親でさえ奴隷の身分ですから、なおさら奴隷でしかありませんでした。

試し腹によって生まれてきた子供は、当然夫の血を引いていないために、妻と同じ奴隷としての身分しかなく、そんな奴隷は人間というよりの品物と同じ扱いをされていましたから、結婚もできませんでした。

奇形児が生まれてくる可能性があり危険

「試し腹」の風習は、長年の日常的近親相姦の結果、脳の前頭葉が委縮してしまい理性が働かないようになってしまいます。また近親相姦で生まれた子供は奇形児が生まれる可能性も高いといわれます。

韓国の奇形児の発生率に関する記事を紹介します。

 韓国で毎年生まれる子どもの10人に1人は先天性異常児であることがわかった。

中央SUNDAYが16日に入手した保健福祉部の資料によると、2014年に韓国で生まれた先天性異常児は4万4896人で、全新生児の10.3%を占めた。2009年に5.1%だった先天性異常児発生率は5年間で2倍に増えた。先天性異常児は奇形だけでなく表面に現れない異常疾患を持って生まれた子どもも含む。保健福祉部の資料は国民健康保険管理公団の満1歳未満の患者のQコード(先天性異常児)に該当する診療人員を指す。

健康保険公団の資料を基に年度別の奇形児発生率を調査したソウル大学医学部環境保健センターの2014年の報告書でも奇形児発生率は2008年の7%から2011年には10%に増えている (引用:中央日報)

試し腹は真実?デマとの見方も?

いくら昔の朝鮮の奴隷制度とはいえ、親子で「試し腹」などの習慣があったのでしょうか?デマではないのかと思いたくなりますが、真実はどうなのでしょうか?

現在の日本の感覚ではありえないような「試し腹」の習慣は、信じられないことですが、「試し腹」はちゃんと文献にも残っている真実の出来事です。

ただ、常に父親やきょうだいが試し腹をしていたわけではなく、近所の親戚や種男にお金を払って頼んでいたようです。以下に「試し腹」についての記事がありましたので紹介します。

「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、「道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる」。これを「試し腹」と言います。
産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。
自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した悪しき習慣だそうです。
日帝が禁止した朝鮮時代の悪しき風習だそうです。(引用:ちゃぬの裏韓国日記)

試し腹は韓国併合時になくなった?

「試し腹」は韓国の奴隷制度があった時代に行われていた風習で、この風習は日韓合併と言われる、日本が韓国を統治した頃には全て廃止されました。

朝鮮総督府発令の制令で禁止されていた?

文献では、朝鮮総督府発令の制令によって「試し腹」は禁止されたとあります。当時日本は国家予算の40%を朝鮮半島のインフラ整備に投資しましたし、その時に奴隷階層の人達にも給料を払っていました。

朝鮮総督府は、1910年に韓国合併によって、大日本帝国の領土となった朝鮮を統治するために、設置された官庁ですから、日本が朝鮮の「試し腹」を禁止したということになります。

「試し腹」は、朝鮮が李氏朝鮮時代(1392年~1910年)に存在していた奴隷制度による暗黒の習慣です。李氏が支配していた朝鮮の時代である李氏朝鮮時代は、国民の43%の人が奴隷階層だったといいます。

証拠と言われていた文献も捏造?

昔の朝鮮では、子供を産むこと特に男の子を産むことが価値のある事とされていますた。そのためには、嫁になる人が事前に出産能力があるかどうかが、非常に問題になっていました。

その行きすぎた思想が、「試し腹」という風習につながっているのですが、現在の思想からしたら異常だと言わざるをえません。しかし、そうした悪しき習慣を現在の韓国人はなかったことだとする人もいます。

証拠である文献にはちゃんと載せているのですが、朝鮮側はその文献さえねつ造だと言う人達もいます。しかし、そうした事実はなかったように証明する方が難しいことなのであって真実を曲げることはできません。

試し腹がアメリカの韓国人家庭で社会問題化?

アメリカでは在住韓国人による、性暴力が蔓延していると問題になっています。また、現在でもアメリカで韓国人が親や兄妹による「試し腹」をしているという噂があります。

ニューヨークでは、2014年には家庭内性暴力の90%が韓国人家庭で起こっていて、韓国の親戚や友人などによって、子供が日常的に性暴行されているといいます。

試し腹のソースを発見?モチーフは日本だった?

「試し腹」のソースが日本と言うわけではなく、以前日本の某政治家が言放った「女は産む機械だ」という言葉から、昔の朝鮮半島で行われていた「試し腹」の思想にそっくりだったためにそう言われたようです。

とはいえ、日本の政治家がわざわざ口に出して、女性を蔑むような発言はあってはならないことではないでしょうか?以前から日本の政治家による暴言が問題視されていますが、講演会などでつい本音が出るようです。

この発言とは2007年に、島根県松江市で行われた自民党県議会の集会で「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっている」などといった発言をした、元大蔵官僚の柳澤伯夫氏の発言です。

試し腹以外の朝鮮半島にあったと言われている風習は?

「試し腹」以外にも朝鮮半島では風習があったのでしょうか?奴隷制度の当時の朝鮮半島にはまだ何かありそうですが、その辺を調べてみました。

朝鮮半島の文化?風習?①:乳出しチョゴリ

18世紀以降、朝鮮では「長男を生んだ女性は乳房を露出する」ことが習慣になっていました。それを「乳出しチョゴリ」と言われていました。どうして長男を産んだら、乳出しチョゴリなのでしょうか?

当時の朝鮮では、男尊女卑の思想が根付いていましたから「長男を生まない女性は価値がない」という徹底した思想でしたから、そんな風習からか、「乳出しチョゴリ」を着るということは、誇りに思っていたのでした。

当時の朝鮮では男の子を生んだことで、社会的義務を果たしたという思いが強かったのでしょう。「乳出しチョゴリ」の習慣は1950年代まで続いたといいますから、朝鮮戦争の直後まで続いていたことになります。

朝鮮半島の文化?風習?②:嘗糞

朝鮮半島の風習には嘗糞という、人間の便を味見してその病状を調べるということが行われていました。その風習は、古代中国にもありましたが、朝鮮では吏氏朝鮮時代まで行われていました。

便をなめてみて、その味が苦ければその人の体調は良くなっているということで、甘く感じればその人の体調は良くないと判断していたそうです。嘗糞とは、そうした医学的な要素を含んだ行為でした。

その後は人の便を舐めて誰の便か当てるという娯楽に発展したようです。また、朝鮮だけでなく日本でも、別の目的で尿の混じった糞尿を舐めて、肥料の良しあしを見分けるといった風習がありました。

朝鮮半島の文化?風習?③:新婚初夜覗き

新婚初夜覗きというのは、朝鮮語で「シンバンニョッポギ」と呼ばれていて、シンバンとは新婚夫婦の初夜の寝室のことで、ヨッポギは覗きという意味だそうです。

朝鮮では新婚初夜に、親戚や近所の人達が新婚夫婦の寝室の障子に穴を開けて中を覗き見するのが風習としてありました。どんな理由でそんな風習が生まれたのでしょうか?

その風習はなぜあったのかというと、当時の朝鮮では早婚が流行っていて、幼い夫婦が失敗しないように見守っていたと言われています。本当にそれだけの理由なのでしょうか?関連記事がありましたので紹介します。

伝統は、昔から引き継がれてきた文化や習慣である。連綿と続くものもあれば、時代の変遷とともに修正されるものや廃れていくものもある。
ある記事に相談を寄せた中学3年生の女子は旧家の生まれで、ある伝統、というか家のしきたりに悩んでいるという。

相談者は、「祖母と大叔母から凄い事を言われました。それは、新婚初夜の時に、2人がエッチしてる所をその部屋の三方からふすまを少し開けて親戚が見るというのです」と話す。

親戚がその現場を見ることで、「生まれた子供の父親が誰であるのか確認できる」、「花嫁の貞操観念を確認する」というのがその理由なのだそうである。
質問者は、自分を「伝統という言葉には弱い」とした上で、「流石に嫌だし、想像するだけで泣きました」と語っている。ただし、その話をした祖母と大叔母が「私をからかっただけなのでは?」「私の貞操観念を強化するための脅し?」とも疑っており、「旧家でもそういうことをする家って本当にあると思いますか?」というのが質問の内容だ(引用:ニコニコニュース)

朝鮮半島の文化?風習?④:トンスル

トンスルとは韓国の伝統的な人糞を使ったお酒です。トンスルとは別名糞酒といいますが、原料や製法に人糞を使うのが特徴です。日本の文化ではありえないような韓国の伝統文化です。

トンスルは解熱作用や解毒作用があると言われていて、特に韓国の田舎の方では頻繁にトンスルが作られ、愛飲されていたそうです。日本でも昔から尿療法というのがありましたが、それに似ているのかもしれません。

とはいえ、さすがに今の韓国では肥料意外で糞尿を再利用することに抵抗があるようで、トンスルのことを知らない韓国人も多いそうです。またトンスルはもともと薬種であって、酒本来の味わうものではないようです。

奴婢と呼ばれる韓国の奴隷制度

韓国には奴隷のことを奴婢と呼んで差別していた時代があります。律令制における身分階級の一つでもあり、良民と賤民とに区別されていた時代の後者にあたるのが奴婢という階級でした。

奴婢(ノビ)は、役所や個人の家で雑用する人で、男は奴、女は碑と呼ばれていました。犯罪者などの子孫だとされ、奴婢の子供もまた奴婢であり借金が返せないために奴婢にされた人もいます。

朝鮮での奴婢という階級は、基本的には牛馬家畜と同じ扱いであり、市場などで取引されていました。また、中国でも奴婢は奴隷の通称であり、古代中国では膨大な数の奴婢が存在していて、労働力の中核でした。

日本における奴婢とは

日本にも奴婢の存在がありましたが、中国の隋や唐の律令制を導入して日本式に改良されましたが、律令制の崩壊と共に奴婢は消滅しました。日本の邪馬台国の時代には奴婢が存在していたそうです。

吏氏朝鮮時代の身分制度とは

吏氏朝鮮時代の身分階級は、一般的には両班、中人、常人、賎人の4つに大別されています。この身分階級は高麗の時代から伝統的に存在していて、吏氏朝鮮の集権的な政治体制が確立して定着しました。

常人や賎人を被支配階級と呼び、支配階級と被支配階級の中間に中人という身分階級がありました。両班だけが、支配階級だったということが分かりますが、そんな制度の中で「試し腹」という風習が生まれています。

両班(やんばん)は日本でいえば、武士や貴族の階級であり全ての官僚という意味だそうです。常人とは、農民などの一般の人達のことで職人や商人も含まれ、人口の大半を占める階級でした。

賎人の中の奴婢の位置づけ

奴婢は財産として扱われ売買ができました。つまり人間ではなく、物扱いでした。奴婢以外の賎人には、僧侶や遊女などもいましたが、職業が厳しく制限されていました。巫女や音楽家も賎人扱いだったそうです。

韓国と日本の関係

韓国は日本に対して執拗に謝罪や賠償要求をしてきますが、どうして日本を許さない言動をとるのでしょうか。日本人もそうした韓国の姿勢に疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

韓国人が日本人に対して、敵対心が根強くあるのは、日本の植民地支配時代に原因があります。それは日本人というよりも日本の政府に対する時効の概念はないという気持ちの現れでもあります。

そして韓国は、国策として反日政策をとっているという事実がありますから、日本と同じような歴史の観念を押し付けることは無意味だといわれています。

韓国と日本の国民性の違い

それだけではなく、韓国という国の国民性というものが要因となっているとも言われています。例えば日本においての歴史は、過去に起こった事実を客観的に検証しつつ事実を解き明かそうとします。

しかし、韓国人は歴史上事実に関係なくとも、こうあるべきだという結論を前提にして物語を作っていきます。そしてその結論を決めるのは戦いの勝者であり、時の権力者だとする考え方です。

韓国人は往々にして、自分達の都合の良い結果をもとに歴史さえも作り変えようとしますが、それは日本人の考え方と根本的に違います。しかし、韓国人の全てが半日思想を持っているかと言えばそうではありません。

試し腹は朝鮮半島の悪しき奴隷文化

「試し腹」は、吏氏朝鮮時代の悪しき奴隷制度の文化だといえますが、日韓合併による日本の統治によって、この風習は廃止することとなりました。日本の文化では考えられない風習です。

しかし、当時の朝鮮の思想の中に結婚することは、男の子を産むということでもありましたから、嫁いだ女性の第一条件が、子供を産めるかどうかだったのでしょう。その思想が強すぎて、近親相姦にまで発展しました。

流石に日本ではありえない風習ですが、結婚や家督文化の違いだけで信じられないような行動に走ってしまうのかもしれません。しかし、その根底には奴隷制度という人権無視の思想もあります。

吏氏朝鮮時代の男尊女卑

吏氏朝鮮時代の女性には名前すらなかったといいます。当時朝鮮人の女性に名前がないことに気が付いたのは西洋人でした。朝鮮の女性は快楽や労働の道具であり、男性とは同等の存在ではなかったと批判しています。

朝鮮人の女性たちは、中国や日本と比べると地位が低く、更にビルマやタイ、インドよりも低いと言われていました。社会的にも政治的にも女性が存在しないし、結婚してからは女性は夫の財産でしかなかったそうです。