高校生(18歳未満)はラブホテルに入れる?ホテルとの違いは? 恋愛・心理

高校生(18歳未満)はラブホテルに入れる?ホテルとの違いは?

どの町にも一つはあるラブホテル。艶やかなネオンでライトアップされ、ラブホ街なども存在するため、興味を示す高校生カップルも多いことでしょう。今回は高校生でもラブホを利用できるのか、普通のホテルとの違いなどについてまとめていきたいと思います。

目次

[表示]

高校生でラブホに入ることはできるのか?

高校生の頃は多感な時期で性にも一番興味が年頃ですね。高校生カップルでラブホを利用することはできるのでしょうか?法律的な問題も含めて詳しくご説明したいと思います。

ラブホは法律的に18歳未満入店禁止

18歳未満のラブホの利用は法律で禁止されています。

東京都の「都青少年育成条例」では青少年のラブホの利用禁止に関する条文が書かれています。またホテルの規約でも「未成年者同伴の入室は、固くお断り致します。」と明示されていることも多いです。

高校生カップルで利用したい気持ちは痛いほどよくわかりますが法律や条例で禁止されていますので見つかれば補導の対象となります。諦めた方が賢明でしょう。

18歳になったからといって入れるわけではない

18歳になったらラブホを利用していいのかと思う方もたくさんいると思います。しかしそれは間違いです。

先ほど触れた東京都の「都青少年育成条例」は18歳未満の高校生在学中の青少年を対象としています。風営法の観点から言っても高校に在学している間は対象になってしまいます。

高校をしっかり卒業し、一人前の大人になってから利用しましょう。

たとえ女子会でも高校生では入店できない

近年ラブホ女子会というものが若い女性の間で人気となっています。ラブホ女子会とはその名の通りラブホテルで開かれる女子会のことです。

広いスペースでゆっくりくつろげて、インスタ映えする写真が撮れるなどが人気の要因で、最近では女子会専用の料金プランを打ち出しているラブホも少なくはありません。

しかし、ラブホ女子会が目的でも女子高生はラブホに入れません。利用禁止の18歳未満とは、「18歳になってから最初の3月31日までの期間」のことを指すので、高校在学中は諦めた方がよいでしょう。

高校生がラブホに入ったのがバレるとどうなるのか

高校生がラブホを利用することはできないということは先ほど触れました。では高校生がラブホに入ったのがバレるとどうなってしまうのでしょうか?法律などの観点で詳しく見てみましょう。

高校生カップルがバレた場合

高校生カップルでのラブホ利用がバレた場合まずラブホ経営者が罰則の対象となってしまいます。

まず18歳未満のラブホ利用は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に触れる事例となります。これに違反すると1年以下の懲役・100万円以下の罰金などが科せられてしまいます。

その一方でラブホを利用した高校生カップルを罰する法律はないようです。しかし、ラブホを利用したことがバレれば警察、学校、両親などからのお説教は免れません。最悪停学等の処罰もあるかもしれませんね。

片方が高校生・18歳未満だった場合

片方が高校生の場合はどうでしょう。これも例外なく処罰の対象となります。

ラブホ経営者は前章でお話したような罪に問われます。利用者はまず高校生が警察の補導を受けます。そして一緒に来た大人の方は淫行条例違反の罪に問われます。

これは未成年を深夜に連れまわしたり、未成年立入禁止の場所に連れ込んだり、未成年と淫行したりすると罰せられるという法律です。証拠がなくても高校生がやったといえば即アウトです。

18歳に限らず未成年の入店は指導や補導の対象となる

今回は18歳未満の高校生に焦点を当ててお話していますが、基本的に18歳以上でも未成年のラブホ利用は指導や補導の対象となります。

実は未成年カップルがラブホを利用しても直接本人たちが罰せられるような法律や条例は現状ないのです。

しかし、両親や学校、警察には連絡が行くため然るべき処罰は避けられないでしょう。ラブホは大人になってから利用しましょう。

どうしても高校生でラブホに入りたい場合(非推奨)

ここまで高校生はラブホを利用できないと述べてきました。それでもラブホを利用したいという高校生カップルのためにアドバイスをします。しかし全くおすすめはできません。利用は自己責任でお願いします。

現実では高校生でラブホに入っている人はいる

法律や条例では未成年のラブホ利用は禁止されていますが、現実として高校生でもラブホを利用している人は一定数います。

恰好や言動に注意していればラブホの受付で止められることはほとんどないと言ってもよいでしょう。

もし高校生カップルでラブホを利用したい場合、周りのラブホ経験者にアドバイスを求めるのも一つの手かもしれません。

制服では行かない様にする

当たり前の話ですが制服で行くと受付で止められてしまいます。もし高校生がラブホを利用する場合、制服で行くのは絶対避けてください。

しかし、ラブホ従業員の体験談などを見ると制服でラブホを利用するカップルは意外といるのだそうです。一部の大学生の間で制服デートというものが流行っているらしく、制服のカップルよく見るようです。

しかし制服でラブホを利用すると受付で身分証提示を求められます。高校生カップルだとこの時点でアウトですね。

お金に余裕を持っていく

お金は大目に持っていきましょう。思わぬトラブルを招く場合があります。

ラブホの中には後払いの所もあり、利用時間を過ぎると延長料金がかかります。

利用後にお金が足りないなんてことになるといろいろと面倒なことになります。

あまり幼い恰好をしていかない

制服と同様あまりに子供っぽい恰好でいくと受付で身分証の提示を求められる可能性があります。

もし高校生じゃないかと言われた場合おとなしく利用を諦めましょう。トラブルが起きかねません。

泊まる場合は口実をしっかりとする

泊りでラブホを利用する場合はしっかりとした口実を考えておきましょう。

「友達の家に泊まる」というのが定番だとは思いますが、親がその友達の家にあいさつの電話を入れ「来ていない」なんて言われた日には大ごとです。

警察を巻き込む騒ぎになってしまいますので、事前にしっかりと考えておきましょう。

そもそもラブホテルと普通のホテルの違いは?

ここまで未成年のラブホ利用の違法性について触れてきました。では普通のホテルとラブホは何か違いがあるのでしょうか?その違いについてまとめていきたいと思います。

法律の対象か否か

ラブホと普通のホテルの違いとしてまず挙げられるのが法律です。

普通のホテルは旅館業法が適用される一方で、ラブホには旅館業法に加え風営法が適応されます。

この適用される法律の違いにより、未成年が利用できないのです。

ラブホテルの長所

ラブホの長所として以下のような点が挙げられます。

  • 空いていればいつでも利用可能
  • 短時間利用可能
  • 防音設備完備
  • ベッドや浴室が大きい
  • アメニティーや食事のメニューが豊富

ラブホテルの短所

前の章は逆にラブホの短所としては以下のような点が挙げられます。

  • 予約が取りづらい
  • チェックインの時間が遅い
  • 窓がないなど閉鎖的
  • 手荷物を預けられない
  • 休日は満室なことが多い

ホテルの長所

では普通のホテルの長所を挙げてみましょう。

  • 予約が取りやすい。
  • 手荷物を預けられる
  • 外出が自由
  • 場所によっては安価
  • 旅館などは食事が充実している

ホテルの短所

こちらも普通のホテルの短所を挙げてみましょう。

  • 予約なしの場合利用できないことが多い
  • 設備が小さい
  • 防音設備なし
  • 田舎にはあまりない
  • シーズンによって値段が大幅に変動する

高校生がラブホのバイトをすることはできる?

高校生がラブホでバイトすることはできるのでしょうか?結論から言えば高校生はラブホでバイトすることはできません。

先ほども述べた通りラブホは風営法という法律が適応されるため未成年の利用や、バイトの雇用などすると経営者が罰せられます。

もし高校生でバイトをするなら違うところで探しましょう。バイトの求人を出しているお店は山ほどあるはずです。ラブホでのバイトは諦めたほうが良いでしょう。

法律から見る性行為について

ラブホの利用やバイトは法律により禁止されていることは先ほど述べました。実は性行為事態にも法律が絡んでくる場合があります。法律の違いなどについて詳しくて見ましょう。

18歳未満・高校生と性行為を行うことは法に反している?

以前お笑い芸人の狩野英孝が女子高生との淫行疑惑が浮上し世間を騒がせました。18歳未満の高校生と性行為をすることは法律に触れるのでしょうか?

実は18歳未満の相手と性行為をしても問題はないのです。中には未成年と性行為をすると犯罪だとはやし立てる人もいますが、それは大きな誤解です。

しかし、状況によっては罪に問われる場合がありますので一概に問題ないとは言い切れません。愛している相手との性行為を法が取り締まるというのも不思議な話ですね。

13歳未満であれば問題あり

18歳未満の相手との性行為は問題なしと述べましたが、13歳未満の相手との性行為は話が変わってきます。

13歳未満の相手と性行為をすることは刑法177条の強姦罪が適応され罪に問われるのです。

一般的に13歳未満の青少年は、性行為についての認識が薄いと思われるので、一律に保護しているようです。

みだらな性行為の場合18歳未満との性行為は問題あり

18歳未満との性行為がみだらな性行為にあたる場合、罪に問われます。みだらな性行為とはどのような行為を指すのでしょうか?

みだらな性行為とは青少年を誘惑、恐喝し不当に行う性行為のことです。つまり青少年を利用し自分の性的欲望を満たすことです。

売春などがこれにあたり、金銭の受け渡しがなくても罪に問われるようです。正式に付き合っていたりするとこれには当たらないようですが、判断が難しいところです。

ほかにもある?高校生が利用できないスポット

ラブホではバイトや利用はできないということがお分かりいただけたと思います。他にも風営法により利用ができない施設があります。いくつかの施設を調べてみました。

パチンコ店

町でよくパチンコ店を見かけますよね?駅前など立地条件が良いところに多く、きらびやかなネオンが光っており、興味を示す高校生も多いのでは?

実はパチンコ店でも風営法が適応されており、18歳未満の利用はできません。

しかしラブホと違い高校を卒業した時点で解禁となるようですので、どうしても行きたいという方は卒業まで待ちましょう。

NEXT:ガールズバー
1/2