高校生(18歳未満)はラブホテルに入れる?ホテルとの違いは? 恋愛・心理

高校生(18歳未満)はラブホテルに入れる?ホテルとの違いは?

未成年の高校生はラブホテルに入れるのでしょうか。ラブホ街などに、興味津々の高校生カップルも多いことでしょう。また高校生がラブホでバイトすることは可能なのか、ラブホと普通のホテルとの違いは何かなど、法律も交えてまとめます。

目次

[表示]

高校生でラブホに入ることはできるのか?

Pexels / Pixabay

高校生は多感な時期で、性(セックス)にも興味が強くなる年頃です。高校生カップルでラブホテルを利用することはできるのでしょうか。法律的な問題も含めて詳しくご説明したいと思います。

ラブホは法律的に18歳未満の未成年は入店禁止

josemdelaa / Pixabay

18歳未満のラブホの利用は、原則法律で禁止されています。なぜならラブホの施設の登録には「風営法」が適用されているからなのです。

東京都の「都青少年育成条例」では、青少年のラブホの利用禁止に関する条文が書かれています。ホテル側の規約でも「未成年者同伴の入室は、固くお断り致します。」と明示されることが多いです。

高校生カップルでラブホを利用したい気持ちはあるでしょうが、法律や条例での禁止事項ですので見つかれば補導の対象となります。高校生のうちは諦めた方が賢明でしょう。

18歳になったからといって未成年が入れるわけではない

Free-Photos / Pixabay

18歳になったらラブホを利用していいのか、と思う方もたくさんいると思います。しかしそれは厳密には間違いであり、高校生でいる間は利用すると法律・条例に抵触する可能性が高いのです。

先ほど触れた東京都の「都青少年育成条例」は、18歳未満の高校在学中の青少年を対象としています。風営法の観点から言っても、高校に在学している間は対象となる可能性が高いです。

補導されれば通常親に連絡は行きますし、学校によっては重い処分対象となる場合もあり得ます。高校をしっかり卒業し、一人前の大人になってから利用する方が賢明だと言えるでしょう。

たとえ女子会でも高校生では入店できない

mikewallimages / Pixabay

近年ラブホ女子会というものが、若い女性の間で人気となっています。ラブホ女子会とはその名の通り、ラブホテルで開かれる女子会のことを指します。

広いスペースでゆっくりくつろげて、インスタ映えする写真が撮れるなどが人気の要因のようです。最近では女子会専用の料金プランを打ち出しているラブホも少なくはありません。

しかし、ラブホ女子会が目的でも女子高生はラブホに入れません。利用禁止の18歳未満とは、「18歳になってから最初の3月31日までの期間」のことを指すので、高校在学中は諦めた方がよいでしょう。

高校生がラブホに入ったのがバレるとどうなるのか!?

ijmaki / Pixabay

高校生がラブホを利用することはできない、ということは先ほど触れました。では高校生がラブホに入ったのがバレるとどうなってしまうのでしょう。法律・条例等の観点から追ってみましょう。

高校生カップルがバレた場合

bngdesigner / Pixabay

高校生カップルでのラブホ利用がバレた場合、まずラブホ経営者が罰則の対象となってしまいます。

まず18歳未満のラブホ利用は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に触れる事例となります。これに違反すると1年以下の懲役・100万円以下の罰金などが科せられてしまいます。

一方ラブホ利用した高校生カップルを、罰する法律はないようです。しかしラブホ利用したことがバレれば、学校や両親への連絡は免れないでしょう。最悪停学等の処罰もあるかもしれません。

片方が高校生・18歳未満だった場合

Ultra_Nancy / Pixabay

片方だけが高校生の場合はどうでしょう。これも例外なく、処罰の対象となるようです。ラブホ経営者は、前述の通りの罪に問われます。利用者側は、まず高校生が警察の補導を受けます。

そして同伴した大人側は、淫行条例違反の罪に問われることでしょう。これは未成年を未成年立入禁止の場所に連れ込んだり、未成年と淫行に及んだ場合に処罰対象となる法律です。

仮に何も証拠がなくても、高校生側がやったと一言いえば即アウトです。

18歳に限らず未成年の入店は指導や補導の対象となる

Utility_Inc / Pixabay

18歳未満の高校生に限ったケースを想定しましたが、基本的に18歳以上でも未成年のラブホ利用は指導や補導の対象となり得ます。ただ具体的な罰則規定がないだけです。

しかし、両親や学校、警察には連絡が行くため然るべき処罰は避けられないでしょう。ラブホ行きで退学処分ともなれば、失うものの方が遥かに大きいことになります。

ラブホテルという存在は、許認可登録に「風営法」が適用されるのです。後述しますが、この1点こそが未成年がラブホを利用する際の、最大のデメリットとなってしまうのです。

どうしても高校生でラブホに入りたい場合(非推奨)

Candiix / Pixabay

高校生はラブホを利用できないと述べてきました。それでもラブホを利用したいという高校生カップルのためのアドバイスをします。全くお薦めはできかねますので、自己責任でお読み下さい。

現実には高校生でラブホに入っている人はいる!

Free-Photos / Pixabay

法律や条例では、未成年のラブホ利用は禁止されています。しかし現実には高校生でもラブホを利用している人は一定数います。身なりや言動に注意すれば、受付で制止される事は少ないと言えるでしょう。

もし高校生カップルでラブホを利用したい場合、周りのラブホ経験者にアドバイスを求めることも1つの手かもしれません。

制服では行かないようにする!

vinsky2002 / Pixabay

当たり前の話ですが制服で行くと受付で止められてしまいます。もし高校生がラブホを利用する場合、制服で行くのは絶対避けてください。

しかし、ラブホ従業員の体験談などを見ると制服でラブホを利用するカップルは意外といるのだそうです。一部の大学生の間で制服デートというものが流行っているらしく、たまに見かけるようです。

しかし制服でラブホを利用すると、受付で身分証提示を求められます。高校生カップルですと、この時点でアウトとなってしまいます。

堂々とした態度で!挙動不審は疑いの元

服装に気を付けたら、次はその態度です。いかにも余裕がなく、咎められるかを気にし過ぎて挙動不審な目つきや態度を取らないようにしましょう。

年齢的な面での疑い以上に、態度の怪しさで通報されては余計に面倒なことにもなるでしょう。

お金に余裕を持っていく

TBIT / Pixabay

お金は余裕をもって、大目に持っていきましょう。ラブホの中には後払いの所もあり、利用時間を少しでも過ぎると延長料金がかかります。ギリギリの持ち合わせで対応できないトラブルを招きます。

利用後にお金が足りないような局面では、非常に厄介なことになります。高校生ですと「デビッドカード」を持つ人もいますが、キャッシュレス対応が万能でないケースもあります。

決済方法については事前に調べておき、スマホ決済等が利くのかは知っておくべきです。やはり現在でも、ラブホ利用は「一見の客」として、現金で支払う心づもりでいた方が賢明です。

あまり幼い恰好をしていかない

Kellynya / Pixabay

制服が論外なのは当然ですが、あまりに子供っぽい身なり・服装も避けたいものです。受付で身分証の提示を求められる可能性は、十分考えられます。

仮に、「高校生では?」と問われた場合には、おとなしく利用を諦める方が良いでしょう。相手側は年齢確認のマニュアルなどで、干支など答えにくい質問に打って出てくるかもしれません。

首尾よく入室できても、内緒で通報されては何の意味もなくなります。

もしも身分証明の提示を求められたら取りに行くフリで引き返す

Robfoto / Pixabay

万が一に、店側から身分証明書の提示を求められたらどうすればいいでしょうか。上記にある注意事項を守っていれば、滅多なことではありませんが、絶対ないとも言い切れません。

もしもそのような時には、嘘でも「車に置き忘れたから取ってくる」などと慌てずに場を離れ、もうそのラブホは諦め別を探すか日を改める方がいいでしょう。わざわざ追ってくることは、まずないでしょう。

リアルな口コミが信頼性の高い情報源!ネットはその次?

mohamed_hassan / Pixabay

ラブホの情報を事前に得ようと思えば、多くの場合はネットでの検索に頼ることでしょう。しかしそれ以上に、身の回りの先輩や事情通から「リアル」な情報が聞ければなお万全でしょう。

実際にそのラブホを利用したことのある人の口コミほど、あてにできる情報はありません。受付のシステムや入りやすさ、部屋の中の設備など、知って損なことはありません。

泊まる場合は口実をしっかりとする

Schwerdhoefer / Pixabay

お泊りでラブホを利用する場合は、しっかりとした口実を考えておくべきでしょう。「友達の家に泊まる」というのが定番ですが、親がその友達の家に電話を一報入れれば即バレです。

親が心配して、万が一警察を巻き込む騒ぎともなれば、その後に大きく響きます。前もって正直に言えることでもないでしょうから、事前に親バレ対策はしっかりと考えておきましょう。

そもそもラブホテルと普通のホテルの違いは?

Engin_Akyurt / Pixabay

ラブホテルと普通のホテルとでは、一体どんな違いがあるのでしょう。相違点についてまとめていきたいと思います。

宿泊施設として許認可の法律が違う?ラブホは「風営法」の対象?

2102033 / Pixabay

ラブホと普通のホテルの違いとして、まず挙げられるのが許認可の法律の違いです。普通のホテルは、旅館業法が適用される一方で、ラブホには旅館業法に加え「風営法」が適用されます。

この適用される法律の違いにより、未成年が利用できないのです。後述で、どちらへも「宿泊」するのは高校生同士ですと難しいことを述べます。

しかしながらラブホの方は、未成年利用そのものが違法行為となってしまうのです。

ラブホと普通のホテルの違いは?①ラブホテルの長所

ManuelaJaeger / Pixabay

ラブホの長所として以下のような点が挙げられます。

  • 空いていればいつでも利用可能
  • 短時間利用も可能(もちろん宿泊も)
  • 防音設備完備
  • ベッドや浴室が大きい
  • アメニティーや食事のメニューが豊富

ラブホと普通のホテルの違いは?②ラブホテルの短所

Pexels / Pixabay

前項とは逆に、ラブホの短所としては以下のような点が挙げられます。

  • 予約が取りづらい(予約がそもそもないラブホが多い)
  • チェックインの時間が遅い
  • 窓がないなど閉鎖的でいかにも「ヤる」だけの場所っぽい
  • 前休日等は満室なことが多い

ラブホと普通のホテルの違いは?③ホテルの長所

Free-Photos / Pixabay

では普通のホテルの長所を挙げてみましょう。

  • 予約が取りやすい
  • 手荷物を預けられる
  • 外出が自由
  • 場所によっては安価
  • 旅館などは食事が充実している

ラブホと普通のホテルの違いは?④ホテルの短所

Olichel / Pixabay

こちらも普通のホテルの短所を挙げてみましょう。

  • 予約なしの場合利用できないことが多い
  • 設備が小さい
  • 防音設備が完全でない部屋も多い
  • 地方には数が少ないか、全くない
  • シーズンによって値段が大幅に変動する

高校生だけでホテルの予約・宿泊は実は可能!?

StockSnap / Pixabay

男女、同性、グループ等の「条件」を一旦置いて、一般のホテルに高校生だけが宿泊できるか調べてみました。結論から言えば「高校生だけ」でのホテル宿泊は、可能です。

しかし前提となる条件がいくつかあり、男女のカップルでの宿泊のハードルは高いと申し上げておきます。以下、詳細に「高校生だけ」のホテル宿泊に関してをご案内します。

親権者の同意書が求められるケースがごく普通

Free-Photos / Pixabay

一般のホテルでは、高校生だけの宿泊では「親権者の同意書」が求められるようです。仮に予約が通ったとしても、チェックイン時に高校生だけと判明すれば、宿泊拒否されることもあります。

簡単に言うと、親が許可していないのに、子供が勝手にホテルに泊まって飲み食いをしたとしても親がホテルとの契約が無効だと言うことが可能です。ホテル側にすれば、ホテルに泊まってお金を支払ってもらったのに後で返さないといけなくなるリスクがあります。

(引用:格安ホテルking)

これは法律的には「民法第5条」で、未成年単独の契約は、親権者が破棄できるという規定からのものです。親が知らなかったと言えば、宿泊料金の返金リスクがホテル側にあるからなのです。

無論、お金の問題だけではなく、高校生の男女の宿泊をホテル側が黙認したとなることも問題になりかねません。不純異性交遊を幇助した、という見方をされても困るからです。

NEXT:予約サイトで年齢を偽って宿泊強行!?(ハイリスク非推奨)
1/2